var googletag = googletag || {}; // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする -h, --help Display this help. (article_id: "#{params[:id]}")で, 結果的に、ユーザーIDも記事IDも同じになっている閲覧履歴は存在しているか?ということを調べています。 本サービスで得られた売上はRailsガイドを継続的に更新・運営するために活用させていただきます。よければぜひご検討ください ;), Railsガイドは GitHub の yasslab/railsguides.jp で管理・公開されております。本ガイドを読んで気になる文章や間違ったコードを見かけたら、上記リポジトリにてお気軽に Pull Request を出して頂けると嬉しいです。Pull Request の送り方については GitHub の README をご参照ください。, 原著における間違いを見つけたら『Rails のドキュメントに貢献する』を参考にしながらぜひ Rails コミュニティに貢献してみてください ✨, 本ガイドの品質向上に向けて、皆さまのご協力が得られれば嬉しいです。よろしくお願いします。, Railsガイドは下記のサポーターから継続的な支援を受けています。Railsガイドへの支援・協賛にご興味あれば info@yasslab.jp までお問い合わせください。, create app/controllers/welcome_controller.rb }オプションはHTML5の属性です。このリンクをクリックすると、本当に削除してよいかどうかを確認するメッセージを表示し、その後deleteメソッドとリンクを送信します。このダイアログボックスの表示はrails-ujsというJavaScriptファイルによって自動的に行われます。このファイルはアプリケーションの生成時に自動的にアプリケーションレイアウト (app/views/layouts/application.html.erb) に含まれます。このJavaScriptファイルがないと、ダイアログボックスは表示されません。, Unobtrusive JavaScript(UJS)について詳しくはRails で JavaScript を使うを参照してください。. -c, --[no-]color Enable color in the output

create test/integration/blog_flow_test.rb, create app/controllers/articles_controller.rb, invoke test_unit googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads()); $ rails g model Article $ rails g model BrowsingHistory $ rails g devise User $ rails g db:migrate. 上記のようにレコード数(histories.count)が上限(histories_stock_limit)を上回っていないか確認します。 1 tests, 1 assertions, 0 failures, 0 errors, 0 skips. # "chapters_attributes" => { "1" => {"title" => "First Chapter"}, # "2" => {"title" => "Second Chapter"}}}}, # Cookie ベースのデフォルトは特に機密性の高い情報を保存する目的で使うべきではありません。, # (セッションテーブルの作成は"rails g active_record:session_migration"で行なう), # Rails.application.config.session_store :active_record_store. invoke erb

2 runs, 1 assertions, 0 failures, 1 errors, 0 skips, Finished in 0.027034s, 73.9810 runs/s, 110.9715 assertions/s.

googletag.pubads().enableSingleRequest();

設定のconfig.filter_redirectオプションを使って、リダイレクト先をログに出力しないようにできます。, フィルタしたいリダイレクト先は、文字列、正規表現、または両方を含む配列で指定できます。, どんなアプリケーションにもどこかにバグが潜んでいたり、適切に扱う必要のある例外をスローすることがあるものです。たとえば、データベースに既に存在しなくなったリソースに対してユーザーがアクセスした場合、Active RecordはActiveRecord::RecordNotFound例外をスローします。, Railsのデフォルトの例外ハンドリングでは、例外の種類にかかわらず「500 Server Error」を表示します。リクエストがローカルのブラウザから行われた場合、詳細なトレースバックや追加情報が表示されますので、問題点を把握して対応することができます。リクエストがリモートブラウザの場合、Railsは「500 Server Error」というメッセージだけをユーザーに表示したり、ルーティングやレコードがない場合は「404 Not Found」と表示したりします。このままではあまりにそっけないので、エラーのキャッチ方法やユーザーへの表示方法をカスタマイズしたくなるものです。Railsアプリケーションでは、例外ハンドリングをさまざまなレベルで実行できます。, デフォルトでは、本番のRailsアプリケーションは404または500エラーメッセージを表示します(development環境の場合はあらゆるunhandled exceptionが発生します)。これらのメッセージはpublicフォルダ以下に置かれている静的なHTMLファイルです。それぞれ404.htmlおよび500.htmlという名前です。これらのファイルをカスタマイズして、情報を追加したりスタイルを整えたりできます。ただし、これらはあくまで静的なHTMLファイルなので、ERBやSCSSやCoffeeScriptはレイアウトに使えません。, もう少し洗練された方法でエラーをキャッチしたい場合は、rescue_fromを使えます。これは、特定の種類または複数の種類の例外を1つのコントローラ全体およびそのサブクラスで扱えるようにするものです。, rescue_from命令でキャッチできる例外が発生すると、ハンドラに例外オブジェクトが渡されます。このハンドラはメソッドか、:withオプション付きで渡されたProcオブジェクトのいずれかです。明示的にProcオブジェクトを使う代りに、ブロックを直接使うこともできます。, rescue_fromを使ってすべてのActiveRecord::RecordNotFoundエラーを奪い取り、処理を行なう方法を以下に示します。, 以前よりも洗練されましたが、もちろんこの例のままではエラーハンドリングは何も改良されていません。しかしこのようにすべての例外をキャッチできれば、後は好きなようにカスタマイズできます。たとえば、カスタム例外クラスを作成して、ユーザーがアクセス権を持たないアプリケーションの特定の箇所にアクセスした場合に例外をスローすることもできます。, rescue_fromにExceptionやStandardErrorを指定すると、Railsでの正しい例外ハンドリングが阻害されて深刻な副作用が生じる可能性があります。よほどの理由がない限り、この指定はおすすめできません。, ActiveRecord::RecordNotFoundエラーは、production環境ではすべて404エラーページが表示されます。この振る舞いをカスタマイズする必要がない限り、開発者がこのエラーを扱う必要はありません。, ApplicationControllerクラスでは一部の例外についてrescueできないものがあります。その理由は、コントローラが初期化されてアクションが実行される前に発生する例外があるからです。, コントローラとのやりとりがHTTPSのみで行われるようにしたい場合は、環境設定のconfig.force_sslでActionDispatch::SSLミドルウェアを有効にすることで行うべきです。, Railsガイドをもっと便利に使えるサービスをリリースしました! 本サービスで得られた売上はRailsガイドを継続的に更新・運営するために活用させていただきます。よければぜひご検討ください ;), Railsガイドは GitHub の yasslab/railsguides.jp で管理・公開されております。本ガイドを読んで気になる文章や間違ったコードを見かけたら、上記リポジトリにてお気軽に Pull Request を出して頂けると嬉しいです。Pull Request の送り方については GitHub の README をご参照ください。, 原著における間違いを見つけたら『Rails のドキュメントに貢献する』を参考にしながらぜひ Rails コミュニティに貢献してみてください ✨, 本ガイドの品質向上に向けて、皆さまのご協力が得られれば嬉しいです。よろしくお願いします。, Railsガイドは下記のサポーターから継続的な支援を受けています。Railsガイドへの支援・協賛にご興味あれば info@yasslab.jp までお問い合わせください。, # 有効な顧客リストを得るため、このアクションへのURLは以下のようになっています, # これはRESTfulなアクセスであり、URLは"/clients"となります。, # 以下のコードはActiveModel::ForbiddenAttributesError例外を発生します, # ActionController::ParameterMissing例外を発生します。, # これは非常によい手法であり、createとupdateの両方で使いまわすことで, # 同じ許可を与えることができます。また、許可する属性をユーザーごとにチェックするよう. $ rails g devise User

Eg: SEED=n rake

googletag.cmd = googletag.cmd || []; create test/fixtures/articles.yml, invoke test_unit もし存在した場合は、if文内の処理に移ります。, old_history = current_user.browsing_histories.find_by(story_id: "#{params[:id]}")

create app/views/welcome/index.html.erb

それぞれ下記の通りhas_manyとbelongs_toを追加します。, 続いて、controllerでshowアクションを設定します。 1 runs, 1 assertions, 0 failures, 0 errors, 0 skips, # some_undefined_variableはテストケースのどこにも定義されていない, NameError: undefined local variable or method 'some_undefined_variable' for #, test/models/article_test.rb:11:in 'block in , bin/rails test test/models/article_test.rb:9 存在しない記事IDが入力された場合に、その存在しないIDがそのまま保存されるリスクもありそうです。, 逆に、インスタンス変数を定義した後に閲覧履歴を保存するアクションを書けば、取得済の記事IDを ポートフォリオ作成の過程で、個人的に試行錯誤したところを備忘録的にメモしています。 今度もrails routesでルーティングを確認すると、以下のようなルーティングが既にあります。, 以下のように、このルーティングに対応するindexアクションを、app/controllers/articles_controller.rbのArticlesControllerの中に作成します。indexアクションはコントローラの最初のメソッドとして配置するのが普通です。それではやってみましょう。, 最後に、このアクションに対応するビューをapp/views/articles/index.html.erbに追加します。, これで、http://localhost:3000/articlesをブラウザで開くと、作成された記事の一覧が表示されるようになりました。, ここまでで、記事の作成、表示、一覧表示ができるようになりました。今度は、ページ間を移動するためのリンクを追加してみましょう。, app/views/welcome/index.html.erbを開いて以下のように変更してください。, link_toメソッドは、Railsのビルトインヘルパーの1つです。このメソッドは、指定されたテキストに基いたリンクを作成し、ジャンプ先を表示します。ここでは各記事へのパスを指定します。, 他のビューへのリンクも作成してみましょう。「New Article」リンクをapp/views/articles/index.html.erbに追加し、

タグの上に置きます。, このリンクをクリックするとフォームが表示され、そこで新しい記事を作成することができるようになります。, app/views/articles/new.html.erbのフォームの下に、記事を作成せずに元のindexアクションに戻るリンクも作成しましょう。, 最後に、app/views/articles/show.html.erbテンプレートに、indexアクションに戻るためのリンクも追加し、記事単体を見ていたユーザーが元に戻って一覧を参照できるようにします。, 現在と同じコントローラのアクションにリンクする場合は、:controllerの指定は不要です。コントローラを指定しなければ、デフォルトで現在のコントローラが使われます。, developmentモード (これはRailsのデフォルトのモードです) では、Railsはリクエストのたびにアプリケーションを再読み込みします。これは開発をやりやすくするためであり、変更を行なうたびにRailsのWebサーバーを再起動する必要はありません。, モデルファイルapp/models/article.rbの中身は、以下のように驚くほどシンプルです。, ファイルにはこれしか書かれていませんが、このArticleクラスがApplicationRecordクラスを継承していることにご注目ください。そのApplicationRecordはさらにActiveRecord::Baseを継承しており、これによって基本的なデータベースCRUD (Create、Read、Update、Destroy) 操作やデータのバリデーション(検証: validation)のほか、洗練された検索機能や複数のモデルを互いに関連付ける機能(リレーションシップ) など、きわめて多くの機能をRailsモデルに無償で提供しています。, Railsには、モデルに渡したデータをバリデーションする機能もあります。app/models/article.rbファイルをエディタで開き、以下のように変更します。, このように変更されると、すべての記事にタイトルが存在し、その長さが5文字以上であることが保証されます。そうでない場合には記事はデータベースに保存されません。Railsには豊富なバリデーション機能があり、存在確認、カラムでの重複確認、フォーマット確認、関連付けられたオブジェクトがあるかどうかの確認などが行えます。バリデーションについて詳しくはActive Record バリデーションを参照してください。, バリデーション機能が追加されたので、バリデーションをパスしない@articleに対して@article.saveを実行するとfalseが返されるようになりました。さて、app/controllers/articles_controller.rbを再度開いてみると、残念なことにまだcreateアクションで@article.saveの結果を利用するようになっていません。@article.saveが失敗したらそのことをユーザーに表示してあげないと不親切です。そのためには、app/controllers/articles_controller.rbのnewアクションとcreate`アクションを以下のように変更してください。, newで@articleというインスタンス変数が新たに作成されるようになりました。@articleがここにある理由は間もなくわかります。, createアクションも、saveの結果がfalseの場合には、redirect_toではなく、newテンプレートに対するrenderを実行するように変更されました。ここでrenderメソッドを使う理由は、ビューのnewテンプレートが描画されたときに、@articleオブジェクトがビューのnewテンプレートに返されるようにするためです。renderによる描画は、フォームの送信時と同じリクエスト内で行われます。対照的に、redirect_toはサーバーに別途リクエストを発行するようブラウザに対して指示するので、やりとりが1往復増えます。, http://localhost:3000/articles/newをブラウザで再表示し、わざと記事のタイトルを空にして保存してみましょう。Railsは記事入力フォームを再表示するはずです。しかしこれだけではまだ不親切です。入力のどこに問題があったのかをユーザーに通知する必要があります。そこで、app/views/articles/new.html.erbを変更して、エラーメッセージがある場合に表示するようにしてみましょう。, 何やら目新しいコードが追加されています。ここでは、@article.errors.any?でエラーが発生しているかどうかをチェックしています。そしてエラーの場合は@article.errors.full_messagesでエラーメッセージを全文表示します。, pluralizeは、数値を受け取ってそれに応じて英語の「単数形/複数形」活用を行ってくれるRailsのヘルパーメソッドです。数値が1より大きい場合は、引数の文字列を自動的に複数形に変更します(訳注:pluralizeはたいていの不規則活用にも対応しています)。, ArticlesControllerに@article = Article.newを追加した理由は、そうしないとビューで受け取る@articleがnilになってしまい、@article.errors.any?を呼び出すところでエラーになってしまうためです。Articleのインスタンス作成に成功したときは@articleがnilにならないようにしておきたいわけです。, Railsでは、エラーメッセージを含むフィールドは自動的にfield_with_errorsクラスを持つdivタグで囲まれます。これを利用して、エラーメッセージをもっと目立たせるようにcssルールを定義しても構いません。, これで、http://localhost:3000/articles/newのフォームで新しい記事を保存する時にタイトルがなかった場合に、適切なエラーメッセージが表示されるようになりました。, ここまでで、CRUDのうちCとRを実現しました。今度はUの部分、つまり記事の更新を実装してみましょう。, 最初に、ArticlesControllerにeditアクションを追加しましょう。, 編集用のビューに含まれるフォームは、記事を作成するときのビューに含まれるフォームと基本的にほとんど同じです。app/views/articles/edit.html.erbというファイルを作成し、以下のコードを入力してください。, このフォームの送信先はupdateアクションになります。今の時点では未定義ですが、この後すぐ定義します。, articleオブジェクトをform_withメソッドに渡すと、編集済みの記事を送信するときに使うURLが魔法のように自動作成されます。Railsはmodelオプションに渡された値を読み取り、(今回の場合は) PATCHというHTTPメソッドでこのフォームを送信しようとします。PATCHメソッドは、RESTプロトコルに基いてリソースを更新する場合に使います。, form_withメソッドの引数にはモデルオブジェクトを(model: @articleなどのような形で)渡せます。このときヘルパーはarticleオブジェクトに含まれているフィールドでフォームの項目を埋めます。scope: :articleのようにスコープにシンボルを指定すると、フィールドが空の状態で作成されます。詳しくはform_withに関するAPIドキュメント (英語) を参照してください。, 続いて、app/controllers/articles_controller.rbにupdateアクションを作成しましょう。, 既存のレコードを更新したいときには新たにupdateアクションを使います。このアクションには、更新後の属性を含むハッシュを渡すことができます。createのときに既に行ったように、記事の更新に失敗してエラーが発生した場合、そのことをユーザーに伝えるようにしましょう。, createアクションで使ったarticle_paramsメソッドをここでも使うことにします。, updateにすべての属性をもれなく渡す必要はありません。たとえば、@article.update(title: 'A new title')を実行した場合、Railsはtitle属性のみを更新し、それ以外の属性はそのままにします。, 最後に、editアクションへのリンクを全記事の一覧に追加しましょう。app/views/articles/index.html.erbに以下のように手を加えて"Show"リンクの隣にEditリンクを追加します。, 同様に、app/views/articles/show.html.erbテンプレートにもEditリンクを追加しましょう。こうしておけば各記事のページから編集を行えるようになります。テンプレートの最下部に以下を追加します。, さて、editページをよく見ると、newページとほとんど違いがありません。実際、フォームを表示するコードはどちらでもまったく同じになっています。パーシャル(部分テンプレートとも呼ばれます)を使って、このような無駄な重複を取り除きましょう。Rubyの慣例として、パーシャルのファイル名の先頭にはアンダースコアを追加します。, app/views/articles/_form.html.erbという名前のパーシャルファイルを作成し、以下の内容を入力してください。, このコードをよく観察してみると、form_withの宣言部分以外には元のコードとの違いがないことがわかります。他のフォーム内のコードを置き換えるパーシャル内でのform_with宣言がこのように短くて簡潔で済むのは、@articleがRESTfulルーティングの完全なセットに対応する リソース であり、必要なURIとメソッドをRailsがそれに基いて推測できるからです。

本ガイドでは、コントローラの動作と、アプリケーションのリクエストサイクルでコントローラがどのように使われるかについて説明します。, お知らせ: Railsガイドが Carbon Ads for Open Source の対象になりました, Action Controllerは、MVCモデルのCに相当します。リクエストを処理するコントローラがルーティング設定によって指名されると、コントローラはリクエストの意味を理解し、適切な出力を行なうための責任を持ちます。幸い、これらの処理はほとんどAction Controllerが行ってくれます。しかも吟味された規則を使うので、リクエストの処理は可能な限り素直な方法で行われます。, 従来のいわゆるRESTful なアプリケーションでは、コントローラはリクエストを受け取り (この部分は開発者からは見えないようになっています)、データをモデルから取得したりモデルに保存するなどの作業を行い、最後にビューを用いてHTML出力を生成する、という役割を担います。自分のコントローラのつくりがこれと少し違っていたりするかもしれませんが、気にする必要はありません。ここではコントローラの一般的な使用法について説明しています。, コントローラは、モデルとビューの間に立って仲介を行っているという見方もできます。コントローラはモデルのデータをビューで使えるようにすることで、データをビューで表示したり、入力されたデータでモデルを更新したりします。, ルーティングの詳細については、本ガイドのRailsのルーティングを参照してください。, Railsのコントローラ名(ここでは「Controller」という文字は除きます)は、基本的に名前の最後の部分に「複数形」を使います。ただしこれは絶対的に守らなければならないというものではありません (実際 ApplicationControllerはApplicationが単数になっています)。たとえば、ClientsControllerの方がClientControllerより好ましく、SiteAdminsControllerはSiteAdminControllerやSitesAdminsControllerよりも好ましい、といった具合です。, しかし、この規則には従っておくことをお勧めします。その理由は、resourcesなどのデフォルトのルーティングジェネレータがそのまま利用できるのと、名前付きルーティングヘルパーの用法がアプリケーション全体で一貫するからです。コントローラ名の最後が複数形になっていないと、たとえばresourcesで簡単に一括ルーティングできず、:pathや:controllerをいちいち指定しなければなりません。詳細については、レイアウト・レンダリングガイドを参照してください。, モデルの命名規則は「単数形」であることが期待され、コントローラの命名規則とは異なります。, Railsのコントローラは、ApplicationControllerを継承したRubyのクラスであり、他のクラスと同様のメソッドが使えます。アプリケーションがブラウザからのリクエストを受け取ると、ルーティングによってコントローラとアクションが指名され、Railsはそれに応じてコントローラのインスタンスを生成し、アクション名と同じ名前のメソッドを実行します。, 例として、クライアントを1人追加するためにブラウザでアプリケーションの/clients/newにアクセスすると、RailsはClientsControllerのインスタンスを作成してnewメソッドを呼び出します。ここでご注目いただきたいのは、newメソッドの内容が空であるにもかかわらず正常に動作するという点です。これは、Railsではnewアクションで特に指定のない場合にはnew.html.erbビューをレンダリングするようになっているからです。Clientを新規作成すると、newメソッドはビューでアクセス可能な@clientインスタンス変数を1つ作成できるようになります。, ApplicationControllerは、便利なメソッドが多数定義されているActionController::Baseを継承しています。本ガイドではそれらの一部について説明しますが、もっと知りたい場合はAPIドキュメントかRailsのソースコードを参照してください。, アクションはpublicなメソッドでないと呼び出せません。補助メソッドやフィルタのような、アクションとして扱われたくないメソッドはprivateやprotectedを指定して公開しないようにするのが定石です。, コントローラのアクションでは、ユーザーから送信されたデータやその他のパラメータにアクセスして何か作業を行なうのが普通です。Railsに限らず、一般にWebアプリケーションでは2種類のパラメータを扱うことができます。1番目は、URLの一部として送信されるパラメータで、「クエリ文字列パラメータ」と呼ばれます。クエリ文字列は、常にURLの"? http://localhost:3000/articles/newをブラウザで開いて試してみましょう。, 単独の記事は表示できるようになりましたが、今度は記事の一覧も表示できるようにしてみましょう。 -w, --warnings Run with Ruby warnings enabled $ rails g model BrowsingHistory

Other popular testing approaches and plugins. :format) articles#, article GET /articles/:id(. :format) articles#, PUT /articles/:id(.

# this will return an array containing the fixtures david and steve, create test/models/article_test.rb 修正結果は以下のようになります。, 詳細については、上に挙げた参考資料に加えてStrong Parametersに関する公式ブログの記事 (英語) を参照してください。, 現時点の状態でフォームを再度送信すると、showアクションがないというメッセージがRailsから返されます。このままでは実用に耐えないので、showアクションを追加して先に進むことにしましょう。, rails routesの出力結果にもあったようにshowアクションへのルーティングは以下のようになります。, :idは、ここに:idパラメータが置かれることを指定するための特殊な文法です。この場合は記事のidを表します。, newで既に行ったのと同じ要領で、app/controllers/articles_controller.rbにshowアクションを追加し、対応するビューも追加する必要があります。, 各コントローラの標準的なCRUDアクションは、多くの場合index、show、new、edit、create、update、destroyの順で配置されます。この順番でなくても構いませんが、これらがいずれもpublicメソッドである点にご注意ください。本ガイドで既に説明したように、コントローラのpublicメソッドはprivateより前に配置しなければなりません。, ここでいくつか注意すべき点があります。ここではArticle.findを用いて、取り出したい記事をデータベースから探しています。このとき、リクエストの:idパラメータを取り出すためにparams[:id]を引数としてfindに渡しています。そして、取り出した記事オブジェクトへの参照を保持するために、通常の変数ではなく、インスタンス変数 (@を冒頭に付けることで示します) が使われている点にもご注目ください。これは、Railsではコントローラのインスタンス変数はすべてビューに渡されるようになっているからです (訳注: Railsはそのために背後でインスタンス変数をコントローラからビューに絶え間なくコピーし続けています)。, それでは、app/views/articles/show.html.erbファイルを作成し、以下のように記入しましょう。, 上のように変更したことで、新しい記事の作成がようやくできるようになりました。

What is going on with this article?