WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free".

繰り返し処理(For~Next,Do~Loop):Excel VBA入門 : スポンサードリンク: For~Next: For Each In~Next: Do~Loop: 繰り返し処理 For~Next topへ. 今回は、・配列って何?なんの役に立つの?・配列ってどうやって実装するの?といった悩みを解決していきます。配列とはデータの羅列のようなもの。のようにリスト化さ... 【VBA】Excelマクロでポップアップのデータ入力欄を作る方法(InputBox).

上図では配列の宣言時ではサイズが(1)つまり2個ですが、2個目のデータには何もいれていません。, これを実行すると0が表示されます。なので定義されていないデータは0だとわかりますね。, こうするとmyarray(0)がリセットされているので、最初は1ですが、次は0が表示されます。, なのでReDimでサイズを再定義した場合配列の中身がクリアされることがわかりますね。, 先ほどはReDimで配列を引き継げませんでしたが、ReDim Preserveにすることで引き継げます。, ここまでのプログラムではコード上で配列のサイズと中身を決めていますが、実際はプログラムを起動するたびに中身を変えたいですよね。, 例えば3を入力するとデータを3つ入力したいので、配列のサイズはmyarray(2)とします。, InputBoxの中身は好きに決めてOKです。上図では[1/3]のようにしています。, このようにInputBoxを組み合わせればコード上で配列のサイズと中身を固定しなくてよくなります。, ReDimでは中身がクリアされてしまうので、基本的にReDim Preserveを使うといいですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 非IT企業でVBAとPythonを使ってます Copyright © 2020 AKIRA SITE(EXCEL VBA初心者・入門者向きサイト) All Rights Reserved. 2020.04.27 2020.10.07 【VBA】Excelマクロでセルやシートを指定する方法(オブジェクトの操作) 2019.12.15 2020.10.07. ミニマリスト一歩手前 今回、EXCEL VBA実行時に発生する【実行時エラー’6’オーバーフローしました。】のエラー発生の原因や対処方法に説明いたします。VBA入門者が時々体験するエラーです。エラーの発生原因をきちんと押さえて、対処できるようにしましょう。, 【実行時エラー’6’オーバーフローしました。】についてのエラー原因を説明いたします。エラーの原因としては、変数の最大値または、最小値を超えて値を格納しようとした時や数値の計算を行った時に、発生します。. 【VBA】Excelマクロで特定の文字やデータを検索する方法(セルの検索と取得) 2020.05.03 2020.10.16 【VBA】Excelマクロでファイル(ブック)を閉じる方法 . ExcelではIF関数を使用することで条件を満たす場合と満たさない場合で処理を分けることができますが、VBA(マクロ)でもIf文を使用すれば同じように条件分岐することができます。, この記事では、VBAのIf文の基本から複数条件を指定する方法、If文を入れ子(ネスト)にする方法も解説しています。, 動作するサンプルコード付きなのでVBAに詳しくない方でも動作させることができます。, できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ, 条件式を判定し、条件を満たしている場合は、Then以降の処理を実行します。条件式を満たさない場合は、Else以降の処理を実行します。, 条件式には真(True)か偽(False)を返す数式または文字列式を指定します。比較演算子や論理演算子が使用できます。, 構文をフローチャート(流れ図)で表しました。条件式の判定結果によって実行される処理が分岐します。, 条件式がTrueのとき、「A」が実行されます。反対にFalseの場合、「B」が実行されます。, 条件式で値を比較するには比較演算子という「>」や「=」が使用できます。条件式で使用できる比較演算子は下記の表をご覧ください。, 複数の条件において「すべての条件を満たす」「いずれかの条件を満たす」などを判定したいときは論理演算子を使います。, VBAのコードの中で「If~Then~Else」がどのように使用されるのか使い方をご紹介します。, 上図は名前ごとに点数の結果が入力されています。B2セルが70点以上だったらC2セルに「合格」、そうでなければ「不合格」とVBAで書いてみましょう。, ExcelのVBAでIf~Then~Elseを使った条件分岐を実際にやってみましょう, VBAのコードを記述するためにVBE(Visual Basic Editor)を起動します。①リボンから【開発】タブを選択し、②【Visual Basic】を押します。, Visual Basic Editorが起動したら①対象のシートを【ダブルクリック】し、②ソースコードを記述して③【▶】ボタンを押します。※ソースコードは記事内の「使用例」をご参考ください, VBAを実行した後にシートに戻ると例ではC2セルに「合格」と入力されました。VBAのIf文でB2セルが70点以上かどうかを判定した結果、条件を満たす処理が実行されました。, 複数の条件によって3つ以上の処理に分岐させたい場合、ElseIf文を使用します。複数の条件式で判定することができ、3つ、4つ以上の処理に分岐させることも可能です。, 条件式1を判定し、条件を満たしている場合は、直近のThen以降の処理を実行します。条件式1を満たさない場合は、次の条件式2を判定し、条件を満たしている場合は、直近のThen以降の処理を実行します。すべての条件式を満たさない場合は、Else以降の処理を実行します。, 構文をフローチャート(流れ図)で表しました。条件式1、条件式2の判定結果によって実行される処理が分岐します。, 条件式1がTrueのとき、「A」が実行し、Falseの場合は条件式2を判定します。条件式2がTrueのとき、「B」が実行し、Falseの場合は「C」を実行します。, 上図は名前ごとに点数の結果が入力されています。B2セルが80点以上だったらC2セルに「◎」、60点以上だったら「○」、いずれかでもなければ「×」とVBAで書いてみましょう。, 複数の条件式をすべて満たす場合を判定したいときは論理演算子AndとIfを組み合わせます。, 条件式1、条件式2をそれぞれ判定し、2つとも条件を満たしている場合は、Then以降の処理を実行します。条件式1と条件式2のどちらか満たさない場合は、Else以降の処理を実行します。, Andの処理の流れのイメージとしてフローチャート(流れ図)で表しました。条件式1、条件式2の判定結果によって実行される処理が分岐します。, 条件式1がTrueのとき、条件式2を判定します。条件式2がTrueのとき、「A」が実行します。条件式1、条件式2いずれかがFalseの場合は「B」を実行します。, 上図は名前ごとに「国語」「数学」「英語」の結果が入力されています。B2、C2、D2セルがすべて80点以上だったらE2セルに「合格」、それ以外だったら「不合格」とVBAで書いてみましょう。, 複数の条件式のいずれかを満たしているかどうかを判定したいときは論理演算子OrとIfを組み合わせます。, 条件式1、条件式2をそれぞれ判定し、1つでも条件を満たしている場合は、Then以降の処理を実行します。条件式1と条件式2のどちらも満たさない場合は、Else以降の処理を実行します。, Orの処理の流れのイメージとしてフローチャート(流れ図)で表しました。条件式1、条件式2の判定結果によって実行される処理が分岐します。, 条件式1がTrueのとき、「A」が実行します。Falseの場合は条件式2を判定します。条件式2がTrueのとき、「A」が実行します。条件式1、条件式2どちらもFalseの場合は「B」を実行します。, 上図は名前ごとに「国語」「数学」「英語」の結果が入力されています。B2、C2、D2セルのいずれかが80点以上だったらE2セルに「合格」、それ以外だったら「不合格」とVBAで書いてみましょう。, If文の中にさらにIf文を入れることができます。これをIf文の入れ子(ネスト)と呼びます。, まず条件式1を判定し、条件を満たしている場合は条件式2を判定します。満たしていない場合は最後のElse以降の処理を実行します。, 条件式2を判定し、条件を満たしている場合は、直近のThen以降の処理を実行します。条件式2を満たしていない場合は、直近のElse以降の処理を実行します。, 条件式1がTrueのとき、条件式2を判定します。Falseのときは「C」を実行します。条件式2がTrueのとき、「A」が実行します。Falseの場合は「B」を実行します。, 上図は旅行先ごとに旅費が入力されています。B2セルが10万円以下だったらC2セルに「検討」、10万円を超える場合は「貯金」、さらに7万円以下だったら「計画」とVBAで書いてみましょう。, 今回はVBAのIfをご紹介しましたが、ExcelのIF関数の使い方を確認したいという方は下記の記事で詳しく説明していますのでご参考ください。, 2行目:「Cells(2, 2) >= 70」が条件式です。B2セルが70点以上かどうかを判定します。, 2行目:「Cells(2, 2) >= 80」が1つ目の条件式です。B2セルが80点以上かどうかを判定します。, 4行目:「Cells(2, 2) >= 60」が2つ目の条件式です。B2セルが60点以上かどうかを判定します。, 2行目:「Cells(2, 2) >= 80」「Cells(2, 3) >= 80」「Cells(2, 4) >= 80」をAndでつなげています。すべて80点以上かどうかを判定します。, 3行目:B2、C2、D2セルがすべて80点以上の場合、E2セルに「合格」を入力します。, 5行目:B2、C2、D2セルのいずれかが80点以上でない場合、E2セルに「不合格」を入力します。, 2行目:「Cells(2, 2) >= 80」「Cells(2, 3) >= 80」「Cells(2, 4) >= 80」をOrでつなげています。いずれかが80点以上かどうかを判定します。, 3行目:B2、C2、D2セルがいずれか80点以上の場合、E2セルに「合格」を入力します。, 5行目:B2、C2、D2セルのすべて80点以上でない場合、E2セルに「不合格」を入力します。, 2行目:「Cells(2, 2) <= 100000」が1つ目の条件式です。B2セルが10万円以下かどうかを判定します。, 3行目:「Cells(2, 2) <= 70000」が2つ目の条件式です。B2セルが7万円以下かどうかを判定します。, 6行目:B2セルが10万円以下、7万円を超える場合、C2セルに「検討」を入力します。. エクセルVBAのFunctionプロシージャついて解説しています。Functionプロシージャは、戻り値を返すプロシージャです。関数のような動作をするため、ユーザー定義関数とも言われます。 懸垂できないことが最近の悩み, 【VBA】プログラミング未経験からExcelマクロが書けるようになる勉強方法を解説, 【VBA】プログラミング未経験からExcelマクロを独学した自分が思う勉強に必要な素質, 【ミニマルライフ】ポップインアラジンのリアルな使用感や注意点を伝える(メリットデメリット). 今回、excel vba実行時に発生する【実行時エラー’6’オーバーフローしました。】のエラー発生の原因や対処方法に説明いたします。vba入門者が時々体験するエラーです。エラーの発生原因をきちんと押さえて、対処できるようにしましょう。 Excel VBA SaveAsメソッドで名前を付けてファイルを保存する 22895 views 2019.04.26 2019.09.27 Excel VBA SUM関数の使い方と、範囲指定した合計を算出する方法 22729 views 繰り返す回数が決まっている場合、指定回数ステートメントを実行します。 C1セルからC10セルまでにA1*B1の計算結果を入力する。 行番号が1から10と変化する … ExcelのVBA(マクロ)でIf文を使用して条件を満たす場合と満たさない場合で処理を分ける方法をご紹介します。VBAのIf文の基本から複数条件を指定する方法、IF文を入れ子(ネスト)にする方法も解説しています。サンプルコード付。 EXCEL VBA 文字列の読み上げ・セルのデータを読み上げる(読み上げ機能:RangeオブジェクトのSpeakメソッド), EXCEL VBA 連想配列でクロス集計・項目別集計・グループ集計 (Scripting.Dictionary) テクニック, '---For Nextの場合----------------------------, '---Do While Loopの場合----------------------------, '---For Next の場合----------------------------, EXCEL VBA Google Chrome(グーグルクローム)の操作・webスクレイピング・情報取得(Seleniumの設定・準備), EXCEL VBA Replace関数 複数の文字列の置換(セルの値・指定文字列位置・置換リスト・数式の置換), EXCEL VBA 請求書・領収書の作成・自動判定・自動押印(電子印鑑)丸印・角印(テクニック), EXCEL VBA Goto ステートメント(行ラベル・行番号)指定ラベルへジャンプ, EXCEL VBA Replace メソッド 複数の文字列の置換(セル範囲・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Substitute メソッド 複数の文字列の置換(大量・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Weekday関数・WeekdayName関数・日付から曜日を取得・祝日判定, EXCEL VBA RangeオブジェクトOFFSETプロパティ(基準セルからの行・列移動・相対参照・セル範囲を移動する), EXCEL VBA  2次元配列・セル範囲の内容を配列に格納・配列の内容をセルに代入(一括・高速化・セルの指定範囲), EXCEL VBA 連想配列で合計・グループ集計・別シート転記・重複削除 (Scripting.Dictionary), EXCEL VBA フォルダー・ファイルのショートカット作成(アプリケーション・共有フォルダー・URLのショートカット), EXCEL VBA  オーバーフローしました。(実行時エラー:6)エラー原因・修正・回避・対処・解決, EXCEL VBA InternetExplorerの操作 住所から最寄り駅を検索する・自動収集(テクニック), EXCEL VBA フォルダー内のファイル名をシートに一覧表示(サブフォルダー含める:再帰呼び出し)テクニック, EXCEL VBA ハイパーリンクの追加・設定 別のシートへジャンプ・Webページを表示(Hyperlinkオブジェクト), EXCEL VBA InternetExplorerの操作(ブックマーク・お気に入り登録・管理)テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作(Webページ操作・監視・タイトル名取得・URL取得・ブックマーク)②, EXCEL VBA ワークシートの追加・複数追加・先頭・最後(Worksheets.Addメゾット), EXCEL VBA 最終行・最終列・合計行・合計列の作成・SUM関数追加(テクニック).