iPhone/iPad で、アクセスを許可するWebサイト(コンテンツ)を設定する方法を紹介します。 デフォルトでは、「無制限アクセス」に設定されていますが「コンテンツを制限」したり「指定したWebサイトのみ」にアクセスを許可することもできるので、ここではその設定方法をみていきます。 Unknown_Alto への返信, なら、常に許可でアプリとして表示されるはずです。 ただし、そのアプリの名前は意味不明な文字列であるようです。, 2019/07/27 13:29 onesize への返信 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。, スクリーンタイムで、safariを常に許可したいのですが、どこを見てもsafariが見当たらないです。, 再起動など試しましたが改善されないため、おそらくはバグか仕様なのかな?と思っていますが、皆さんはどう思いますでしょうか?, 一応根拠としては、safariでホームページをホーム画面上に設置するブックマークのようなものが、アプリアイコンが削除されたアプリと同じ状態になっていることです。, 解決策を発見された方や試された方はぜひ、回答いただけたらと思います。よろしくお願いします。, iPhone 7,

Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved. iPadに付属するアクセサリ. お子様のデバイスについては、そのデバイスで直接スクリーンタイムを有効にし、設定するか、ファミリー共有を使って、保護者のデバイスからお子様のデバイスを構成できます。お子様のデバイスを設定した後も、ファミリー共有を使って、保護者のデバイスから直接レポートを確認し、設定を調整できます。 Q: スクリーンタイムを使えば、iPhone、iPad、iPod touch でどのように時間を費やしているのかリアルタイムでまとめたレポートを確認し、管理しておきたいものについては制限を設けることができます。, スクリーンタイムを使えば、自分や子どもが App、Web サイトなどに、どの程度の時間を費やしているのかを把握できます。そのため、デバイスの使い方について判断する材料が増え、必要に応じて制限を設けることができます。以降では、スクリーンタイムを有効にする方法、レポートの表示方法や制限の設定方法、お子様のデバイスを管理する方法をご案内します。, これで、デバイス、App、Web サイトの利用状況をまとめたレポートをいつでも確認できるようになります。 実際、スクリーンタイムのレポートから、Webサイト(ドメイン)単位で使用時間の制限を設定することができます。 Webブラウザベースの通信教育を受講している(推奨環境はSafariのみ)のですが、ほかのAppは使用時間帯を限定したいのです。 App カテゴリの 1 日あたりの使用時間に制限を設けることができます。たとえば、勤務時間帯は「仕事効率化」の App を表示できても、「SNS」や「ゲーム」は使えないようにしておけます。「App 使用時間の制限」は毎晩午前 0 時にリセットされ、いつでも解除できます。, 通信/通話の制限 スクリーンタイムではYouTubeの利用に制限を設けられるのですが、制限がかかってもYoutubeの動画を視聴する方法があります。それがSafariとiMessageを使った方法です。Safariの場合はアプリを立ち上げYoutubeを検索して好きな動画を視聴するという流れになります。 iOSで、Safariまたは特定のWebサイト(ドメイン)を、スクリーンタイムの休止時間でも常に許可したい

iPhone   iPad   Mac   Apple Watch   Apple ID   Apple Pay   Apple TV   iCloud   Homepod   写真  ミュージック, 世界で最も先を行くデスクトップ OS のパワーと美しさを、次のレベルへ。macOS Big Sur の登場です。この機会にアップデートして macOS Big Sur フォーラムディスカッションにご参加ください。, しばらく返答が寄せられていないようです。 iPhone   iPad   Mac   Apple Watch   Apple ID   Apple Pay   Apple TV   iCloud   Homepod   写真  ミュージック, 世界で最も先を行くデスクトップ OS のパワーと美しさを、次のレベルへ。macOS Big Sur の登場です。この機会にアップデートして macOS Big Sur フォーラムディスカッションにご参加ください。, しばらく返答が寄せられていないようです。 Apple Pay. iPadやiPhoneなどのSafariでWebアプリを表示させた際にデバッグをしたい、ということがあると思います。 Safariには「Webインスペクタ」という開発者ツールが準備されており、このツールを使うことでMacからデバッグを行うことができます。 App、App Clip、SafariでApple Payを使用する. 自分のデバイスの使用状況レポートを見る. Safari App でタブを使用すると、開いている複数のWebページ間を移動できます。, リンクをタッチして押さえたままにしてから、「新規タブで開く」をタップします。または、2本指でリンクをタップします。, リンクを新しいタブで開いたときに、新しいタブに自動的に切り替わるようにするには、「設定」  >「Safari」>「リンクを開く」と選択し、「バックグラウンド」をタップします。. Unknown_Alto への返信, 確かに休止時間中でもSafari、ホーム画面に追加したWebサイト、時計(Safari同様常に許可する事はできないが休止時間中でも使用可能)は、グレーアウトする事はありませんね。, そして、ホーム画面に追加したWebサイトをタップした際の反応もバグを思わせる反応です。, しかし、これがバグであるのかSafariの一部の機能を使っているのかの確認がとれなければバグと断定するには早いと考えます。, 私にとっては実害がないので、これ以上の動作確認はするつもりがありませんが、もしバグの可能性を考えているのであれば、相応の確認作業が必要になりますので、サポートに連絡してバグなのか仕様なのかの確認をされたほうがスッキリすると思われます。, 2019/07/27 22:25 onesize への返信 Q: 「これは自分用の [デバイス] です」または「これは子供用の [デバイス] です」を選択します。, 「スクリーンタイム・パスコードを使用」を選択し、入力画面にパスコードを入力します。確認のため、パスコードをもう一度入力してください。, Apple ID とパスワードを入力します。スクリーンタイムのパスコードを忘れた場合は、この情報を使ってパスコードをリセットできます。. 古い端末にはiOS12がそもそも入れられない! 具体的にはウチの場合、 末っ子が使っている僕のお古、 昔の新しいアイパッド以前の端末。 公式には第五世代アイパッド、 アイパッドミニ2より前の端末。 アイフォンは5sまで対応しているそう。 iOS12って古い端末がサクサク動くのが 特徴じゃなかったっけ? それが動かないような機種は最初から対象外ってか。 無念。 iPhoneやiPadの機能の1つ「スクリーンタイム」には利用者がアクセス・閲覧できるウェブサイトを制限する機能があります。, その中に「成人向けWebサイトを制限」というのがあるのですが、具体的にはどういったウェブサイトにアクセスできないのでしょうか。, 設定方法を紹介するページは多いのですが、具体的にどのページが表示されないのか、どんな風に表示されるのかわからなかったので調べてみました。, 子供にiPhoneやiPadを渡すとき、ウェブサイトの閲覧をどうコントロールするのが良いか、すごく難しいです。, 「◯◯はダメ」と口頭で伝えても、ウェブサイトの数は無限にあるので、1つ1つを見張ることはできません。, AppleはiPhoneやiPad、Macの機能として子供に渡す端末の閲覧を制御できる機能を提供しています。その機能のなかに「成人向けWebサイトを制限」というのがあります。, これまで使ったことがなかったのですが、娘が5歳になって文字を読んだり入力できるようになって、そろそろ閲覧制限を掛けた良さそうだったので、「成人向けWebサイトを制限」がどんなものなのか実際に使ってみました。, まずウェブサイトへのアクセス制限を掛けた際、検索結果にどう影響するのか調べてみました。, 制限を掛けた状態では、Safariを使ってGoogleやBingで検索するとセーフサーチがオンになり、検索結果にはその某AV動画サイトは表示されませんでした。, ところが子供に人気の「ポケモン」は検索結果がゼロにすらならず、それ以前の「アクセス拒否」状態になります。, この「ポケモンは検索すらさせない」という強硬な姿勢は、ポケモン図鑑 https://zukan.pokemon.co.jp/ などポケモン関連の多くのサイトも表示させません。ちなみに「Pokemon」は検索できるし、ウェブサイトも表示されます。, 他にもランダムでいくつかウェブサイトにアクセスしてみましたが、下記のページにはアクセスできませんでした。, どこまで制限を掛けるのか?にもよりますが、Appleが提供する「大人向けWebサイトを制限」を子供のiPhoneやiPad、Macに使うのはあまりお勧めできません。, そもそもなのですが、フィルタがイマイチです。ポケモンを閉め出してみたかと思えば、他のアニメはほぼすべてOKだったり、現実に即したフィルタではないように思えました, よくあるコミックサイトのちょっと大人な雰囲気の広告とか出ていたので、子供に見せたくない」という方にはAppleの「大人向けWebサイトの制限」はお勧めできません。, すべてのウェブサイトではありませんが、試しに海外の有名な某AV動画サイトのアドレス(URL)を直接入力したところ、こちらも何の問題もなく表示されました。, アドレスによっては表示されないこともあるので「常に表示される」わけではなく、表示されることもある程度なのかもしれませんが、やはりその精度は疑問です。, ここが一番大きいかもしれません。この機能はSafari以外で機能しません。そのため、Chromeなど他社製のブラウザやアプリ内ブラウザで表示されたら、フィルタは機能しません。.