説明の丁寧さやわかりやすさは大きな魅力となっています。, また、わからない場合には質問も気軽にできるため、多くの人にとって安心の学習支援体制が整っているといえます。, MOS試験対策用の通信講座やパソコン教室を探しているが、どこで勉強するのがいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?この記事では全13の通信講座やパソコン教室を教材の質や受講価格の面などで徹底比較します!, MOS Microsoft Word 2016 Expert 対策テキスト&問題集 ((よくわかるマスター), Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 Expert 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター), マイクロソフトのオフィスは誰でも利用可能な設計であるので、試験のレベルも必然的に高くはならない, 「Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 Expert 対策テキスト&問題集 」と「MOS Microsoft Word 2016 Expert 対策テキスト&問題集 」, 資格Timesでは多くのMOS通信講座の中でも特にユーキャンの通信講座をおすすめします。. また、男性・女性問わずに受験する人気のある資格です。, 受験者の中には、10代の頃から勉強する人がおります。就職活動のために早めから勉強をしているようです。, MOS試験の合格者は履歴書に記載する事ができるため、アピールポイントになります。社会人でも受験する人は多く、自らのスキルアップや転職のために勉強をしています。, 社会人ではパソコンを業務で使用する機会が多く、一定の知識や技術が求められてきます。業務に支障を出さないためにも必要な資格だといえるでしょう。, 同じIT関連の資格には、「Linux技術者認定試験(LPIC)」・「Linux技術者認定試験(LPIC)300」・「Linux技術者認定試験(LPIC)303」・「Linux技術者認定試験(LPIC)304」があります。, 「Linux技術者認定試験(LPIC)」はレベルによって各試験に分かれており、合格率は約70%です。, また、「情報セキュリティ技術認定試験(SEA/J)」という試験は同じようにレベルによって各試験に分かれており、合格率は非公開です。, 上記のIT関連の資格に比べてMOS試験は合格率は低いものの、受験のチャンスが多くなっており、試験に合格できる難易度は低めと言えるでしょう。, MOS試験は、エキスパートとスペシャリストに分けられます。スペシャリストの合格率は約80%と高い数値です。合格基準点は1000点中700点以上となっています。, スペシャリスト試験は、ワードとエクセル以外にパワーポイント・アウトルック・アクセスの試験があります。基本的な知識・技能を得るためには、スペシャリストから受験していくと良いです。, 実務上で活かす事ができる知識・技能を得られる試験になっています。 MOSの試験を受験しました。試験対策としてパソコンスクールから模擬試験の過去問題の第1回から第5回と第1回から第5回のランダム形式があるうちの第1回から第3回を繰り返して行い合格ラインである70%を超えていれば本番の試験は合格できると言われました。模擬試験では満点が取れるよ … 今度、MOSを受けるんですが難しいのかな?受験料もったいないから、一発合格したいんですけど…, 普段、仕事でPCは使い慣れてる人なら、そこまで難しくないよ。受験料を無駄にしたくないなら、とっとと勉強始めなよ…, MOSって普段の仕事の延長線上で勉強できるから、極端に難しい資格じゃないと思うんだよね。, せっかくだから、他のPC関連資格も受けてみようかな。MOSの試験対策ついでに勉強できれば効率的だし!, シュールの意味をわかりやすく!「シュールな笑い」「シュールな光景」の使い方を例文から解説, 以降とはいつから?以降の範囲って?当日は含む?含まない?詳しい意味から英語表現まで徹底解説!, CHEWYではメルマガサービスの用意を進めております。メルマガでは、編集部選りすぐりの読者プレゼントやアンケートの募集、最新記事や特集記事など、お得な情報をお届けする予定です。サービスが開始しましたらメールをお送りしますので、配信を希望される方は下記よりご登録ください。. そのため、就職や転職を目指す選考の場や、社内で昇進を目指す際にも評価されやすいです。, また、社内で様々な人から頼られるようになるため、モチベーションの向上にも役立つでしょう。, MOSを取得することで様々なメリットがあるため、事務スキルを高めたい人やITの見識を高めたい人は、ぜひMOSの取得を目指してみてください。, 通信講座やパソコン教室もあるため、自分に合った勉強方法でコツコツと頑張っていきましょう。, MOS試験対策用の通信講座やパソコン教室を探しているが、どこで勉強するのがいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?この記事では全13の通信講座やパソコン教室を教材の質や受講価格の面などで徹底比較します!, 試験日が未定のままだと勉強がダラダラと先延ばしになってしまう可能性があり、注意が必要です。, 日頃の練習の段階でも「本番だったらどうするか」をイメージしながら問題に取り組むように心掛けましょう。, MOS試験の内容を1冊でカバーできる上に模擬問題を通じて実戦力や本番での対応力を養うことができます。, 実現不可能なスケジュールの組み方をしてしまったり、当初の予定が崩れてしまい演習が不足してしまったりすることがあります。, 普段の仕事でWordやExcelを使用することが多い人の場合も比較的独学で対策しやすいでしょう。, これらを上手く活用することで、通勤中の電車・バスの中での隙間時間を利用した勉強ができるようになります。, 動画で勉強することで操作方法もわかりやすいので、うまく活用できれば非常に効率的な勉強が可能, ケアレスミスが多い場合は練習の段階からミスをするたびに原因をしっかりと分析するべき, WordやExcelを円滑に使うことができるようになり、事務スキルの向上に直結します。. 「なるべく早くmosを取りたい!」「mosを取得したいけど、どうやって勉強したらいい?」「おすすめの参考書は?」。今回の記事ではmos資格の取得を考えているあなたに勉強のポイントや勉強時間・難易度・おすすめのテキスト・スケジュールの立て方についてお伝えします。 mosに合格するためには、独学や通信講座の利用など、様々な勉強方法があります。難易度はそこまで高くないため、パソコン初心者でも気軽に合格を目指せます。具体的な対策方法や、どのようなスケジュールを立てるべきか解説します。 MOSはExcelやWordなどの、マイクロソフトオフィスの事務ソフトを使いこなせるかどうかを測る試験です。, ほぼ全ての企業がパソコンを用いた事務作業を行っているため、MOSに合格することで自分が高い事務能力を持っていることを証明できます。, こちらの記事では、MOS試験の勉強方法や独学で合格できるのかについてなどを解説していきます!, MOS試験では他の資格試験とは形式が異なり、パソコン上で具体的なタスクをこなす形式で出題されます。, こちらの記事では、MOSの難易度や勉強方法、具体的な対策方法についてお伝えしていきます!, 試験は何種類かありますが、どの試験も概ね60%~80%の合格率で推移しているため、かなり合格率は高いでしょう。, パソコンが苦手な人であっても、しっかりと丁寧に勉強すれば学歴や年齢を問わず合格できる試験です。, 公式に合格率は公表されていないものの、MOSスペシャリストの合格率は約80%、MOSエキスパートの合格率は約60%と言われています。, また、パソコンスクールに通った場合の合格率は90~95%にまで高まると言われており、初学者でも安心して勉強を始めることができます。, パソコンスキルがほとんど無い人や、苦手意識を持っている人はパソコンスクールなどを利用して勉強すると良いでしょう。, ただし、必ずしも700点が合格基準点になるわけではなく、エキスパートレベルになると700点より低くても合格となることがあります。具体的には、500点台後半でも合格となった回があります。, 合格基準が700点以上と高めに設定されていますが、3割は間違えても合格できる試験であるため、テキストや予想問題を解く過程で重要な論点などをしっかりと押さえれば、十分に合格基準点に到達できるでしょう。, MOS合格に必要な勉強時間は、パソコンを使い慣れているかどうかや、これまでの経歴等によって個人差があります。, ただし、普段から仕事などでExcelやWordを使っている人でも、全く試験対策をせずに受験して合格するのは極めて難しいです。, その理由は、ExcelやWordの機能は非常に多く、日頃の業務ですべての機能に精通できるようになるのは稀だからです。, 一般的な業務を行う上で必要なWordやExcelのスキルを身に着けたい場合には、「MOSスペシャリスト」の受験がおすすめです。, スペシャリスト試験は難易度が低く、基本的な操作方法が問われるため初心者からでも気軽に合格を目指すことができます。, スペシャリストの場合はPowerPoint・Access・Outlookの試験も存在するため、自分がスキルを高めたいソフトの試験を選ぶと良いでしょう。, Wordスペシャリスト試験では具体的に「文書の表示の変更」「インデントの設定」「表の作成」「テキストボックスの挿入」などの機能について問われます。, ほとんどが基本的な機能と操作になりますが、使ったことがない機能も出題される可能性があります。, Excelスペシャリスト試験の場合、具体的には「テーブル」「関数」「グラフ」の機能に関する課題が出題されます。, 普段Excelをよく使っていて馴染みがある人であれば、問題なく対応できるでしょう。, 社内での文書管理、データ集計などの組織内で必要とされる作業に関するWordやExcelの高度な使用方法が問われます。, エキスパート試験では、単に事務作業をスムーズにするだけでなく、「業務そのものを改善する」という高度な内容までが問われる試験なので、しっかりと対策をしておかないと合格は難しいでしょう。, MOS試験の合格率は60~80%で、合格までに必要な勉強時間は40~80時間程度です。, 例えば、同じくパソコンについての知識も問われるITパスポート試験では、合格率が約50%で、合格に必要な勉強時間が100時間程度です。ITパスポート試験などの他の資格に比べて、MOSは難易度は低く簡単な試験と言えます。, MOSはそもそもマイクロソフトオフィスの利用能力測る試験であり、専門性を問う試験ではありません。, マイクロソフトオフィスは世界中で幅広く使われることを想定して設計されているため、MOS試験がある程度勉強すれば合格できるレベルというのは適切でしょう。, 事務職を目指す上で「パソコンスキルはありません」という状態だと困るので、ぜひ前向きに取得を目指しましょう。, MOS対策法としては、独学・パソコン教室に通学する・通信講座を受講するの3通りの勉強法が考えられます。, この中でどの勉強法を選択したとしても、合格したいMOS試験日を明確に定めて目標を設定し、短期合格を目指して勉強することが大切です。, 自分が試験を受ける日を決めておくと学習スケジュールが立てやすくなるため、オススメです。, MOSの試験には、全国一斉試験と随時試験の2つの受験形式があります。全国一斉試験は毎月1~2回・日曜日に行われ、会場はパソコン教室などです。, 一方で、随時試験は週1~2回試験を実施する教室も多く、中には毎日試験を実施している教室もあります。, 随時試験は試験の10日前まで申し込みが可能であるため、勉強の進み具合を見ながら調整することも可能です。, 随時試験を選択すればほぼ毎日でも受験が可能であるため、試験日が未定のままだと勉強がダラダラと先延ばしになってしまう可能性があり、注意が必要です。, MOS試験はスペシャリストとエキスパートという2つのレベルの試験が設定されています。, スペシャリスト試験では基本的な操作方法が問われるため、初心者からでも合格を目指すことができます。, パソコンスキルに自信が無い人やExcelなどに精通していない人は、まずスペシャリストから受験しましょう。, なお、スペシャリストの方が普段のオフィスワークではよく使うツールが主に出題されるため、実は実用的なのです。, エキスパート試験は単に作業を円滑にするだけでなく、業務そのものを改善するという思考力までが問われる試験であるため、スペシャリストよりもかなり難易度は上がります。, そのため、基本的にはMOSスペシャリストから受験するのがおすすめです。スペシャリストに合格してからステップアップとしてエキスパートの合格を目指すと良いでしょう。, 分かりやすいテキストを使うことで、効率的な学習が可能になり、短期合格に近づきます。特にMOSを独学で勉強する場合には、テキスト選びはとても重要です。, 過去に他のIT系の資格を取ったことがあるなど、パソコンやITに関する勉強をしたことがある場合には、自分に合ったテキストを選べば問題無いでしょう。, テキストを購入する際に、自分好みのレイアウトであるかなどを少し気を付ければ基本的には大丈夫です。, ただし、初学者の場合はいきなり経験者向けの難しい参考書を使うと、基本的な操作や機能等は知っている前提でテキストが進んでいくため、挫折につながってしまいます。, MOS2016とMOS2013のようにバージョンが違う試験があるため、どちらを受験するかによって選ぶテキストが異なる点も注意が必要です。, MOSはWordとExcel、スペシャリストとエキスパート、2013と2016など紛らわしい試験区分がいくつも存在します。, そのため、自分が受験する試験を事前に確認し、間違いがないようにテキストを購入しましょう。, 資格試験の勉強をする際には、できるだけ同じシリーズの教材で統一するようにしましょう。, 同じシリーズの教材を使うことでそのテキストの特徴や構成を把握した状態で勉強ができるため、バラバラのシリーズの教材を使うよりもかなり効率が良くなります。, また、異なるシリーズの教材を使うと内容に重複や漏れが生じたり、それぞれの教材で説明の仕方が違うことが原因で、一度理解したはずの内容でも混乱してしまう恐れがあります。, 初学者の場合やじっくりと基礎を固めたい人の場合は、1週間以上かけてテキストを読んでも良いでしょう。, この際、できれば練習問題付きのテキストを使用して、練習問題を解きながら読み進めましょう。こうすることで、テキストの内容を理解できているか確認しながら学習が進められるため効率的です。, テキストの読み込みと問題に触れることを並行して進めれば、インプットとアウトプットが同時に行えるため理解度が高まるのです。, また、テキストを初めて読む段階では当然分からないところが出てきます。序盤は分からない論点と遭遇してもあまり気にせずに読み進めるようにしてください。, 最初の段階ですべてを理解する必要はなく、全体像や基本的な操作を理解することを心がけるべきです。, 2周目以降にじっくりと読み込むことで細かな部分の理解も自然と追いついてくるため、不安に思う必要はありません。, テキストの分からなかった箇所を中心に3回以上は繰り返し読み、目立った疑問点などがなくなった段階で演習に着手すると良いでしょう。, 勉強の初期に毎日勉強することを習慣化できると、その後もストレスなく勉強していけるでしょう。, MOS試験では、コンピュータにより同一レベルの違う試験問題が受験者にランダムに割り振られているからです。, そのため、アウトプットをこなすためには過去問に類似した模擬体験テキスト等を使用して実践的な問題に数多く触れることが重要です。 MOSエキスパート資格の難易度はどれくらいなのか気になりますね。この記事では、MOSエキスパート資格の難易度や合格率・偏差値からExcelについて紹介していきます。人気のあるMOSエキスパートを項目ごとに解説します。 mos試験について・・・何%くらいの正解率で合格しますか? ワード、エクセルのMOS試験を受けるつもりです。 FOM出版の模擬問題集をしていますが、正解率は85から90くらいです。 このくらいだと合 … しかしながら、mos公式では合格率を公開していません。 mosの講座を開講している資格スクールやパソコンスクールでは、おおよそ合格率は7割~9割といわれています。充分に事前準備をして臨めば、決して難しい試験ではないとみてよいでしょう。 MOSのSpecialistとExpert2冊とも購入して、通して読んでやってみました! MOS試験がどうしてクソかって? いやあ、模擬試験をやってみればわかります。今から解説していきますね! 英語学習などの私のTwitterは@toeicscoreup123 MOS試験とは Micro OfficeのWord、Excelをはじめとする使用法の習得した … MOS試験は人気のある資格ですが、エキスパートがどれくらい難しいのかまたどれくらい勉強する必要があるのかこれから勉強する方にとっては気になるところです。, この記事では、MOSエキスパート資格について難易度や合格率・偏差値・独学が可能なのかについて解説していきます。, MOSエキスパート資格の難易度は、他の資格と比べると決して高くはありません。一見難しそうに感じますが、MOSエキスパート資格の合格率は約60%になっています。, また、試験の回数も月一回以上あり合格する機会が多いのです。仮に試験に一度不合格だったとしても勉強し直す事で、すぐに受験が可能です。試験への高いモチベーションを保ったまま、次の試験に臨めます。, MOSエキスパート資格の受験対策として、パソコン教室や通信講座も存在します。自分の生活スタイルに合った勉強方法を見つけて、しっかりと対策をしていけば合格する事ができます。, MOS試験はWordとExcelなど5科目があり、必要な科目を選んで受ける事ができます。自らの必要に応じて受験の科目を選べるため、対策がしやすくなってるのです。, 試験科目が5科目ある中で、WordとExcelはスペシャリストとエキスパートに分かれています。, まず、スペシャリストのWordとExcelは基本的な技能ができる一般レベルです。続いて、エキスパートのWordとExcelはスペシャリストよりも高度な技能ができる上級レベルになっています。, エキスパートWordはバージョンごとに「2016エキスパート」・「2013エキスパートPart1」・「2013エキスパートPart2」・「2010エキスパート」と分かれています。, このレベルは、文章の校閲・書式設定・コメント機能など高度な機能を使えるようになっていなければなりません。単純な作業ではなく高度な技能が必要となるため、一定の知識が求められます。, エキスパートExcelはバージョンごとに「2016エキスパート」・「2013エキスパートPart1」・「2013エキスパートPart2」・「2010エキスパート」に分かれています。, このレベルは、複数のデータ管理・高度な関数などの機能を使ったグラフ作成します。効率的なアプリケーションが使える事が求められるため、一定の勉強が必要になるでしょう。, MOS試験の受験資格は特に制限はありません。つまり、年齢・国籍を問わず誰でも受験する事が可能です。, 未成年の方が受ける時は、保護者の同意を得て申込みをしましょう。また、2回目以降の受験の場合はルールが存在します。, 受験者が再受験する際のルールとして、同じ科目を2回目に受験する場合は前回の受験から24時間(1日間)の経過が必要です。, 3回目以降の受験は、前回の試験を受けてから48時間(2日間)の経過が必要になります。不合格が続いた時は早く受験したい気持ちもわかりますが、十分に時間を置いて不安点を改善してから再受験しましょう。, MOS試験のエキスパートは、偏差値が50程度になっています。この数値から偏差値としては、そこまで高くない事が分かります。計画的に試験勉強を行えば、合格する事は十分可能です。, ただし、偏差値が低いからといってMOSエキスパートの取得が無意味になると言う訳ではありません。マイクロソフトのオフィスは誰でも利用可能な設計であるので、試験のレベルも必然的に高くはならないのです。そのため、誰でも勉強すれば合格できる試験となっています。, 試験勉強をコツコツと行っていく事は、合格への近道になっています。MOS試験のエキスパートに合格出来れば、自らの知識・技能に自信もつきますので、積極的に受験しましょう。, 上記では、MOSエキスパート試験の難易度やWordとExcelについて説明してきました。WordとExcelはバージョンごとに分かれており、ご自身に必要な試験を選択するようになります。, MOSエキスパート試験は、決して難しいわけではありません。しっかりと勉強を行っていけば、誰でも試験に合格する事が可能です。試験の合格を目指す人は、日々の積み重ねが大事になっていきます。, ここからは、MOSエキスパート試験の合格率・合格点について解説していきましょう。試験の合格率や合格点を知るのは、試験対策で必要な事です。ご自身が受験する試験について、正しく理解していきましょう。, MOSエキスパート試験の合格率については、正式に公表されていません。しかし、MOSエキスパート試験の合格率は約60%になるようです。, もし、パソコンスクールに通った場合はMOSエキスパート試験の合格率が約90~95%まで高まるといわれています。, MOS試験の受験数は2020年2月の時点で、440万人を超えています。その中で、MOS試験の2016エキスパートは300万人以上が合格しています。, 合格者数は他の資格試験に比べるとかなり多くなっており、難易度が高くない事を表しているのです。, 受験者が合格率を上げる方法として、「計画的に行い、問題を反復する」・「