新規でパーティクルシステムを作成し、パラメータを設定していきます。, ポイントはやはり Renderer モジュールのメッシュ指定です。 SlideShare:shotababa359, 概要 2016/10/27 に「Particle System Preview」がリリースされ…, 【Unity】Inspector でパーティクルシステムのプレビューを再生できる「Particle …, 【Unity】無料で使用できるオススメのアセットやオープンソースを190個以上まとめて紹介, 【Unity】「Shader Weaver」チュートリアル12 - 建物がゆらゆらする風景を作る, 【Unity】Project ビューでアセットのフルパスをコピーできるようにするエディタ拡張「UniAssetFullPathMultipleCopyer」を GitHu…, 【Unity】BuildPlayerWindow の internal な機能を使用できるようにするパッケージ「UniBuildPlayerWindowInternal」…, 【Unity】エディタがフォーカスされた、フォーカスが外れた時に呼び出されるコールバック「UniEditorFocusWatcher」を GitHub に公開しました, 【Unity】Project Settings に簡単にメニューを追加できるエディタ拡張「UniScriptableObjectForProjectSettings」を …, 【Unity】Preferences に簡単にメニューを追加できるエディタ拡張「UniScriptableObjectForPreferences」を GitHub に公…. 【Unity】体力ゲージの実装方法の紹介 (一瞬で減る緑ゲージ+徐々に減る赤ゲージ) 35.67ビュー / 1日 【Unity】Blenderからインポートしたモデルのマテリアル設定方式について 34ビュー / 1日 通常時と光剣時で攻撃判定を分ける必要がありそうです。, ちなみに剣の軌跡の部分は「X-WeaponTrail」というアセットで簡単かつ綺麗に作れます。 unityでゲーム制作をしています。3D用のパーティクルを2Dに流用するため、XZ平面上に平行な板ポリのパーティクルのパーツを傾けたいのですが、Transformのrotationのxを変更しても、矢印は傾くのですが、ポリゴン自体が傾いてくれません(添付画像のオレンジ色の四角部分)。何が問題でしょう 前回は、プレイヤーと敵の当たり判定を作成しました 気軽に遊べるスマートフォン向けアプリです。ボクセルアートで彩られるどこかレトロ、でも新しい世界で癒されてみませんか? 「Materials」フォルダを作成します, 作成した「Materials」フォルダを右クリックして 今回は、弾が敵に当たった時に表示する爆発エフェクトを作成していきます, 今回は、このような爆発エフェクトを作成していきます Unity入門のゲーム作成チュートリアル第4弾「城防衛シューティングゲーム」の第3回は大砲の弾と敵の当たり判定の方法とエフェクトの付け方をご紹介します。「OnCollisionEnter」を用いた当たり判定について詳しく解説していきます。ま 剣といっても柄の部分は不要で、刃の部分だけそれっぽくなっていればいいので、割と適当でも問題ありません。 Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。, Apple、Appleロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。, このアセットで作成したダンジョンがどのように生成されるのか体験できるデモシーンを追加しました。. 全然プロフィールになってないな・・・・(-.-), の記事に記載の順番で見て頂くとUnityの基本的な使い方がわかり、簡単なTPSゲームの作成までが出来ます。, わたくしに出来る事は既に記事にしてあるので、ブログ右上の検索窓を活用してください。(._. 剣のモデルから「光の剣」のようなものを出してみました! もし、正しく爆発エフェクトが再生されない場合は、 ), HDリマスターで新・女神転生3が出来る!かなりやりつくしたゲームだけどまたやりたいなぁ・・・・, ゲーム開発エンジンUnityを使った3Dゲームの制作に参考になる情報を公開しています。これからゲーム作りを始めたい人にはいいかも?, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)で、はじめてUnityの学習をする時の当ブログの記事を読む順番を書きました。機能を積み上げていく形になるので便利かも?, Unityのエフェクトを使い、敵キャラの出現をわかりやすくします。エフェクトにはパーティクルをプレハブにしたものを使用し、スクリプトから敵の位置にインスタンス化していきます。, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)の機能積み上げ形式の記事のスクリプトの説明と寄せられた記事の機能についての質問への回答を掲載しています。, Unityインターハイとは、ユニティー・テクノロジーズ・ジャパン主催の高校生・高等専門学校生のゲーム開発全国大会です。, UnityのML-Agentsを使って敵キャラを強化学習して主人公を追いかけるようにする, UnityのVisual Effect GraphのOutput Particle Forward Decalで銃の弾痕エフェクトを作成し使用する. 【Unity】体力ゲージの実装方法の紹介 (一瞬で減る緑ゲージ+徐々に減る赤ゲージ) 35.67ビュー / 1日 【Unity】Blenderからインポートしたモデルのマテリアル設定方式について 34ビュー / 1日 エフェクト作成中、再生時の動き確認をする為ビュー画面をカメラの視点と合わせるショートカットです。 「Position」の「Y」に「1」と入力します, 爆発エフェクトが再生されることが確認できます 「Bursts」の右下に「+」ボタンを押して、追加された項目の 気軽に遊べるスマホRPG。タップで押し寄せる敵をやっつけて、魔王を懲らしめに行こう! Directional Light が効いていると微妙ですが、暗い場所なら目立つ・・・かも。, そんなわけで、パーティクルシステムを使った光の剣 (っぽいもの) について考えてみました! 「Texture Sheet Animation」の欄をクリックして開き、 先ほど作成した「Explosion」マテリアルを「Material」の欄にドラッグして設定し、 「Max Particle Size」に「1」と入力し、「Order in Layer」に「10」と入力します, 「Explosion」オブジェクトを選択した状態で、 エフェクト作成中、再生時の動き確認をする為ビュー画面をカメラの視点と合わせるショートカットです。 Unity パーティクルシステム Shuriken 個人的に役に立った小技集 ビュー画面とカメラの視点を合わせるショートカット. 専用のモデルを作ると剣の形に依存しなくもなるので、モデルの状態や作成するゲームの雰囲気に合わせて・・・といった感じでしょうか。, 光の剣となるエフェクトを作成します。 kamekumechan@gmail.com, いずれはSIRENやバイオハザードみたいなアクションゲームを作りたいと思っています。, ゲームシナリオが書けないので面白いゲームはなかなか作れません・・・・。(^_^;), 名前の由来はカメが好きだからです。 これを剣の位置・移動に合わせるため、 剣に近い bone の子オブジェクトに設定し微調整します。, 地味に詰まった点として、RenderMode を Mesh にし、シェーダーを Particle~ 系にすると、画面上に表示されなくなってしまいました。 Unity入門のゲーム作成チュートリアル第4弾「城防衛シューティングゲーム」の第3回は大砲の弾と敵の当たり判定の方法とエフェクトの付け方をご紹介します。「OnCollisionEnter」を用いた当たり判定について詳しく解説していきます。ま 「Unityで作る2Dアクションゲーム」 ちょっと安っぽい感じはしますが、雰囲気だけならそれなりに出来ているのではないでしょうか。 設定を見直してみて頂ければと思います, Unity 初心者向けの技術書 「武器に光が纏って強くなる」なんてシチュエーションはファンタジーなゲームでよくありますよね! 今度は Shape を Mesh にして先程と同じ剣のモデル選択し、RenderMode は Billborad にします。 をBOOTHで販売開始しました その他はデフォルトのマテリアルで適当に。, エフェクトとはちょっと違いますが、光剣という名目なのでライトが欲しいところです。 第6話 プログラムでを物を動かす . って時に読む記事【解説】, 【Unity】Visual Effect(VFX) Graphをいじり倒すための手順をまとめたよ.

ポストプロセスは、レンダリングされた既存のシーンに基づくレンダリングエフェクトです。これは、通常、シーンビューに依存し、最終レンダリングを行う前に、レンダリングされたシーンの上にレイヤー化されます。この機能の利点は、既存のコンテンツに変更を加える... 【Unity】ポストプロセシング(Post-Processing)のエフェクトまとめ, このブログではUnityのポストプロセシング(Post-Processing)で設定できるエフェクトについて、エフェクト自体の解説や設定値の解説、実例を紹介しています。個別の記事に飛びやすいようまとめたので、興味のあるエフェクトについて触れてみてください。, Unityを使ってアプリを作ったり、Assetを作ったりしてる個人開発者。Unity全般ネタとAsset開発の情報を扱っています。 Qiita:baba_s 今回はAssetStoreにあるこちらのキャラクターデータを用いてやっていきます。 おなじみのデフォルメユニティちゃんです〜 今回はこのアセットに梱包されている「StandA_idleA」というアニメーションを使います。 AssetStoreからインポートし、 Optimize SDKohaku-Chanz -> Animation -> FBX -> StandA_idleA を選択。 InspectorのEditをクリックしましょう。 するとInspectorに以下のような内容が出てきます。 下にスクロールすると、Eventsという項目があります。 これがAnimation Eventです! ▶… 上げすぎると自己主張が強くなるので、少しだけ上げましょう。, あとちょっとしたエフェクトとして、剣の周りに粒子を出してみます。

Unityではポストプロセシング(Post-Processing)と呼ばれる処理を施すことにより、画面に表示される映像を強化することができます。, 画面に映像を表示する際には、Update()などの計算結果が終了した後に画像バッファが作成されていますが、この画像バッファに対して処理を行うのがポストプロセシングです。, ポストプロセシングを使って実現できるのは、近くにあるものにピントを当てて遠くのオブジェクトをぼやけさせる被写界深度の表現、明るいライトの光を明るさに応じて周りに広げるブルーム(Bloom)の表現、レトロな写真の雰囲気を出せるビネットの表現などなど、多岐に渡ります。, 公式のバッケージ解説の方は英語で書かれていますが、自動翻訳すれば概要を掴みやすくなります。, 冒頭でも紹介しましたが、ポストプロセシング(Post-Processing)とは画面に描画する直前の画像に対して処理を行うことで、より現実に近いビジュアルを作成する機能です。, ポストプロセシングが目指しているのは現実のカメラを使って撮影したような「現実感」のある映像、なんだと思います。映画で表現されるような高クオリティの映像がUnityでも作れる、あるいは近づけることができる、というのは素晴らしいことです。, 現実味のある映像を表現することによって、ユーザーをよりゲームに惹きつけることができれば、もっと楽しんでもらうことができます。ユーザーに楽しんでもらえるというのは、開発者冥利につきますよね。, 導入する流れさえ掴んでいれば5分くらいでポストプロセシングを使うことができるので、このページでマスターしちゃいましょう。, Unityでポストプロセシングを使うためには、パッケージをインストールする必要があります。パッケージマネージャを使って簡単にインストールすることができるので、一緒にやってみましょう。, まずはUnityのプロジェクトを開いて、画面上部のメニューバーから [Window] -> [Package Manager] を選択します。, パッケージマネージャのウィンドウが表示されます。ウィンドウが開いた直後は左下に「Loading Packages…」の表示がされてバッケージの読み込みが始まるので、少し待ちます。, バッケージが表示されたら、パッケージ一覧から「Post Processing」を選択し、右下に表示されている [Install] のボタンをクリックしてインストールします。, Projectウィンドウでは「Packages」のフォルダに「Post Processing」のフォルダが表示されるようになります。これでインストールは完了です。, ポストプロセシングを使うには、シーン内のカメラにコンポーネントをアタッチする必要があります。, この時、重要となる単語が2つ出てくるので、先に確認しておきましょう。その単語とは、「Post-Process Layer(ポストプロセスレイヤー)」と「Post-Process Volume(ポストプロセスボリューム)」です。, Post-Process Layer(ポストプロセスレイヤー)とは、ポストプロセシングを適用するレイヤーのこと。そのままですね。, レイヤーごとに処理を分けたい時にこの設定を使いますが、ポストプロセシングでは処理の対象となるレイヤーを指定することができます。ポストプロセシングの処理は後述のボリュームに対して行われるので、パフォーマンスを考慮してボリューム用に専用のレイヤーを作成することが推奨されています。, 「Post Process Layer」というコンポーネントをカメラにアタッチし、その中で対象となるレイヤーを設定します。, Post-Process Volume(ポストプロセスボリューム)とは、ポストプロセスを適用する対象となるボリュームのこと。ここでのボリュームとは体積とか容積といった意味合いで、ポストプロセスが適用される空間を指します。イメージ的には空気とか大気みたいな感じです。大気を表すatmosphereでないのは、シーン全体に適用するだけではなく、特定の領域を区切って適用することもできるからでしょうか。, という訳で、このボリュームはシーン全体に適用するか、特定の領域に適用するかを決めることができます。領域は「Post Process Volume」のコンポーネントがアタッチされたゲームオブジェクトが持つColliderによって計算されます。このゲームオブジェクトに対しては前述のレイヤーの設定を行っておくと良いでしょう。, まずはレイヤーを追加しておきましょう。名前はなんでも大丈夫です。ここでは [Volume] にしました。「Main Camera」のオブジェクトから追加していますが、「Main Camera」のレイヤーは「Default」のままにしておきます。, 続いて「Main Camera」のゲームオブジェクトにコンポーネントを追加します。[Rendering] -> [Post-process Layer] を選択します。, アタッチ直後は以下の画像のようになっています。対象のレイヤーが「Nothing」になっているため、「Layer」の項目の下に「レイヤーがセットされていないのでボリュームの影響を受けません」といった警告文が表示されています。, このカメラで映した映像に対して適用するポストプロセシングのレイヤーを選択します。ここでは先ほど作成した [Volume] を選択しました。, 続いてボリュームの設定を行います。ボリュームとして扱うゲームオブジェクトは個別に作成すると扱いやすいです。, Post Processingのパッケージをインストールした後はボリュームオブジェクトを作成するメニューが表示されるようになるのでこれを使うと便利です。Hierarchyウィンドウで右クリックしてメニューを開き、[3D Object] -> [Post-Process Volume] を選択します。, ゲームオブジェクトが作成されたらレイヤーを設定します。ここでは先ほど作成した [Volume] を選択します。この設定をしておくことで、カメラの方で設定した「Post Process Layer」で認識されるようになります。, 作成した「Post-Process Volume」のオブジェクトには、デフォルトで「Post Process Volume」のコンポーネントがアタッチされています。コンポーネント内にある [New] ボタンをクリックしてプロファイルを作成しましょう。もしプロジェクト内にプロファイルのアセットがあれば、「Profile」のフィールドにセットしてください。, プロファイルのアセットは自動的に作成されます。作成されるパスは、開いているシーンファイルのひとつ下です。「<シーン名>_Profiles」のフォルダが作成され、そこに配置されます。, プロファイルがセットされるとエフェクトを追加できるようになります。[Add effect…] のボタンをクリックすることで、ブルーム、ビネットなど様々なエフェクトを追加することができます。, もしエフェクトの中で「Color Grading(色彩補正)」の中でHDR(High Dynamic Range)を使いたい場合は、色空間の設定をガンマからリニアへ変更する必要があります。, 人間の目は明るさに対して直線的に反応するわけではないので、ガンマの色空間ではそれを考慮して補正しています。, リニアの色空間では色のデータが数学的に正しい値で計算されるので、こうした色彩補正で正しく値を計算するために必要になります。, Unityで色空間の設定を変更する場合はProject Settingsから変更します。[Edit] -> [Project Settings] を選択し、「Player」タブを選択します。右側の領域で「Other Settings」の中から「Color Space」の設定値を [Linear] に変更します。プラットフォームによってはリニアの色空間をサポートしていないこともあるので、マニュアルを確認するようにしてください。, デフォルトのオブジェクトを使ってシーンを作ってみます。シーン内には発光するマテリアル(Emissionを設定したもの)を使ったオブジェクトと通常のマテリアルを設定したオブジェクトを配置しています。, 以下の画像がSceneウィンドウの様子です。矢印で指したオブジェクトが発光するマテリアルで、Intensityを1、色味はピンクに設定してあります。, 縦長の箱の横にPoint Lightを配置しており、Planeにその光が反射しています。画面右上にSpotlightを配置して、地面が青くなるようにしています。, まずはこの状態でGameウィンドウを見てみましょう。素材の味を生かした画面になっていますね。, オブジェクトをStaticにして光をベイクさせます。反射光が描画されるようになりました。発光しているオブジェクトの光もPlaneに描画されています。, ここにポストプロセシングを追加します。「Post Process Volume」では「Is Global」をTrueにしてシーン全体に影響を及ぼすようにしました。, 発光している部分から柔らかな光が溢れるBloom(ブルーム)と、トーンマッピングを行うためのColor Gradingを追加しました。単純にBloomを追加しただけだと光が強すぎて白飛びしてしまうので、HDRでトーンマッピングを行うことで色味の表現を細かく描画できるようにしています。, Bloomではピンクの光が溢れるようにしています。影響を受けるのは発光しているオブジェクトで、特にわかりやすいのはマテリアルでEmissionを設定した白い球体と箱ですね。シーン内にはDirectional LightやPoint Light、Spotlightがありますが、これらも影響を受けてピンクの色合いが追加されています。, さらにDepth of FieldとVignetteを追加します。Depth of Field(デプス オブ フィールド:被写界深度)は焦点の合う位置を変更する設定で、ある場所のオブジェクトはハッキリと、その他のオブジェクトはぼやけたように描画できます。下の画像だと手前の黄色い球体に焦点が合っていて、奥のオブジェクトはぼやけています。こうすることで遠近感が強調されます。, Vignette(ビネット)は中心部分が明るく、周辺部分は暗くなるようなエフェクトです。写真をやっている人だと口径食という言葉を聞いたことがあるかもしれません。被写体を際立たせたり、昔の写真のようなレトロな雰囲気を出すことができます。, デフォルトのオブジェクトだけでもいい感じの画面になるので、ちゃんとしたアセットと組み合わせるともっと良い感じの画面になります。下の画像ではBloom + Color Gradingを適用しており、光のふんわり具合がとてもいい感じです。, PC向けのゲームなら「ゲームに合わせて使いたいものを使う」で良いでしょう。しかし、モバイルでは性能に限りがあります。パフォーマンス的にはどうなのでしょうか。, エフェクトごとに求められる要件が異なるので、冒頭で紹介したパッケージのドキュメントを参照すると良いでしょう。各エフェクトの「Requirements」の部分に記載されています。, 2020年時点の最近の端末を対象とするなら、性能も良くなってきているのでそこまでボトルネックにならないかもしれません。, 元も子もない話ですが、Volumeの影響範囲(Is GlobalがTrueかどうか)やシーンの大きさなどにもよるので、実機テストしてパフォーマンスを確認するのがベストです。, ちょっとした手間でゲームの画面がレベルアップするので、ぜひポストプロセシング(Post-Processing)を使ってみましょ。, 以下のページでポストプロセシングのエフェクト一覧をまとめてあるので、もしよかったらこちらもご参照ください。, そんなお悩みをお持ちの方向けに、todoがアプリをリリースした経験を中心に、ゲーム作りの手順や考慮すべき点をまとめたe-bookを作成しました。ゲーム作りはそれ自体がゲームのように楽しいプロセスなので、「攻略チャート」と名付けています。, ゲームを作り始めた時にぶつかる壁である「何をしたら良いのか分からない」という悩みを吹き飛ばしましょう!.

約750ページ、全66章、2020/3/18 発売, Twitter:@baba_s_ 関連オブジェクトをまとめるための空オブジェクトを作成し、先ほどのパーティクルを子オブジェクトとした上で追加していきます。, まず簡単にできるエフェクトとして、剣から少しオーラが出ているような見た目にしてみます。 物を動かします。ボタンで上下左右に動かします。 Unity. Unity. 今回はUnityで自前の血しぶきエフェクトを作成し、主人公の攻撃が敵に当たった、または敵から攻撃を受けた時に表示してわかりやすくします。, 今回の機能を作成するにあたり以前作成した機能に処理を追加する必要があるので、このスクリプトやメソッドは何?と思ったら, エフェクトはAsset Storeで探してきた物を使用しましたが、Unityではエフェクトを自分で作成する事も出来ます。, ヒエラルキー上で右クリック→Particle Systemを選択し、名前をBloodEffectとします。, パーティクルシステムはエフェクトを自分で作成する機能です。これを使って血しぶきに似たような物を作ってみます。, パーティクルには重力をより働かせる為、Gravity Modifierを0.5にします。, とりあえずこれで血しぶきのパーティクルが出来ました(すぐれたものではないですが・・・・), あとはダメージを与えた時に敵キャラ用のエフェクト、ダメージを受けた時に主人公用のエフェクトを表示させます。, パーティクルを出現させるのはダメージを受けた時にしたいので、TakeDamageメソッド内で処理を記述します。, Instantiateでプレハブをインスタンス化し、位置をattackedPlaceにします。, 敵から攻撃を受けた時に敵の攻撃が当たった場所をattackedPlaceに渡すことにします。, 敵の手の部分に取り付けた攻撃の処理で主人公のTakeDamageメソッド呼び出しの時に攻撃が当たった位置を渡します。, コライダのClosestPointメソッドは与えた引数の位置に最も近いコライダの位置を返します。, 上の場合だと敵の手にAttackZombieスクリプトを取り付けているので敵の手が主人公のコライダの当たった位置を返します。, 敵キャラクターのEnemyスクリプトにもdamageEffectフィールドとTakeDamageメソッドを追加します。, AttackSwordスクリプトで敵に攻撃を与えた時に直接SetStateメソッドを呼び出していましたが、TakeDamageを呼ぶように変更します。, 先ほどはClosestPointを使いましたが、今回はClosestPointOnBoundsメソッドを使ってみました。, ClosestPointはコライダ上でClosestPointOnBoundsはコライダの境界らしいです。, 他の方の作ったパーティクルを使ってスクリプトから表示したサンプルを最後に載せておきます。, エフェクト自体はダメージ用のエフェクトではないのでちょっとあれですが・・・スクリプトからエフェクトを表示する事が出来ました。, メールはこちらにお願いします(記事に関する質問は送らないでください)。 「Create>Material」を選択します, 作成した「Explosion」マテリアルを選択して、 「Texture (None)」の欄にドラッグして設定します, Hierarchy の「Create>Effects>Particle System」を選択します, 作成した「Particle System」オブジェクトに「Explosion」と名前を付けます このブログではUnityのポストプロセシング(Post-Processing)で設定できるエフェクトについて、エフェクト自体の解説や設定値の解説、実例を紹介しています。個別の記事に飛びやすいようまとめたので、興味のあるエフェクトについて触れてみてください。 「Count」に「1」と入力します, そして、「Texture Sheet Animation」の左にチェックを付け、 「Tiles」の「X」(アニメーションの数)に「8」と入力します, 最後に、「Renderer」の欄をクリックして開き、 詳しいプロフィールは, 【Unity】ポストプロセシング(Post-Processing)を使ってプロ級の画面に, 【Unity】Grain(グレイン:粒子)の使い方と効果【Post Processing】, 【Unity】Ambient Occlusion(環境遮蔽)の使い方と効果【Post Processing】, 【Unity】Color Gradingで画面の色調を補正【Post-Processing】, 【Unity】Vignette(ビネット)の使い方と効果【Post Processing】, 【Unity】Ariadne – 3D Dungeon Makerを1.5.0にアップデートしました, 【Unity】RigidbodyのIsKinematic(物理演算の影響の有無)を変えて実験, 【Unity】ScriptableObjectってなんなん? そして、「Explision」オブジェクトを各種パラメータを設定していきます, 次に、「Emission」の欄をクリックして開き、「Rate over Time」に「0」と入力し、 マテリアル(画像を表示する機能)を準備します, 「Scripts」フォルダを作成した時と同様の手順で、 Unityで主人公キャラや敵キャラがダメージを受けた時にスクリプトからダメージエフェクトを表示させる機能を作成します。 ゲーム開発エンジンUnityを使った3Dゲームの制作に参考になる情報を公開して … 初期状態では Billborad ですが、これを Mesh にしてモデルを指定すればOKです。, パーティクルのベースとなる剣のモデルを作成します。

ProjectSettings→Player→Other Settings→Auto Graphics API for Windows にチェックを入れることで解決しました。, 新規プロジェクト作成時はチェックが入っているので外れている理由が分かりませんが、Windows10 にしたから・・・かも? unityroom:baba_s 【Unity 入門】全方位シューティングを作る 第12回 爆発エフェクトの表示 目次 目次 前回のチュートリアル はじめに 爆発エフェクトのプ… 2017-12-01 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ポストプロセシングのエフェクトのひとつであるGrain(グレイン)について使い方や使用例を紹介しています。フィルムを現像した写真でよく見られるざらざら[…], ポストプロセシングのエフェクトのひとつ、Ambient Occlusion(アンビエント オクルージョン: 環境遮蔽)について使い方や使用例を紹介して[…], Post-Processing(ポストプロセシング)のエフェクトのひとつ、Color Gradingについて、概要と設定項目を紹介しています。大事なポ[…], ポストプロセシングのエフェクトのひとつであるVignette(ビネット)について使い方や使用例を紹介しています。写真で四隅が暗くなるアレです。ビグネッ[…], このブログではUnityのポストプロセシング(Post-Processing)で設定できるエフェクトについて、エフェクト自体の解説や設定値の解説、実例[…], このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Unity、ボクセルアート、VFXが好き。教員免許を取ったのちIT系の企業に就職→フリーランスに。おかげさまでUnityをいじって4年経ちました。, 自分で作ってリリースしたアプリは4本です。夏場は米を作りながらゲームも作る生活。このブログではUnity初心者に向けたチュートリアルやテクニックを放出しています。, お仕事の相談や現在提供中のサービスについては、こちらの『サービス内容』のページをご覧ください。, なんと! Visual Effect Graphの解説を担当させていただいた『UNITY デザイナーズ・バイブル』がボーンデジタル社様より発売されました!, デザイナーさん向けの書籍で原稿を書くのはなかなかプレッシャーがありましたが、Visual Effect Graphを使えるように頑張って書いたのでみんな買ってね(ダイマ), エクスプラボを運営しているtodoが、より集中的にゲーム作りについて学べるオンライントレーニングのサイトをオープンしました。, 名前は『Ex-Tra エクスプラボのトレーニングルーム』です。勉強したことの進捗も表示できるようになっているので、どれだけ頑張ったのかが分かるようになっています。, シンプルなスライドパズルを作成する講座です。UIの操作、Prefabからのインスタンス化、C#の辞書機能について学べます。, 2DのアニメーションやColliderを使った接触、イベントシステムを使ったメッセージのやりとりを学べます。, メルマガ登録者には無料で『一瞬で全体像を掴む ゲーム開発の攻略チャート』というe-bookをプレゼントしています。, エクスプラボではゲーム開発のサポートも行なっています。お手伝いできそうなことがあればお問い合わせからご連絡ください。, スライドパズルのプチRPGの『にゃんこ・ザ・スライダー』(TODOWORKS名義でリリース), スライドパズルで敵と戦う簡単なRPGのゲームです。おもちゃとしてよく遊んだ15パズルなどのスライドパズルをゲーム風にアレンジ。, 癒し系縦スクロール避けゲーの『空とにゃんこと風船と』(TODOWORKS名義でリリース). 見た目は剣のリーチが伸びたように見えますが、現状では攻撃判定が伴っていない詐欺エフェクトだったりします。 Unityでエフェクトを使ってみたいけど方法がよくわからない… 無料で使えるおすすめのエフェクトがあったら知りたい Unityでゲームを製作していると爆発や雷などを表現したくなる時があるかと思います。そんな時に必要となる技術がエフェクトです。 メインエフェクトを複製し、Start Speed を少しだけ上げてみました。, もし「水の剣」など流動的なものを想定する場合は Start Speed ではなく、 Gravity Modifier を使うとそれっぽい見た目になります。 爆発エフェクトの作成には、パーティクルシステムを活用していきます, まずは、爆発エフェクトのパーティクルシステムで使用する Unity パーティクルシステム Shuriken 個人的に役に立った小技集 ビュー画面とカメラの視点を合わせるショートカット. そんなわけで、Blender でさくっと作ってみました。, 今回は専用のモデルを作りましたが、キャラクターが剣を持っている場合はそのメッシュを使ってしまっても大丈夫です。 今回の記事一瞬で終わる気がする。 ... Unityのゲームを公開して他の人に遊んでもらえる状態にしよう! Copyright © 2016-2020 かめくめちゃん All Rights Reserved. この記事でのバージョン Unity 5.3.4f1 Personal はじめに 今回はパーティクルの大きさをScaleで調整する方法のご紹介。 なお、Unity5.3から実装された機能です。 Scaling Mode 適当に PointLight を追加します。, 上は Range が50、 Intensity を1.5に設定してあります。 Shader のプルダウンメニューから「Unlit/Transparent」を選択します, 最後に、「space-shooter/effects」フォルダ内の「fx-7」を プレイヤーがこの状態になると攻撃力やリーチが上がり、見た目と相まってテンションが上がったりします。, パーティクルシステムの Renderer モジュールで、生成するパーティクルの形状を変化させることができます。