キーボードの左上に鎮座するESC(エスケープ)キー。このキーが使えればもうArchiCADを恐がりながら触る必要はない。訳が分からなくなった時はとにかくESCキーを何回か押せばよいのだ。車の運転で「シフトをニュートラルにする」という動作があるがArchiCADでいわゆる「ニュートラル」の状態は”矢印ツールが選択された状態”の時だ。それ以外はなにかが実行されていると思って良い。なにか起こってしまった時は慌てず、騒がず、とにかくESCキーを押して様子をみるのだ。, 操作した後に思った結果にならなかった場合に使うのがこれ。恐がらずに色々試して作業を行い、間違えたら Ctrl + Z で元に戻す。AutoCADユーザは元に戻す内容や手順が違うので特に注意すること。編集など行ったことに対してしか元に戻らない。レイヤーの状態や画面表示などを元に戻す場合は別のメニューを利用する。戻れるステップも限られている。(ArchiCAD19からは全てのステップに戻ることが可能になったが起動するのに時間がかかる様になった)環境設定でステップを変更することも可能だ。, Ctrl + Z の逆。元に戻し過ぎた場合に先に進めることが可能。Ctrl + Z は過去に戻る。Ctrl + Shift + Z は未来にすすむ。未来といっても Ctrl + Shift + Z を押し続ければ自動でモデルや図面が作成されるわけではない。そんな機能があればとても喜ばれるだろう。ぜひGRAPHISOFTにみんなでお願いしよう。なんちゃって。, 平面を表示する。AutoCADでもテキストウィンドウを確認する際に良く利用したものだが、ArchiCADではさらに良く利用することになるだろう。またShift + F2 では平面の上の階が表示される。なんとShiftキーの下のCtrl + F2キーを押すと下の階が表示される。こんな憎い演出もArchiCADが判り易いと思う所以だ。, こんなによく利用するESCキーとF2キーの間にどう考えても「使わねーよっ」ってキーが存在する。そう、F1 だ。私は誤って押すことが多くいつもイライラしていた。そこで誰かに聞いたのか?自分で思いついたのか?忘れたが F1 のキーを物理的にハズスことにした。キーボードはメンテナンスの為?(かよくわからないが)すべてとり外すことが可能(なハズ)だ。精神衛生の観点からも外しておくことをお勧めする。(しかし F1 でヘルプ開く奴っているのかねぇ~?), 階数を指定し開くことが可能だ。まだ経験はないが100階建ての建物でも簡単に目的階の階へひとっ飛び可能なのだ。, どんなキーボードでも一番でかくて押し易いキー。それがスペースバー(スペースキー)だ。この機能をここに割り当てるあたり、「GRAPHISOFTさん、やっぱしあんた、わかっているねー」といった具合だ。クイック選択モードのオンオフができるのだ。クイック選択モードというのは改めて説明するが、知らないと困るはずだ。もうひとつ重要な機能が備わっている。マジックワンドだ。フォトショップなどでは『自動選択ツール』と表記されている場合もある。この便利さを知ってしまったらヤミツキになるだろう。コマンドが選択されているとマジックワンドになるので注意!, 良く使う機能というよりは是非覚えておいてほしい、というよりも保存しとけよ! と自分に言い聞かせる為に敢えて上位に入れた機能だ。実際に筆者が体験したことだが、保存したデータが開かなくなったことがある。(最近のバージョンでは修復という機能がある。まだ利用したことはないがあの時めっちゃくちゃほしかった機能だ。)原因は不明だが、そんなこともあるので日付ごとに保存することもお勧めする。ある作業に没頭しすぎるとついつい保存し忘れてしまうものだ。癖でCtrl + S と押すくらいでも丁度良いかもしれない。2Dの作図を図面ごとに1データづつ作成している場合は1枚くらい開かなくなったところで最悪の場合、描き直せばよいがArchiCADの場合致命的になる。すべての図面が取り出せなくなるからだ。また、フラッシュメモリー(USBメモリーやSDカードなど)にバックアップしているツワモノもいるが出来ればハードディスクに保存したい。さらに定期的にクラウドに保存しておけば、まず消滅したりすることはないだろう。クラウドに保存することを強くおすすめする。パソコンに詳しい人が近くに居ればいろいろ聞いてみると良い。, ホイールを回すと拡大縮小を行える。ホイールを押したままマウスを動かせば移動 パン が可能だ。ホイールをダブルクリックするとすべてが表示される。見たい場面に的確にすばやく移動することはとても重要だ。3D画面に於いて Shift + ホイールを押したまま動かせば回転する。, この3つの黄金編集機能にはおまけ機能がある。図形を選びこのコマンドを実行後、Ctrlキーを再度押せば○○コピーになる。もう一度押せば解除される。Ctrl+Altキーを同時に押すと○○複数コピーとなる。この機能を知ったとき、シビレた。, 1992年からAutoCADで意匠設計図を作成し始める。2009年、ひょんなことからArchiCADを利用し始める(会社から命令されただけなのだ)。BIMによってこの世の中がもっとよくなることを心底切望する「ArchiCADファン倶楽部」の会員。. 次に階数の範囲をして3Dウィンドウを表示してみましょう。 今回はこちらの記事の続きになります。 続編記事ですので、前回の記事内容も上のリンクからご確認ください。 各設定を一通り網羅することで、よりスピーディな図面作成と、明快な設計に役立てられると思います。それでは下の画像のような平面図タブをよりきれいにしていきましょう! 3D切断面の作成(矩形選択), ARCHICAD 一括ストレッチツール(延長)を使用する, ARCHICAD 3Dでドアのハンドルを表示する, ARCHICAD サポートしてもらえるとありがたいです。 自分も下絵の表示と濃淡の調整、色の変更くらいしか使ってませんでしたが、 知っておくと便利 ですので、まとめてみます。 1. こんにちは!じゅんです! 今回はグリッドの表示の仕方、通り芯の書き方を紹介していこうと思います。 まず基準となるグリッドや通り芯がないと 壁や床の寸法をいちいち書き込んでいかなければなりません。 するとこの先の自分が思い描く建築物を すいすいと書いていけなくなります。 レイアウトの用紙サイズを変更する, ARCHICAD オブジェクトの配置基準点を変更する, ARCHICAD パラメータの取得・置換を行う, ARCHICAD フォローしてもらえるとめっちゃ嬉しいです。. 壁の表示フロア設定 例)2fバルコニー腰壁(下階垂れ壁表現)の設定例 2fで壁の設定を行い、壁を入力します。 表示フロア:関連フロア全て 壁上部:リンク無し 高さ+1400、下部-400 2fの壁表示は切断面より下なので輪郭線表示となります。 ※同じクラスの重ね合わせは要素を配置する順序に依存します。, クラス順位による重ね合わせではなく、要素別で順位を変えたい場合は #ぷもん でつぶやいてもらえると励みになります。 方位記号にプロジェクトの真北を設定する, ARCHICAD ②複数要素表示順序設定で指定 一緒に頑張りましょう! 3Dでの表示・非表示設定(要素), 2Dは表示しておきたい要素を、3Dビューでは常に非表示にすることはできますか。続きを読む, ARCHICAD Copyright(C) 2020 OTSUKA CORPORATION All Rights Reserved. ↓ SketchUP(スケッチアップ)データの書き出し, ARCHICAD 作業領域下部に表示されていたクイックオプションバーが消えてしまいました。表示方法 ... ペン設定を設定しているのですが、画面上で線の太さが変わりません。 太さを表示させ ... コマンド名称のポップアップが表示されなくなりました。表示に戻す方法を教えて下さい ... カーソルがカクカクしたような動きになり、スムーズに動きません。また、カーソルに黒 ... ツールバーやパレットが非表示になってしまいました。再度表示させる方法を教えてくだ ... 隣接していたり、重なりあっている同じ種類の塗りつぶしを、一つにまとめることはでき ... 一覧表を作成した際、ゾーン名の欄「\n」が表示されてしまいます。削除できませんか ... Jw(JWW)_CADとは?AutoCADとの違いや互換性、Mac版の使い方など徹底解説, 【画像解説つき】SketchUpとは?ライセンスや機能、無料版の使い方まで徹底解説. ゾーン 2Dと3Dの表示色を揃える, ARCHICAD 右クリックでショートカットメニューを表示 規定値では6つの要素クラスにより、重ね合わせ順位が決定します。 Twitterもやってます。 寸法・位置を維持したまま建具種類を変更, ARCHICAD 3:ライブラリ部品(オブジェクト・ランプ・階段) (例)駐車場標識(ライブラリ部品)を最背面に変更, ① 表示順序で配置を指定 “表示順序”→“一番下に表示”, ②複数要素表示順序設定で指定 寸法の編集②(点の挿入/削除), ARCHICAD このようなボリュームの小さい物件の場合は、差ほどでも無いですが、ボリュームの大きな物件等はその一部を3Dで検討したい場合、有効な手法と言えるでしょう。. 作業領域の背景色を変更する(2D), ARCHICAD 線・円弧をポリラインに変換する, ARCHICAD 誰よりも不器用でデザインセンスがなかった経験から這い上がった経験からあなたにわかりやすくノウハウを提供したいと思います!. 日影シミュレーションの画像を作成する, ARCHICAD 平面を表示する。AutoCADでもテキストウィンドウを確認する際に良く利用したものだが、ArchiCADではさらに良く利用することになるだろう。またShift + F2 では平面の上の階が表示される。なんとShiftキーの下のCtrl + F2キーを押すと下の階が表示される。 そして画面右下のOKボタンをクリックします。 2D機能:二重線ツールを使用する(VIPツール), 線種を作成する以外に、間隔を指定して二重線を作成する方法はありませんか。続きを読む, ペン設定を設定しているのですが、画面上で線の太さが変わりません。 太さを表示させ ... 続きを読む, ARCHICAD 作業領域の背景色を変更する(3D), ARCHICAD 6:画像 ⑦ 左図が⑥までの結果です。ゾーンが非表示になって、室内の様子がよくわかるようになりました。 このページでは JavaScript を使用しています。 dwgの読み込み:外部参照②(XREFをアタッチ), ARCHICAD dwgの読み込み:結合(3Dで表示する), ARCHICAD 消えたツールバーやパレットを表示する, ツールバーやパレットが非表示になってしまいました。再度表示させる方法を教えてくだ ... 続きを読む, レイアウト表示の際、マスタレイアウトを指定しているのに図枠が表示されません。続きを読む, ARCHICAD もしいいなと思ってもらえたら 2019 All Rights Reserved. (操作方法) 平面を表示する。AutoCADでもテキストウィンドウを確認する際に良く利用したものだが、ArchiCADではさらに良く利用することになるだろう。またShift + F2 では平面の上の階が表示される。なんとShiftキーの下のCtrl + F2キーを押すと下の階が表示される。 材質カタログから材質を追加する, ARCHICAD ⑥ 設定画面の中の 3D表示する要素 の中からゾーンツール のみ チェックマークを外します。 旧バージョン(13より前)のチームワークファイルをarchicad 24で開く archicad 12以前のライブラリとオブジェクトの移行 「自動」配置フロア設定の廃止 部分表示でのドアおよび窓 ifcデータの消失 断面図/立面図マーカー表示 要素の配置順序に関わらず、クラス順位の高い要素が手前になる設定です。, 1:注釈(テキスト・ラベル・寸法・ゾーンスタンプ) 4:3D構造(壁・梁・スラブ・ドア・窓・柱・屋根・メッシュ) ゾーンの更新時にスタンプ位置も更新する, ARCHICAD 【3D要素フィルタ】設定画面右下のOKボタンをクリックします。 ↓ 位置を調整→閉じる, ARCHICAD 3D切断面の作成(3D切断), ARCHICAD ArchiCADで構造図・躯体図(くたいず)・詳細図を考える【続 BIMアプリケーションの使いこなし/第4回】, AutoCADとBIM似て非なるもの【続 BIMアプリケーションの使いこなし/第2回】, BIMからCIMへ-基盤地図情報を使う【続 BIMアプリケーションの使いこなし/第5回】, 躯体表示を「モデル全体」から「構造耐力要素の躯体のみ」に切り替える。これで構造用の柱、壁、梁、床のみの表示となる。, 通り芯(とおりしん)と寸法が3Dドキュメントにした時点で消えてしまっていたので、一般の平面図からコピー&ペーストして表示させる。ちょっとスマートではない方法だが、これが簡単で早い方法だ。, コンクリート切断面は塗りつぶし表示のほうが分かりやすいので、新機能であるビルディングマテリアルを使って、コンクリートの切断面表示を塗りつぶし表示に変更する。, 柱、梁、壁の符号も表示させる。これらの符号は各要素の「ID」属性を使う。梁符号の回転、位置も手動で調整する。.