All rights reserved. 5 0 obj 6 0 obj All Rights Reserved. /Height 480 手曲ストレートサイクロン Duplex Shooter 政府認証 . Z900RS用のヨシムラジャパン・手曲げストレートサイクロンが販売となりました。このマフラーとZ900RSの組み合わせが最高なので欲しくなってしまった話です。 130.13~155.93万円, 価格帯 z900rs/cafe 手曲ストレートサイクロン 。 まずは、 クローズドサーキット走行専用 の レーシングマフラー が << これまでつかんだヨシムラz900rsカスタム情報と共に、ヨシムラ×カワサキzの歴史についても紹介しよう。 いよいよ集合管の本家が動く ヨシムラストレートサイクロンを装着したz900rs の予想cg。Zのスタイルにはやっぱりショート管が似合う! ���� Adobe d �� C 130.78~176.73万円, 価格帯 カワサキ「メグロK3」が間もなく登場か…SNSに謎の画像、突如現る!, 東京と名古屋で「KATANA 特別色」を展示! ベルサール秋葉原とサンシャインサカエにて. 最新のノウハウを投入し商品化された公道用マフラーです。 127.6~135.85万円, 価格帯 ?開催レポート〈後編〉【56designが自社ガレージで披露】, 【映像×2】ニンジャZX-25R インドネシア発のレーサーカスタム登場![ダイノマシンの様子も], 価格帯 手曲ストレートサイクロン Duplex Shooter 政府認証 . 最新のノウハウを投入し商品化された公道用マフラーです。 Copyright © 2020 YOSHIMURA JAPAN Co,Ltd. endobj >> /SA true 愛車とのバイクライフを、より豊かに楽しむためのアイデアを提供する新雑誌。インターネットのみでは決して探しきれない、全国の腕利きショップや最新パーツ&アパレルの深堀り情報も満載! 135.3~158.14万円, 価格帯 %&'()*456789:CDEFGHIJSTUVWXYZcdefghijstuvwxyz��������������������������������������������������������������������������� ? 8.81万円, 価格帯 ヨシムラが手掛けたカスタム Z900RSの魅力とは?|カワサキ「Z900RS」カスタム・コレクション, LEGEND BIKES KAWASAKI Z900RS ビッグネイキッドの新ベンチマーク (Motor Magazine Mook). KAWASAKI Z900RS (18-20) 機械曲ストレートサイクロン Duplex Shooter 政府認証 ... KAWASAKI Z900RS (18-20) ヨシムラ ステップKIT X-TREAD ¥66,500. ヨシムラの新作機械曲チタンサイクロンマフラー「Duplex Shooter」は、KATANA/Z900RS用として新規開発。各部の寸法はもちろん専用設計で、消音とパワーを両立する機構として、いずれもサブサイレンサー+バイパスパイプを採用している。, ●文:中村友彦 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:ヨシムラジャパン※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。, 旧車好きを取材すると、”今どきのバイクはつまらない”という言葉を聞くことが少なくない。筆者は必ずしもそう思わないし、そもそも、ただひたすらに性能を追求できた旧車と、厳しい騒音・排出ガス規制を前提にして生まれた今どきのバイクを、同じ尺度で語るのはフェアなことではないだろう。, とはいえ、今回テストした2台を体験したら、旧車好きも今どきのバイクの見方が変わるに違いない。ヨシムラが手がけたKATANAとZ900RSは、それぞれのモチーフになったGSX1100SカタナやZ1に勝るとも劣らないほど、ワクワクする乗り味を堪能させてくれるのだから。, 筆者がそう感じた背景には、踏み応え抜群のX-TREADステップや、最新のアフターパーツを投入して動きが上質になった足まわりなどもあるのだが、最も大きな要素はマフラーである。逆に言うなら、ヨシムラが新規開発した機械曲チタンサイクロンDuplex Shooter(以下サイクロン)を体験すると、STDは本来の潜在能力を抑え込んだ、能ある鷹はツメを隠す仕様…という気がしてくるのだ。, 【Duplex Shooterとは?】「デュプレックス・シューター」は、サブサイレンサーを設け、そこからも排気を行うヨシムラ独自の機構。初採用はZ900RSの手曲ストレートサイクロンで、今回の2車はそれに続く採用となる。黒塗装されたステンレス製サブサイレンサーの寸法はφ105×230mm。主目的は消音ながら、出力特性にも多大な影響を及ぼすと言う。, …と言っても、アイドリング中や巡航時のサイクロンの音は意外に控え目で、むしろSTDのほうがワイルドと感じるほど。このあたりをどう捉えるかは人それぞれだが、筆者としては、チタンという消音に不利な素材を採用し、短いサイレンサーにこだわりながら、よくぞここまでジェントルな音を構築できたものだと思う。ちなみに開発陣によると、消音とパワーの両立という面では、サブサイレンサーと、エキゾーストパイプのバイパスパイプが大きな役割を果たしているそうだ。, いずれの車両用も1/2番と3/4番のエキゾーストパイプを連結。この機構の狙いもサブサイレンサーと同様に消音と出力特性の改善だ。パイプの外径は25.4/27mm(写真はZ900RS)。, では、どんなときにSTDを上回る感触が得られるのかと言うと、それはもちろん、スロットルを積極的に開閉したときである。パワーカーブに極端な差はないものの、サイクロン装着車はSTDより吹け上がりスピードが格段に速くなっているし、レッドゾーン手前の領域では、目が付いて行かなくなるほどの加速が体感できる。低回転域ではズヴァッ! 『レジェンド バイクス KAWASAKI Z900RS』(Motor Magazine Mook)より、Z900RSのカスタムバイクを紹介します!, しゃぼん玉GSX1100S(スズキGSX1100S)旧車のフレームリフレッシュ提案を実行したカタナ【Heritage&Legends】, NEN GPZ-10R(カワサキGPZ900R)10台目を迎えたNinja+SSの完成車【Heritage&Legends】, 高評を得たバイク専用のドラレコが細部をバージョンアップ! キジマ「ドライブレコーダー 1080J」.