・USBがmicro-B これで通勤が楽しくなり嬉しい! pic.twitter.com/IuCSpxJzfk, やっぱりZenFone Max Pro (M2)売れてるんだなあ 月々のお支払い目安は、24か月目までの端末価格、プラン料金、初期費用、特典・割引を基に算出しています。, お申し込み公式サイトへ

「カメラ性能がいいスマホが欲しいなー」と思っていた矢先に発売されたOPPO Reno 10x Zoom。 OPPOはエントリーモデルのR17 Neoを持っているので印象がよく、価格が気になったものの「 ... ZenFoneシリーズからまたコスパが高そうなスマホが出たので、気になって購入しました。 実際に1ヶ月使ってみてわかったメリット・デメリットを、ざっくばらんに紹介していこうと思います。 ZenFone ... 「キャンペーンをフル活用して、できるだけお得にLINEモバイルへ乗り換えたい!」誰もがそう思うはずです。 でも公式サイトのキャンペーン情報って、小さい文字で注意事項みたいなのがズラズラーっと書いてある ... Copyright© LINEモバイルのアトリエ , 2020 All Rights Reserved. 4 ZenFone Max(M2)の良かったところ・メリット. ZenFone Max (M2)は2019年3月15日に発売された格安スマホです。価格が2万6500円、SDM632、RAM4GB、ROM32GB、4000mAh、画面6.3インチで低解像度、DSDVとauのVoLTE対応のトリプルス … ASUS ZenFone Max (M2)を、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・携帯性・レスポンスなど気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい … ・Wi-Fiが2.4GHzのみ

この2点を妥協出来るならコスパの高い良い端末だと思う, zenfone max pro M2 買ったけど概ね良い。問題があったのは、フィルムがちっちぇえ。充電USBが未だにMicroUSBで方向期にするからストレスになる。, 5万円以下の格安スマホでバッテリーの大きさと性能バランスで選ぶならこれ一択。5000mAhもバッテリーがあるので、全然減らない。特にDSDVで使っていると、バッテリーの減りが速いので、バッテリー容量が大きいと使い勝手が良いメリットが大きい。, ZenFone Max Pro(M2)は、万人におすすめです。バッテリー、CPU、重さなどのスペック面、外観の高級感など、弱点になる部分がまったくありません。そのおかげもあって、価格コムでも販売上位です。悩んだらこれを買う、それくらいで選んでも良い端末です。, 万人におすすめですが、特に2Dゲームをする人にはこちらがおすすめ。理由はバッテリー。5000mAhを搭載していて、それなりのCPUを積んでいるため、長期間ゲームをする人にとってはぴったりの端末と言えます。, スマホってSNSに関係ないのでは?と思う人もいるかもしれません。SNSも割と電池をよく食います。理由は常に通信していること、そしてリロードを何度もするから。SNSヘビーユーザー、複数SNS、複数アカウントを使っている人には特に良いでしょう。, ZenFone Max Pro(M2)は弱点が全くないスマホですが、カメラ性能が強いとは言えません。弱いわけでもありませんが、室内撮影したり、ズームを多用するならワンランク上のモデルを選びましょう。, ZenFone Max Pro M2は大容量バッテリーを搭載し、長時間のゲームにも向いています。ポケモンGOやドラクエウォークには非常に適したスマホです。一方で、PUBGなどのハイエンド系の場合はスペックが足りなくなる恐れが高いためおすすめできません。10万円クラスのハイエンドスマホを選ぶ方が良いでしょう。, ミドルレンジでバッテリー容量が大きいものがいい!となれば即決で選んでよいSIMフリースマホです。, ZenFone Max Pro(M2)はいくつかのキャリアで取り扱いをしていますが、あまり割引はありません。ZenFoneは後継機モデルが出ると通販でガクッと値段が落ちることが多いので、通販サイトをチェックするようにしましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

ASUS ZenFone Max (M2)についての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル! 4.1 指紋認証と顔認証の2つが使える! 4.2 ZenMotionでスマホの起動・スリープが簡単! 4.3 バッテリー持ちが最高にいい! 4.4 DSDVに対応! 4.5 カメラ性能もなかなかの出来栄え! 5 ZenFone Max(M2)の口コミ・評判 ZenFone Max (M2)の最安値や月々のお支払い目安、スペックを紹介! データ量や通信事業者を指定して、大手キャリア・MVNOの人気プランを比較・検討できます。最新ニュースや満足度・レビュー評価・クチコミも掲載しています。

ZenFone Max Pro(M2)の口コミ・評判 Twitterの良い口コミ. ZenFone Max Pro M2 交換になったけど、これなかなか良い端末だよ。 — シモン (@3U8FK1CS2KYGQIb) 2019年4月5日. ASUSU Zenfone Max PRO(M2)です。35000円でした。

無断転載禁止, 何か通知が来たと思ったら楽天MNOにてVolte対応の新ファームが降ってきました。, SIMなどの知識全然ありません。ソフトバンクのシンプルプランのZTE602ZTいう機種を破壊してしまい途方に暮れてた。, した。すると、トレーはSiM2枚挿しということが分かった。でSiMサイズはナノSiMなので602ZTも同じサイズ。, microUSBからUSBを受ける端子に変換したうえでPlayStation3のコントローラを接続しようとしたのですが、うまく認識してくれません…。, ZenFone Max (M2) 32GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]のレビューを書く, ZenFone Max (M2) 32GB SIMフリー [スペースブルー]のレビューを書く, ZenFone Max (M2) 32GB SIMフリー [メテオシルバー]のレビューを書く, ZenFone Max (M2) 64GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]のレビューを書く, ZenFone Max (M2) 64GB SIMフリー [スペースブルー]のレビューを書く, 1,300万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)|200万画素カメラ内蔵(深度測定用), 掲載しているスペック情報は、キャリア、内蔵メモリ、カラーを除いてZenFone Max (M2) 32GB SIMフリーの情報です。空欄の箇所は内容が不明な項目です。掲載しているすべての情報は、万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーや通信事業者のホームページや販売店にてご確認ください。, ※ 掲載情報には価格.comスマートフォン・携帯電話に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。特段の記載がない限りは、税込価格を掲載しています。, ※ 各種割引や特典は事業者より提供されます。お申し込みの際は事業者による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。, ※ 各ショップの価格や在庫状況は常に変動しています。ご購入の際は各ショップのWebサイトで最新の情報をご確認ください。, ※ 掲載しているスペック情報のうち、(*)が記載されている項目は、通信事業者により情報が異なります。より正確な情報はメーカーや通信事業者のホームページや販売店にてご確認ください。.
ZenFoneシリーズからまたコスパが高そうなスマホが出たので、気になって購入しました。, 実際に1ヶ月使ってみてわかったメリット・デメリットを、ざっくばらんに紹介していこうと思います。, ZenFone Max(M2)が気になっている方はぜひ、参考にしてみてくださいね!, クリアケースは付属されてませんので、ケースが欲しい方は別途購入する必要があります。, 左から、iPhone XS・P20 lite・nova lite 3・ZenFone Max(M2)という並びになっていますが、この中でも一番大きいことがわかります。, ただ、成人男性のボクでも片手持ちをすると指が届かないエリアがあるので、手の小さい女性はちょっと使いづらいかもしれません。, 画面が大きいのはもちろんのこと、ディスプレイの色味もいいのでYoutubeなどの動画サービスを見ていても疲れはありません。, またサイズの割に重さが160gと軽いので、腕も疲れやズボンのポケットに入れたときの重さはなく、持ち運びしやすいです。, 試しにPUBGをプレイしてみましたが、サクサク快適に動きました(グラフィックは自動的に快適画質になります)。, 1時間ほどプレイしましたが、発熱も大したことなかったので、さすがスナドラ(Snapdragon™ 632)を搭載しているだけあるなという感じです。, ただ、グラフィックを上げるとカクつきが見られたので、ガッツリやり込むヘビーユーザーの方はもう少しスペックの高いスマホを探したほうがいいかなと思います。, 基本的に10万をオーバーしていれば、ある程度のゲームは問題なくプレイできるので、ライトユーザーなら十分なスペックです。, 最近ではリバーシブル接続ができるType-Cが主流ですが、ZenFone Max(M2)はマイクロUSBになっています。, とはいえ、1週間くらい使っていたら慣れてくるので、ストレスを感じるのは最初だけでしたね。, ノッチ(切り欠き)が付いているスマホは、だいたいノッチを隠せるものが多いのですが、ZenFone Max(M2)は隠せないみたいです。, ノッチがあるデザイン自体は嫌いではないのですが、ノッチがスペースを取ることでステータスバーの表示が省略されてしまうので、ちょっと不便なんですよね。, 画像の左上を見てもらうとわかりますが、表示しきれないものは『…』となっており、わざわざステータスバーを下ろさないと確認することができません。, 目覚ましを使うので、毎晩ステータスバーを下ろしてアラームマークが表示されているかチェックするのは正直メンドくさいです。, 「対応されないだろうな〜」とは思っていましたが、やはりこの価格帯での搭載はムズカシイようですね。, もし防水・防塵・おサイフケータイのいづれかの機能を重要視しているなら、国産メーカーのスマホを検討してみてください。, ZenFoneシリーズは今まで『ZenUI』と呼ばれる独自のユーザーインターフェースを使ってきたのですが、今回のモデルはピュアAndroidを採用しています。, これまでZenFone以外のスマホを使ってきた方は関係ありませんが、長年ZenFoneを使い続けてきたユーザーは馴染むのに時間がかかるかもしれません。, とはいえ、ピュアAndroidを採用することで余計なメモリを使わなくなるので、動作が快適になるというメリットもあります。, ZenFone Max(M2)は、『指紋認証』と『顔認証』の両方を使うことが可能です。, 2つを同時に設定しておけば、ロック解除の際にどちらか一方が認証しなくても、もう片方が解除してくれる確率が高いので、わざわざパスコードで解除することもなくなります。, それに、精度や解除スピードもバツグンに優秀なので、めちゃくちゃストレスフリーですよ!, 先ほど顔認証のGIF動画でもやっていましたが、ZenFone Max(M2)は画面をポンポンと2回タップすることで、起動&スリープ状態にすることができます。, 電源ボタンを押さないと起動やスリープができないスマホもあるので、結構ありがたいです。, 4,000mAhのバッテリーを搭載しているだけあって、バッテリー持ちがすこぶる良いです。, 今まではYoutubeやゲームをして過ごしているとモバイルバッテリーが必要だったのですが、ZenFone Max(M2)にしてから1度も使ってませんし、夕方の時点で50%残っていたときはビックリしました。, ただ急速充電には対応しておらず、充電速度を測った結果、0%から100%になるまで大体4時間30分かかります(普通くらいです)。, わかりやすく言うと、ZenFone Max(M2)で2つのSIMを使い分けることができるということです。, たとえば、データに特化したSIMと通話に特化したSIMを組み合わせることで、かゆい所に手が届く自分好みの使い方をすることができます。, またどちらもLTE接続が可能なので、どんなSIMの組み合わせでも、データ通信と通話のクオリティが落ちることはありません。, いやーzenfone max m2安価なのに早いし使いやすいし電池は保つし いいこと尽くしやな。, — (っ´ω`c) 社畜ぽっくん (@tonkatu_umyaa) May 11, 2019, 嫁さん用のZenFone Max M2(ZB633KL)が到着。3万円以下のスマホだと思うととてもよく出来ていると思う。ゲームをしない人ならコレで十分かもね。画面が少々デカいのでその部分で人を選ぶかも。ベゼルレスのデザインはイマドキ感があってかっこいい。娘のiPhone7と私のXPERIA XZ1Cと記念写真(´・ω・`) pic.twitter.com/TedPMejMzI, — hideki@ひでちゃん (@hide_synclavier) May 4, 2019, ・Wi-fi ac接続無いのが痛い・バッテリーの持ちが非常に良好・動作はサクサクしていて小気味良い・カメラは至って普通。・以上の観点からコスパは高い, ZenFone Max(M2)を使い始めて、モバイルバッテリーを持ち歩かなくなりました。, 外でYoutubeやゲームをするとなると、必ずモバイルバッテリーを持ち歩いていたのですが、ZenFone Max(M2)は夕方の時点でも50%くらいは残っています。, LINEモバイルの料金は格安SIMの中でもリーズナブルな方で、3GBなら毎月1,690円しかかかりません。, ZenFone Max(M2)の本体価格だけで見るなら、OCN モバイル ONEが16,800円と最安値ですが、LINEモバイル以外の格安SIMは速度があまりにも遅いので、使っていてストレスが溜まります。, また、ボク自身もLINEモバイルは2年ほど使っているので、自身を持っておすすめできます!. キャンペーン詳細をご確認の上お進みください, 【親子支援30】30GB シェアパック(音声SIM1枚+データSIM1枚) ※24歳以下向け, ZenFone Max (M2) 64GB SIMフリー [ミッドナイトブラック] (SIMフリー), シェアプラン 20GB / U-NEXT 動画見放題 / 音声通話SIM ドコモ回線, 2枚のSIMカードを自在に使い分けられる、DSDV対応スマホカタログ(2020年10月更新), ASUS、「ZenFone Max (M2) ZB633KL」の64GBモデルを8,000円値下げ, 税別27,500円、ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max (M2) 」に64GB版, 4000mAhの大容量バッテリー搭載の高コスパSIMフリースマホ「ZenFone Max(M2)」, カメラもCPUもパワーアップ!大容量バッテリースマホ「ZenFone Max(M2)/Max Pro(M2)」, ASUS、35,500円の上位スマホ「ZenFone Max Pro(M2)」など2機種を3/15発売, ZenFone Max (M2) 32GB SIMフリー [ミッドナイトブラック], ZenFone Max (M2) 64GB SIMフリー [ミッドナイトブラック], © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. ガッツリやり込むヘビーユーザーの方はもう少しスペックの高いスマホを探したほうがいいかなと思います。, 【徹底レビュー】OPPO Reno 10x Zoomって買っても大丈夫なの?3週間使ってみてわかったメリット・デメリット, 【徹底レビュー】ZenFone Max(M2)はイマイチ?実際に1ヶ月使ってみてわかったこと, 【2020年5月最新版】LINEモバイルのキャンペーンまとめ!オトクな組み合わせや注意点についても. 「LINEモバイルって実際のところどうなんだろう?」とお悩みではありませんか? 公式サイトはメリットしか書かず、デメリットが書かれていないので『実際の声』がどうなのか気になりますよね。 そこで今回は、 ... ZenFone Max(M2)は「う〜ん…」という点もいくつかありますが、メリットや価格などを含めトータルで見ると優秀なスマホです。, 個人的には、バッテリー持ちのよさ・指紋認証&顔認証の反応スピードがいいなーと感じています。, スペックも、SNSやネット検索をメインに使い、暇つぶしでゲームをするくらいの人であれば、不満なく使っていけるレベルですね。, ライトユーザーにとっては非常にコスパが高いスマホなので、安くてそれなりにいいスマホが欲しい方はぜひ!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. P9lと比べてめちゃサクサク動くし、バッテリー5000mAhだから凄く持ちが良いし、GPSとコンパスの精度が段違いで良いしで、買い替えて正解でした。 2019年に発売され、スペックと価格のバランスから、バカ売れているスマホが「ZenFone Max Pro(M2)」。, 2018年発売モデルがいまいち売れなかっただけに、ZenFone Max Pro(M2)の勢いはすごく感じますし、このモデルは本当の意味でバランスが取れた機種です。, 格安スマホとしての性能に加えて、電池持ちが欲しい人にとっては、最高と言ってもいいレベルのスマートフォンでしょう。, 忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。, 一番のメリットはこの価格バランス。ZenFone Max Pro M2はSnapdragon660番を搭載しつつ、3万円台という低コストスマホ。スナドラ660番台は、簡単に言うと、3Dゲームは厳しいけどそれ以外ならほとんど容易にこなすレベル。, もともとMaxシリーズは、「バッテリーが大容量」の代名詞となるモデル。このMax Pro (M2)でも同様に、バッテリーが5000mAhと異常なほど大きな容量を積んでいます。ミドルレンジスマホでこの容量はまずありません。, 通常は3000mAh前後が中心なので、1.8倍程度。実際に使っていても、電池は全然減りません。, ZenFoneには、ZenUIが基本でしたが、珍しくZenFone Max Pro M2ではPure Android。スマホを乗り換えることを前提にすると、ZenUIのような特徴があるものより、プレーンなOSを搭載している方が、個人的には使いやすい。年にスマホを何台も買う人なら、わかってくれると信じています。, ZenFone Max Pro(M2)はかなり良質なスペックで、価格.comでも売れている理由がよくわかります。根本的に、5000mAhのバッテリーでsnapdragon660なら、普通の人なら「バッテリーが良く持って日常生活に困らない」という用途としてぴったりのスマホ。, 一日の外出が多いサラリーマンの人にはぜひおすすめしたいスマホです。残念なポイントは無線が2.4GHz帯にしか対応していないことと、microUSBであること。特に前者は、2.4GHzと5GHzの違いでも書いているように家での快適な利用の面では残念ポイント。, また、日本特有のガラパゴス機能(おサイフケータイ、防水などに対応していないので、この点も人によっては要注意ポイントです。, 高級感を感じるポイントが、サイドのメタル感。iPhoneXシリーズ以降と同じような感覚を受けます。左側にはなにもなく、よりすっきりとしていますね。, 右側には音量ボタンと、電源ボタンがあります。ディスプレイのベゼルの左右はほとんど気にならないレベルですが、下部が大きめのため気になる人はいるかもしれません。, アウトカメラは2眼になっています。突起はあまり大きくないので、そのままで運用してもよさそうです。, 指紋認証は円形。どの角度から認証しても認識されるようになっています。コネクタはmicro-USB。こちらは残念ですね。, ZenFoneシリーズはどれも全体的にボディが美しいことがウリですが、ミドルレンジの場合は安っぽくなることもあります。ところが、外観でも書いたように、とても高級感があります。, サイドのメッキ、背面の加工、どれをとっても3万円台とは思えません。これなら、本来高い機種のPixel3の方が安っぽく見えるくらいです。, 3万円台で一番犠牲になりやすいのは、カメラ。安っぽく映ったりピントが合いにくくなったり、機種によっては色々な欠点があります。しかし、ASUSはもともとカメラに力を入れているメーカーなこともあって、低価格でもしっかりと写真が撮影できます。, また速いからといって甘いという感じもしません。ZenFone Max Pro(M2)はこのあたりに魅力がありますね。, ZenFone Max Pro(M2)は、重量が176g。バッテリーが5000mAhとなっていることを考えれば驚異的。初代ZenFone Maxが同じく5000mAhで202gだったことを考えると数年で劇的に変化していると感じますね。, 2018年に低価格帯で出してきたスマホとして、スナドラ660を搭載しているのはかなり珍しく感じます。というか、よく出してきたなというイメージ(赤字と勘繰るほど)。前モデル(ZenFone5Q)とのバランスが悪くなっているような気がしなくもないですね(笑)。, ZenFone Max Pro(M2)の一番残念なポイントは2.4GHzの対応だけです。2.4GHzと5GHzの違いでも書いていますが、基本的に安定して使えるのは5GHz帯です(2.4GHzだと電子レンジなどと干渉するため)。2.4GHzだけしか使えないのは、速度面で残念です。, 最近の充電器はUSB-Cが多くなってきています。ZenFoneシリーズでも、上位機種はUSB-Cをすでに搭載しています。パソコンの充電器などなども、USB-Cに統一されてきて便利なこともあって、microUSBが充電器になっていることは残念と言わざるをえません。, ZenFone Max Pro M2 交換になったけど、これなかなか良い端末だよ。, そしてこちらが昨日届いた、