色々な第3世代のRyzenのCPUが投入されるなか、久々のRyzen3シリーズが登場しました。, そこで今回はその中のひとつ「Ryzen3 3300X」についてベンチマークしてみました!, クロックが高いことから場合によっては、Ryzen5 3500よりもゲーミング性能を上回るという噂も。, こちらはVegaグラフィックスを利用したグラボ無しで構成するのが主になりますので、, この価格帯のCPUの場合、なるべくコストカットしたいという要望も多いと思いますので、. Versusは当社ウェブサイトのアクセス性・利便性を向上させる目的で、Cookiesを使用しています。サイトを引き続き閲覧することで、貴方は当社のCookies使用に同意したことになります。 プライバシーポリシー, 32ビットのオペレーティング・システムは4GB以内のRAMだけをサポートすることができます。64ビットは増加したパフォーマンスを与えて、4GB以上をみておきます。さらに、それは、あなたが64ビットのアプリケーションを起動することを可能にします。, 熱設計電力(TDP)は、冷却システムが放散する必要がある最大電力量です。下のTDPは、典型的には消費電力が少ないことを意味します。, PCI Express(PCIe)は高速拡張カード標準です、それはコンピューターを接続する、に、それは周辺装置です。より新しいバージョンはより多くの帯域幅をサポートし、よりよい性能を伝えることができます。, 統合されたグラフィックスを使用すると、別のグラフィックカードを購入する必要はありません。, CPUの速度は、CPUのすべてのコア(processing units)が1秒間に何回振動するかで定められます。各コアのクロック周波数を足して 計算します。 マイクロアーキテクチャが異なるマルチコアプロセッサの場合は、コアのグループ毎に計算します。, 多くのスレッドはより高速なパフォーマンスをもたらし、より良いマルチタスクをもたらします。, より大きなL2キャッシュはより速いCPUおよびシステム全体に渡るパフォーマンスに帰着します。, より大きなL3キャッシュはより速いCPUおよびシステム全体に渡るパフォーマンスに帰着します。, CPUがその制限以下に走っている場合、それは増加したパフォーマンスを与えるためにより速いクロック速度に押し上げることができます。, より大きなL1キャッシュはより速いCPUおよびシステム全体に渡るパフォーマンスに帰着します。, それはより速いメモリを支援することができます。それはより迅速なシステム性能を与えるでしょう。, DDR(ダブルデータレート)メモリはRAMで一番一般的なタイプです。新しいバージョンほど、もっと最大速度をサポートし、さらに省エネです。, それがハードウェア支援されれば、バーチャリゼーションを使用する場合によりよいパフォーマンスを得るほうが簡単です。, SSEはイメージを編集するか、オーディオ・ボリュームを調節するようなマルチメディア・タスクを促進するために使用されます。新バージョンはそれぞれ新しい指示および改良を含んでいます。, AVXはスピードアップ、マルチメディア科学や財務アプリケーションで計算を、ならびにLinuxのRAIDソフトウェアの性能を向上させるために使用される。, MMXは、例えば画像のコントラストを調整したり、音量を調整するなどの作業をスピードアップするために使用される。, F16Cはイメージのコントラストを調節するか、ボリュームを調節するようなタスクを促進するために使用されます。, このベンチマークでは、複数のスレッドを使用して、CPUのパフォーマンスを測定します。, このベンチマークでは、シングルスレッドを使用して、CPUのパフォーマンスを測定します。, Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのマルチコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2020), Cinebench R20は、ベンチマークツールです。3Dシーンを表示することで、CPUのマルチコアパフォーマンスを測定します。, Cinebench R20はベンチ―マークツールです。3Dシーンを表示することで、CPUのシングルコアパフォーマンスを測定します。, Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのシングルコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2020 ), AMD Ryzen 3 3100 4-Core, 8-Thread Unlocked Desktop Processor with Wraith Stealth Cooler. Ryzen 3 3300X vs. 前世代2300X. Geekbenchのスコアは@TUM_APISAK氏のツイートでリーク。. 【2020年下半期】Ryzen 3 3300Xを性能比較!ゲーム・動画編集は? しかしながら在庫が現状ほぼなく、手に入れるのはかなり困難。 次点ではコスパ高くなったCore i5 10100F。 AMDならRyzen5 3500とな … Geekbenchのスコアは@TUM_APISAK氏のツイートでリーク。. !function(e,t,s,i){var n="InfogramEmbeds",o=e.getElementsByTagName("script")[0],d=/^http:/.test(e.location)?

「Core i7-9700K」に匹敵する高いシングルスレッド性能を持っています。「この価格帯だから」ではなく、ハイエンドGPUと比べても遜色ない高い性能です。, 「Core i3-10100」を上回るそこそこゲーミング性能を持っています。第9世代(一つ前の世代)のCore i5を上回ります。最新のRyzen 5やCore i5と比べるとさすがに見劣りしますが、この価格帯でのゲーミングコスパはかなり良い方です。, どんなに頑張っても4コア8スレッドなので、最新の6コア以上のCPUにはマルチスレッド性能では大きく劣ります。, オフィスPCなど、グラボを搭載しない前提のPCでは「Core i3」にコスパで負けてしまいます。低価格帯では割と痛い欠点です。, 下位モデルとしては高めの消費電力となっています。とはいえ、数値自体は多いという程では無いので、あまり気にする必要もないかもしれない点です。, 【最大9,900円引き】Lenovoの対象Chromebookがお得になるキャンペーン開催【2021年1月15日まで】, 「Ryzen 9 5900X」「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 5 5600X」のざっくり評価【性能比較】, AMD Radeon RX 6000 シリーズ発表【RTX 30シリーズを上回る?】, ※参考価格は、推定市場価格です。メーカーの参考価格(USD)を記事執筆時点の為替(1ドル=約109.5円)で円換算にし、中間マージンを適当に15%程度加算して算出したおおよその値です(百の位で四捨五入)。古い世代のCPUについては、もっと安く販売されている場合も多いので参考までにご覧ください。, ※実売価格は発売直後は高い傾向があるので、発売されたばかりのCPUは表の価格より高いと思いますので注意してください。, https://www.techspot.com/review/2031-intel-core-i5-10600k/, https://www.techspot.com/review/2033-intel-core-i3-10100/. Geekbenchスコア比較.

【iPhone 12 Pro】LiDARスキャナーで家を3Dスキャンしてみた【3D Scanner App】, 2019年のiPadを買った私がApple Pencilの代わりに使っている物【激安】.

© 2020 PC自由帳 All rights reserved. 【2020年下半期】Ryzen 3 3100を性能比較!ゲーム・動画編集は? クロックが高いことから場合によっては、Ryzen5 3500よりもゲーミング性能を上回るという噂も。 また同コアスレッド数で … 2020年5月23日に発売された、Ryzen 3 3000シリーズで4コア8スレッドのRyzen 3 3300XとRyzen 3 3100。 今回の記事ではこの2つのCPUスペックや価格、他社CPUとのゲーミング性能について比較 … 2万円前後で買える4コア8スレッド対応CPUとして人気の「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」は,ゲーム用PCのCPUとしてどの程度の実力を有するのだろうか。 遅れて登場したZen2搭載の第3世代「Ryzen 3」の「Ryzen 3 3300X」のざっくり評価記事です。主に処理性能面です。対抗製品の「Core i3-10100」との比較も交えつつ見ていきたいと思います。, 本記事の内容は記事執筆時点(2020年6月8日)のものとなります。ご覧になっている際には異なる可能性があるため注意してください。, 主要な仕様をまとめた簡易比較表です。現在主要な他の競合CPUも参考に並べています。, 「Ryzen 3 3300X」と対抗の「Core i3-10100」はどちらも4コア8スレッドという仕様になっています。1万円台中盤という価格なので贅沢は言えないですが、6コアの最新の「Ryzen 5」や「Core i5」と比べるとマルチスレッド性能は弱いです。マルチスレッド性能が濃く出ると言われるPassMarkのスコアでも、最新の「Ryzen 5」や「Core i5」よりは大きく下の数値となっています。, とはいえ、4コア8スレッドという仕様は「Core i7-7700K」などと同様の仕様で、4年ほど前まではハイエンドといえるレベルではありました。普通にハイエンドな使い方も出来ない訳ではない点は留意しておくべきかもしれません。, プロセスルールは、第10世代のCoreシリーズも第9世代に引き続き14nmのままなので、「Core i3-10100」も14nmです。, 簡単にいうとCPUの配線の幅のこと。小さい方がスペースに余裕が出来たり複雑な配線な可能になったりなど、基本的に良い事尽くめ。, 「Ryzen 3 3300X」を含む、第3世代Ryzenは7nmプロセスなので、土台が「Core i3-10100」は不利となります。プロセスルールあくまで「土台のルール」であって、小さい方が必ず高性能という訳ではないですが、倍のプロセスルール差はめちゃくちゃ大きいです。, 各処理性能をベンチマークスコアで見ていきます。参考の計測環境では、「Core i3-10100」の方はメモリーが「DDR4-2666」の場合と「DDR4-3200」場合の2パターンで測定されデータも別になっています(恐らく、標準だと第10世代のCore i3はDDR4-2666までの対応で、DDR4-3200で動作させるためには少し設定が必要となるため)。ですが、他のCPUは可能なものは全て「DDR4-3200」で計測されていると思われるので、本記事では煩雑さ回避のため「DDR4-3200のスコアのみ」載せています。, シングルスレッド性能は、1コアでの処理性能を表します。シングルスレッド性能が高いと、軽い処理に掛かる時間が短くなる(サクサク動く)他、全コア稼働時にも当然影響がありますので、ほぼ全ての処理に対して有利に働きます。, 今回は、Cinebench R20というベンチマークソフトで測定された数値で見ていきます。, 「Ryzen 3 3300X」は「Core i7-9700K」匹敵する非常に高いシングルスレッド性能を持っています。1万円台中盤とは思えない性能です。「Core i3-10100」に対しては約14%リードしており、大幅に上回っています。「第10世代のCore iシリーズ」のシングルスレッド性能は、他モデルではRyzenに食らいついていた印象がありますが、Core i3に関しては明らかに負けてしまっています。, マルチスレッド性能は、CPUの全コア稼働時の処理性能を表します。マルチスレッド性能が高いと、動画のソフトウェアエンコード(CPUエンコード)やレンダリングなど、膨大な量の処理に掛かる時間が短くなる他、複数タスクでのパフォーマンスが向上するなどのメリットがあります。, 「Ryzen 3 3300X」は「Core i3-10100」よりも約20%高いスコアとなっており、圧勝と言って良いレベルです。少し前のハイエンドCPUである「Core i7-7700K」よりも高い性能を持っており、4コアCPUとしては非常に高い性能を持っている事がわかります。, 「4コアとしてはトップクラスのマルチスレッド性能」ですが、所詮は4コアCPUなので最新の6コア以上のCPUには大きく劣ります。「Ryzen 5 3600」と比較すると約30%もの差がついています。, 「Ryzen 5 3600」や「Core i5-10600K」等の最新の6コアCPUには大きく劣っていましたが、「Core i5-9600K」や「Ryzen 5 1600 AF」等の、一つ前の世代の6コアCPUとは意外と良い勝負をしています。シングルスレッド性能の高さのおかげか、かなり効率の良いマルチスレッド処理が発揮されている事が伺えます。, この項目でのゲーミング性能は、実際にゲームを起動した際の平均FPS数を見ていきます。, 今回は、7種類のゲームで測定した平均FPSの数値を見ていきます。使用されたGPUは「GeForce RTX 2080 Ti」です。記事執筆時点では超高性能なハイエンドゲーミングGPUです。単純なゲーミング性能というよりは、ハイエンドGPUに対するボトルネックの影響度を測る側面の方が強いかもしれません。解像度は「1920×1080」で、その他の設定は超高品質(ウルトラ)です。測定に使用されたゲームタイトルやその他の環境は、お手数ですが記事冒頭のリンクからご確認お願いします。, 「最高のゲーミングプロセッサ」という称号を守り続けているCore iシリーズですが、「Core i3-10100」は「Ryzen 3 3300X」に負けてしまっています。価格は同じですし、シングルスレッド性能とマルチスレッド性能も「Ryzen 3 3300X」の方が上だったので、グラボを搭載する低価格ゲーミングPCでは「Ryzen 3 3300X」が明らかに有利です。, レンダリングに掛かる時間を見ていきます。基本的にレンダリングはコア数(スレッド数)とクロックが重要になる事が多いです。動画のエンコード処理なども似た傾向があります。, 今回はBlender Open Dataというベンチマークソフトでの、処理に掛かった時間を見ていきます。数値が低いほど良いです。, 「Core i3-10100」に対しては約16%上回っています。第9世代のCore i5にすら勝るスコアとなっており、1万円台のCPUとしては破格のパフォーマンスだと思います。, マルチスレッド性能と同様、同世代のRyzen 5・Core i5以上には大きく劣ります。「Ryzen 5 3600」だと4割近く、「Ryzen 7 3700X」には倍近い差がつけられています。動画エンコードやレンダリングなど、コア数やスレッド数が重要になる処理を頻繁に行うようであれば、Ryzen 5・Core i5以上を選択した方が時間は大幅に節約する事ができます。, ざっくりとしたシステム消費電力を見ていきます。「Blender Oepn Data(前述のレンダリング時間を測るベンチマークソフト)」を実行した際の総消費電力を見ていきます。全コア稼働時の消費電力といった具合です。数値が低いほど良いです。, 「Ryzen 3 3300X」は148Wで、下位モデルとしては高い消費電力を記録しています。「Core i3-10100」よりも約15%高い数値で負けています。とはいえ、数値自体は高いものではないですし、「Ryzen 3 3300X」はIntel製のCPUよりは若干良いクーラーが付属しているので、ハイエンドCPUなどと違ってそこまで気にする点でも無いかもしれません。, 「Ryzen 3 3300X」の評価をまとめています。ここまで見てきた性能面と、それ以外の点も併せて見ていきます。, 「Ryzen 3 3300X」は「Core i3-10100」にシングルスレッド性能・マルチスレッド性能・ゲーミング性能全てで勝っていました。性能面では全面的に「Ryzen 3 3300X」の方が上です。価格は同じなので、性能面でのコスパは「Ryzen 3 3300X」の圧勝で、「Core i3-10100」は完敗と言われても仕方ないレベルです。, 「Ryzen 3 3300X」は「Core i7-9700K」に匹敵する非常に高いシングルスレッド性能を持っています。「Core i3-10100」だけでなく「Ryzen 5 3600」すらも上回っています。「1万円台という低価格帯」に絞らずとも高いといえる性能の高さです。, 性能面では「Ryzen 3 3300X」が「Core i3-10100」を圧倒しましたが、この価格帯では大きいかもしれない欠点があります。内蔵GPUが無い点です。グラフィックボードを搭載しないPCであれば、内蔵GPUのある「Core i3-10100」の方が出費を抑える事ができるためコスパ的に有利です。, 「Ryzen 3 3300X」のような低価格帯のCPUを搭載するPCは、オフィス作業や文書作成や動画閲覧など、軽作業をメインに意識して作られることも多いです。その際には高性能なグラフィックボードは必要無く、内蔵GPUで十分です。グラボは、安くて低性能なものでも3,000円~4,000円くらいはします。この価格帯では割と大きな差になります。, 記事執筆時は6月8日なので未発売ですが、6月中旬発売予定のB550チップセット(マザーボード)では、PCIe 4.0に対応するだけなく、Zen3へのサポートが明言されています。「新しいPCを買いたいけど、Zen3を待ちたい気持ちもある」という人は安価な「Ryzen 3 3300X」を繋ぎとして採用するのはありな気がします。また、X570チップセットもZen3をサポートすると言われているので、Zen3のハイエンドモデルを採用したい人はX570でも構いません。こちらは既に発売されているので、すぐ購入する事ができます。, 本記事では「Ryzen 3 3300X」と「Core i3-10100」を焦点に当てて見てきましたが、「Ryzen 3 3100」との差も気になる人も多かった思います。ベンチマークスコアは併記していたので、そちらを見れば分かると思いますが、「Ryzen 3 3300X」の方が大分優秀です。特にシングルスレッドとゲーミング性能ですね。, これはなぜかというと、「Ryzen 3 3100」と「Ryzen 3 3300X」は同じ4コア8スレッドのCPUですが、内部構造的には根本的に異なる部分があるためです。第3世代のRyzen 3では「CCX」という、コアを何分割かにしてまとめるような部分が2つあります。このCCXに「Ryzen 3 3100」の場合は2つのCCXに2コアずつが収められている(2+2)のに対し、「Ryzen 3 3300X」の場合は1つのCCXに4つのコアが全て納められています(4+0で一つは空っぽで利用しない)。一つのCCXに全てのコアが収められている方が、メモリーのレイテンシ(遅延)を少なくする事が出来るようで、これがシングルスレッド性能やゲーミング性能の強化に寄与しているようです。, マルチスレッド性能のみを求めるなら「Ryzen 3 3100」は価格が安い分コスパ的には全然良いのですが、その他の点と中身の部分を考えると、「Ryzen 3 3300X」の方は私はおすすめします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

This page is currently only available in English. !function(e,i,n,s){var t="InfogramEmbeds",d=e.getElementsByTagName("script")[0];if(window[t]&&window[t].initialized)window[t].process&&window[t].process();else if(!e.getElementById(n)){var o=e.createElement("script");o.async=1,o.id=n,o.src="https://e.infogram.com/js/dist/embed-loader-min.js",d.parentNode.insertBefore(o,d)}}(document,0,"infogram-async"); とはいえ上位のRyzen5 3500に互角、時には最大で14fpsほど勝つときもあるので、, 価格とRyzen3という冠を考えれば、もう下位CPUとは言えないゲーミング性能なのは間違いありません。, おそらくマルチスレッド数より、クロックの高さのほうが優先されるゲームかと思います。, DLSS2.0やFidelityFS CASなどGeforce、Radeonともに最新技術に対応したゲームで、, このゲームでは相性が良いのか、Ryzen3 3300Xが最も高パフォーマンスを発揮しました。, 上位のCore i5 10400にも時には10fps以上上回っているケースもあり、, しかしVulkanベースではRyzen5 3500に大きく後れをとった結果になっています。

これはなぜかというと、「Ryzen 3 3100」と「Ryzen 3 3300X」は同じ4コア8スレッドのCPUですが、内部構造的には根本的に異なる部分があるためです。第3世代のRyzen 3では「CCX」という、コア … AMDの「Ryzen 3 3100」と「Ryzen 3 3300X」、インテルの「Core i3-10100」などが2万円未満で登場している。 これらの性能を比較してみた。 このページの本文へ "http:":"https:";if(/^\/{2}/.test(i)&&(i=d+i),window[n]&&window[n].initialized)window[n].process&&window[n].process();else if(!e.getElementById(s)){var r=e.createElement("script");r.async=1,r.id=s,r.src=i,o.parentNode.insertBefore(r,o)}}(document,0,"infogram-async","https://e.infogram.com/js/dist/embed-loader-min.js"); 少しではあるものの、ゲーム性能では3300Xのほうが3500より上の可能性が高いといえます。. 先日AMDから新しい第三世代Ryzenシリーズとして「Ryzen 3-3100」と「Ryzen 3300X」が発表されました。そして従来のものよりも低価格で第三世代Ryzen CPUが購入できるようになるわけですが、この度Ryzen 3-3100と3300Xの性能が早速発覚しましたので紹介します。, その性能をお見せする前に一度、これらのCPUの基本スペックをおさらいしていきます。, Ryzen 3-3100は「X」がついていませんのでオーバークロックには特化していないエントリーモデルです。IntelのCore i3と比べると論理プロセッサが倍の数になっていて、エントリーモデルでありながら驚異の4コア8スレッドとなっています。 ですが動作周波数は割と低めで、Core i3よりは低いようです。, Ryzen 3-3300Xについても4コア8スレッドですが、クロック数が上がっています。そしてさらに、3100に比べるとオーバークロックに特化しているのでより性能を引き上げることができるでしょう。 ですがやはりIntelのCPUと比べると動作周波数が低めといった感じです。これは7nmプロセスのアーキテクチャを採用しているからかもしれません。, そしてTDPについてはX付きモデルでありながら65Wとなっていて、比較的抑えられた発熱量となっています。, 続いてはこの度発覚した性能についてです。どちらもGeekbenchで公開されたデータになります。, こちらはGeekbenchのv5になりますが、シングルコア性能、マルチコア性能ともにIntelの同世代プロセッサに匹敵する性能を保有しています。, 4コア8スレッドの恩恵を受けているのか、マルチコア性能についてはCore i3-9100Fよりも圧倒的に高くなっていて、Core i5-9400Fとも良い勝負といった感じです。 おそらくRyzen 3-3100でも最新のゲームを割と快適にプレイすることは可能でしょう。 それでいて価格は1万円ちょっとになる見込みなのですから、非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。, 続いてはRyzen 3-3300Xです。こちらはGeekbench v4になりますが、Ryzen 3-3100の時と同じように同世代のIntelプロセッサに匹敵する能力を保有しています。, 性能はちょうどCore i3-9350KFとCore i5-9600KFの間といった感じでしょうか。それでもCore i5-9600KFと比べると結構安く売られる見込みですので、かなりコストパフォーマンスが高いCPUになりそうです。, グラフィックボードがいらない時代は到来してきている!【生まれ変わった内蔵グラフィック性能】. Ryzen 3 3300XはGeekbench 4において、シングルコアで5,874、マルチコアで20,948 というスコアになっています。. AMDの「Ryzen 3 3100」と「Ryzen 3 3300X」、インテルの「Core i3-10100」などが2万円未満で登場している。 これらの性能を比較してみた。 このページの本文へ Ryzen 3 3300XはGeekbench 4において、シングルコアで5,874、マルチコアで20,948 というスコアになっています。. Ryzenは2017年に発売を開始したAMDのCPUである。当初からコスパや性能が高く話題となっていたが、第3世代以降に弱点だったゲーム性能もインテルと比べて遜色のないものとなりデスクトップパソコンで自作をするならRyzen … Ryzen 3 3300X vs. 前世代2300X. (最大で12fpsほど差が付いている), DirectX 11とDirectX 12ベースの二つがありますので、両方比較します。, ゲーミング性能においては上位のRyzen5 3500/Core i5 9400Fと互角以上の勝負となっており、, 今回は有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro 2020」で計測します。, 動画の長さは15分60fps、フルHD・4K動画でH.264/365の4パターンを計測。, Ryzen3 3300Xの編集速度は、Ryzen5 3500どころかRyzen5 1600AFよりも優秀。, OBSにてフルHD、ビットレートは4500Kbps、録画はハードウェアエンコードを利用しています。, ひとまずRyzen5 3500と同等の配信性能は有していると考えて良いかとおもいます。, 動画編集速度はメインメモリのクロック速度でも影響を受けるほど、メモリへのアクセス速度が重要です。, 構造上Ryzen3 3300XのほうがRyzen5 3500よりキャッシュのアクセスが早くなる(レイテンシが小さい)ので、, このCPUのスペック帯で組む人の中には、できるかぎり安く抑えたいという人も多いと思います。, PC Mark10もスコアは下がっていますが、実際の体感では感じられないほどかと思います。, 旧世代ながら上位であるIntel Core i5 9400Fに価格も性能も勝っており, またライバルであるCore i3 10100とはゲームで互角の勝負、クリエイティブでは勝つという性能の高さ。, CPUクーラーとセットで買うとなると、Ryzen5 3500(純正クーラー利用)のほうが安上がりになるかと思います。, ゲーム側の最適化もあり、安定的なパフォーマンスはCore i3/Core i5のほうが上であり、, 【2020年下半期】Ryzen 3 PRO 4350Gの性能は?ゲーム・動画編集は?, 現在は個人事業主として生活。ガジェットが大好きで、自作パソコンは二桁超えています。最近ではAIスピーカーにハマっています。, このサイトは自由な玉手箱と題して、私の好きなガジェット中心にゆる~く更新していきます。 中の人のプロフィールはこちら, 【2020年更新】Corei5 9400Fはコスパ最強!?性能検証、Ryzenとの差は?, AMD Ryzen 3 3300X, with Wraith Stealth cooler 3.8GHz 4コア / 8スレッド 65W 100-100000159BOX 三年保証 並行輸入品, 【2020年更新】RX570のゲーム性能レビュー!GTX1060、1050tiに勝てるか?, 【2020年】FRONTIER(フロンティア)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!.