Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you! Accelerating the pace of engineering and science, MathWorksはエンジニアや研究者向け数値解析ソフトウェアのリーディングカンパニーです。, 'right-justify: %12.2f\nleft-justify: %-12.2f', 'Pad with spaces: %12.2f\nPad with zeroes: %012.2f'. G %g と同様で、大文字 E を使用。. Accelerating the pace of engineering and science. 例: %tx は pi を 40490fdb と出力します, formatSpec では、パーセント記号 % の前や、変換文字の後に追加のテキストを含めることができます。次のテキストを追加できます。, 通常のテキストとして入力できない特殊文字。次の表では、formatSpec で特殊文字を表す方法を説明します。, 数値のテキスト変換など、データに適さない変換を指定すると、MATLAB は指定した変換をオーバーライドし、%e を使用します。, 整数値にテキスト変換 (%c または %s) を適用する場合、MATLAB は有効な文字コードに対応する値を文字に変換します。, 数値配列または文字配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定されます。, データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char, fprintf が書き込むバイト数。スカラーとして返されます。nbytes は、ファイルへの書き込み時、文字エンコードによって決まります。nbytes は、画面へのデータの出力時、画面に表示される文字数です。, 関数 sscanf および fscanf の読み取りに対する書式指定子は、関数 sprintf および fprintf の書き込み用の形式とは異なります。読み取り関数は精度フィールドをサポートしません。幅フィールドは、書き込み用には最小値を、読み取り用には最大値を指定します。.

0000000891 00000 n Based on your location, we recommend that you select: . テキストを右揃えします。 Choose a web site to get translated content where available and see local events and offers. MATLAB 7.0(R14) から文字コードの扱いが変更され、Unicode対応となりました。このため、Shift_JISキャラクタ(日本語文字)等のUnicode以外の文字コードを含むファイルを読み込んで表示する場合などに、文字化けが発生します。, MATLAB 7.0(R14)以降で、正しい日本語文字列として認識するためには、以下のようにnative2unicode関数を使用します。, native2unicodeは、Shift_JISキャラクタをUnicodeキャラクタに変換します。, native2unicode関数の詳細につきましては、下記コマンドによりヘルプドキュメントをご参照ください。, 上記例のsscanfの他にも、fgetlやfgets、fscanf等、native2unicodeによって、明示的にUnicodeへ変換しない場合に文字化けが発生する関数があります。この場合には、以下のように FOPEN コマンド実行時に、ファイルエンコーディングを指定することで回避できる場合があります。, You may receive emails, depending on your.
4 Linuxにてテキストファイル出力の文字コード 5 全角文字の符号化(半角文字では正常動作しました) 6 C#でボタンのテキストに全角文字を表示する方法。 7 fwprintf()について 8 テキストファイルから読み込んだ文字が文字化けします。

ファイルの読み取りに Microsoft ® メモ帳 を使用する場合、改行には '\n' の代わりに '\r\n' を使用します。 たとえば、fprintf への呼び出しを以下のように置き換えます。 Other MathWorks country sites are not optimized for visits from your location.

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。, データをテキストに変換して書式を制御するには、"書式演算子" を、num2str や sprintf などの一般的な変換関数とともに使用できます。これらの演算子は、表記、配置、有効桁数などを制御します。C プログラミング言語で関数 printf が使用する演算子と類似しています。書式設定されたテキストの一般的な用途には、表示ファイルや出力ファイルのテキストが含まれます。, たとえば、%f は、固定小数点表記を使用して、浮動小数点値をテキストに変換します。演算子に情報を追加して書式を調整します。たとえば、小数点以下 2 桁を表す %.2f や、出力が 12 文字で、必要に応じて空白でパディングすることを表す %12f などです。, "書式指定子" で、演算子を通常のテキストや特殊文字と組み合わせることができます。たとえば、\n は改行文字を挿入します。, 書式演算子をサポートする関数は、compose、num2str、sprintf、fprintf と、エラー処理関数 assert、error、warning および MException です。, 図に示すように、書式演算子は 6 つのフィールドをもつことができます。右から左の順に、変換文字、サブタイプ、精度、フィールド幅、フラグ、数値識別子のフィールドです (演算子では空白文字は許可されていません。ここでは、図を理解しやすくするためにスペースを使用しています)。変換文字が唯一の必須フィールドで、先頭に % 文字を付ける必要があります。, 変換 文字は、出力の表記法を指定します。変換文字は 1 文字で構成され、書式指定子の最後に配置されます。, たとえば、数値 46 を、さまざまな変換文字を使用して書式設定し、数値を 10 進数、固定小数点、指数、16 進数の各書式で表示します。, サブタイプ フィールドは、変換文字の直前にあるアルファベット 1 文字です。サブタイプ フィールドがない場合、変換文字 %o、%x、%X および %u は、入力データを整数として扱います。入力データを浮動小数点値として扱い、8 進数、10 進数、16 進数のいずれかの表現に変換するには、次のいずれかのサブタイプ指定子を使用します。, 入力データが符号なし整数ではなく倍精度の浮動小数点値の場合。たとえば、倍精度値を 16 進数で出力するには、%bx のような形式を使用します。, 書式演算子の精度フィールドはピリオドの直後に続く非負の整数です。たとえば、演算子 %7.3f では、精度は 3 です。%g 演算子の場合、精度は表示する有効桁数を示します。%f、%e、%E の各演算子については、精度は小数点の右側に表示する桁数を示します。, 入力テキストの書式演算子 (たとえば %s 演算子) で精度を指定できますが、通常はそうする理由はありません。精度を p と指定し、p が入力テキストの文字数より小さい場合、出力には最初の p 個の文字のみが含まれます。, 書式演算子のフィールド幅は、入力値を書式設定するときに出力の桁数または文字数を指定する非負の整数です。たとえば、演算子 %7.3f では、フィールド幅は 7 です。, 別のフィールド幅を指定します。各出力の幅を表示するには、| 文字を使用します。既定では、フィールド幅が文字数より大きい場合、出力テキストは空白文字でパディングされます。, テキスト入力で使用する場合、フィールド幅によって、出力テキストに空白をパディングするかどうかを決定できます。フィールド幅が入力テキスト内の文字数以下の場合は、変化はありません。, オプションのフラグは、出力テキストの追加の書式設定を制御します。次の表で、フラグとして使用できる文字について説明します。, 数値の場合は、常に先頭の符号文字 (+ または -) を表示します。 MATLAB 7.0(R14) から文字コードの扱いが変更され、Unicode対応となりました。このため、Shift_JISキャラクタ(日本語文字)等のUnicode以外の文字コードを含むファイルを読み込んで表示する場合などに、文字化けが発生します。
Language C,” ANSI, 1430 Broadway, New York, NY 10018. formatSpec では、16 進数は [0 7F]、8 進数は [0 177] の範囲になければなりません。, fileID が定数値 1 または 2 がもち、外部呼び出しができない場合、コード ジェネレーターは C 言語の printf 呼び出しを生成します。外部呼び出しが無効になっている場合、または fprintf が parfor ループ内で呼び出された場合に外部呼び出しができません。, 次のような場合、生成されたコードでの fprintf の動作は、MATLAB の動作ではなく C コンパイラの動作と一致します。, サブタイプを使用した、浮動小数点数の 8 進数、10 進数または 16 進数の値としての出力。, 書式指定子 %s を指定して fprintf を呼び出す場合は、入力文字ベクトルの途中に null 文字を含めることはできません。null 文字を書き込むには、fprintf(fid, '%c',