VBAからフォルダ選択ダイアログを利用するにはApplication.FileDialogを使います。しかしデフォルトのままでは、やや使いずらい印象があります。使いやすいファイル選択ダイアログにするための方法を紹介します。, ファイル選択ダイアログを表示するだけならば「Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker).Show」のみで大丈夫です。初期フォルダを指定したい場合は、InitialFileNameプロパティに初期フォルダを設定します。初期フォルダには、ネットワークフォルダも指定することができます。コツとしては、最後は「\]で終了させることです。, 客先常駐のSEです。10年近く自社に戻っておらず、どこの会社の人間か分からなくなってきているところです。, 最近、管理系作業(≒EXCEL方眼紙と格闘)をするようになり、色々と限界を感じてVBAに手を出したところ、簡単な割には役に立ったので紹介しようと思います。, リファレンス自体は公式を見ていただいたほうが正確なので、課題解決のためのノウハウを公開していきたいと思います。.

googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); Dim FolderPathB As String 地方の小さな書店で、店長をしています。

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads());

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。, 「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。, 北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。, Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!.

サンプルプログラムを確認する... 【EXCEL VBA】配列についてまとめて知りたい(宣言、多次元、要素数、初期化), Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker).InitialFileNameで解決する, 【EXCEL VBA】日付変換 yyyymmdd形式 と Date型を相互変換したい. デフォルトは前回使用したフォルダを指定します。Excel VBAで、ボタンをクリックすると、初期フォルダを指定しフォルダ選択ダイアログを表示 フォルダが選択された場合、末尾にパスがあるかどうか調べ、なければ付けています。

このサイトでは、ご覧いただいている方々に自分がやってきた方法やそのKNOW-HOWを発信していきたいと思います。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc01_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564396953-0').addService(googletag.pubads()); .BrowseForFolder(0, "フォルダを選択してください", 0, ThisWorkbook.Path), https://shimaydo.com/wp-content/uploads/2019/06/uguisu190614.m4a. この情報発信が、何かの問題解決の一助となればと願っています。. Sub フォルダOpen1()

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads());

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); VBAからフォルダ選択ダイアログを利用するにはApplication.FileDialogを使います。しかしデフォルトのままでは、やや使いずらい印象があります。使いやすいファイル選択ダイアログにするための方法を紹介します。Applicati

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_468x60_common_eyecatch02_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1567575393317-0').addService(googletag.pubads());

VBAを使って「フォルダ選択」の ダイアログボックス を表示させ、ユーザーが選択した フォルダ名 を含むPathを テキストボックスに表示させる方法について解説します。フォルダ選択をさせるダイアログは正しくは「フォルダーの参照」ダイアログ。

googletag.cmd = googletag.cmd || [];

基本ですね。イミディエイトウィ... IWshRuntimeLibrary.WshShellを利用するには、VBEの参照設定を変更する必要があります。参照可能なライブラリファイルとして「Windows Script Host Object Model」が利用できるように設定し... UTF-8でCSVファイル出力するには、ADODB.Streamを使うのが一番簡単です。FileSystemObjectを使うのと同様に参照設定しておくと後々楽です。

}); 皆さんは、VBAでフォルダを選択する方法を知っていますか?Excelを別名保存する場合や、PDFファイルに変換してファイル出力する場合など、フォルダを指定して処理を作るケースはよくあります。そこで今回は、, はじめに、FileDialogの使い方について解説します。FileDialogは以下のように書くことで、ダイアログボックスを開くことができます。, フォルダを選択する場合はmsoFileDialogFolderPickerを選択しますが、他の引数を選択することでファイルパスを取得したり、ファイルを開いたりすることができます。, 選択したフォルダパスは、以下のようにSelectedItems(1)で取得することができます。, このように、簡単にフォルダパスを取得することができます。応用すると、以下のように指定したフォルダにExcelを別名保存する処理も簡単に作ることができます。, このように、選択したフォルダパスを使って処理を作るケースは多いので、使い方を覚えておくのがおすすめです!, ここまでフォルダが選択されることを前提に処理を作ってきましたが、フォルダを選択せずにキャンセルするケースもありますよね?そのため、選択されなかった場合の対処方法を合わせて覚えておくのがおすすめです!, Showメソッドは実行後に選択したボタン(OK or キャンセル)によって戻り値が変わるので、その値を使って条件を作ります。, If .Show = 0 Thenでキャンセルボタンのクリック判定後、MsgBoxでメッセージを表示し、最後にExit Subで処理を抜けています。このように、Showメソッドの戻り値を使えば簡単に処理を分けることができるので覚えておくと便利です!, ちなみに、IF文の使い方については以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!, 今回は、フォルダを選択する方法について解説しました。CSVファイルのインポート、ファイルの出力などフォルダを指定して処理を作るケースはよくあります。FileDialogは使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。 ファイルダイアログオブジェクトを使用すると、入出力ファイルの選択以外にも、フォルダの選択とファイルのオープンが可能になります。このページでは『ファイル選択』と『フォルダ選択』について使用例を挙げて説明します。 googletag.pubads().enableSingleRequest(); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidetop01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565330658303-0').addService(googletag.pubads());

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); googletag.pubads().collapseEmptyDivs();

googletag.cmd.push(function() {

pbjs.que=pbjs.que||[];
© 2020 小さな書店の経営術 All rights reserved.


VBAでファイルを指定するダイアログを扱うには、すでに紹介したGetOpenFilenameやGetSaveAsFilenameがありますが、さらに、今回紹介する、FileDialogオブジェクト こちらも使用することができ、GetOpenFilenameやGetSaveAsFilenameにはない便利な機能が提供されています。 ExcelのVBAでGetOpenFilenameを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して選択されたファイル名を取得することはできるけど、例えばファイルまでの選択は必要なくてフォルダのみ選択させたい場合には、GetOpenFilenameではできない。 VBAからファイル選択ダイアログを利用するにはApplication.GetOpenFilenameを使います。しかしデフォルトのままでは、やや使いずらい印象があります。使いやすいファイル選択ダイアログにするための方法を紹介します。