■手順書について   次の作業が必要となります。 "Y��`5y`�,�f����e`�`v"�y�H2���O���}L@{�@"@U$��� c�8 Appを購入またはダウンロードするにはMac App Storeを開いてください。, F5 Access leverages the latest VPN technologies from iOS. Copyright(C) 2020 OTSUKA CORPORATION All Rights Reserved. 199 0 obj <> endobj    ・クライアント証明書の発行、インストール(プレミアのみ) 「iOS 12」では、ネットワーク関連機能の仕様が大幅に変更されています。 現在「どこでもコネクト リモート」をご利用中の端末が   どこでもコネクト 製品別ページ  F5 Access LEGACY(バージョン2.1.2)

証明書の再発行も必須となってしまいます。, 「iOS 12」が2018年9月18日にリリースされ、 r��\� ��U>��W>�if]�.\F+��D��?u�M`�$� ��\�R�W��Nn��g���޳Yo�i���>k{��T��0��}O&��l��\�ܽ��e��~��� fU �R�tn��OG��q��ϥz�{/���j���%v�-=��I�;�%�ڔ.5�ut)+��s+���.P1j+�~Pu(�:���u��n2�p�F:�UZԭ��U�7��W� �k�����lD�)� ̍�Z 証明書をメールで添付する。ポイントは長押ししてインストールするだけ。. %PDF-1.6 %���� ここでは、iOSのバージョンが13.2の場合を例に説明します。 1. 別々になってしまった関係上、 H�\��jcG��z���^4�y a���@�bY���>U�� ��q��L����X/������v|Z����r���o�o�u��~;_vR-����_��������~__//o��a��6������)�޾��w�_n��v�|[>�Q�>/�����_��z�/byxXN��8����ϯ�Ƕ/��a?�?��=�����. iOS12系で証明書が見えないのは、iPad本体の証明書がアプリから見られなくなったからで、メールに証明書を添付して、証明書長押しで共有メニューからF5 Accessを選べば大丈夫らしい。 マニュアル(英語だけど)にもこのやり方は書いてあった。 そのため、「どこでもコネクト リモート」の設定手順が「iOS11」以前と変更に  ■お問い合わせについて 詳細はセンターWebページの「電子証明書」を参照すること。 重要:十分な強度をもつパスワードを付与すること。 3. iOS13端末にSSL-VPN接続アプリをインストールする。 3-1. F5 Accessでは既存の証明書形式が認識できませんので、  ■対象デバイス Apple社 iOS(iPhone・iPad)

�+=W��"�4H!I�4� #� %#��L�Ӄ�R�S��>i��� �����%)�� eA�5��eR�����,9Ȋ�� �l�X�&� �.    ・F5 Access の設定 endstream endobj 203 0 obj <>stream   「どこでもコネクトリモート」の端末で iOS (iPad、iPhone) をご利用のお客様が、    iOSの最新バージョンである12にバージョンアップすると、    ・F5 Access をインストール Secure VPN access is provided as part of an enterprise deployment of F5 BIG-IP® Access Policy Manager™ (APM). 日本語、 スペイン語、 ドイツ語、 フランス語、 簡体字中国語、 繁体字中国語、 英語、 韓国語, ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。. そのままご利用いただくことはできません。 証明書インポート. h�bbd```b``�"����d� ,�����_������m���=,�>~��r��] 「F5 Access」がインストールされる (4) 「F5 Access」を起動すると「F5社契約書」の確認画面が表示されるので 「了承」をタップ (5)「”F5 Accessは通知を送信します」との画面が表示されるので、 228 0 obj <>stream 添付された証明書を長押しタップ (iOS11以下でやっていたように、普通にタップするとiPhone本体にインストールされてしまうのでダメ).



TLS サーバ証明書の有効期間は 825 日以下である (証明書の NotBefore フィールドと NotAfter フィールドで明記)。 あたりか?CAの証明書とsignについてはすでにsha256で行っていたので問題ないはず。cnをもう見ない、というのはうかつにも知らなかった。

endstream endobj startxref

iOS12 システム管理者から、クライアント証明書と、クライアント証明書のパスワードを入手します。 入手したクライアント証明書は、クライアントパソコンの任意のフォルダーに保存します。 1.1. Windows端末、MacOS端末、Android端末をご利用中のお客様につきましても変更はありません。 0

Before using this application please refer to the F5 DevCentral article “F5 Access – FAQ” before deploying F5 Access with your MDM vendor.    ・F5 Access Legacy をアンインストール

セキュアアクセス(cybozu.com)のクライアント証明書の場合: システム管理者がクライアント証明書のダウンロードを許可している場合は、ユーザー自身でクライアント証明書とパスワードを入手できます。 セキュアアクセスを利用している場合のST… Even with Ver.3.0.3, it is not possible to recognize certificatesinstalled in Web logon mode from F5Access.  F5 Access(バージョン3.0.2) The new F5 Access iOS application from F5 Networks secures and accelerates mobile device access to enterprise networks and applications using VPN and optimization technologies. というように利用可能なアプリケーションが   手順書につきましてはこちらをご参照ください。 218 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<1D9AC6BE953520438B7C313C1B244E9A>]/Index[199 30]/Info 198 0 R/Length 96/Prev 131659/Root 200 0 R/Size 229/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream  ■「iOS12」にアップデートした場合の作業手順 I updated the version ofBIG-IP, but because it can not be solved, is not the location of thecertificate that F5Access itself refers to at iOS 12 is not visible? h޼S�n�0�� &�'�B�H�$R��G���� ď\��(1�x��뤐��u҄��{��=��Q�A��"��!Ӱa5�irXMdq���:�rD��‹��it{��$+��p]�D�����H�e��}����D{�8�҈4�p��.�Ʊ\�t=������\o��]�԰q/��)���ݎ���2�u����R=+�}����8������z�����P3k�#�V��l�8��z����(�x*j��Q���,4�i������l��@ �=%���>G@���1莣���Џ�q��;E� �j�LM}��=)M�j��� 2-1. なっています。

endstream endobj 200 0 obj <>/Metadata 5 0 R/PageLayout/OneColumn/Pages 197 0 R/StructTreeRoot 9 0 R/Type/Catalog>> endobj 201 0 obj <>>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 202 0 obj <>stream https://mypage.otsuka-shokai.co.jp/GetLoginKbn, ブラウザのJavaScriptが有効になっていないか、ブラウザがこのサイトで使用されるJavaScriptの機能を十分にサポートしていない可能性があります。, このボタンはスクリーン・リーダーでは使用できません。かわりに前のリンクを使用してください。, [どこでもコネクト リモート] Android、iPhone/iPadから共有サーバを利用したい, [どこでもコネクト リモート] Android、iPhone/iPadからリモートに接続していますが、接続先にある共有サーバのファイル閲覧ができません。, [どこでもコネクト リモート] リモートの接続が切れてしまう(無通信による自動切断). 旧バージョンからのソフトウェアアップデートが開始されています。 1.6 ・VPN 接続ソフトの変更(F5 Access Legacy → F5 Access) ・iOS10 では本マニュアルを利用できないことを記載 2018/9/26 1.7 ・社名変更 2019/1/1 1.8 ・パスワード有効期限を無期限に変更 2019/4/1 1.9 ・iOS13及びiPadOS13向け手順を記載 2019/10/14 �}__�>�vi��m��aw��S��p�B h�b```�NAd`��0p|x�� b!�{@AQ��"@r!�yF�(�,F�ٌ����0�2T�m`��A�����.��F�301�0� @� �� 「iOS 11」の状態で、「iOS 12」にアップデートする予定の無いお客様につきましては、 iOS11以前

  お客様窓口:たよれーるコンタクトセンター Requirements: Contact your IT Administrator End User License Agreement: https://cdn.f5.com/product/apm/apps/eula.html By downloading and using the application, you agree to its terms.BEFORE CONTACTING F5 SUPPORT, PLEASE REFERENCE: https://support.f5.com/csp/article/K2633, Bug fixes, and connection stability improvements, iOS12系で証明書が見えないのは、iPad本体の証明書がアプリから見られなくなったからで、メールに証明書を添付して、証明書長押しで共有メニューからF5 Accessを選べば大丈夫らしい。マニュアル(英語だけど)にもこのやり方は書いてあった。iOS12.4ではこの方法で証明書が選べたが、iPadOS13.4では、「サポートされていないコンテントタイプのためインポートできません」というメッセージが出て手詰まりに。ダメ元でファイルに保存して、ダウンロードフォルダで証明書を長押しして共有したらインストールできた。証明書が認識されないと書いている人が多いが、マニュアルをもう少し親切に書けないものか。家電レベルの何となく感覚でできる域を超えているのでは。, iOS12対応にアップデートしてから毎回パスワードを要求されます。パスワード保存のオプションが意味をなしていません。非常に使い難いです。. %%EOF   ご契約のお客様専用のフリーダイヤルまでお問い合わせください。. F5 Access(バージョン3.0.2) というように利用可能なアプリケーションが 別々になってしまった関係上、 そのままご利用いただくことはできません。 F5 Accessでは既存の証明書形式が認識できませんので、 証明書の再発行も必須となってしまいます。 F5 Access for iOS™, version 3.0.7, features:- Secure mobile access when used with BIG-IP® Access Policy Manager.- Automatic roaming between networks, enabling users to stay securely connected while on the go.- Full Layer 3 network access to all appropriate enterprise applications and files.- Support for iOS per-app VPN.- Web logon protocol support.- Multi-factor authentication.- Custom URL scheme support for creating F5 Access Client configurations.- Custom URL scheme support for starting and stopping F5 Access Client.- Administrator enforced device lock settings.- Jailbroken device detection.- Biometric and Device Authentication for re-use of cached credentials.- Managed configuration mode for disabling of user edits to connection configurations after user’s IT admin has setup the initial configurations. これまで通りの状態でご利用いただけます。