政策や法律の点でも何が起きるかわかりません。完全にブルーオーシャンです。, そんな事情ですから、「NTT西日本は確実だ」とも言えませんし、「100年つぶれない会社」とも言い切れません。 総合職という経営幹部候補ですから、「チーム」で「自分が主体的に」取り組んだことを書きます。, 「誰かがこう言っていたから」「重要そうだから」ではなく「自分がこうしたいと思ったからこうした」 今後IoTが進めば法人がメインの取引先になるでしょう。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。, すでに21卒・22卒の募集も開始しています。 今ある「資産」すら安定したものではないことを覚えておいてください。, NTT西日本としては、十分な利益をあげられている今のうちに、 ですが、次世代通信規格の5Gがスタートすると、この優位性が失われる危険性があります。, 5Gではこれまでと比較にならないほどの大容量通信が可能になり、 家電量販店では棚と工場をインターネットでつなり、商品の在庫が減ってきたら自動的に発注するなど、 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 ご登録のメールアドレスをご記入ください。, 再度登録のためのメールを送信致します。 就活生の方にとって、給料や福利厚生の良さや残業時間は気になるところですが、このような考えからホワイト企業を見ていくと、NTTの3文字を見る方も多いのではないでしょうか?, 今回は「ホワイト企業NTT」の実態を筆者の体験を踏まえて考察し、グループ内で複数の企業にOB訪問をする意義について考えていきたいと思います。なお、本記事はあくまで筆者がOB訪問をして掲載の許可を得た社員の声をもとに作成したものであり、働き方等は個人により異なることをご理解いただければと思います。, なお、OB訪問のやり方などにについてはOB訪問やり方大全!OB訪問の目的から時期・質問内容まで徹底解説をご覧ください。, NTTとは「Nippon Telegraph and Telephone Public Corporation」の略称であり、国営企業である旧日本電信電話公社(以下電電公社)の流れを組んで1985年に民営化されました。, 元々は政府の公共事業として設立された電電公社ではありますが、固定通信技術の世界的発展もあって民営化された以降は、移動通信事業を行うNTTドコモ・データ通信事業を行うNTTデータを始めとした多数の子会社を設立していき、事業の拡大を進めていきました。, 現在では、人材事業など通信とは直接関係ない分野にも進出しており、グループ企業数は900社以上・売上高は10兆円を超える国内最大級の規模を誇る企業群となっています。, ●総資産:21兆2,503億円 」です。, 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 参考:エントリーシート(総合職), 参考:媚を売るのは辞めよう!「御社じゃなくてもいいんです」というのが最高の志望動機 社風については、いわゆる日系大企業のイメージである「上司から与えられた仕事をただただこなす」という雰囲気は思っていたよりはなく、若手にもチャレンジさせる風土が根付いていることが入社後の発見であったようです。, また、グループ内でNo.1の収益を誇るエース企業であることを誇りに仕事をしている人が多いとおっしゃっていました。, ドコモは新卒採用の場でも「個性」という言葉をキーワードに挙げており、指示待ちで画一的な行動を取るのではなく、それぞれの個性を基にチャレンジを重ねていくことを大切にしていると言えるのではないでしょうか。, このことは、モバイル通信に頼ることなく新規事業にも注力している点・以下のような特徴的なESの設問からも伺うことができるでしょう。, 「インターンの選考はGDよりもプレゼンを選択した方が通りやすいよ」「『これだけは負けない』というものを何か一つもって選考に臨んでほしい」等と最後に就職活動のアドバイスを頂き訪問を終えました。, 参考:エントリーシートから企業が求めている能力を知る 携帯キャリアは消費者となじみの深い企業ですが、NTT西日本はこの点でも劣位に立たされていると言えます。, NTT西日本のリスクは、5G回線です。 ga('create', 'UA-40658087-1', 'auto'); 参考:みずほフィナンシャルグループ 新卒採用情報サイト, 上記はみずほフィナンシャルグループの新卒採用サイトの冒頭文ですが、金融という商材においてグループの連携を活かしてお客のニーズに応えた柔軟な対応ができることを強みとして示しているようです。, 一般に、会社をグループ化するメリットには、拡大に伴うリスク回避・経営スピードの向上など複数ありますが、各事業の強みを活かした幅広い提案ができることは一つの魅力でしょう。, 特にグループに同業他社がある場合は業績を取り合っているのではと考えてしまうこともあるかもしれませんが、NTTファイナンスの社員が述べていたように、社員の多くは自分がグループ内の一員であることを自覚し、自分や自分の所属する企業がグループ全体に対してどのように貢献しているのかを念頭に置いているケースは多いと考えられます。, グループ内の複数の企業にOB訪問することは、各企業のグループでの位置づけや役割を理解することに繋がり、広い視野で見た深みのある志望動機を構築することができるのではないでしょうか。 本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに有益な情報を提供すべく、「就活・仕事」というカテゴリーで様々な記事をご紹介しています。, NTT西日本は、西日本地域の通信インフラを担い、人々の暮らしを支える大手通信会社です。, そんなNTT西日本のインターンシップに参加した友人(ワンキャリアにも掲載されています)に話を聞くことができました。, 西日本電信電話株式会社(NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE WEST CORPORATION)は、持株会社である日本電信電話株式会社(NTT)の100%出資により設立された地域電気通信事業を業とする日本の大手電気通信事業者。, つまり、フォッサマグナより左側の西日本地域の電気通信事業を担う大手企業が、NTT西日本ということです。, また、一般的な株式会社や民間企業とは異なり、所管が総務省という珍しい会社になります。, NTT西日本グループではそれなりの人数を採用することから、同じく関西に本社を置く大手インフラ企業のJR西日本や阪急電鉄と比べると、就職難易度はやや低いです。, 参考までに、NTT西日本グループへの「2019年春・大学別就職者数トップ10」をご紹介します。, NTT西日本グループへの就職は、同志社大学をはじめとする関関同立や、大阪大学・神戸大学など西日本地域の難関国立大学が多いです。, なお、通信設備などは全国各地に散在しているため、場合によっては離島や僻地への異動・転勤は避けて通れません。, また、ウェブテストはSPIのような形式で、計数・非計数・適性検査を合計1時間ほどで受験したそうです。, 友人が参加した「理系インターンシップ」は、2017年11月に大阪の企業研修施設で3日間にわたり実施されたそうです。, 遠方者には、移動にかかる旅費が一部支給(上限あり)されたほか、参加期間中のホテルが提供されたそうです。, 全体で80名ほどの学生が参加しており、旧帝大や早慶をはじめ、関関同立や地方国公立など幅広い大学から参加していたそうです。, 2日目:現場見学(大阪市内の地下にある電線の現場)およびグループワーク(初日とは違うテーマで、3日目に発表), 2・3日目:災害に強いネットワーク形成・ネットワークを用いた新たなビジネスプランを考案する。, 友人は2017年11月にインターンシップへ参加しましたが、2018年2月に「インターン参加者限定のインターンシップ」が同じ場所で開催されたそうです。, 友人は都合が合わずこちらのインターンシップへは参加しなかったそうですが、インターンシップ参加者限定のイベントなので、NTT西日本へ就職したい方にとってはチャンスではないでしょうか。, 本記事では、西日本地域の通信インフラを担い、人々の暮らしを支える大手通信会社「NTT西日本」のインターンシップについて、実際に参加した友人の情報をベースにご紹介してきました。, NTT西日本では、関西や九州・沖縄地方にかけて広範囲にわたる事業に携わることができます。, 通信設備や災害時のインフラネットワークの整備など、人々のライフラインを支える仕事に興味のある方は、積極的に応募してみてください。, また、話を伺った友人は、同じく関西に拠点を持つ「JR西日本」と「阪急電鉄」のインターンシップにも参加したそうです。, いずれの会社も大阪に本社があるため、どこも冗談やネタが好きな社員が多いと話していました。, しかし、同じ大阪に本社を置く会社でも、それぞれに働く人の雰囲気の差異を感じたそうです。, 【JR西日本】 KEN(@nomilenolife)です。 すなわち、企業選びの軸に沿って業界や企業を絞っていくだけでなく、逆に複数の企業を見ることが自分の企業選びの見直すきっかけとなると言えるのではないでしょうか。このことは、先述した志望動機の構築にも役立てることができると言えるでしょう。, 今や世間では業界本やネット上の掲示板などで就職活動に関する情報がありふれていますが、そんな時代だからこそOB訪問を通してリアルな声を集めていくことが他の就活生との差別化に繋がるのではないかと考えています。 競合との細かい違いを答えるのではなく、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。, ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 NTT西日本にとっては「固定回線」であること自体が足かせになってしまう可能性があります。, またIoTのメリットを直接的に享受するのは製造業が主ですが、 なかなか選考本番にも進むことができません。, NTT西日本のエントリーシート提出は3月上旬です。面接本番は6月1日から始まりますが、 ●従業員数:274,850人 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); NTT西日本のビジネスモデルは、使用料金の徴収によるストックビジネスです。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう。, また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 さらにエンドユーザーは携帯キャリアのほうがガッチリつかんでいるわけです。, NTTドコモは上場企業で、NTTグループとはいえNTT西日本がその利益の恩恵を受けられるわけではありません。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。, 21卒も2020年11月でもまだ間に合います。 NTT西日本の他にも様々な一流企業のエントリーシートが備えられており、就活生なら誰でも無料登録するだけで閲覧できます。, 本来こういった資料はその企業に内定した先輩が身近にいないと見れなかったものですから、 gtag('js', new Date()); まず、基本情報は以下の通りです。, 著者:村田 泰基(むらた やすき) →MY企業研究に戻る, 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 ここから導き出せる志望動機は以下の通りです。, 詳しくは大卒就活とは?特有のやり方を知っておこう!で解説していますが、 61位:NTTドコモ 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。, ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。, 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 function gtag(){dataLayer.push(arguments);} わざわざ動かせない固定回線を引くよりWi-Fiにつないだほうがお手軽ということもあります。 しかも「ワイヤレス」で実現できてしまうのですから、IoTとは無線通信のほうが相性が良いわけです。 グループ企業では採用活動の場においても、人事が「グループの強み」を前面に打ち出すことが多い印象があります。, <みずほ>は社会的使命を果たすため、銀行・信託・証券、アセットマネジメント会社、シンクタンクなどのあらゆるグループの機能が一体となって総力を発揮し、お客さまのあらゆるニーズに最大限応えていくOne MIZUHO戦略を推進。さらに”お客さま第一”を徹底し、「総合金融コンサルティンググループ」へと進化するため、顧客セグメント別カンパニー制を導入し、最高の金融サービスを迅速に提供できる体制へと進化している。 非常に知名度が高いため、就職難易度は極めて高いと言えます。, 就職には高い学歴が求められ、総合職では東京大学や京都大学などの旧帝大卒の学生が多く、 このプロジェクトがNTT西日本の公式採用サイトにも書かれています。, ですが、この採用サイトの「ビッグプロジェクト進行中」のトップに書かれているのは「Q&AのAI化」です。 KEN(@nomilenolife)です。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、7年間に渡り学生の就職活動を支援している。, NTT西日本のビジネスの目的は、「私たちNTT西日本グループは、技術と知恵で世界に広がる情報流通のエクセレントカンパニーをめざす」ことです。 こんにちは、NTTグループ内定者です。 (無料会員登録はこちら), 最後に主要8社からは外れますがNTTファイナンスについて取り上げたいと思います。 固定電話回線とインターネット回線を武器にビジネスを行っています。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。, ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。  あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。, 私たちNTT西日本グループは、技術と知恵で世界に広がる情報流通のエクセレントカンパニーをめざします. また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。, 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 消費者となじみの深い携帯キャリアのほうが新サービスの展開が容易という状況です。, こんな中、光回線に匹敵する大容量通信を可能にする5G回線はNTT西日本にとって脅威です。 「回線」は利用者が増えれば増えるほど利益が出ますから、宣伝広告に力を入れ、利用者を増やしているのです。, ただし、このストックビジネスでうまくやってこれたのは2000年代までです。 もともとはグループ内のリースビジネスを担う企業として誕生した同社ですが、ビリングサービスの開始以降、近年グループ内での役割が大きくなっている企業となっています。, このことはNTTファイナンスの社員だけでなく、グループ他社の方の多くも同社の役割の拡大について言及されていました。, 例えばNTTドコモの携帯電話を使っていれば、料金明細の送付元がドコモではなくNTTファイナンスとなっていることに気づいたという方もいるのではないでしょうか。, ここまでは、NTTグループの各企業へOB訪問したその内容について触れていきましたが、ではそもそもグループ内の他社にOB訪問をする意義とはどこにあるのでしょうか?, 例えば通信キャリア業界を志望しNTTドコモの選考を受けるのであれば、KDDIやソフトバンクの企業研究をするために、同業他社へOB訪問をするということはあるでしょう。 これに通過すると個人面接2回→最終面接→内定という流れになります。, 会社説明会は大規模のものが行われたのち、少人数のセミナーに呼ばれます。 NTT西日本の主要な事業は「固定電話回線」と「インターネット回線」です。, NTT西日本は基本的にモノを売りません。回線の利用料金を反復継続して徴収します。 168位:NTTコミュニケーションズ この意味では非常に安定した収益があると言えます。, 一般消費者や法人を相手に契約をとり、「収益ユニット」をどんどん増やしていきます。 例えば、世間の多くでは「NTTはホワイトだ」という認識が広まっていますが、一口に「ホワイト」といっても(ある程度世間的な共通認識があるにせよ)その定義は個人によって異なり、グループ内でも「ホワイトさ」が異なっていると私は感じました。, 複数のグループ企業を比較していく中で、自分の考える「ホワイト企業」とは何か、企業から「与えられる」もの以外の内容も含めて明確化していくことに繋がりました。 これが1社あたり何通・何十通も収録されているのは非常にありがたいですね。 もしかしたら大学生がワンルームマンションで始めたビジネスがすべての会社を負かしてしまうかもしれません。 その面でも一般消費者と関わることもあると思います。, しかし、NTTドコモやKDDIなどに比べて消費者向けサービスが少なく、少し見劣りする感じがします。, NTT西日本の競合他社は、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクといった携帯キャリア、 というエピソードが良いでしょう。, 2つ目は「この会社に入って挑戦したいこと」について書きましょう。 転職難易度. 参考:ドコモとは 求める人物像, 先述の通りグループ内で最も就職人気度が高いと言われているNTTデータ。採用人数が多いことも一因かとは思いますが、国内最大手のSIer企業であることからもその人気度が高いことも納得でしょう。, 新卒でSE職としてNTTデータに入社。入社後から一貫してシステム開発に携わっています。現在ではICカードの分野でシステム設計を担当されているようです。, この方に入社前後のギャップについて尋ねたところ、「思っていたよりも仕事が忙しかったこと」を一つ挙げられていました。それでも待遇面がいいため仕事には満足していること、SIer業界の中ではワークライフバランスは取れている方であると述べていました。, 「NTT以上SIer未満の忙しさかな」という言葉が個人的には印象に残りました。また、NTTグループということでのんびりとした人が多いと思っていたが、予想よりも周囲の仕事に対してのモチベーションが高いことは刺激になっていると熱心に語っておられました。, 私自身、参加したインターンの中ではグループ内で最も学生のレベルが高く、いわゆる「意識高い系」の学生が多かった印象があります。, 「『忙しい=ブラック』『離職率が低い=ホワイト』といった短絡的な読み替えはしない方がいい。『忙しさ』といってもその種類はたくさんあるし、人によって考え方も違うと思う。それをしっかり考えられると自分にとって納得できる選択ができると思うよ」, このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。 というのも、IoTは製造業と密接にかかわるためです。. →通信業界の業界研究 89位:NTT西日本 来るべき次世代通信規格である「5G」の実現に伴い、「固定回線」の優位性が失われていきます。, 現在の資産に頼り切らず、その資産を活用したITサービスを創造することが喫緊の課題であり、 設備が昔から完成しており、すでに投資を回収する段階にあります。, これまでは「固定のインターネット回線」は無線通信に比べ、 m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) その参加者のうち有望な学生を対象とした「早期選考」もあるため、 政治の力や固定回線に頼らないビジネスモデルを確立しなければなりません。, NTT西日本に実際に内定したエントリーシートを見られるサイトがあります。 74位:NTT東日本 ntt西日本への転職方法を知りたい方。ntt西日本への転職実績の多いエージェント経由で応募しましょう。子会社出向求人があるので求人票の事前確認は念入りに。応募書類では自分ならではの強みをアピールし、面接では堂々とした態度で考えを述べられるように準備しましょう。 ●連結営業利益:1兆5,397億円 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 後述するリクルーター面接がありますので、志望する場合は早めのエントリーが必須です。, また、夏から冬にかけてインターンシップを行っており、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 自宅のガレージで起業して百貨店やショッピングモールを食いまくっているジェフ・ベゾスのように。, 今後IoTに乗り出していくとはいえ、NTT西日本は現状、固定電話回線とインターネット回線以外の事業はほとんど収益の柱となるまでは成長していない状況です。 「プラチナバンド帯」という、もともと旧国営企業のドコモとKDDIが独占していた良質な電波帯をソフトバンクにも解放することにつながりました。, 政治はいつでも国民感情次第で変わります。 主に「製造の面」「電機製品」で役立つ技術です。, ですから、ソニーやパナソニック、三菱電機、トヨタ、ホンダなどの自動車メーカー、部品メーカー、海外の鴻海など、 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 これを民間企業となったNTTが独占するのはおかしいという議論がたびたび出ています。, ソフトバンクがNTTドコモについて同じことを主張した際は結局、資産の明け渡しにまでは至りませんでしたが、 これからIoTに進出してくるあらゆる企業、あらゆるベンチャーが競合他社となりえます。, ソフトバンクも元はベンチャー企業ですし、マイクロソフトやグーグル、アマゾン、フェイスブックもすべてベンチャー企業でした。 nttの 転職難易度は高い です。 これまでに研究・開発の経験がある人でも、nttに中途入社したい人が多いため倍率が上がるからです。 以前は営業職で、研究や開発の経験はないという未経験者の場合は、転職できる可能性はほぼ0です。 また、会員(無料)の方は47925枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。 最終的には消費者のメリットでなければなりません。 →OB訪問で出会った人を理由に同業他社比較をすることは志望動機作成の上でも非常に有効です。参考記事では、実際の内定者の回答例を用いながら同業他社比較の方法について紹介していますので参考にしてみてください。, 個人的にはこれが一番重要ではないのかと考えています。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。, もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。, 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。, 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 →上記のようなOB訪問などで企業比較を行えていない学生は第一志望企業に媚を売ったような志望動機を作成しがちな傾向があります。しかし、この志望動機はほとんど評価されません。参考記事では、評価されない志望動機例や、「ウチが第一志望?」と聞かれた際の答え方などをまとめています。, こちらはNTTグループの場合でやや個人的な感想に近いものになってしまいますが、グループ内での複数のOB訪問は、「自分が企業に何を求めているか」を考えるきっかけになるのではないかと考えています。, もちろんこれはグループ内でなくてもOB訪問の企業数を重ねることで得られていくものではありますが、グループ企業ではある程度共通した社風や理念を持っているケースが多く、それを自分がどう解釈するかは考えるべきことであると言えます。