(定義) と、契約する必要がない理由は素人の私でもすんなりわかるのですが、、 極端に言えば「みんなで共同して 1本のアンテナを立てる」ということであり, この場合受信契約を結ぶというのはその実態からして妥当なものであったといえるでしょう. 1の2.「国内放送」とは、国内において受信されることを目的とする放送であつて、受託国内放送以外のものをいう。 映らないから見たことがない、引っ越してきた時にもNHKの人に確認されて、うちのTVは受信出来ていない状態ですと言い、納得されて今の地上波契約のみに至ります。 我が家は現在住んでいる戸建てに引っ越してからnhkと衛星契約しています。最初は当然のことだと思ったのですが、その受信料の高さの割にはnhkの衛星放送はほとんど見ていないことに気付き、無駄だなあと感じていました。もう何年も、です。 ・「協会の放送」は「無線通信」によって行われる どうすれば、解約できるでしょうか? NHKの担当者の方や徴収員の方が ... 最近、NHKの受信料って免除できることを知りました。 どういう理屈で受信料を払わなければいけなくなるのか、お教えいただければと思います。, ケーブルテレビやひかりTVでもNHKに受信料を払う理屈が分かりません。 地上契約をちゃんとしているなら、この理屈で絶対に負けることはないはずです。 地デジ専用のテレビしかないなど、本来は地上契約で良いものの誤って衛星契約を行っているケースもある。この場合、年間1万円以上も不要な受信料を払っているといえる。集金人側が受信環境を確認しているとは限らない 私は低所得の母子家庭なので、もっと早く知りた... ちょっ、ちょっと待って! ※今まで見たことがなく、リモコンのBSボタンを押してもE202のエラーが出て全く見れないです。受信状態:受信できませんと出て、現在値最大値ともに受信強度0です。 BSチュ-ナ-内蔵のテレビで一切の放送は見ずにTVゲ-ムだけの人 で質問したのですが、複数の方がケーブルテレビやひかりTVでも受信料を払わなければならないと仰っていました。

nhkが徴収する放送受信料には、大きく分けて2通りの料金形態が存在します。「地上契約」と「衛星契約」です。nhkの集金人は契約獲得数に応じてマージンが貰える仕組みのようですが、地上契約よりも衛星契約の方が貰える金額が多いので、知らず知らずの

つまり, 「普通にアンテナを立ててもテレビが見えない」地域に対し, 「ちゃんとテレビが見えるようにする」ためのものでした. 張、集金委託職員の殺人・死体遺棄事件など公共放送局というのもはば 前の時にはあえて書かなかったんですが, 日本におけるケーブルテレビは「難視聴地域対策」に由来します. これらを言っても、上記の返しでラチがあかず。なにか説明書きのような紙を出してきたので、それを貰いとりあえず確認してみて自分で受信出来たらNHKに電話します!と話をおわらせました。 BSを受信するための設備である分波器を設置していないので、BS契約は不要、というロジックです。 て脅しますがNHKなんか見なければ解約されて下さい。 解約したいのなら、そのビデオを廃棄処分して下さいと言われました。 第2条 この法律及びこの法律に基づく命令の規定の解釈に関しては、次の定義に従うものとする。 当然NHKの徴収員の方が来て、 で質問したのですが、複数の方がケーブルテレビやひかりTVでも受信料を払わなければならないと仰っていました。 その後、映るか確認したら※のような状況でした。勧誘男が言ったように、テレビ裏側の端子を入れ替えてみたら映りはしました。しかし、それだと通常の地上波が映りません。どうやら分波器がないと同時に見れないようです。買ってまでBSを見るつもりは全くないし、BSを見るためにテレビを設置したんではありません。これは契約しないという理由になりますか?? NHKにまだ連絡していないはずなのに、 第2条 この法律及びこの法律に基づく命令の規定の解釈に関しては、次の定義に従うものとする。 怖っ、引っ越した後に NHKの受信料の契約はいつから義務化されたのか? そもそも義務だというのは本当なのか? 絶対に払わないとダメなのか? なぜ衛星放送も強制的に契約させられるのか? 実際の支払い方法や金額などについてもお伝えします。 ・アンテナおよびテレビがあれば、「無線通信」を受信できるので、契約しなければならない スカパ-の基本料金を払えなどと言われないですよね。 室内アンテナは、ありました BSアンテナの取り外しで解約です。個々の機器にBS受信機能がある 掛けて契約者以外は見れないようにして欲しいですね。NHKを見ない と言って、お引取り頂いています。 て脅しますがNHKなんか見なければ解約されて下さい。 ・「放送」とは「直接受信」されることを目的とする「無線通信」の送信 BSが受信可能なビデオを廃棄せよとは随分乱暴な言い方ですね。 みなさんはNHKの放送受信料を払っていますか? 払っている人の中には地上契約を結んでいる人と衛星契約を結んでいる人の2通りいると思います。 好きで衛星契約を結んでいるという人はいいと思いますが「WOWOWなどの衛... ワンセグ機能付き携帯電話やスマホでNHKと契約をしなきゃいけないかどうか(裁判事例). 解約は可能です。あくまで受信契約ですので一方が契約しなければ 1.「放送」とは、公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信をいう。 解約は可能です。あくまで受信契約ですので一方が契約しなければ NHK職員による覗き、痴漢、買春、児童買春、住居不法侵入、児童ポ NHKが徴収する放送受信料には、大きく分けて2通りの料金形態が存在します。「地上契約」と「衛星契約」です。, NHKの集金人は契約獲得数に応じてマージンが貰える仕組みのようですが、地上契約よりも衛星契約の方が貰える金額が多いので、知らず知らずのうちに衛星契約を結ばされていたという人もいたそうです。, NHK地上契約とは「総合テレビ/Eテレ」の2つの番組、いわゆる総合テレビと教育テレビという2つの番組を見る場合に契約しなければならないものです。, まぁ仮に見なくても「放送を受信できる受信機(テレビ)を設置したら契約しなければならない」というルールになっているので、テレビがあるなら契約しなきゃいけないという捉え方でいいと思います。, 衛星放送と言えば「BS日テレ/BS朝日/BSフジ」などの民法放送、それから「WOWOW/スターチャンネル」などの有料放送、そして頼んでいない「BS1/BSプレミアム」です。, これは衛星放送を受信するためのアンテナとチューナーが必要になるので、テレビを買ってきて部屋に設置しただけでは見れないこともあります。, 最近のテレビであれば、ほとんどがリモコンに「地デジ/BS/CS」という切り替えボタンが搭載されていると思います。しかしBSやCSに関しては、アンテナを設置しなくては見ることはできません。, 自分の意志で「WOWOWが見たい!」という希望でアンテナを設置した人もいるでしょうし、中には「引っ越してきたアパート(あるいはマンション)に勝手にアンテナが付いてた」という人もいるでしょう。, このような場合に、部屋にテレビを設置した状態でNHKと契約を結ぶという場合は、NHKの放送受信料は衛星契約となってしまいます。, 地上系によるテレビジョン放送の自然の地形による難視聴地域(以下「難視聴地域」という。)または列車、電車その他営業用の移動体において、衛星系によるテレビジョン放送のみの受信についての放送受信契約, お家の立地状況でNHKの地上波が受信できないという場合、かつ衛星アンテナを設置していて衛星放送のみが見られるというケースのようです。, 私が住んでいる地域も相当な田舎ですが、残念ながらNHKは映ってしまうんですよね(他の民法は拾わなかった時もありましたが)。, 今の日本にそういう地域がどれだけあるのかはさておき、こういう場合は地上契約でも無く衛星契約でもない「特別契約」となります。額面としては、地上契約よりも少し安い程度です。, というか、NHKは「全国津々浦々にあまねく伝えていく」とか頻繁に口にしている割には、地上波が受信できない場所を受信できるように努めていこうとは思っていないんですね。, 何かあると「NHKが無くなったら災害時に困る!」などと言って公共放送の必要性を語る割には、NHKが受信できない地域のことは蔑ろにするという…。, 世の中の多くの人は「なんで必要のない物にお金を払わなきゃいけないの?」という考えだと思います。なので中には「WOWOWは見たいけど、BS1なんか死んでも見ない」という人もいるのでは?, ただしテレビを設置すればNHKと契約しなきゃいけなくなり、さらにWOWOWを見るためのアンテナを設置したら、NHKの衛星放送も受信してしまうので「衛生契約を強いられてしまうのではないか?」という疑問です。, 結論から言うと、地上契約をしてしまっていて衛星契約に変更していないという場合は、ちょっと上手くないかもしれません。, 衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない。, ここでは視聴者側の「見る・見ないという自由」は完全に度外視されていて、見れるような環境になった時点で「衛星契約を締結しなければならない」となっています。, 確かに「見ないから払わない」という理屈は一般常識なら通用しそうなもんですが、残念ながら地上波においても「NHKは見ないから受信料は払いたくない」という言い分が通用しない部分を見ると(いや、実際に払っていない人がいっぱいいるから通用していると見るべきか?)、WOWOWを見たければ衛星契約を結ばなきゃいけないのかなという気がしました。, ですが、実際にテレビがあるのに「NHKは見ないから受信料は払いたくない」と言っている人は山ほどいるわけで、それならまだいいのですが「実際にNHKは結構見てるけど受信料は払ってない」という人もいるわけです。, いずれにしても現状の法律では「契約はしなきゃいけないけど、料金を支払わなかった際の罰則はない」というワケの分からないルールになっていることもあり、NHKそのものとの契約をガン無視した状態であれば、WOWOWを契約していてNHKとの衛星契約を結ばなくても、何も罰則はないんじゃないかと思います(知らんけど)。, こちらは2019年現在のNHKの受信料一覧です(2020年10月の値下げ後に訂正しました)。NHKは少しでもお金を取ろうと必死なので、とにかく衛星契約を取ることに必死になっていると聞きます。, NHKの集金人はNHKの社員ではなく、ある種の下請け業者であり、こういう人たちへのキャッシュバックも地上契約と衛星契約では報酬が変わってくるようです。, そして本来であれば地上契約であるべきものが、勝手に衛星契約に書き換えられていたという不正があったり、あの手この手で「地上契約を結んだはずが衛星契約を結ばされていた」という被害に遭った人も非常に多いとのことでした。, 書き換えられた場合はまぁどうしようもないのかなぁという気もしますが、多くの人は面倒くさがって話を聞いてなかったり、確認を怠ったという部分に付け込まれているようなので、NHKの受信料を支払っているという人は今一度契約書を確認してみてください。, でも住んでいるアパートにはアンテナが設置されているので、テレビを置いたら衛星契約になるんだろうなぁと思っています。, 月額2000円ってU-NEXTと同じだからね!U-NEXTに対しても「2000円かぁ…痛いなぁ」って思って加入したりしなかったりなのに、誰が好き好んでNHKに月々2000円も払うねんって話。, テレビ置くだけでそんなにお金を取られるんだって思ったら、そりゃテレビなんか要らねぇってなりますよ。NHKはお金を集めることよりも、もっと他のことに労力を割いて欲しいものです。, 引っ越した先のアパートやマンション等の賃貸物件において、既に衛星アンテナが設置されているという場合、原則的には自分の意思に関わらず衛星契約を結ぶこととなります。, ただしテレビを所有しているのにも関わらず、NHKと放送受信契約を結ばないことは現状では. NHKを見ない人は最悪でも受信契約だけはしない事です。契約をすれ ば支払い義務が発生しますが契約をしなければ支払いの義務はありませ 払わねーってゆって追い払いましたが、しつこく来ます。 によると、 私はNHK料金を払いたくないという気持ちがあったので、部屋にテレビを置かないという選択肢を取りました(テレビは置いといて、見ないからという理由で集金人をガン無視でも良かったのですが、なんとなく嘘を言うことに後ろめたさがあったので)。, そして今でも「そもそもNHKの放送受信料って払わなきゃいけないの?」と強く疑問に思います。どうしてもと言うなら「スクランブル放送か国営にして税金にすれば?」くらいの感じです。, そこで今回は、現時点での日本のルールや一般的な常識という観点から「そもそもNHKの受信料って支払う必要があるのかどうか」について書いていきたいと思います。, このページでは「見てもいないし、頼んでもいないものにお金を請求されるっておかしくねぇ! この場合, ケーブルテレビは「単純にテレビ放送を受信し再送信するため」のものでしかありませんでした. ?」という人に向けて、受信料を支払う必要があるかどうかについて書いています。, 私の考えでは「NHK放送は見ているけどお金は払いたくない」というのは、それはそれでおかしい言い分だという考えなので、あくまで「テレビは持ってるけど、NHKなんか見てないから受信料は払いたくない」という人だけ読んでください。, 私からすれば、NHKは「頼んでもいないのに勝手に電波を送ってきて、それを『受信してんだから金払え』と言ってきているジャイアンみたいな存在」です。, 私はお酒を飲まないので、居酒屋などである『お通し』という文化についても否定的な意見を持っているのですが、頼んでいないものを押し売りされて、それに対する代金を払わなきゃいけないっておかしくないですか?, 私がその辺の道で下手な歌を大声で唄って、通行人に対して「俺の歌聴いたんだから金払えよ!のびたのくせに!」とか言ったら腹立つじゃないですか?まじジャイアンじゃないですか?, まぁ私がそれをやったら恐喝罪とかでブタ箱行きですが、残念ながらNHKは法律の盾を持っているので、ちょいとばかし厄介と言えるでしょう。, NHKが持っている法律の盾は『放送法第64条』です。「放送法無視(64)してぇ」で覚えてください。ちなみに内容はコチラです。, 第六十四条  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。, 難しい文章で書かれていますが、ものすごく噛み砕いて表現すると「テレビを部屋に置いてる奴は、NHKと受信契約しろバカヤロー」って感じの内容です。, これは放送法という法律の1つになるので、バカ真面目に受け取るのであれば守らなくてはなりません。つまり義務か義務じゃないかという0か100かの見方をするのであれば、残念ながら義務になってしまいます。, ここで屁理屈を言うのであれば「テレビを設置していても、それが受信を目的としていなければOK」なので、例えばゲーム用に所有しているとか、パソコンのモニター代わりに使用しているという目的で所持していれば、NHKと契約しなくてもOKという気もするじゃないですか?, しかし、恐らくこれは認められません。というのも、テレビ自体がそもそも放送受信機と言っても過言ではないので、逆に「テレビをテレビ以外として使用している」という方がイレギュラーなんじゃないかと思うんです。, 現に私はこの可能性を危惧して、パソコンのモニターに使用していたテレビもやめてモニター専用にしました。, 前項では、テレビを見てる人は受信契約を結ばなければならないという法律があるという説明をしました。, そしてテレビを視聴目的で所有している場合に、結ばなくてはならないと言われている受信契約というのが、NHKが定めている『日本放送協会受信規約』と呼ばれるものです。, 受信機(家庭用受信機、携帯用受信機、自動車用受信機、共同受信用受信機等で、NHKのテレビジョン放送を受信することのできる受信設備をいう。以下同じ。)のうち、地上系によるテレビジョン放送のみを受信できるテレビジョン受信機を設置(使用できる状態におくことをいう。以下同じ。)した者は地上契約、衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない。, これも難しい言葉で書いていますが、噛み砕くと「普通のテレビなら地上契約、BSが映るなら衛星契約を結べ、そして金払えバカヤロー」という内容です。, ここがちょっとややこしいのですが、法律で締結しろと言われているルールはNHKが勝手に決めたルールなんですよね。, 日本放送協会受信規約と書いてあると、なんだか凄そうな感じするじゃないですか?でもこんなもんは、小さい頃にお母さんと約束した「ゲームは1日1時間」みたいなもんです。, いや、守らなかった際のペナルティが重そうという点でみれば、お母さんとの約束の方が重いかもしれません(ゲームを隠されちゃうかもしれませんからね)。, NHKを見ようが見まいが、残念ながら受信目的でテレビを所有している場合は、NHKと受信契約を結ばなければなりません。, …というか、もはや受信目的とか関係なくて「テレビ(またはそれに準ずる受信機)を持っていると放送受信契約を結ばなきゃならない」くらいの解釈の方がいいかも。, 集金人が来て「この契約を結ばなきゃいけないということは法律で決まっている!」と言ってきたとしたら、放送受信契約のことを指していると思われます。, で、受信契約を結ばなきゃならないなら結ぶしかないわけですが、その受信契約の内容を守らなきゃいけないかどうかというのは、また別の話になるんじゃないかという考えです。, テレビを所有しているのに「テレビは持っていない」という嘘をついたり、NHKと放送受信契約を結ばないというのは、バレるかどうかは別にして、現行の法律で考えると法律違反です。, 法律違反になりたくなければ、テレビを所有しているのであれば放送受信契約を結ばなくてはなりません。, ここでNHKは「じゃあ放送受信契約に則って、受信料を払ってください」と言ってきますが、受信料の支払いに関するルールを決めているのはNHKで、これはNHKが勝手に決めたルールです。, 言葉を選ばずに書くと「受信料を払わないという行為そのものは、法律違反ではない」ということになります。, 常識がある人ほど困惑してしまうのではないかと思いますが、NHK並びに集金人の人が「法律で決まってるんだから受信契約をしろ!」と詰め寄ってくるのであれば、返す刀で「法律で決まってる契約はしてやってもいいけど、法律で決まってない受信料の支払いは拒否する!」というのも筋が通っているのではないでしょうか。, まぁモラルとかそんな話を引き合いに出せば話はこじれますけど、個人的には放送法という遥か昔に作られた法律を盾に好き勝手あぐらをかいた商売をしている存在に対して、法律を盾に対抗することの何が悪いのかって感じもしますが。, あ、ちなみに放送受信契約を結んで料金の請求等を一切無視し続けると、運が悪ければ裁判に発展します。そして負けます。これは現行の法律がNHK寄りになっているので仕方ないことです。, 裁判と聞くと怖く感じてしまう人もいるかと思いますが、NHKが公表しているデータを紐解いて計算していくと「NHKと契約していて受信料を未払いだという人が訴訟に発展してしまう確率は約0.1%」です。, そしてNHKは「契約世帯数を水増しして報告することで、多くの国民が受信料を払っている(受信料を払うのは国民として当たり前)という印象操作をしようとしている」なんて意見もあるので、実際には未払いの人がもっと多いと思われます。, つまり訴訟に発展する可能性は更に低くなると考えても差し支えないでしょう(知らんけど)。, ここはNHKのミスリードが巧みだったり、テレビでNHK問題に意見するタレントさんが正しく理解していなかったりするのでアレですが…。, テレビを持っているのにNHKと契約しないのは法律違反です。ただし、契約をして受信料を支払わないというのは法律違反ではありません。, 法律上は「テレビを所有しているならNHKと契約しろ!」と言っているだけで「契約したら金払え!」と言っているのは、法律ではなくNHKです。, 「法律違反じゃないからと言って開き直るという行為はどうなんだろう」という気もしますが、NHKがやってきていることも大概ですよ?, というわけで、今回のテーマ「そもそもNHK受信料って払わなきゃいけないの?」という疑問に対しては「払わなくても法律違反ではない」とだけお答えしておこうと思います。, ちなみに「受信料なんか死んでも払いたくない!」という方は、以下の記事をご覧ください。, テレビ(ワンセグ機能付き携帯電話やスマホ、カーナビ等)を持っていない場合は、最初からNHKと契約する必要はありません。, ちなみに過去には「ゲーム専用のテレビは受信を目的とした受信設備に該当しない」というニュアンスの文章がNHKの公式サイトにも掲載されていたようですが、今現在はその文言が消されているので、NHKとしては「ゲーム専用とは言ってもテレビはテレビだから受信料を払え」という見解で間違いないでしょう。. からではなく受信設備はアンテナが主なのでアンテナの取り外しが解約 いずれ全国の90%以上が地デジになりますがNHKはスクランブルを

かられるくらい犯罪者を続発しています。民放の比ではないですね。 また集合住宅でしたらアンテナは共用で取り外しが出来ませんのでBS 第32条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。 http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM ルノ禁止法違反、男性ディレク...続きを読む, NHK受信料をBSデジタルアンテナつけてるから払えとNHKがきました (受信契約及び受信料) NHKの受信料には地上契約と衛星契約の2種類ありますが、自分はどちらの契約に該当するのか迷われる方も多いでしょう。, そんな方に向けてこの記事では、契約形態ごとのNHK受信料の違いをはじめ、衛星契約を行う必要があるのはどんな世帯なのかなどを紹介していきます。, 1950年、NHKは放送法にもとづく「公共放送」として誕生しました。公共放送とは国家から独立し、営利も目的としない、公共福祉のための放送のこと。政府からの干渉を受けることなく、自主性を保障されています。, 特定の企業や団体の意見に左右されることなく公正な放送を行うため、企業の広告費などではなく、国民から集めた受信料が主な財源。そのため私たちはほかの放送局とは異なり、NHKだけに受信料を納めているのです。, 冒頭でも紹介した通り、NHKとの契約形態は主に2種類あり、契約の仕方によって納める受信料も異なります。, 日本放送協会放送受信規約のなかで、地上契約については「地上系によるテレビジョン放送のみを受信できるテレビジョン受信機を設置(使用できる状態におくことをいう)した者は地上契約を締結しなければならない」と定められています。, つまり地上系のNHK放送のみを受信できるテレビやレコーダーなどが自宅にある場合、視聴の有無にかかわらず、毎月1260円(口座・クレジット)を納める必要があるでしょう。なお、2020年10月からは値下げが実施され、毎月1225円(口座・クレジット)となります。, 同じく日本放送協会放送受信規約のなかで、衛星契約については「衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない」と定めています。, つまりBSやCSといった衛生系のNHK放送を受信できるテレビやレコーダーなどが自宅にある場合、視聴の有無にかかわらず、毎月2230円(口座・クレジット)を納めます。ちなみに、衛生契約の受信料も2020年10月から毎月2170円(口座・クレジット)へと値下げを実施。この金額を見ると、地上契約よりも衛星契約のほうが高いことがわかります。, マンションにお住まいの場合、衛生契約を行う必要があるかは、共同の受信設備の有無で決まります。ただ最近できたばかりのマンションは、そのほとんどが受信設備を備えていると考えて良いでしょう。そのため、BSやCSを見る・見ないにかかわらず、全世帯が衛生契約の対象となる可能性があります。, 放送法の第64条1項にも「NHKの放送を受信することができる受信設備が設置されていれば、受信契約をしなければならない」と定められており、共同の受信設備があり、なおかつ自宅にテレビがある家庭は基本的にNHKの衛星契約を断るのは難しいといえそうです。, ただ、衛星放送を受信できる共同アンテナを設置しているケースでも所有しているテレビなどが地デジ専用の場合、衛星契約の受信料を払う必要はないといえます。「衛星契約はしたくないけどテレビは見たい」という方は、地デジ専用タイプの多い小型のテレビを購入する方法もあるでしょう。, 前述したように自宅内に衛星放送を受信できる機器がないにもかかわらず、衛星契約を結んでいるケースもあります。その場合、1年間で換算すると、1万円以上も余計に受信料を払っていることに。, 心当たりがある場合は受信環境を確認した上で、「NHK受信料の窓口」に電話をかけて相談してみましょう。解約が受理されれば、1週間ほどで契約種別変更の申請書が郵送されますので、必要事項を記入して返信すると手続き完了となります。, 受信料の集金は、外部の委託業者が代行していることも。報酬は出来高制と言われており、契約が取れなければ当然ですが収入になりません。そのため契約を取ることが目的となり、利用者の受信環境をいちいち確認しない現状もあります。, 本当は払う必要のない料金まで負担しないためにも、事前に自身の受信環境についてチェックしておきましょう。, マンションに衛星放送の受信設備があり、自宅のテレビやレコーダーなどに衛星チューナーが内蔵されている場合、衛星放送を見る・見ないにかかわらず衛星契約を結ぶ必要があります。, ただ、所有しているテレビが地デジ専用の場合、衛星契約ではなく地上契約となります。そのためもし誤って衛星契約を行っている場合は「NHK受信料の窓口」に電話をかけて、解約の手続きを行いましょう。, ラインオープンチャットで この理屈が放送法のどこが根拠になるのか、分からないでいます。

NHK職員による覗き、痴漢、買春、児童買春、住居不法侵入、児童ポ 勧誘男は、このマンション自体BSが見れる環境なので見れないということはないんですけどねー。このマンションの人はみんな契約してますよ、マンションに設備があるから払う必要が~端子を変えてみても無理ですかなどと巧みに言ってきました。 返納してもらいたいと考えています。

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=150&wv=1&typeFlag=1 BSの集合アンテナがBSを受信するための設備ならば、分波器だってBSを受信するための設備です。

なので、