Simplicityにて無料配布しています。, 無料で使える会計ソフト「MFクラウド確定申告」は零細個人事業主にとっては神ツールなのではないか, サイトの高速化に!Twitter、Facebook、Google+、はてブのシェア数をJavaScriptで非同期に取得する方法まとめ, WordPressトップの一覧リストの中から特定のカテゴリを除外するカスタマイズ方法, WordPressの投稿・固定ページの本文からtarget属性(_blankなど)を取り除く方法, 検索結果に星評価を表示するWordPressカスタマイズ方法(JSON-LDでレビュー構造化データの出力), WordPressテーマのCSSカスタマイズ向けChromeデベロッパーツールの使い方, クラスを指定するだけで手軽にアニメーションハンバーガーメニューを作れる「Hamburgers」の使い方, WordPress標準のサイトマップで著者アーカイブページを除外する方法【v5.5以降】, WordPress標準のサイトマップで全カテゴリー・タグページを除外する方法【v5.5以降】, WordPress標準のサイトマップで特定のカテゴリー・タグページを除外する方法【v5.5以降】, WordPress標準のサイトマップで特定の投稿・固定ページを除外する方法【v5.5以降】, レック(7874)の2020年株主優待の魅力がダウン。ゴキブリ絶対殺すマンにはいいのかも。, WordPressダッシュボード上部にちょっとしたメッセージを表示するカスタマイズ方法.

Tweet 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); jQueryのAjax非同期処理によりソーシャルサービスからシェアカウントを取得する方法のまとめです。, Wordpressのホームページのインデクスリストから特定のカテゴリに属する投稿を非表示にするWordpressカスタマイズ方法の紹介です。, Wordpressの本文からターゲット属性を一括で取り除くカスタマイズ方法の紹介です。サイト内のターゲット属性の挙動を統一したい時などに。, JSON-LDを使用してレビューの構造化データー(リッチスニペット用の記述)をheadタグに出力するための、WordPressテーマカスタマイズ方法です。, Facebook Graph API v2.9以降では、シェア数を取得するのにアクセストークンが必要になりました。その新仕様のアクセストークンを使用してシェア数(リアクションカウント)を取得する方法のサンプルコードです。, ブラウザの開発者ツールを用いた手軽なWordpressテーマのスタイルシートカスタマイズ方法の紹介です。主にChrome用のものですが、Firefox、Internet Explorer、Safariなどでも同様の操作で編集を行うことができます。, GravatarのIdenticon機能を利用して、ブログの家紋を作ってみました。ショートコードを利用するだけで使用できます。, 18種類のアニメーションハンバーガーメニューを手軽に実装することができる「Hamburgers」の使用手順の紹介です。, 入院のとき病院に持っていって良かったもの(身の回りのことができない重度障害の僕の場合), Twitterで自分のブログのURLがツイートされたときに「概要の表示」を出す方法(WordPressでTwitter Cardsの設定), このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Simplicityの後継テーマを作りました。 Cocoonにて無料配布しています。, シンプルな無料Wordpressテーマを自作してみました。簡素好きな人におすすめ。 WordPressの記事一覧ページの作り方がよくわからない方向けに、初心者でも1から理解できるように作り方を解説しています。

WordPressは決められたテンプレートファイルを使うとカテゴリーごとの記事一覧や月別のアーカイブを作ることができるのでとても便利です。 ただ、全てのカテゴリーを横断した全記事一覧のページを作ろうとすると、archive.phpやcategory.phpではうまくいかないんですよね…。 最近このブログの記事もだいぶたまってきました。Wordpressで記事を書いていて記事数が増えてくると、カテゴリやタグの数も、それなりに増えてきてだんだんわけがわからなくなってきます。そうなってくると、記事を書いてカテゴリを選択するときに鶏 @MrYhiraさんをフォロー !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? WordPressで特定の記事のみを表示したい場合には、記事一覧を表示することができるループで特定の記事の取得と表示ができます。 WordPressのトップページやサイドバーなどに特定の記事のみを何件かピックアップして表示したい。 WordPressで記事を書いていて記事数が増えてくると、カテゴリやタグの数も、それなりに増えてきてだんだんわけがわからなくなってきます。そうなってくると、記事を書いてカテゴリを選択するときに鶏頭の僕は「あれ?どんなカテゴリがあったっけ?」なんてことになってしまいます。, タグの場合は、さらに数が多くなるので「この記事に適したタグは何があったっけ?…他にもあったかな?」なんてことになってしまいます。, WordPressには一応、カテゴリ&タグ選択を支援する機能はあるのですが、それも全て表示されるわけではないので万全ではありません。, そんな時に、「カテゴリとタグの一覧があればなぁ」なんて思ったので、一覧を取得する方法を調べてみました。, なんて方法もあるのですが、これだと余白やリンク情報がついた決まった形でリスト化されてしまうので次のような方法でテキストの一覧を取得する方法にしてみました。, これをWordpress「footer.php」内のタグ直前にでも貼り付けて、ブログを表示させます。, すると以下のように、フッター下にログインユーザーのみにだけ、カテゴリ一覧が表示されます。, 後は、一覧をコピーして保存しておいてあとで一覧表を作ります。「footer.php」に貼り付けたコードは削除するか、再利用したい場合は、//か、/* */でコメントアウトしておけば良いでしょう。, これもWordpress「footer.php」内のタグ直前にでも貼り付けて、ブログを表示させます。, すると以下のように、フッター下にログインユーザーのみにだけ、タグ一覧が表示されます。, 表計算ソフトは、エクセルなどでも良いのですが、クラウド上に置いておいて、どんなデバイスからでも参照出来るように僕の場合は、Googleドライブのスプレッドシートに作成しました。, Googleスプレッドシートに一覧表の作成といっても、やり方は簡単で先程コピーして保存しておいたカテゴリリストとタグリストをシートに貼り付けるだけです。, あとは余裕があれば、メニューの「データ→範囲の並べ替え」などでリストを五十音順に並び替えれば、どんなカテゴリとタグがあるか一目瞭然の一覧表が作成されます。, 印刷用に編集してプリンターで出力して、壁にでも貼っておけば、なお作業効率も良くなるでしょう。カテゴリが追加されれば、その都度書き込んでいけばいいと思います。, この一覧表を作成したことで、カテゴリやタグを選択し忘れて、後から再び記事の設定を再編集なんてことをすることは少なくなりました。, これまでは、新しいタグを作ったとしても次の瞬間は忘れてしまって、使ってないタグなんかも結構あったので、そういったタグも一覧リストで探せるようになり楽になりました。もっと早く作っておけば良かったです。, というか、Wordpress達人は、もっと計画的にカテゴリとかタグの管理をしているんだろうと思います。, ※Wordpressテーマを直接編集するのは、あまり良い作法とはいえません。何かプラグインとかで一覧を簡単に取得する方法とか人間工学的にタグの入力漏れをなくすものってないのかな。, Pickup! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); WordPressで画像の保存場所がどこにあるのか覚えると共に、WordPressが画像の保存場所に自動生成する仕組みについても画像設定を理解すること[…], WordPressはトップページにブログとしての投稿ページ一覧表示だけではなく、固定ページを使用してトップページをホームページとして表示することができ[…], MAMPは「Macintosh」「Apache」「MySQL」「PHP」の頭文字をとったフリーソフトです。 MAMP(マンプ)にはApache、MyS[…], 美しいデザイン、パワフルな機能、望むものは何でも作れる自由。 WordPressは無料であると同時に、値段がつけられないほど価値のあるものです。 &n[…], WordPressとWeb関係のことを趣味的に学んでます。独学なので記事で間違ってることがあればご指摘ください。記事が少しでも誰かの参考になればと思います。そろそろ独学知識を何かに活かせないかひっそりと模索中. 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); 特定のカスタム投稿タイプで投稿した記事一覧を取得して、他のテンプレート内に表示させる場合の記述例です。例えば、トップページ(index.php)やサイドバー(sidebar.php)内に、特定のカスタム投稿タイプの最新記事一覧を取得することができます。, 取得条件を追加したい場合は、5行目にパラメータを追記します。 カスタム投稿タイプの記事一覧を取得、表示するソースコードのメモ。サイドバーで最新記事一覧を表示する時などの、サブループとして表示する方法です。 WordPressで特定の記事のみを表示したい場合には、記事一覧を表示することができるループで特定の記事の取得と表示ができます。, WordPressのトップページやサイドバーなどに特定の記事のみを何件かピックアップして表示したい。または特定の記事のみを厳選して人気の記事として表示したい。などをループで取得して表示する方法を紹介します。, WordPressで特定の記事のみに限定して任意の記事を表示したい場合には、WordPressのループのうちの一つ「サブループ」をWP_Queryクラスを使って使用します。, サブループはメインループで表示するメインクエリの記事データとは別に、任意で指定した条件で絞り込んで投稿データを取得することができます。つまり特定の記事のみを絞り込んで表示するためのデータをループ処理できるのがサブループです。, 特定の記事のみを取得して表示するための条件を組み込むときは、上のPHPコード2行目に記述してる$argsに連想配列でインスタンスを作成します。, 配列にはWordPressのWP_Queryで用意されてるパラメータを使用します。, おそらく、インスタンスを作成するときに、どのようなWordPressのWP_Queryパラメータを使うと特定の記事のみを取得できるのかを理解するのが1番覚えやすいと思います。, 記述はそんなに難しくないのでWordPressで1件と5件の特定記事を取得する書き方を例に説明します。, WordPressのCodexでWP_Queryのページに、たくさんのパラメータがあるのですが、WordPressで1件の特定の記事のみを取得する場合は、post_typeとpかpageというWP_Queryのパラーメータを$argsの配列で記述します。, 1件の特定の記事のみを「投稿ページ」から特定する必要があるので、’post_type’ => ‘post’,と記述。, postは投稿を表示するという意味です。またデフォルトの投稿タイプもpost です。, pというパラメータには投稿記事のIDを指定します。’p’ => 55,のように指定すると特定の記事として、その投稿記事idの投稿情報を取得できるので、ループを処理すると表示できます。, そして配列にWordPressのパラメータで作ったインスタンスはWP_Queryクラスをnewします。, パラメータのpost_typeにpageを指定します。’post_type’ => ‘page’,と記述します。, パラメータのpage_idで特定の記事として取得する固定ページの記事idを’page_id’ => 1691,のように記述します。, 例えば’page_id’ => 1691,と記述したら、固定ページで1691がついたidの固定ページが特定のページとして取得でき、ループ処理の記述をすると表示できます。, WordPressで5件の特定の記事のみを取得する場合は、post_typeとpost__inかpost__idというWP_Queryのパラーメータを$argsの配列に記述します。, WordPressの投稿ページから「5件」特定の記事のみを取得する場合は、post_typeパラメータを使ってpostにします。, そしてpost__inパラメータにarrayを使って表示したい特定の投稿記事のみの投稿idを指定します。, 例えば’post__in’ => array(11,12,13,14,15),のように投稿の記事idを5件指定します。, WordPressの固定ページから「5件」特定の記事のみを取得する場合は、WP_Queryのpost_typeパラメータを使ってpageにします。, そしてpost__idというWP_Queryのパラメータにarrayを使って表示したい特定の固定ページのみの記事idを指定します。, 例えば”post__id’ => array(21,22,23,24,25),のように固定ページのidを5件指定します。, post__idはパラメータの配列に並んだ投稿 IDの順になります。他のパラメータを使うと特定の記事のみの記事一覧の並び順を変更できます。, WordPressに特定の記事のみをループさせるためにWP Queryクラスのインスタンスを配列$argsに作成して変数に代入したのが、ここまで作成してきたことです。, あとは特定の記事のみをループで表示させます。作成したWP_Queryクラスのインスタンスを使ってサブループで実行するPHPを記述します。, 上のPHPコードは、特定の記事のみをWordPressのパラメータで配列を作成し、WP Queryクラスのインスタンスの下にWP Queryのサブループを記述したPHPです。, サブループには特定の記事のみで表示したい3件の記事タイトルをリンクつきで表示できるようにしてます。, WordPressのサブループは$set_query->have_posts()で表示する特定の記事があるかどうか判断し、投稿があれば該当する特定の記事だけwhileループで処理を繰り返します。whileループ内ではthe_postが次の投稿に進める役割をしてくれます。, wp_reset_postdata()は、上のサブループ処理でいうと$set_query->the_post()がグローバル変数 $post を上書きするので、書き換えられた$postの値を元に戻すためのリセットが必要だからです。, こうしてWP Queryのサブループで処理した特定の記事のみの表示は、特定の記事を複数設定した場合、WordPressで特定の記事のみで表示した記事一覧になります。, 特定の記事を一つ設定した場合は、WordPressが一つの記事情報を取得して、特定の記事1件のみを表示できます。, WordPressのメインループの場合は、ページのURL(パラメータ―)から$wp_queryに保存するデータを判断して、そのページに適したループ処理をするので、特定の記事のみループで取得して表示するという処理ができないかと思います。, 一方でWordPressのサブループをwp_queryで作ると投稿の条件を指定する連想配列を渡すことができるので、今回のような特定の記事のみループで取得して表示することも含めて、表示したい記事のみを絞り込んで幅広い表示形式を作成できるので是非覚えておきたいテクニックです。. パラメータ参考:http://elearn.jp/wpman/function/get_posts.html, 東京都港区を中心にweb制作を主にお仕事しています。日々奮闘中。※記事の内容古かったらごめんなさい, http://elearn.jp/wpman/function/get_posts.html, wordpressで「if(is_home()):」などの条件分岐タグが効かないときの対処法!query_postsをリセット, WordPress Popular Postsのサムネイル画像のキャッシュをクリアする方法, wordpress4.2の絵文字(emoji)表示機能を非表示にする記述方法【編集画面が重くなる原因解消】, wordpressで投稿・固定ページごとのdescriptionとkeywordsの設定枠をプラグインなしで設置する方法, 網元(AWS+nginx+wordpress)でキャッシュが消えないときの対処法、リバースプロキシCacheの設定変更, facebookのリンク投稿で違う内容やサムネイルが表示されてしまう時の対処法※過去の投稿のリンク先情報も更新. !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 無料で使える会計ソフト「MFクラウド確定申告」は零細個人事業主にとっては神ツールなのではないか. そんなとき、ある条件に合致する記事だけを表示させたいということがよくあるかと思います。 今回はWP_Queryを使って、いろんな条件指定した記事一覧の取得方法を見ていきたいと思います。 まず、いちばんオーソドックスな記事の取得方法から。 特定のカスタム投稿タイプで投稿した記事一覧を取得して、他のテンプレート内に表示させる場合の記述例です。例えば、トップページ(index.php)やサイドバー(sidebar.php)内に、特定のカスタ WordPressでカスタム投稿タイプの記事一覧を表示する author:ponzu このサイトは自分の備忘録でもありますが、どうせならシェアしていきたいと考えて運営しております。 記事が属する直属のタームを取得する; カスタムフィールドの値を取得し、ショートコードを使って投稿内に表示できるようにする; WordPressの予約投稿を無効にし、未来の記事を表示させる