ExcelのMac版とWindows版、それぞれの特徴と違い リボン. 4-1.繋がったセル範囲を掛け算する場合 =product(a3:c3) この様に、掛けたいセル範囲の左上と右下の番地を「:」(コロン記号)で区切って指定します。上記の場合、a3セル、b3セル、c3セルの3つのセルが掛け算の対象です。 4-2.離れたセルを掛け算する場合 表計算ソフトであるExcelで使える計算はさまざまですが、今回はその中でももっとも基本的な四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)や関数についてご紹介します。Mac版でもあまり操作は変わりませんが、自身の環境と照らし合わせながら確認していきましょう。, 【1】計算結果を表示したいセルをダブルクリックし、「=(半角イコール)」に続けて、計算したいセルをクリックし「+」でつないで計算式を作ります。, ※「=」→「りんごの個数のセルをクリック」→「+」→「バナナの個数をクリック」→…と進んでいきますが、「D3」「D4」と、セルの場所を直接入力しても構いません。※セルの場所は、以下のように確認します。, 【1】足し算同様に、「=」→「引かれるセル」→「-」→「引くセル」と入力し、「enter」キーまたはチェックマークをクリックします。, 算数では「×」の記号を使っていましたが、Excelでは「*(半角アスタリスク)」の記号を使います。それ以外の入力方法は、足し算・引き算と同じです。, 【1】計算結果を表示したいセルに、「=」→「かけられるセル」→「*」→「かけるセル」と入力し、「enter」キーまたはチェックマークをクリックします。, 算数では「÷」の記号を使っていましたが、Excelでは「/(半角スラッシュ)」の記号を使います。それ以外の入力方法は、足し算・引き算と同じです。, 【1】計算結果を表示したいセルに、「=」→「割られるセル」→「/」→「割るセル」と入力し、「enter」キーまたはチェックマークをクリックします。, Excelで計算するとき、数値の書いてあるセルの場所を入力することを「参照する」といいます。, あるセルに入力した数式を、別のセルにコピーしたとき、コピーする場所に応じて参照するセルの場所を変化させるのを「相対参照」といいます。, このように、計算結果を表示するセル「E3」から見て、「左に2列進んだセル」と「左に1列進んだセル」を掛け合わせる、という数式を下にコピーします。コピー&ペーストでもできますが、計算結果セル、この場合は「E3」の右下の角をクリックしてドラッグすると自動的にコピーされます。これをオートフィルといいます。, すると、以下のように自動的に「C3*D3」から「C4*D4」に1つずれます。これが「相対参照」です。, 【1】通常通り数式を入力し、絶対参照にしたいセル番号(今回はF4)にカーソルを合わせたまま「command+T」キーを押します。, 【3】オートフィル機能で下にドラッグしても、絶対参照のセル(F4)は変わりません。, Excelで使う数式のことを「関数」と呼びます。簡単な四則演算では1つ1つ上記の方法で入力してもいいのですが、大量のデータを一度に足したい、平均を出したい、最大値や最小値を調べたい、などという場合には、1つ1つセルを入力していくのは大変です。, 「SUM」とは英語で「和」のことで、つまり合計を計算できるのが「SUM関数」です。では、具体的に入力していきましょう。, 【1】計算結果を表示したいセルに「=」→「SUM」と入力します。すると、関数の候補が表示されるので、「SUM」を選択します。, 【2】合計したいセルをドラッグで選択し、「)」で式を閉じます。「:(半角コロン)」マークは、日本語の「から」と同じ意味で、下記の式は「D3からD7セルまでをSUMします」という意味になります。, 【3】「enter」キーまたは、数式バー横のチェックマークをクリックすると計算結果が表示されます。, 「AVERAGE」は、英語で「平均」という意味で、そのまま「平均値を出す」関数です。, 【1】計算結果を表示したいセルに「=」→「AVERAGE」と入力します。すると、関数の候補が表示されるので、「AVERAGE」を選択します。, ※画像のように、途中まで入力した時点で関数が表示されれば、そこで選択してしまって構いません。, 【2】範囲を入力し、式を閉じます。「enter」キーまたはチェックマークをクリックすると、計算結果が表示されます。, 基本的な四則演算は、Excelで簡単に計算できます。ただし「掛け算」「割り算」は算数と記号が異なることに注意しましょう。記号はwindows版でもMac版でも同じなので、迷うことは少ないでしょう。, SUMやAVARAGEなどの関数を使えると、さらに楽に素早くデータ処理が行えますよ。多くの関数があるので、使えるものを増やしていくと、手入力の手間を大幅に減らしていけるでしょう。, Vol.8 「好きだった人をネット検索するのが辞められない」奥手がゆえの悲しいサガ【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】, 【オンライン公開取材】大学生から投資を始めたら資産1億円って突破する! ?~野村ホールディングス 酒井さんに聞いてみよう, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #大学生の社会見学, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #. Microsoft Excelには「 リボン 」というメニュー形式が採用されています。 このリボンはWindows版とMac エクセルで掛け算(乗算)をする3つの方法をご紹介しています。アスタリスクや関数を使用して掛け算をしてみましょう。また掛け算の応用として列でまとめて掛け算したり、掛け算した結果を合計する方法まで幅広く網羅しています。 かっこが最優先、その次に掛け算割り算が優先となります。 【かっこの入力】 15になります。 2.四則演算の計算式の変更. Excelの計算の基本まずは、Mac版での基本的な四則演算の入力方法から見ていきましょう。足し算足し算で使う記号は、算数と同じ「+」です。【1】計算結果を表示したいセルをダブルクリックし、「=(半角イコール)」に続けて、計算したいセルをクリックし「+」でつないで計算式を作り … エクセルの掛け算は2つのセルだけではなく2つ以上であればいくつでも掛け算を行うことが可能です。 3つのセルの値を掛け算したい場合はこのように書きます。 「=f3*f4*f5」 指定した範囲の数字をすべて掛け算してくれるproduct. Excel(エクセル)では、掛け算・割り算・引き算・足し算の操作方法は同じなので、このセリフで覚えれば、計算の基本はバッチリ!初心者さんも安心の豊富な図解で解説! 問題. Mac版エクセルを手に入れる費用と手順 ※ここでご紹介している価格は、2016年6月30日現在のものであることをあらかじめご了承ください. ExcelのMac版とWindows版、それぞれの特徴と違い リボン. ート バリアント, 嫌いな美容系 ユーチュー バー, スパイラルパーマ コテ 何ミリ, タロット スプレッド オリジナル, エビスビール記念館 グッズ 通販. 4位 Macでエクセルを使うには? インストールの手順について紹介 ; 5位 Excelで複数の行や列を固定したい。連なった複数のウィンドウ枠... ピックアップ [PR] 研修で教えてくれないニオイ対策!先輩たちの失敗談から学... 新生活のスタートに華やかなお守りを!おすすめお仕事アイテム. Excelで掛け算(乗算)をする方法は複数あります。算術演算子の「*」(アスタリスク)を使用して掛け算することもできますが、関数を使って掛け算することもできます。, 掛け算の応用として列でまとめて掛け算したり、掛け算した結果を合計する方法まで幅広く網羅しています。, Excelで四則演算として掛け算(乗算)をする場合は、算術演算子の「*」(アスタリスク)という記号を使います。, 四則演算とは、足し算・引き算・掛け算・割り算のことです。Excelでは「数式バー」に算術演算子を入力することで四則演算ができます。詳しくは以下の記事でご紹介しています。, D3セルとE3セルを掛け算します。掛け算した結果を表示したい【セル(例ではF3セル)】を選択し、『=D3』と入力します。イコールを入力した後に「D3」と入力する代わりにD3セルを選択することでも同様です。, 「=D3*」に続いて『E3』と入力します。入力する代わりにE3セルを選択することでも同様です。, F3セルにD3セルとE3セルを掛け算した結果が「98」と表示されました。F3セルの右下をF9セルまでドラッグします。, D列とE列の掛け算の結果がF列に表示されました。「*」(アスタリスク)を使うことで簡単に掛け算ができます。, 関数でも掛け算を計算することができます。まずはPRODUCT関数を使った掛け算のやり方を説明します。, PRODUCT(プロダクト)関数は、引数の積を返します。書式は「=PRODUCT(数値1,数値2,…)」のように記述します。, D3セルとE3セルを掛け算します。掛け算した結果を表示したい【セル(例ではF3セル)】を選択し、『=PRODUCT(』と関数名を入力します。, 「=PRODUCT(」に続き『D3,』と入力します。もしくはD3セルを選択しても同様です。, 「=PRODUCT(D3,」に続き『E3)』と入力します。もしくはE3セルを選択しても同様です。最後にEnterを押します。, PRODUCT関数を使ってF3セルにD3セルとE3セルを掛け算した結果が「98」と表示されました。, SUMPRODUCT(サムプロダクト)関数は、範囲または配列に対応する要素の積を合計した結果を返します。書式は「=SUMPRODUCT(配列,配列2,…)」のように記述します。, D3セルとE3セルを掛け算します。掛け算した結果を表示したい【セル(例ではF3セル)】を選択し、『=SUMPRODUCT(』と関数名を入力します。, 「=SUMPRODUCT(」に続き『D3,』と入力します。もしくはD3セルを選択しても同様です。, 「=SUMPRODUCT(D3,」に続き『E3)』と入力します。もしくはE3セルを選択しても同様です。最後にEnterを押します。, SUMPRODUCT関数を使ってF3セルにD3セルとE3セルを掛け算した結果が「98」と表示されました。, D3セルとH2セルを掛け算します。掛け算した結果を表示したい【セル(例ではE3セル)】を選択し、『=D3』と入力します。, 「=D3」に続いて『*H2』と入力します。このまま結果を表示させるとE3セルには正しい結果が表示されますが、オートフィルでコピーした際にH2セルがズレてしまいます。, F4を押すと、「H2」が「$H$2」に変更されます。Enterを押して確定します。, D3セルとH2セルの掛け算の結果がE3セルに「9.8」と表示されました。E3セルの右下をE9セルまでドラッグしてオートフィルでコピーします。, H2セルを絶対参照で固定してD列と掛け算した結果をE列に表示することができました。, 列でまとめて掛け算をする方法です。バナナ、みかん、りんごの売上を一括で計算する方法です。, 売上が「3332」と算出されました。セルの右下にある赤枠の四角は「フィルハンドル」と言います。こちらを【ダブルクリック】してみましょう。, すると、E4とE5セルが自動で計算されました。縦の列だけでなく、横の行の計算も同様にできるのでぜひ試してみましょう。, 掛け算した結果を合計するにはSUMPRODUCT関数を使うと便利です。1つの数式だけで複数行、複数列の掛け算の結果を合計することができます。, D3からD9セルまでの範囲をドラッグして選択するか、「=SUMPRODUCT(」に続いて『D3:D9,』と入力します。, E3からE9セルまでの範囲をドラッグして選択するか、「=SUMPRODUCT(D3:D9,」に続いて『E3:E9)』と入力します。最後に数式を確定するためにEnterを押します。, SUMPRODUCT関数を使って掛け算した結果を合計した値をF10セルに表示させることができました。, 掛け算した結果を切り捨て、切り上げ、四捨五入するにはそれぞれ便利な関数があります。下記の記事で関数の使い方をご紹介しています。, 通常、ブック内の数式は自動で再計算されます。ただし数式が多い場合、ブックが重くなってしまうという理由で計算方法を手動に変更している場合があります。, もし数式が更新されないという場合は再計算をしてみましょう。以下の記事では再計算するショートカットキーをご紹介しています。, Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術. 1.【基礎編】エクセルの掛け算の記号. Mac版エクセルを手に入れる費用と手順 ※ここでご紹介している価格は、2016年6月30日現在のものであることをあらかじめご了承ください. エクセルでの割り算と掛け算のやり方について、四捨五入・切り上げ・切り下げの「round関数」や、あまりを求める「mod関数」まで、エクセル初心者向けに図を用いて計算方法をわかりやすく網羅的に解 … さきほどの計算式を修正することによって、次の計算結果を表示しなさい。 セルc1 7+5; セルc2 12-4; セルc3 8×3; セルc4 24÷2