runmqlsr リスナー MQSCコマンドを利用して設定対象のプロパティーを変更します。, アカウンティング情報と統計情報はキューに出力されるため、そのままで見ることはできません。サンプル・プログラムのamqsmonを使用して内容をフォーマットして出力することができます。, 例)キューマネジャーQM1についてのアカウンティング情報を出力。メッセージはキューから消さない。 amqsmon -b -m QM1 -t accounting, 例)キューマネジャーQM1についての統計情報を出力。メッセージはキューから消さない。 amqsmon -b -m QM1 -t statistics, 問題解決に限りませんが、正しい設定や機能の理解を深めるためにもマニュアルは必要です。製品にもドキュメンテーション・パッケージが含まれておりますので、お手持ちのPCに導入して参照することもできますが、外部WebでもMQ V7インフォメーション・センターとしてマニュアルを公開しております。左ナビの先頭にあるWebSpere MQタイトルをクリックすると、MQで提供されているマニュアル一覧が表示されますので、そこから読みたいマニュアルを選択していきます。, また、この「MQ設計虎の巻」の掲載されている、developerWorks JapanのMQコーナーでもいろいろなMQ関連の記事が公開されています。, 正規のMQのライセンスをお持ちであり、かつメンテナンス契約(ソフトウェア・サブスクリプション&サポートといいます)がその時点で有効なものをお持ちであるお客様は、MQについてのテクニカルQAや障害に関する問い合わせや報告をIBMのサポート・センターに対して行うことができます。(古いバージョンでは、製品としてのサポートが切れている場合もあるのでご注意ください。)お問い合わせにはサポートIDが必要です。, i-LearningでMQのi-Learing研修を用意しています。(有料) MQの設定やプログラミングの基本を一から学習したい場合にお奨めです。, 無料で利用できる問題解決の方法としては、WebでのMQナレッジ・ベースの検索があります。, 日本語でのソフトウェア技術検索メニューもありますが、無料で最もMQでの問題解決の可能性の高い方法は、MQの開発元のハーズレー(イギリス)で提供している、MQのサポートWebを検索することです。英語の壁という問題がありますが、世界中から集まってくるMQの障害に対する修正報告や、開発元からのヒント&チップスがここに集められてきますので、一番早く問題が解決する可能性があります。, 英語で検索するのに慣れていない方は、まずはMQでのメッセージ番号やバージョン、プラットフォームの名前(RHEL, AIX, HP-UX等)、理由コード、APIや機能の名前(MQGET等)など検索結果を絞り込めるようなキーワードを指定してみましょう。, 検索キーワードはブランクを間にはさんで並べるとAND条件で検索してくれます。 amqzmgr0 外部プロセス (V7) 実行するコールバックがこれ以上ない場合に Node.js はイベントループから抜けます。 スレッドベースのネットワーキングは比較的非効率であり、使うのはとても困難です。

Node.js はランタイムコンストラクタの替わりにライブラリとしてイベントループを提供し、さらに小さなイベントモデルを持ちます。 MQエクスプローラーを使用して、MQトレースを開始するには、ルートのトップの「IBM WebSphere MQ」を右クリックして、「トレース」を選択します。, 「開始」ボタンをクリックします。トレースを終了するには「終了」ボタンをクリックします。MQ Explorerではトレースの細かいオプションは指定できません。コンポーネントを選択するためにはコマンド・インターフェースを使います。, Windows, Linux, UNIX系のプラットフォームでは、トレースの開始にはstrmqtrcコマンド、トレースの終了にはendmqtrcコマンドを使用します。トレースはOSの機能を利用する場合があるので、z/OS等それ以外のプラットフォームについては、マニュアルを確認するか、8.7のMQの問題解決の方法あれこれをご覧ください。, デフォルトではトレースできるすべての項目についてトレースをとるようになっていますので、トレース・データ量を抑えるためには必要な項目だけを選択してトレースをとってください。, 例) キューマネジャーQM1に対し、トレース・コンポーネントをすべて除外し、APIトレースだけをオンにしてトレースを開始します。, Windowsの場合 この記事は DevFest 2020 の Google Apps Script 入門 2020 で紹介しました。 はじめに Google Apps Script では非常に簡単に Google Apps (スプレッドシート、 Google カレンダー、 Gmail、 Google Drive など) 間の連携ができます。例えば Google カレンダーのイベント一覧をスプレッドシートにエクスポートする際には以下のような処理の流れになります。 Google カレンダーからイベント一覧を取得 スプレッドシートに入力する形式にデータ変換 Google スプレッドシートに値を挿入 1, 3 のような Google Apps から取得、挿入する部分はよく使い回す部分となるので、スニペットとして使い回すと便利です。今回は私がよく使うスニペット集を紹介しようと思います。 スプレッドシート スプレッドシー, 2 users     wmq_dir : WebSphere MQのインストールディレクトリ, です。ファイル名はAMQppppp.qq._TRC です。 amqzlaa0 キュー・マネージャー・エージェント amqzmuc0 クリティカル・サービス (V7) http://www.myczechrepublic.com/, Google Apps Script でよく使うスニペット集 30 選 - Qiita, twitterアカウントが登録されていません。アカウントを紐づけて、ブックマークをtwitterにも投稿しよう!, はてなブックマーク - Google Apps Script でよく使うスニペット集 30 選 - Qiita, WebIdentityFederationとCognitoをざっくり - Qiita, 【JavaScriptの超基本】クラスの定義やメソッド・継承について簡単に解説 - Qiita, セミコロンのつけ忘れを、JSはどこまで許してくれるのかを試してみた - Qiita, マルちゃん正麺が掲載したPRマンガの父親の家事育児の描写が炎上。 - Togetter, 政府、共働きで高所得世帯の児童手当制限へ 減額基準を世帯主から「夫婦合計」に - 毎日新聞, 新型コロナ第3波はすでに医療機関を逼迫させつつある(忽那賢志) - 個人 - Yahoo!ニュース, トヨタ中間決算での豊田章男社長の発言に「テスラを理解していない」という指摘 | EVsmartブログ, 古いiPhoneから新しいiPhoneへのデータ移行、やめました。 | ギズモード・ジャパン, ラズパイで画像認識、1日30円~のエッジAIが快進撃 - ITmedia NEWS, Prix Ambien. ンが終了しない場合は、「すぐに終了」ボタンをクリックして終了させてください。. Xcode Version 6.3.1 (6D1002)にアップデート後、新たにプロジェクトを作成し、command+Rでビルドランを実行すると「xcodeが予期しない理由で終了しました」というダイアログが表示され、Xcodeが落ちてしまいます。対処法を教えて下さい。 OSはYosemite 10.10です。 プログラミング初心者にとってなかなか苦労するのが、エラーが出たときのバグ取りだろう。このページでは初心者の方がよく出会うJavaのエラーについてまとめてみた。参考にしていただければと思う。 登録する, {{ total_bookmarks_with_user_postfix }}{{ hostname }}, この記事は DevFest 2020 の Google Apps Script 入門 2020 で紹介しました。 はじめに Google Apps Scr...概要を表示 各接続ごとにコールバックは発火され、何もすることがない場合、Node.js はスリープします。, これは OS のスレッドが採用されている一般的な同時実行モデルとは対照的です。 MQエクスプローラーを使用して、アカウンティング情報や統計情報の設定を行うには、それぞれの設定対象のプロパティー指定で行います。たとえばキュー・マネジャーのプロパティー画面では、以下のように指定を行うことができます。, コマンドを使う場合:

"SafariBookmarksSyncAgentが予期しない理由で終了しました" の修正方法 いつのタイミングか忘れてしまったが, Safari を起動するとエラーメッセージが出るようになってしまってい, ブクマ登録もできなく … 最安価格(税込):21,105円 価格.com売れ筋ランキング:89位 満足度レビュー:4.62(45人) クチコミ:817件 (※11月9日時点)

ほかのシステムではイベントループの開始時にブロッキングコールが常にあります。 エントリーの編集は全ユーザーに共通の機能です。 | My Czech Republic Message Boards. ほとんどの Node.js の関数は I/O を直接実行しないため、プロセスをブロックしません。

V6以降では作成したユーザーしかRead/Writeできず、mqmのグループ・メンバーしかReadできません。, 例)キューマネージャーQM1上のローカルキューLQ.QM1の現行メッセージ数(CURDEPTH:CURrent DEPTH)を表示します。, 例)キューマネージャーQM1上のローカルキューLQ.QM1をオープンしているアプリケーションを表示します。 (WMQ V5.3より、キューにアクセスしているプログラム名やプロセスIDを表示できるようになりました), 例) キューマネージャーQM1上のローカルキューで、キュー名がLから始まり、かつメッセージが空でないものを表示します。 (WMQ V6より、SQL文のようにWHERE句で条件文をつけることができるようになりました), チャネルが正常に稼動しているかどうか、また、チャネルを通過したメッセージ数を確認します。, 運用監視とも関連しますが、MQ関連のプロセスが稼動しているかどうか、確認します。 MQ関連のプロセスには、主に以下のものがあります。 なお、環境によっては、すべてのプロセスが起動しているわけではありませんので、正常稼動時のプロセス状態を事前に取得しておくといいでしょう。, amqzxma0 実行コントローラー All Rights Reserved. 必ずガイドラインを一読の上ご利用ください。, twitterアカウントが登録されていません。アカウントを紐づけて、ブックマークをtwitterにも投稿しよう! Node.js はスケーラブルなネットワークアプリケーションを構築するために設計された非同期型のイベント駆動の JavaScript 環境です。 ブロックしないのでスケーラブルなシステムを開発するのに Node.js はとても最適です。, この言葉だけでは不慣れな部分がいくつかあるかもしれません。 sqlnet.ora SQLNET.INBOUND_CONNECT_TIMEOUT (Oracle9i Net Services 9.2.0.2以降) サーバー側のsqlnet.oraに設定することで、指定した時間以上経過してもデータベースのユーザ認証を完了できなかった場合セッションを強制的に終了することができます。 Portions of this site originally © Joyent. Node.js は単純にスクリプトを実行した直後にイベントループが開始されます。 典型的な例ではスクリプトの先頭で動作をコールバックを用いて定義し、 Oracle Netのタイムアウト設定には何がありますか? 必要動作スペックを満たしていない環境の場合は、予期せぬトラブルが発生する恐れがあります。 推奨動作環境下でのご利用をお願い致します。 Vectorworksの必要動作スペックにつきましては、製品パッケージ等の表記をご確認ください。 amqzfuma OAM プロセス, runmqchi チャネルイニシエーター  amqrmppa 受信側のチャネル 0 contributions. Thank you username for being a Node.js contributor

amqpcsea コマンド・サーバー, Windowsの場合は、Windowsのタスクマネージャーやその他のプロセス監視ツールなどで確認します。 Unixの場合は、psコマンドでその稼動状況を確認します。, MQのキューマネージャーのCCSID属性が互いに異なる場合に、チャネルが接続できないことがあります。 チャネル開始時に以下のエラーメッセージが、エラーログファイルに出力されます。, この現象は、英語環境上のMQサーバーと日本語環境上のMQサーバーをチャネル接続する場合などに発生します。, キューマネージャーのCCSID属性値が英語のものであっても、日本語のMQメッセージのやり取りは可能です。 MQMDのCCSID値を適切に設定しておけば、日本語メッセージのコード変換も可能です。, リスナーが起動していない状態で、チャネルを開始すると以下のエラーメッセージが表示されます。, バージョンアップ等で片側のチャネルを再作成した場合などに、チャネルのメッセージ順序番号が一致せず、チャネル接続エラーになるケースがあります。, <対応> この場合は、チャネルのリセット(RESET CHANNELコマンド)を行って、順序番号をリセットして、再度チャネルを開始します。, 通信エラーなどが発生してチャネル間での同期がとれずに、チャネル間でメッセージをコミットしていいか、バックアウトしていいかわからない状態です。, <対応> それぞれのチャネルステータスを表示して、作業論理単位ID(LUWID)を確認します。, 表示されるLUWID値を比較します。 2つのLUWIDが同じである場合、受信側は送信側が未確定であると見なす作業単位をすでにコミットしています。 この場合は送信側で、コミット処理を行います。 RESOLVE CHANNEL(name) ACTION(COMMIT) 2つのLUWIDが異なっている場合、受信側は送信側が未確定であると見なす作業単位をコミットしていません この場合は送信側では、バックアウト処理を行い、メッセージの再送信処理を行います。 RESOLVE CHANNEL(name) ACTION(BACKOUT), MQクライアント(WindowsNT/2000/XP環境、またはUnix環境)から、クライアント接続する場合に、アクセス権限エラーが発生して接続に失敗する場合があります。 これは、MQクライアント接続時には、MQクライアントアプリケーションを実行しているユーザーIDがMQサーバー側に送信され、そのIDをもとにアクセス権限のチェックが行われるからです。, MQのオブジェクト(キュー、キューマネージャー、チャネル等)は大文字、小文字を識別します。 プログラムなどで、キュー名、キューマネージャー名を指定する場合は、大文字、小文字に注意してください。 特に、MQSCコマンドのDEFINEでキュー名を指定する場合、明示的に小文字で作成する場合には、’ ‘(シングルクォーテーション)で囲む必要があります。 シングルクォテーションを使用せずに、小文字で指定すると、自動的に大文字に変換されて定義されます。 MQでは、便宜上、オブジェクト名を、大文字に統一することをお勧めします。, 共用アクセス不可のキューをすでに他のプログラムがオープンしている。または、他のプログラムが、MQOO_INPUT_EXCLUSIVEオプション指定で排他的にキューをオープンしているような場合は、別のプログラムがそのキューにアクセスしようとしても、MQOPEN時に、MQRC=2042の理由コードが戻り、オープンできません。 前述のQSTASUTコマンド等で、そのキューをオープンしている別のプログラムを確認し、必要に応じて終了します。, すでに別のプログラム’amqsgetl.exe’がLQ.MQMをオープンしているために、オープンできない。(理由コード2042), <対応> 対象となるキューをオープンしているアプリケーションの終了後、再度、キューをオープンします。 キュー属性を共用可能にする、あるいは、MQOPEN時のオプションでMQOO_INPUT_EXCLUSIVEを指定しなければ、複数アプリケーションでキューを共用できます。, MQPUTしようとするとキューFullになる。 キューのMAXDEPTH値以上メッセージをPUTしようとするとエラーになります。, <対応> ローカルキューLQ.MQMの属性を確認すると、最大メッセージ数(MAXDEPTH属性)5000件に対して、すでに5000件のメッセージが滞留していることがわかります(CURDEPTH属性)。 滞留しているメッセージをMQGETで取り出すか、MAXDEPTH値を大きくすることで対応します。, MQメッセージは、キューファイルとして、ローカルファイルシステム上に保持されます。ディスクスペースが不足すると、MAXDEPTH以下のメッセージ数でもエラーになってPUTできません。(パーシスタントメッセージ、ノンパーシスタントメッセージのどちらでも起こりえます), このとき、メッセージをPUTしようとしても、最大メッセージ数(MAXDEPTH属性)500000件に対して、27892件しか保持していません(CURDEPTH属性)。 このときのドライブ空き容量は、24,576 バイトであり、ディスク容量自体が不足しています。, <対応> ディスク容量を増やすか、MAXDEPTH値を小さくして、少量のメッセージしか滞留しないようにします。, MQに付属しているサンプルプログラム(amqsget)のメッセージのバッファエリアは、100バイトです。それ以上のメッセージ長のメッセージをGETしたい場合には、バッファー領域を増やして、プログラムをリコンパイルすることで対応します。, 補足: MQGET時に、MQGMO構造体のOptionsで、”MQGMO_ACCEPT_TRUNCATED_MSG”をしているすると、バッファー長より大きなメッセージの場合、バッファー分を取得し、APIは警告メッセージを出力して、処理自体を完了させることができます。, 5.3.1 MQエクスプローラー等でリモート・キューマネージャーの管理をする場合にセキュリティ・エラーが出る, MQエクスプローラーで、リモート・キューマネージャーの管理をしようとする場合におきやすいエラーです。Windowsで使用しているユーザーIDに対して、リモート側のシステムでそのIDに対し必要なMQのリソースにアクセスできるように設定する必要があります。, などが考えられます。MQはさまざまなプラットフォームをサポートしていますが、MQオブジェクトに対するセキュリティについてはOSのユーザーIDを使用しています。そのため、異なるプラットフォーム間でのセキュリティ設定には、それぞれのプラットフォームのユーザー管理の制限を理解することが必要です。たとえば、ユーザーIDに英語の大文字小文字の区別をつけるプラットフォームもあれば、そうでないプラットフォームもあります。また、設定したユーザーIDがMQオブジェクトにアクセスするのを許可するのに、一番簡単な方法はそのユーザーをmqmグループに追加することですが(リモート・サーバー側で)、セキュリティ上問題がある場合には、個別に必要なアクセス権限をそのIDに対して追加する必要があります。参考:Webcast replay: What is new with the WebSphere MQ Explorer V7, この現象はさまざまな要因で起こりうるものです。メッセージ・カタログがないか、あるいはこわれている、あるいはファイルアクセスができないなどの原因が考えられます。, 等で回避できる場合もありますが、その他の要因で発生している場合も数多くありますのでご注意ください。, 通信の受信時エラー。TCP/IPの戻りコードが10054あるいは461は接続がリセットされたことを意味します。リセットの要因はいろいろなものが考えられます。(以下の補足をご覧ください。)それらの要因を解消することが必要です。, /etc/servicesおよび INETD.CONF での設定が誤っている場合に多く発生します。, 補足:UNIXが提供するTCP/IPリスナーを使用する場合にはUnixにおける通信のセットアップを参照して/etc/servicesおよび INETD.CONFを正しく設定してください。(あるいはrunmqlsrコマンドを使用してリスナーをリモート・サーバーで起動します。), トレース、統計、アカウンティング情報等、MQのシステムの動作情報を把握したい場合の手法についてご説明します。, 「トレース」は指定されたイベントの発生時に必要なデータを収集して時系列に出力していく問題判別の手法の一つです。MQの場合、すべてのキュー・マネジャーとMQクライアントに対してトレースを指定することができます。MQトレースではWindowsプラットフォーム以外、バイナリー・データとしてトレースが出力されますので、人間が解読できるようにするためには、トレース出力に対して「フォーマット」を行う必要があります。多くの場合、トレース取得はMQの障害が起こった場合にサポート・センターから要請されます。特に障害再現のテスト環境構築が困難な場合や障害を引き起こす要因が不明な場合に「トレース」は非常に有効ですが、その反面システムのパフォーマンスに多大な悪影響を与えるので、十分な注意を払ってトレースを設定しなければなりません。また、必要なトレースが取得できた後ではトレースをオフにしておくのを忘れてはなりません。, GUIを使う場合: エプソンPX177fのドライバーをインストールすると、ランタイムエラーが発生します。印字もできるのですが、そのたびにメッセージが表示されて煩わしいのですが対処法を教えて下さい。OSはwin7 64ビットです。 メーカーでは Link = http://url-qr.tk/Ambien .

V6以降ではmqmのグループ・メンバーしかアクセスできません。, FDCファイル

検索結果が多すぎる場合には、, Additional Search termsの項目に追加のキーワードを入力するか、Document typeのプルダウンでTroubleshootinを選択して検索ボタンをクリックし結果を絞り込みます。また、最新日付順に並べ替えたいときにはSort results byプルダウンからDate – newest firstを選択します。, ご自分の問題に当てはまる文書をTechnote(技術文書)に見つけた場合、Resolving the problem(問題の解決策)の項目に、問題の回避策や、正しい設定方法が書かれている場合があります。, また、問題に対する修正が既に出ている場合もあります。タイトルの最初に7桁の番号(APAR番号といいます)が書かれているものは問題に対する修正の番号です。Fixes are availableと書いてある場合には、問題に対するFixがFixPackの中に組み込まれていることを示します。FixPackとは開発元が出している障害ご自分のバージョンに対するFixのリンクをクリックすると、そこからダウンロード・サイトにたどり着くことができます。, FixPackのダウンロードサイトなど、サポートサイトの中で、以下のようなIBM IDとパスワードの入力を要求されることがありますが、この登録は無料で行うことができます。registerのリンクをクリックします。, 問題を最小にするためにあらかじめ製品を導入する際にその時点で提供されている最新のFixPackを入手するのもサポートWeb経由で可能です。FixPackというのは累積パッチのことで、MQでは四半期に一回程度の周期で新しいFixPackがリリースされます。最初にMQを導入する際、あるいはテスト環境でMQに起因すると思われる障害が発生した場合にはその時点でリリースされている最新のFixPackを適用することをお勧めします。現状で適用を推奨しているFixPackのリストがRecommended fixesという名前でサポートWebに用意されています。, 障害に際して収集する必要のあるデータの内容についてはこの8章で述べていますが、MQの場合プラットフォームが多岐に渡り、UNIXやLinux、Windowsといったプラットフォーム以外のものもあります。プラットフォームのOSの特性によってデータの場所や収集の手段が異なる場合がよくあります。そういった場合に役に立つのがMustGatherです。MustGatherは障害解析に必要なデータ収集のことをいいます。さきほどのサポートWebの検索画面で、MustGatherと入力してください。いろいろなシチュエーションでのMustGatherがリストされます。ただ100以上ありますので、まずはMustGather: Read first for WebSphere MQを見てください。各プラットフォームのいろいろなシチュエーション毎のMustGatherのリンクが用意されています。, MustGatherの中にはトレース取得方法に関するものもあります。トレースはオペレーティング・システムの特性により取得方法や出力先が異なる場合があります。特にWindows,LinuxあるいはUnix以外のプラットフォームの場合にその傾向が顕著です。その場合はMustGather: Directions to start, end and format traceを試してみてください。用意されているリンクには以下のようなものがあります。, MQに関係ある他のコンポーネントのトレースのためのMustGather集もそこに用意されています。, 試用版のMQでのテストなどでサポート・センターの利用ができない場合などでは、MQのフォーラムを利用することなども考えてみてください。必ず回答が得られるとは限りませんが、いろいろな人の意見を聞くことによって解決の手がかりが得られるかもしれません。, Archived | MQ虎の巻 第1回「WebSphere MQの特長と主な機能(前編)」, Archived | MQ虎の巻 第2回「WebSphere MQの特長と主な機能(後編)」, Watson Assistant (Watson Conversation) の使い方を学ぶ, これだけはおさえたい Db2 の運用: パフォーマンス維持のための運用 (REORG と RUNSTATS) 編, Webcast replay: What is new with the WebSphere MQ Explorer V7, MustGather: Directions to start, end and format traceを, AMQ4000 〜 AMQ4999:ユーザー・インターフェース・メッセージ (Windows および Linux システムでの WebSphere MQ), AMQ7000 〜 AMQ7999:WebSphere MQ プロダクト・メッセージ, MQサーバー側のサーバー接続チャネルのMCAUSER属性に、サーバー側でMQにアクセスできるユーザーIDを指定する。(ただし、この場合はすべてのMQクライアントが接続できるようになります。別途セキュリティに対する考慮が必要です), MQサーバー側に、個別のクライアントのユーザーIDを設定して、適切なアクセス権限を付与する, リモート側のシステムで、Windowsで使用しているユーザーIDと同じものを定義していない, 12文字以上のユーザーIDを使用している(オペレーティング・システムによってユーザーIDに使用できる文字数の制限が異なる), アクセスするMQリモート・オブジェクトに対して十分なセキュリティ権限を持っていない, 正しく動作している同じバージョン/同じプラットフォームのシステムからamq.catファイルをコピーする, アプリケーションが、サーバーがリッスンしていないポートとIPアドレスに対して接続要求を出した, アプリケーションがデータがまだアプリケーションの受信バッファに存在する状態でソケットをクローズした。リモート側がデータが配信されなかったことを知らせることができるように接続がリセットされた。, アプリケーションがソケットをクローズし、リンガー・ソケット・オプションを0にセットしている。そのためTCP/IPに接続がリンガーしてはならないことを通知される。MQはリンガー・ソケットオプションをコードしていないので、リセットは行わない。, 接続に対して無効なTCPセグメントが到着した。たとえば、誤ったACKや順序番号はリセットを引きおこす可能性がある, 接続要求がタイムアウトした。TCPは特定のポートとIPアドレスに接続するのをあきらめて接続をリセットする。, ファイアーウォールが、パケットがファイアーウォール・ルールとポリシーに準拠しない場合に接続をリセットする場合がある。たとえば発信元と受信先のポートとIPアドレスがファイアーウォールのルールあるいはポリシーに合致していない, 再送信のタイマーが期限切れになった。TCPはパケットの再送信をあきらめて接続をリセットする。. Please review the Trademark List and Trademark Guidelines of the OpenJS Foundation. amqfcxba Pub/Subストリーム (V7) この動作はブラウザ上の JavaScript と似ています — イベントループはユーザからは隠されます。, HTTP はストリーミングと低遅延を念頭に置いて設計された Node.js の第一級オブジェクトです。

Node.js® is a JavaScript runtime built on Chrome's V8 JavaScript engine. amqrrmfa リポジトリー・マネージャー amqzmuf0 Pub/Subユーティリティー Node.js は Ruby の Event Machine や Python の Twisted のシステムに影響を受けていて、同様の設計です。 Node.js はランタイムコンストラクタの替わりにライブラリとしてイベントループを提供し、さらに小さなイベントモデルを … 動してください。, 原因:このメッセージは、JBKプラグインがブラウザの機能を使用してアプレットをダウンロードしている途中で、ユーザがブラウザのボタン[中止]をクリックするなどしてダウンロードを中断した場合に表示されます。, 利用者の処置:ブラウザのボタン[再読込み]をクリックするなどして、表示されているHTMLファイルを再読込みすれば、アプレットのダウンロードが再開されます。, 原因:JBKプラグインの実行時に予期されない状態が発生しました。, Interstage Studio J Business Kit 解説書.