ほぼ同レベルの性能をもつRyzen5 2600でもフォートナイトには十分です。 一つ性能を落としたCorei3 9100Fではどうでしょうか? C39100F_ボトルネック調査 Ryzen5 3500のベンチマークを実施。フォートナイトやApexLegends、動画配信性能、オリファン性能、メモリクロック選定についてまとめています。 !function(e,t,s,i){var n="InfogramEmbeds",o=e.getElementsByTagName("script")[0],d=/^http:/.test(e.location)? Ryzen 5 3500(6コア6スレッド)をレビューします。価格は約1.7万円で、Core i5 9400F(6コア6スレ)やRyzen 5 2600(6コア12スレ)とほぼ同じ。同価格帯の6コアCPUで、Ryzen 5 3500はどれほどの性能を発揮するのか、詳しく検証です。 最高クラスのグラフィックにてゲームをするにはある程度のパワーが必要になっています。, しかし実際にプレイヤーに勝つためのスペックとなると、ある程度高スペックが良いでしょう。, フォートナイトをPCで遊ぶなら、極力フルHD以上で快適動作するゲーミングPCが必須と言えるでしょう。, 今回は内蔵グラフィックス(CPUとセットでグラボ不要)が強い、Ryzen5 3400G/2400G、, Ryzen5 3400G/2400G以外のCPUは中価格で人気のCorei5 9400Fを利用しています。. !function(e,i,n,s){var t="InfogramEmbeds",d=e.getElementsByTagName("script")[0];if(window[t]&&window[t].initialized)window[t].process&&window[t].process();else if(!e.getElementById(n)){var o=e.createElement("script");o.async=1,o.id=n,o.src="https://e.infogram.com/js/dist/embed-loader-min.js",d.parentNode.insertBefore(o,d)}}(document,0,"infogram-async"); このゲームは全体的にRyzen5 3500のほうがパフォーマンスが良いと感じます。, DirectX 11の場合は低画質だとCore i5 9400Fが上であるものの、, また今後は主流になるDirectX 12に関しては総じて3500が上になっています。, DLSS2.0やFidelityFS CASなどGeforce、Radeonともに最新技術に対応したゲームで、, 同等の性能であれば、価格が安いRyzen5 3500のほうが優秀ということになります。, DirectX 11とDirectX 12ベースの二つがありますので、両方比較します。, 低負荷だとRyzen5 3500が強く、高負荷になるCorei5 9400Fが上という結果に。, 昨今のコアスレッド数としては決して多いとはいえないRyzen 5 3500ですが、, 今回は有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro 2020」で計測します。, 動画の長さは15分60fps、フルHD・4K動画でH.264/365の4パターンを計測。, このCPUのスペック帯で組む人の中には、できるかぎり安く抑えたいという人も多いと思います。, ただしPC Mark10で1.6%、ゴーストリコンで最大5fps、ボーダーランズ3で1.5fpsなので、, 予算をとにかく抑えたいのであれば、純正クーラーでも十分Ryzen5 3500の性能は体感できるかと思います。, 第2世代Ryzenにおいて、ミドルスペックくらいなら2400MHz/2666MHzでも, 現在価格が安いのが、2400MHz/2666MHzで3200MHzは少し高くなります。, さほど影響がなければ2400MHz/2666MHzのメモリを選択するのも可となりますが、果たして?, 性能低下の度合いは、PCMark10が最大1.95%、ゴーストリコンが最大6fps、, このあたりが許容できるのであれば、2400MHz/2666MHzのメモリ利用も可かと思います。, 詳しくはYoutube動画にて解説していますので、そちらをご参照いただければと思いますが、, 私の場合4.4GHz@1.30V駆動(定格は3.6GHz、自動OCは私の場合4.1GHz)にて、, 普段使いはもちろん、特にDirectX12のゲームにおいてはFPS値に差がでています。, Ryzen5 3500はミドルクラスでは非常に優秀なCPUなのは間違いありません。, 上位のRyzen5 3600やCore i5 10400を選択するほうが満足度は高いです。, なおRyzen5 3500の最大性能を活かすなら、CPUクーラーの用意と3200MHzメモリがお勧めですので、, 現在は個人事業主として生活。ガジェットが大好きで、自作パソコンは二桁超えています。最近ではAIスピーカーにハマっています。, このサイトは自由な玉手箱と題して、私の好きなガジェット中心にゆる~く更新していきます。 中の人のプロフィールはこちら, 【2020年更新】Corei5 9400Fはコスパ最強!?性能検証、Ryzenとの差は?, AMD Ryzen 5 3500 with Wraith Spire cooler 3.6GHz 6コア / 6スレッド 19MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000050BOX, 【2019年下半期版】値下がりでRyzen7 2700はコスパ最強?ベンチマーク!, 【2020年下半期】Ryzen 5 PRO 4650Gの性能は?ゲーム・動画編集は?, Core i7-3930Kはまだまだ現役で戦えるのか!?自作してみた(`・ω・´). !function(e,i,n,s){var t="InfogramEmbeds",d=e.getElementsByTagName("script")[0];if(window[t]&&window[t].initialized)window[t].process&&window[t].process();else if(!e.getElementById(n)){var o=e.createElement("script");o.async=1,o.id=n,o.src="https://e.infogram.com/js/dist/embed-loader-min.js",d.parentNode.insertBefore(o,d)}}(document,0,"infogram-async"); まず低画質設定で見てみると、内蔵グラフィックスだけのRyzen5 2400G/3400Gでも60fps越えと、, グラフィックボードが不要なので全体的なゲーミングPC価格を大分抑えることが可能です。, グラボ有の場合でもひと世代古いGTX1050tiでも183fpsと144fpsゲーミングモニターも利用できちゃいます。, つまり低画質設定ならフォートナイトはわりとどんなゲーミングPCでOKということです。, 144fps以上なら中価格路線のGTX1650 SUPERかRX570以上のほうが安定します。, CPUとグラフィックボード(GTX1650利用)に高負荷をかけるため最高画質と高画質で比較します。, ただしPS4とFPSが同条件で遊べることを前提とし、FPSで不利にならない60fps以上安定動作するPCを選んでいます。, フォートナイトやApexLegendsなど比較的新しいFPS/TPSでも遊べる性能があります。, PS4は主に60fpsですから、144FPSになるだけで2倍以上有利になるわけです。, この価格帯主流となっているRyzen5 3500(6コア6スレッド)が搭載された「Lightning AT5」です。, ゲーミング性能と省電力性を兼ね備えたCore i5 10400F(6コア12スレッド)を搭載し、, Ryzen搭載機にて、Core i5 10400Fとほぼ同性能なら、このモデルです。, ゲーミング性能、動画編集やゲーム配信性能が高いCore i7 10700(8コア16スレッド)を搭載し、, 動画編集やゲーム配信にて最上級のRyzen9 3900X(12コア24スレッド)を搭載したモデルで、, 【2019年下半期版】値下がりでRyzen7 2700はコスパ最強?ベンチマーク!, 【2020年上半期】Corei3 9100Fの性能ベンチマーク!Intel最強のコスパか!?, 現在は個人事業主として生活。ガジェットが大好きで、自作パソコンは二桁超えています。最近ではAIスピーカーにハマっています。, このサイトは自由な玉手箱と題して、私の好きなガジェット中心にゆる~く更新していきます。 中の人のプロフィールはこちら, 【2020年更新】Corei5 9400Fはコスパ最強!?性能検証、Ryzenとの差は?. AMDのRyzen 5 3500Uは、2019年1月に発表されたノートPC向けのCPU (※)です。主に2019年春以降に発売された薄型のスタンダードノートPCやモバイルノートPCなどで使われています。※グラフィックス機 "http:":"https:";if(/^\/{2}/.test(i)&&(i=d+i),window[n]&&window[n].initialized)window[n].process&&window[n].process();else if(!e.getElementById(s)){var r=e.createElement("script");r.async=1,r.id=s,r.src=i,o.parentNode.insertBefore(r,o)}}(document,0,"infogram-async","https://e.infogram.com/js/dist/embed-loader-min.js"); Corei5 9400Fに対して若干Ryzen5 3500が上回っています。まじか(笑), こちらに関してはRyzen5 3500とCore i5 9400Fがほぼ同等という結果になりました。, ただしCPUテストは9400F、GPUテストは3500が上という結果になっているのは面白い。, Ryzen5 3600とは6.1%Down、Ryzen5 2600とは若干さという感じです。, CINEベンチと違い、ここではCore i5 9400Fが上という結果になっています。. AMDのRyzen 5 3500Uは、2019年1月に発表されたノートPC向けのCPU (※)です。主に2019年春以降に発売された薄型のスタンダードノートPCやモバイルノートPCなどで使われています。, ※グラフィックス機能が内蔵されたAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれますが、この記事ではわかりやすさ優先で「CPU」と表記しています, 性能はインテルのCore i5相当、あるいは一部の機能においてはCore i5よりも上と公式にアナウンスされました。発表当時は確かにそうであったものの、すでにインテルから第10世代のCore i5がリリースされている現在においてはパフォーマンス面での価値は以前よりも下がっています。, この記事ではこれからノートPCを購入しようとしている方のために、Ryzen 5 3500Uの性能について紹介します。, AMDのRyzen Uシリーズは、一般用途向けのスタンダードノートPCや軽量薄型のモバイルノートPCで利用されています。ラインナップはRyzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7の3種類。それぞれの位置付けはインテルのCore iプロセッサーと同様と考えていいでしょう。, Ryzen 5 3500Uは2019年1月にリリースされ、同年春移行のノートPCで使われています。搭載機種はCore i5よりも少ないものの、Core i5搭載機種に比べて価格が安いこともあってコスパの高さを求める人に注目されています。, 実際には機能や品質、付属品などによって価格は変わりますが、同型であれば概ねRyzen 5搭載機種のほうがCore i5搭載機種よりも価格が安い傾向にあります。, 続いて、当サイトで実施したCPUベンチマークテストの結果を紹介します。なおベンチマーク結果は各機種の平均値であり、Ryzen 5 3500U本来の性能を正確に表わすものではありません。また結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などにより大きく変わることがあることをあらかじめご了承ください。, 一般用途向けのスタンダードノートPCやモバイルノートPC向けのCPUで比較すると、Ryzen 5 3500Uは平均よりもやや上あたりの性能です。CPUを性能別に上位 / 中位 / 下位に分類すると、上位の下といったところ。一般的には高性能と言っていいでしょう。, 負荷の高い高度な処理に影響するマルチコア性能については第8世代のCore i5を上回り、第8世代のCore i7に近い結果が出ています。一部PCメーカーが「Ryzen 5はCore i7相当」と謳っているのは、このような背景があるためです。, Ryzen 5 3500Uのパフォーマンスは、日常的な作業やビジネスには十分です。プロ向けの高度なソフトを使った作業や高度なデータ処理には向きませんが、ちょっとした画像や動画の加工にも問題なく利用できます。, PCゲームや動画編集、画像加工などの重い処理では、CPUのマルチコア性能が強く影響します。ゲーミングノートPCやクリエイター向けノートPCで使われるHシリーズと比較すると、Ryzen 5 3500Uは低めの結果となりました。一般的な作業には問題ありませんが、高いパフォーマンスが要求される処理には向いていません。, ノートPCよりも性能の高いデスクトップPC向けCPUと比較すると、高負荷な処理で要求されるマルチコア性能ではRyzen 5 3500UはCore i3もやや下といったところです。性能は高くはありませんが、それでもデスクトップPC向けのPentiumやCeleronよりは優れています。, グラフィックス性能のテストでは、優れた結果が出ています。外付けGPUには劣るものの第8世代のUHD Graphics 620や第10世代のUHD Graphicsを大きく上回り、インテルのCPU内蔵グラフィックスとしてはワンランク上のIris Plus Graphicsと同等レベルの結果が出ました。, ただし、重いゲームを快適にプレーできるほどではありません。ドラクエ10やリーグ・オブ・レジェンドなどごく軽めのゲームをフルHDでなんとか、というレベルです。しかしGPUを利用するクリエイター向けソフトでは、UHD / UHD 620よりも高い効果を見込めるでしょう。, 当サイトでは2019年11月までに、Ryzen 5 3500U搭載モデルを4機種検証しています。検証数が少ないためデータの精度は高くありませんが、とりあえずの暫定データとして考えてください。今後検証機種が増えれば、データを更新します。, 14インチのフルHDディスプレイを搭載した機種。Ryzen 5搭載モデルとしては最安ですが、液晶ディスプレイがTNパネルでやや青みがかっています。普通に利用できますが、映像品質よりも価格の安さを優先したい人向けです。, スリムで高品質なアルミ製ボディと、映像の美しいIPSパネルを搭載している点が特徴。サインイン時に便利な指紋センサーも用意されています。キーボードのタイプ感が軽い点が若干気になりますが、総合的には高コスパです。, 発色に優れるIPSパネルと光沢ありのグレア仕上げによる鮮やかな映像が特徴。有線LAN端子に対応している点もポイントです。ホワイトのボディは上品な仕上がりで、安っぽさはあまり感じられません。キーボードの使い心地も◯。, DVDの再生と書き込みが可能な光学ドライブを搭載。数値入力に便利なテンキーも付いた、もっともスタンダードなタイプです。液晶ディスプレイは高精細なフルHDですが、映像は若干青みがかっています。普通のノートPCが欲しい人におすすめ。, 13インチのモバイル2-in-1としては破格の値段。値段は中級クラスでも、本体の仕上がりの良さは高級クラス並みです。さらに標準で指紋センサーを搭載しているほか、別売りのアクティブペンを使えば手書き入力も行なえます。コスパの高さはピカイチ!, 15.6インチの液晶ディスプレイを搭載した大型2-in-1。同クラス製品のなかでは値段が安いにも関わらず、本体はアルミ製で質感は高め。スリムかつスタイリッシュなデザインです。標準で512GBの大容量SSDを搭載している上に、プラス3300円で16GBメモリーへのアップグレーが可能!, 前述のとおり現在ではすでにインテルの第10世代Core i5が出回っているため、パフォーマンス的にはひと世代前の感は拭えません。しかし現在販売されているRyzen 5 3500U搭載機種は概ねインテルのCore i5搭載機種よりも安いので、価格の安さを優先するならありでしょう。普段の作業にはしっかり使えることを考えれば、コスパの高いCPUです。, 当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。, いまどきのノートPCは、CPUがCore i5でメモリーは8GB、ストレージは256GB SSDの組み合わせが一番人気です。「とりあ……, 【高コスパ】Core i5 + 8GBメモリー + SSDで安いノートPCおすすめモデルを紹介:5~8万円台の鉄板構成が狙い目!, 870gの超軽量ノートPCが12万円台&ゲーミングノートPCが9万円台~:ASUS週末セール実施中, 【11/16 6時まで】ThinkCentre M75q-1 Tinyが3万0140円! しっかり使えるRyzen 5で高コスパ, 【11/15まで】4Kディスプレイが2万1780円&GTX1660 Tiクリエイティブノートが14万円台:HP週末セール実施中, IdeaPad Duet Chromebookが2万9900円! 大人気の10.1インチ2-in-1タブレットが激安超特価, 第11世代搭載ThinkPad E14 / E15 Gen 2 販売開始! 最安モデルは6万円台から【品切れ注意】, ドスパラ raytrek R5 レビュー:8コアCPU+RTX 2060搭載のハイパワーなクリエイティブノートPC, 12インチAcer Chromebook 512(C851-A14N)が2万6820円で販売中! MIL規格準拠の頑丈モデル, 【告知】IdeaPad Flex 550(14)(Ryzen 3 4300U/4GB/256GB SSD)を3万8000円でメルカリに出品します, Latitude 7410 レビュー:使用感に優れる14インチのスタンダードビジネスノートPC, ノートPCやデスクトップPCが3万円台~&4Kディスプレイが2万円台:HPオンラインストア限定キャンペーンがお得.