Now it represents a security risk - This guide will show you exactly how to disable it on your site . You also agree to receive information from Kinsta related to our services, events, and promotions. :param status: 記事の状態(公開:publish, 下書き:draft) 同意のクッキー、同意しないクッキーを設定いただきますと、ここにその設定を保存し、お客様が同意しなかったものをお見せしないようにします。, WordPressは、ログインしたユーザーをトラックし、設定されたユーザー設定をWordPressユーザープロファイルに保存するクッキーをいくつか使用します。Kinstaのウェブサイトのメンバー(スタッフのメンバー)のみが対象になります。, Stripeは当社の支払いプロバイダであり、詐欺防止またはその他の課題に役立つクッキーを設定することがあります。これらは当社の支払いが機能するのに必要です。, このクッキーには、訪問者を紹介したアフィリエイトに関する情報が含まれています。クッキーには、訪問者に関する情報は一切含まれていません。, 視聴者に面白いコンテンツを提供するのにはAnalyticsを使用します。 当社は、IPを匿名化することにより個人識別情報(PII)が送信されないことを確認しました。, Googleが設定し、使用しています。コンテンツのA/Bテストを行うことにより、訪問者に最も必要なものを提供しているかどうかが確認できます。, ニュースレターに登録すると、ニュースレターの登録ボックスが削除されます。このクッキーには、サインアップしたかどうかの情報だけが含まれ、個人データは含まれていません。, Twitterにより設定かつ使用されます。広告の対象を設定することに、またはkinsta.comにアクセスしたユーザーへのコンテンツプロモーションに使用されます。, kinsta.comにアクセスしたユーザーへの広告のリマーケティング、パーソナライズ、およびターゲティングの為に、Google Adsにより設定かつ使用されます。(, Hubspotにより設定かつ使用されます。Facebookにより、kinsta.comにアクセスしたユーザーへのコンテンツのプロモーションまたは広告の対象を設定することに使用されます。Hubspotにより、当社に連絡するkinsta.comへの訪問者をよりよく支援できるようにすることに使用されます。, LinkedInにより設定かつ使用されます。広告の対象を設定することに、またはkinsta.comにアクセスしたユーザーへのコンテンツプロモーションに使用されます。, G2により設定かつ使用されます。広告の対象を設定することに、またはkinsta.comにアクセスしたユーザーへのコンテンツプロモーションに使用されます。, Redditにより設定かつ使用されます。広告の対象を設定することに、またはkinsta.comにアクセスしたユーザーへのコンテンツプロモーションに使用されます。, Pinterestにより設定かつ使用されます。広告の対象を設定することに、またはkinsta.comにアクセスしたユーザーへのコンテンツプロモーションに使用されます。, ユーザーのニーズをよりよく理解し、kinsta.comを最適化するために、Hotjarを使用しています。, REST APIは利用しておらず(推奨されませんが、状況によっては必要になることもあり)、WordPressサイトと他のシステムとの間で通信をする必要がある, WP REST APIにはアクセスできず、XML-RPCにはアクセスできる外部アプリケーションを使用している(長期的には、そのアプリケーションを更新するか、REST APIと互換性のあるアプリケーションに切り替えることをお勧めします). :param media_id: 見出し画像のID 私は私のWordPressのサイトからのデータをAPI形式で使いたいと思っています。 たぶんJSON出力のREST。 私は、サイト外でWordpressのデータを自動的にアクセスできるようにするプラグインがあれば、ほとんどのWeb APIと同様に動作しているのだろうかと思っています。 【趣味】日常の単純反復作業の自動化、データを眺める。 WordPress REST APIを利用した投稿の取得と新規投稿と、Advanced Custom Fields (以下 ACF) を利用したカスタムフィールドの所得・更新を行ってみました。 今回検証に使用した環境は以下になります。 * PHP 5.6 * WordPress 4.5. クラウドセキュリティはすべての組織にとって重要なポイントです。これの概要、ベストプラクティス、そしてクラウドサービスプロバイダーのセキュリティを評... WordPress REST APIは、WordPressの未来を変える大事な存在です。これが私たちにもたらしてくれる可能性と利用方法をご紹介します。... DDoS攻撃に対する保護は、どのサイトにも必要です。しかし、DDoS攻撃とはいったん何でしょうか?サイトへの攻撃をどのように防止できるのでしょうか?DDoS攻... XML-RPC was once an essential part of WordPress.

:param content: 記事の本文 当社は、ウェブサイトの機能の一部に、また訪問者をよりよく理解しより良いユーザーエクスペリエンスを提供するために分析した上でのパーソナライズ広告のためにクッキーを使用します。すべてのクッキーに一括で同意することもできますが、クッキー設定で調整することもできます。, これらのクッキーは、支払いゲートウェイのセキュリティと重要な機能を提供することにより当社の正しくウェブサイトが機能するために必要なものです。したがって、これらのクッキーが常にオンになっていますが、個人識別情報(PII)は含みません。, マーケティングクッキーは、広告の対象を特定するのに役立ちます。主にKinstaを訪問したユーザーに広告を表示するのに使用します。.

FTPアクセスを提供せずにWordPressプラグインをインストール/アップデートできますか.

まずは、WordPressにAPIでアクセスできるようになるための設定をしていきます。 WP REST APIプラグインの有効化.

こんにちは、ディレクターのせりなです。 2017年2月1日(水)にWordPressのバージョン4.7.2が公開されましたね。 WordPress 4.7.0~4.7.1で、REST APIの処理による脆弱性が存在しているとの発表がありました。 この脆弱性が悪用されると、遠隔操作によってWordPressの投稿内容を改ざんされる可能性があ … :return: レスポンス 記事を投稿して成功した場合はTrue、失敗した場合はFalseを返します。 :param category_ids: 記事に付与するカテゴリIDのリスト Support » Plugin: Contact Form 7 Multi-Step Forms » rest api. It is the foundation of the WordPress Block Editor, and can likewise enable your theme, plugin or custom application to present new, powerful interfaces for managing and publishing your site content.

インストールして有効化するだけでOKです。 プラグインを使用してXML-RPCとREST APIを細かく制御する.

サイトでのxmlrpc.phpとREST APIの設定をより詳細に制御したい場合は、REST XML-RPC Data Checkerプラグインが利用できます。 WordPressの仕様の一つであるXML-RPC は、異なるシステム間での通信を標準化するために開発されました。つまり、WordPress外のアプリケーション(他のブログプラットフォームやデスクトップクライアントなど)がWordPressとやり取りできるためのものです。, この仕様は、誕生当初からWordPressの一部であり、非常に便利な役割を果たしてきました。これがなければ、WordPressはインターネットの他の要素から切り離され、孤独な運命を辿っていたかもしれません。, しかし、xmlrpc.phpには欠点があります。WordPressサイトに脆弱性をもたらす可能性があり、現在では、この役割はWordPress REST APIに取って代わられています。これにより、WordPressを他のアプリケーションと接続することができるようになりました。, 今回の記事では、xmlrpc.phpとは何か、なぜ無効にする必要があるのか、そして、あなたのWordPressサイトでオンになっているかどうかを確認する方法もご紹介します。, XML-RPCは、WordPressと他のシステム間の通信を可能にする仕様です。トランスポートメカニズムとしてHTTPを、エンコードメカニズムとしてXMLを使用して、通信を標準化することによりこれが実現しています。, XML-RPCそのものは、WordPressよりも歴史があります。これは、2003年のWordPress作成の際に土台となったb2ブログソフトウェアに存在していました。このシステムを支えるコードは、サイトのルートディレクトリにあるxmlrpc.phpというファイルに保存されています。XML-RPCは廃れているものの、まだそこに残っています。, WordPressの初期のバージョンでは、XML-RPCはデフォルトで無効になっていました。しかし、バージョン3.5以降、デフォルトで有効になっています。これの主な理由は、WordPressモバイルアプリがWordPressサイトと通信できるようにするためです。, バージョン3.5より前のWordPressモバイルアプリでは、アプリからのコンテンツ投稿のために、サイトでXML-RPCを有効にする必要がありましたが…(経験者の方は)記憶にございますか?これは、アプリがWordPressを実行していないことが理由です。代わりに、xmlrpc.phpを使用してWordPressサイトとあくまでも通信を行なっていました。, ただし、XML-RPCが使用されたのはモバイルアプリだけではありません。WordPressと他のブログプラットフォーム間の通信を可能にするためにも使用され、トラックバックとピンバックを有効にし、セルフホスト型のWordPressをWordPress.comへリンクするJetpackプラグインの機能を支えました。, その後、REST APIがWordPressコアに統合され、xmlrpc.phpファイルはこの通信に使用されなくなりました。REST APIを使用して、WordPressモバイルアプリ、デスクトップクライアント、外部ブログプラットフォーム、WordPress.com(Jetpackプラグイン用)、そして他のシステムやサービスと通信を行なっています。REST APIが接続できるシステムの選択肢は、xmlrpc.phpに比べてはるかに豊富です。また、圧倒的な柔軟性があります。, このように、現在では、REST APIがXML-RPCに取って代わったため、サイトのxmlrpc.phpは無効にするのがいいでしょう。無効にすべき詳しい理由は以下の通りです。, WordPressサイトでxmlrpc.phpを無効にする必要がある主な理由は、セキュリティの脆弱性が発生し、攻撃の対象になる可能性があるためです。, XML-RPCがWordPressの外部と通信する必要がなくなったため、XML-RPCを有効にしておく理由はどこにもありません。これを無効にして、サイトのセキュリティを強化するのが賢明です。, でも、xmlrpc.phpがセキュリティ上の問題となり、特に機能もしないのであれば、なぜWordPressから完全に削除されていないのでしょうか?, これは、WordPressの主要な機能の1つとして、常に下位互換性が挙げられるためです。サイトを適切に管理している人にとって、WordPress、プラグイン、テーマを最新の状態に保つのが重要であることはご存知の通りです。, しかし、WordPressのバージョンを更新したくない、または更新できないサイト所有者もいます。その人がREST API導入よりも前のバージョンを利用していたら、xmlrpc.phpへのアクセスが必要になる、ということです。, xmlrpc.phpが可能にした機能の1つが、ピンバックとトラックバックです。これらにより、別のブログやサイトがコンテンツにリンクしたときに、サイトのコメント欄に通知を表示することができます。, この通信を支えたのがXML-RPCでしたが(既にご説明した通り)この役割はREST APIが担うようになりました。, サイトでXML-RPCが有効になっていると、ハッカーはxmlrpc.phpを悪用して短時間で膨大な数のピンバックをサイトに送信することにより、サイトにDDoS攻撃を仕掛けることができます。これにより、サーバーが過負荷になり、サイトが機能しなくなる危険が介在するのです。, xmlrpc.phpがリクエストを行うたびに、認証のためにユーザー名とパスワードを送信します。これは、重大なセキュリティ上の問題を引き起こします(REST APIにはありません)。実際、REST APIは、ユーザー名やパスワードではなく、認証用のトークンを送信するOAuthを使用します。, xmlrpc.phpはリクエストごとに認証情報を送信するため、ハッカーはこれを使用してサイトにアクセスしてしまう可能性があります。そして、ブルートフォース攻撃は、コンテンツの挿入、コードの削除、またはデータベースの損傷へとつながる危険性があります。, 攻撃者がサイトに多数のリクエストを送信し、それぞれに異なるユーザー名とパスワードのペアを指定すると、最終的には正しい組み合わせになり…サイトにアクセスできてしまう、という具合です。, そのため、REST APIを使用して外部システムと通信するWordPressの最新バージョンを利用している場合は、xmlrpc.phpを無効にしておきましょう。この機能は不要であり、サイトを脆弱にする可能性だけがあります。, KinstaはOAuthをネイティブでサポートしていませんが、 エンタープライズ以上のホスティングプランでは、実装のリクエストをすることができます。, 最初に行うべきは、xmlrpc.phpが自分のWordPressサイトで有効になっているかどうかを確認することです。, これは、ファイルが存在するかどうかのチェックではありません。ファイルはWordPressに標準で存在し、XML-RPCが無効になっていてもファイル自体は残っています。, 対象が何であれ削除を行う前には、必ずサイトのバックアップを作成してください。この場合には、xmlrpc.phpファイルの削除は行わないでください。サイトが破損します。, サイトでxmlrpc.phpが有効になっているかどうか確認するには、WordPress XML-RPC Validation Serviceを使用します。これによりxmlrpc.phpが有効になっているかどうかがチェックできます。, このように、kinsta.comではxmlrpc.phpが無効になっていることがわかります。それでは、チェックを実行した結果、xmlrpc.phpがサイトで有効になっていることが発覚した場合、どのように無効化できるのでしょうか?, 最も簡単な方法は、xmlrpc.phpを無効にするプラグインをインストールすることです。Disable XML-RPCプラグインで完全に無効にできます。使い方は次のとおりです。, ここでは、xmlrpc.phpが有効になっている状態の私のサイトを使ってみます。チェックにより、現在有効であることが確認できます。, WordPress管理画面のプラグイン画面からプラグインをインストールし、有効化します。, これだけです。他には何もする必要はありません。プラグインを有効化すると、XML-RPCが無効になります。そしてチェックをしてみると、無効であることがわかります。, xmlrpc.phpの特定の機能を無効にし、その他は残したままにするには、どうすればいいでしょうか。Disable XML-RPC Pingbackプラグインを使えば、ピンバック機能のみを無効にできます。つまり、必要に応じて、XML-RPCのその他の機能を引き続き利用できるようになります。, プラグインは、上述のDisable XML-RPCプラグインと同じように機能します。インストールして有効化するだけでOKです。, サイトでのxmlrpc.phpとREST APIの設定をより詳細に制御したい場合は、REST XML-RPC Data Checkerプラグインが利用できます。, このプラグインをインストールして有効化したら「設定」> 「REST XML-RPC Data Checker」に移動し「XML-RPC」タブをクリックします。, これにより、xmlrpc.phpのどの機能をサイトで有効にするのかを正確に決めることができます。, または、単に完全にオフにすることもできます。また、 REST APIの制御も必要な場合は、このプラグインにあるそれ専用の別のタブを利用してください。, サイトにこのためのプラグインをインストールしたくない場合は、フィルターまたは.htaccessファイルにコードを追加して無効にできます。両方の方法を見てみましょう。, この方法では、xmlrpc_enabledフィルターを使用してxmlrpc.phpを無効にします。この関数を使いプラグインを作成して、サイトで有効化します。, これをテーマ関数ファイルに追加することもできますが、別途プラグインを作成することをお勧めします。, もう1つのオプションとしては、cPanelまたはFTPを介してサイトのサーバーに接続することにより、Apacheを使用するホスティングプロバイダーの.htaccessファイルを編集できます。, KinstaではNginxウェブサーバーを使用しているため、.htaccessファイルは使われていません。代わりに、 MyKinstaダッシュボードのツールから、より直感的な方法で重要な.htaccessの機能の多くを再現できます。, 問題が発生した場合に備えて、事前に元のファイルのコピーを作成するようにしてください。, または、攻撃が検出された場合、一部のホスティングプロバイダーはxmlrpc.phpを無効にしてくれます。, Kinstaでは、XML-RPCを介した攻撃が検出されると、以下のコードスニペットがNginx.configファイルに自動的に追加されます。, これを自分で行うには、上記の方法のいずれかを使用するのが最善です。ただし、その前に、必ず最初にお使いのホスティングプロバイダーに確認してください。, WordPressサイトでxmlrpc.phpを有効にする必要がある場合や、完全に無効にすべきでない場合もあります。, 以上です!実際、上記のどれも、XML-RPCをオンにしたままにする特段いい理由だとは言えません。, これが依然としてWordPressにある唯一の理由は、下位互換性のためであり、古いシステムを使っている場合にのみ、使用可能性が生じます。サイトを最新の状態に保ち、最新のテクノロジーを使用したいなら、xmlrpc.phpは無効にするのがよいでしょう。, XML-RPCは、WordPressが外部システムやアプリケーションと通信するための手段として、WordPressよりも前に開発されました。これには固有のセキュリティ面での欠陥があり、サイトが攻撃に対し脆弱になる可能性があります。, REST APIによってサイトが他のアプリケーションと通信できるようになったので、xmlrpc.phpは安全に無効にすることができます。上記の手順を実行すると、これを無効にすることでサイトのセキュリティを改善できます。, この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。. WordPressでサイトを運営していると、「記事が自動で投稿できたらなぁ...」と思うタイミングが一度はありますよね。, この記事では、プログラミング未経験の方でもPythonでWordPressに自動投稿できるまでの手順を書いていきます。, すでにWordPressのサイトを持っている方向けの記事なので、まだご自身おWordPressのサイトを持っていない方はWordPressサイトを新規登録してから記事を読んでいただけると!, ちなみにAPIとは、サイトのデータを取得したり、コンテンツを投稿したりといった操作をボタンでぽちぽち操作しなくてもプログラム経由で行うことができる技術のことです。, 言葉で聞くよりも実際に動かしてみた方が理解できるので、よくわからない方もここで理解しようとしなくて大丈夫です。, それでは、さっそくWordPressにAPI経由で投稿できるようになる設定と、記事の投稿を試してみましょう。, まずは、WordPressにAPIでアクセスできるようになるための設定をしていきます。, WordPressに登録しているご自身のアカウントでログインし、「ツール > プラグイン」とクリックしていってプラグイン画面を表示します。, 「ZIP形式のプラグインファイルをお持ちの場合、...」という箇所に、WordPress REST APIというAPIアクセスできるようになるためのプラグインをアップロードします。, 画面右下の「Download」ボタンをクリックしてプラグインをダウンロードします。, ダウンロードが完了すると、(Chromの場合)ブラウザの左下にダウンロード済みのファイルが表示されると思います。, 次に、WP REST APIでWordPressにアクセスして操作できるように、Application Passwordsプラグインを有効化していきます。, プラグインの新規追加で、「Application Passwords」で検索して「今すぐインストール」をクリックします。, Application PasswordsでWP REST APIにアクセスするときに利用する認証パスワードの登録をしていきます。, 左メニューの「ユーザー」をクリックし、ユーザー名をクリックしてユーザー設定画面に遷移します。, Application Passwordsという項目の「Add New」をクリックし、新規パスワードを登録します。, Passwordを登録すると、REST APIの新規パスワード(「xxxx xxxx xxxx xxxx xxxx xxxx」のように6つの文字列が表示される形式になっていると思います)が表示されます。, こちらをAPIアクセス時に利用するので、外部に漏れないように大切に保管してください。, 外部に漏れてしまうとその人が自由にあなたのWordPressに投稿できたりしてしまいます(もし仮に漏れた場合は、迅速にPasswordを無効化して外部からAPIアクセスされないようにしましょう)。, ↓の記事の「Pythonの実行環境の準備」を参考にPythonが実行できるように準備していただければ!, ここまでで準備が全て完了しているはずなので、PythonでWord PressにAPIでアクセスして自動投稿してみましょう!, 「post_article.py」という名前のファイルを作成し、以下のようなコードを書きます。, 「WP_URL」と「WP_USERNAME」と「WP_PASSWORD」はそれぞれご自身のWordPressの値で書き換えてください。, また、「requests」というHTTPリクエストをするライブラリを利用するので、以下のコマンドでインストールしておきます。, 以下のコマンドで作成したPythonファイルを実行し、記事の投稿ができるか確認してみます。, 以上、「【Python】WordPressで記事の自動投稿できるようになる」でした!, 他にもWordPressはAPI経由で記事の一覧取得、画像のアップロード、記事の削除など様々なことができるので、使いこなせるとWordPress運営がめちゃくちゃ効率化できて便利です。, Twitterでも、Webエンジニアの方向けの情報とか、プログラミングのこととかツイートしているので、よければフォローしてやってください!, Qiitaではエンジニアの方向けの記事をメインで書いてます。(数回トレンド入り!), 自由気ままに気になったことや試してみたことを雑記ブログにまとめたりもしております( ・v・)b, Pythonでブログの記事作成・更新・分析などを自動化するプログラムのチュートリアル記事をまとめています。, 【経歴】文系大学生→動画ITスタートアップ→IT大手ベンチャー(now!) """, '----------\n件名:「{}」の投稿リクエスト結果:{} res.status: {}', # 記事を下書き投稿する('draft'ではなく、'publish'にすれば公開投稿できます。), xhack and TokyoTechLab勉強会 「FirebaseとReactでTOD….