まだ5月だと言うのに大変暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回は自社製作したS15シルビアのご紹介です^^ ベース車輌は、最終モデル・フルノーマルの希少なシルビア オーテック … (*スペシャリティカーとは、デートカーとも呼ばれ、他の車とプラットフォームなどを共用し、その上にスポーツクーペやハードトップとなるボディを搭載することで、価格を抑えながらスポーティなフィーリングを味わうことができる車種の総称です) オーディオ関連を多少しているので空間は良いです。 また、任意保険、駐車場代、点検費用、車検費用やオイル交換などメンテナンス費用は、変動が大きいため記述から除外し、ガソリン代や税金について概算していますので注意して下さい。, 日産 シルビア S15の中古車価格は、最後の新車販売年から長い月日が経っているにも関わらず、走行距離が長いものであっても、比較的価格が下がらず推移しています。 また、スペシャリティカーとして、若い世代でも比較的手に入れやすいことから、ユーザー自らがカスタムやチューニングを施しやすく、今でも日本のみならず、世界中から愛される車として有名です。 m/4,800rpmを発生した。ボディ補強、前後ブレーキ、6速MT、リヤヘリカルLSDなどはスペックRと共通である。外観上はボディサイドエンブレム程度の相違しかなく、内装も専用シルバーメーター、赤ステッチ入りの専用フロントシート・ドアトリム生地など、大変控えめなものであった[12]。, 2000年5月、国産初のフルオープンタイプ電動メタルルーフのオープンカー(クーペカブリオレ)の「ヴァリエッタ」を発表。ベースとなったのは、1999年の第33回東京モーターショーに出品された、オーテックジャパンと高田工業の共同開発車である。同年7月に発売開始。搭載エンジンはSR20DE型のみで、5速マニュアル車は165PS、4速AT車は160PSであり、エンジン詳細はスペックSに準ずる。内装面では、フロントシートに「モルフォトーンクロスシート」を標準装備。モルフォトーンクロスは帝人と川島織物との共同開発による物で、モルフォチョウの鱗粉の発色原理を応用する繊維を織り込んだ布地が使用されている(素材は帝人と田中貴金属工業による共同開発)。オプション装備としてシートヒーター内蔵の黒色の本革シートも用意されている。なお、モルフォトーンクロスおよびシートヒーター装備の本革シートを採用しているのはフロントシートのみで、リアシートについては黒色の合皮が採用されている。, 2000年10月、オーテックジャパンにより内外装に手を加えた「style-A」を追加。搭載エンジンはSR20DET型およびSR20DE型の2種。DET型には6速マニュアル、DE型には5速マニュアル、両方に4速ATと合わせて全4種をラインナップした。前後バンパーに専用デザインのエアロパーツを採用したほか、テールランプにはボディ同色の縁取りが施されている。内装にはベージュの素材をアクセントに採用。単色の本革シートや黒とコンビの本革巻きステアリングを装備し、ダッシュボード下面からセンターコンソールかけてとドアトリムには合皮の素材が使われている。, 2002年1月24日に最終特別限定車「Vパッケージ」を発売開始。専用フロントシート・ドアトリム生地、MD・CD一体型電子チューナーラジオ、プライバシーガラス、キセノンヘッドランプなどを標準装備しつつ、価格を従来車から据え置いた。なお、この追加によりVパッケージのベースとなったスペックS・Gパッケージ、スペックR及びスペックR/S・bパッケージ、スペックR・Type-Bが廃止されグレードが整理される。, 2002年8月[13]、折からのクーペ市場の縮小や平成12年排ガス規制の影響を受け、R34スカイラインGT-Rとともに生産終了。在庫対応分のみの販売となる。, 2002年11月、在庫対応分が完売し販売終了。これによりシルビアは1975年の復活から27年(初代と2代目の間に挟まれた中断期間を入れて37年)の歴史に幕を閉じた。販売台数は43097台[14]、販売期間は僅か3年7ヵ月と歴代モデルでは最も短いが、派手なデザインと高い走行性能故に今日でも愛好家が多い。, 1983年(昭和58年)、日本国外ラリー競技向けにS110型ベースの「240RS(BS110)」というホモロゲーションモデルが登場。当時グループBで争われていたWRCに参戦した。ボディタイプはハードトップ[2]が選ばれた。生産台数は200数台といわれている。1983年(昭和58年)から1986年(昭和61年)まで参戦したWRCでの最高成績は2位。, 240RSのホモロゲーションマシン及びカスタマー・スペック車に使われたのは2,400ccのFJ24型(240PS)である。さらに、240RSのワークスカーにはFJ24改(275PS)を搭載するエボリューションモデルが存在した。FJ24型は国内で販売されていたFJ20E型とは設計・構造が大きく異なるため、共通パーツがほとんどなく競技専用エンジンだった。, 2006年(平成18年)のNISMOフェスティバルでは、経年経過によって劣化されたワークスマシンを日産自動車の有志の手で稼働出来るよう修復することに成功し、デモランを行った。2007年(平成19年)現在、この車両は日産の座間事業所内にある座間記念車庫に動態保存という形で厳重に保管されている。また、ローカル競技ではあるが、240RSは日本のあるエンスージアストの手により近年のタルガ・タスマニア・ラリーに参戦し、好成績を収めている。, シルエットフォーミュラにも引続き参戦したが、車両自体は先代S110型のシルエットフォーミュラ仕様のボディパネルをS12風に変更したモデルである。現存しているシルビアのシルエットフォーミュラ仕様車はこのS12風カウルをまとったもので、2005年(平成17年)のNISMOフェスティバルでは、新品に近い状態にまで修復されたこのマシンを当時のドライバーである星野一義が運転した。, S12型の北米向けモデル200SX(RVS12型)には、V6・3,000ccのVG30E型を搭載するモデルも存在した。日産はこれをベースにラリー仕様車を製作、1987年(昭和62年)と1988年(昭和63年)の2年間、WRCのグループAクラスに参戦した。WRCにおける最高成績は1988年アイボリーコーストラリーの優勝。, 『デートカー』などの軟派なイメージが先行されたS13型も、軽量化のため内装を全て剥ぎ、ロールケージを張り巡らされ、外装ノーマルでエアロパーツが一切不可、さらにはSR20DEのメカチューンを搭載したスパルタンな車両が若手レーサーの激戦区でもあったワンメイクレースにて活躍。また、1993年(平成5年)に国際級レースにNISMOよりグループA仕様のGT-RベースにしたカルソニックGT-Rと共にシルビアワンメイクレースのN2仕様のスーパーシルビアに大型エアロパーツを装着、モディファイした車両が参戦している。, S14型は全日本GT選手権(JGTC)のGT300クラスに前期型と後期型が共に参戦した。1997年シーズン、織戸学/福山英朗組の駆る後期型フェイスのRS・Rシルビアがチームタイトルを獲得した。, S14型には前期型をベースにNISMOがチューニングを行った「NISMO 270R」というコンプリートカーが存在した。ボディカラーはスーパーブラック(#KH3)のみ。開発にはレーシングドライバーの木下隆之が関与した。車名はNISMOの手でファインチューニングされたSR20DET型エンジンの最高出力である270PSにちなんでいる。, S15型は全日本GT選手権(JGTC)のGT300クラスにデビュー直後から参戦した。2001年(平成13年)シーズン、大八木信行/青木孝行組のダイシン・シルビアがチーム及びドライバーズタイトルを獲得している。また、2004年(平成16年)シーズンからは日産のGT300クラスの主力の座をZ33型フェアレディZに譲り、翌年第一戦から退いた。, 2001年(平成13年)、2002年(平成14年)には全日本ラリー選手権2WD部門に参戦した。チームはNRSで、連続で年間ドライバーズタイトルを獲得している。, 名前の由来はギリシャ神話に登場する清楚な乙女の名前から。その語源はラテン語で「森」を意味する。, 取り扱いは日産レッドステージと日産ブルーステージ。なお、1999年の販売網再編以前までは日産・サニー店(サニー販売会社)と日産・モーター店(ローレル販売会社)の併売車種だった。(但しS13型以降、S12型以前はサニー店の専売車種だった。), このプラットフォームは、1999年登場の7代目(2002年生産終了)まで用いられた。, 1979年10月のS110シルビアのカタログの表紙、1-8、11-12、24-32、35-36頁より。, 自動車史料保存委員会 編 『日本の自動車アーカイヴス 乗用車 1975-1981』, GTR-Registry.com - Nissan Silvia +200SX S15 VIN Table, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日産・シルビア&oldid=79966474, シルエットフォーミュラのエンジンは1981年(昭和56年)度は直列4気筒DOHCの.

既に19年経つクルマなので、経年劣化は当たり前です。 ぜひ、シルビアも次期型モデルを発表し、あのスマートな勇姿がどのような変化を遂げたのか見せてほしいと願います。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 国産スポーツカー全車種一覧|おすすめ人気ランキング順にご紹介!中古車情報も【2018年版】, ターボ付きタイプ サイドシルプロテクター,リアスポイラー,電動スーパーハイキャス,電子制御ステアリング. 総合評価:, 3年落ち4万キロ走行の中古車を購入 ・子供心にUFOだと思ってた。 もしくはナントカ戦隊の専用車両。 ・復活した日産のスペシャルティーカー ・通称「ハマグリ」でした。 不人気車ゆえに現存しているのは少なく、現在は群馬の方で1台売りに出てますね 子供の頃は変な車としか感じなか... ・池谷先輩のせいでS13は雑魚車ってイメージがすごかった。良い車なのに ・シルビアはS15が1番好きです。(*^ω^*) ・シビックハッチバック乗ってみて欲しいです!新型じゃなくてもいいんで ・S14前期のデザイン好きなんだけどなぁ… ・... ・今でもラジオやTVで「青い影」が聞こえてくると反射的に「ART FORCE」と呟いてしまう。 それほどに、シルビアの姿と音楽がマッチしていた。 クルマCMとしても史上最高傑作のひとつだね。 ・シルビアs13好きな人! ・ドリ車や本格スポ... ・SPEC-RのボディにチューニングされたNAエンジン搭載モデルですね。 SPEC-RとSPEC-Sのボディは全くの別物と考えた方がいいです。 赤ステッチのシートとハンドルはオーテック独自のものではなく 最終モデルに設定されていたVパッケ... ・やっぱり!シルビアは  三代目です。✌️ ガゼールとの   兄弟で~ 他のシルビアは   ダメやな! ・初代格好いいなぁ。 今乗ってたら、わかる人には羨望の眼差しで見られるんだろうな。 ・初代が一番美しい。 ・シルビアの復活を待ってます... ・渋いですね~ ・懐かしのマイカー ・激渋です。個人的には2桁ナンバー派ですが、かっこいい名車です。, スズキ 新型 カプチーノ 登場、2020年5月最新情報!RA06A型直列3気筒DOHCインタークーラターボエンジンを搭載!, スズキもびっくり! そんなケースケさんのs15オーテックバージョンだけれど、実は今年のはじめに不慮の事故によって以前の車体が廃車に。そこで新たに探し回った結果、先日ようやく完成したばかりのニューカーなのだとい … ワイスピファン垂涎の1台、幻の“モリモトZ”が日本に健在!

日刊カーセンサー > 周囲を見てみれば、s15はほとんどがスペックrのようです(たまにオーテックバージョンも走っている)。実際、ガリバーの査定でもスペックrのデータしか存在しない程なのに(友人談)、保険料はス …

その言葉通り、スタイルとサウンドを考えてマフラーを5ZIGEN製に変更しているものの、エンジンやその他の補機類には手を加える予定はないという。, 事故によって廃車となっても、また買い直すほどS15一筋な愛情深さ。さらに以前にもS15オーテックバージョンに乗っていたというから、「愛情」というよりも、もはや「偏愛」と呼べるほどの領域!? オーテックバージョン: お値段: 2280000円: 車両型式: GF-S15: 駆動方式 変速機: FR・後輪駆動(RWD,2WD) 6MT(6段変速・手動) ドア数& 定員: 2ドア 4人: 車体寸法: 長4445×幅1695× … エンジンは「2.0L 直列4気筒DOHC」となり、ターボ付きとNA(過給機なし)のタイプが用意され、NAタイプでは165馬力を、ターボ付きでは250馬力を達成しています。 パワーもあるので楽です。, [この車レビューにコメントを書く] 中古車トップ > ?】, 【功労車のボヤき】全然納得できないし信じられないけど……安いの……泣! プジョー 406クーペ, SUV全盛期だからこそ、美しい英仏ステーションワゴンで差をつけるのがEDGEな選択!, 西川淳の「SUV嫌いに効くクスリをください」 ランドローバー 新型ディフェンダーの巻, 【2020年10月】カーセンサーnetでよくチェックされた中古車トップ10はコレだ!, 初代だけじゃない! 俊足ワゴンとしてお馴染みの日産 ステージアは2代目も速かった!, <<マツダ アテンザスポーツワゴン VS スバル レガシィツーリングワゴン PART2:使い勝手が優れているのはどっち?, 【どんなクルマと、どんな時間を。】日産 モコ(現行型) × 2人(+1人)と1匹 仲良し家族, プロパイロット搭載! 見た目もシャープになった日産 エクストレイル(試乗レポート), 【どんなクルマと、どんな時間を。】日産 デイズ(現行型) × 愛犬大好きアクティブ女子, 【2019年版】人気の輸入車SUV10選|イケパパ&オシャレ男子に送るお得に買える中古車はコレだ!, ノート e-POWERを買ってから1年半。約2万km乗ったリアルオーナーが今買おうとしている人に伝えたいこと, 【2020年版】子育て世代にオススメ。100万円&150万円以下でお得に狙えるスライド付き軽自動車10選, 1万円で買ったフォルクスワーゲン ゴルフ2 はたして8年間でいくらかかったか?【永久保存版レポート】, リモコンキーでドアが開かない! 電池切れかも? そんなときの「電池交換」「ドア開錠」「エンジン始動」方法, 自宅に充電設備なしで電気自動車 リーフを購入→半年乗ったから正直な感想をシェアする.

実燃費; 1: S15: 1999年10月 2000cc: 6MT ハイオク: FR--オーテックバージョン-----11.22 km/L 2: S15: 1999年01月 2000cc: 4AT ハイオク: FR--S15 スペックS----10.0 km/L-- 3: S15: 1999年01月 2000cc: 4AT ハイオク: FR ターボ: S15 スペックR----8.8~10.6 km/L: 5.17 km/L 4: S15: 1999年01月 2000cc: 5MT ハ … 投稿ユーザー:Tsu***** さん 今年の1月に結成された『TEAM KSK』は、そんなCARTUNEのなかのコミュニケーションから生まれたチームだ。, そんなTEAM KSKの発起人であり、副リーダーを務めるケースケさんの愛車は、カスタムからチューニングまで幅広い人気を集めるS15シルビア。なかでもこのオーテックバージョンは、日産車の特装メーカー『オーテックジャパン』が販売していたチューニングモデルだ。, NAらしい爽快なフィーリングを楽しみつつ、ハイパフォーマンスも求めたいというユーザーに向け、ノーマルで145psに留められたパワーを吸排気とコンピューターチューンによって200psにまで高められているのが特徴。, また、通常のNAには設定のない6速ミッションを搭載し、ボディにも補強が加えられるなど、そのポテンシャルは大幅にアップされている。 シルビアs15スペックsを所有しているさとうです。 シルビアs15には”スペックs”と”スペックr”の2種類のグレードがあります。 簡単に言えばnaエンジンかターボエンジンかの違いです。その他の違いや購 … 燃費は四駆と同じくらいの8.6~9km、高速走行は、13kmくらいいきます。 なかには、走行距離の長いものもありますから、メンテナンス状況や補償など、確認することをおすすめします。, ここからは、日産 シルビア S15をオリジナリティある1台に仕上げている「秀逸カスタム」をいくつかご紹介してみましょう。, シルビアは17インチが至高って114514回言ってる pic.twitter.com/zxnlX0hb0R— アラキン⚡︎スカイウォーカー (@araki_s15) 2017年9月25日, S15を最終モデルとし、惜しまれつつ販売終了してしまった「日産 シルビア」。

シルビアの特徴として、まずあげることがいえるのは、一貫してFRクーペであったことだといえます。 2002年8月、ファンの間で根強い人気を持ったシルビアは惜しまれつつ、ついに生産終了となりました。, 日産 シルビア S15の維持費はどのくらいとなるのでしょうか? しかし、2017年に入って復活の噂が出回るようになり、実際には発表がありませんでしたが、10月の東京モーターショーにて次期型「S16」が発表されるのではないか?という情報もよく見かけました。 1965年に誕生した日産を代表する2ドアクーペのスペシャリティカー「シルビア」。なかでも7代目にあたる「s15」は、今も人気で中古車価格も高め?エアロ仕様のあるスペックrやオーテック、ヴァリエッタの燃費、馬力、維持費やs15を徹底解説!カスタムも。 初めは修理箇所が多いかもしれませんが終わればなんともありません。