ゴルフダイジェスト社 一般的に45インチと表示されているのドライバー(実は60度法で測ると約45.5インチ)と43インチ(60度法)の3Wで計算してみると・・・。 45.5インチ - 43インチ = 2.5インチ 単純に、長さの差は、2.5インチなので、1インチ14gのフローで計算すると、35g差になる。 と期待して見守る取材陣だったが、結果は測定不能レベルのミス連発。こりゃ企画倒れか!? 前回は、今どきフェアウェイウッドの選び方を、ざっくりご紹介させていただきましたが、今回は話題のフェアウェイウッドを、「ヘッドスピード」と「スピン量」で分類し、今の自分に合う最強フェアウェイウッドを見つけていただき、スコアアップの足しにして頂ければと思います。, 『ビジール535FW』の特徴のひとつ、広く深いトウ側とヒール側の溝が反発エリアを拡大し、浅く狭いセンター部の溝がヘッドの剛性を高め、ミスヒットした時の飛距離ロスを低減し、ギア効果で弾道がセンターに戻りやすいヘッドです。, 前モデルに比べ5mm先調子、9mm手元重心化され、剛性の高い手元とタイミングのとりやすい振りやすさで、ヘッドスピードがあがりやすく高弾道を打ちやすいシャフトです。, スイング中はヘッドが軽く感じるので、重ヘッドが苦手な方で速いテンポとスピーディーなスイングの方におすすめのシャフトです。, 安心感のある大型ヘッドと、高弾道を打ちやすい超シャローフェース(薄型)設計で、やさしさとボールのつかまりを重視したい方におすすめの『RC STAR FW』, 半番手短いクラブ長さですが適度な重量感があり、素直でクセのない挙動が、スイングの安定性を高めやすいシャフト。, ダウンブローで強めに打ち込むヘッドスピード40m/s前後の方は、もう少し重量があり先端が硬めのカスタムシャフトがおすすめです。, ヘッドスピードの速い方は、純正カスタムでフジクラ「Speeder EVOⅣ FW60」もラインナップされ、他にもさまざまなシャフトを特注でカスタムできます。, ヘッドスピードの遅い方で、弾道を上げながらドローやフェードで、操作性を求められるヘッドを探している方におすすめです。, 1、ブレない=低く深い重心設計でブレずに飛ばす。 2、抵抗しない=フラットソールと低いリーディングエッジ球を上げる。 3、反発する=前モデルより30%たわみ初速アップ。, 3つのチカラで飛ばすG400FWは3モデル発売され、飛距離性能の高い「G400FW」、13°の大型ヘッド「G400 STRETCH3 FW」、ヘッドスピード遅めの方におすすめのモデルが、つかまりを重視した『G400 SF TEC FW』です。, しっかりとした剛性でボールをミートしやすいシャフト。硬さにより異なるキックポイントがラインナップされ、ヘッドスピードが遅めの方は、フレックスR(先調子)、フレックスSR(先中調子)で高弾道を狙え、高さを少しおさえたい方はフレックスS(中調子)がおすすめです。, 右へのミスを軽減したい方は、つかまる純正シャフト「ALTA J CB」で、叩くタイプの方は「PING TOUR 173-65」がラインナップされ、ヘッドスピードが速いスライサーの方には、好みのシャフトで選べるカスタムシャフトが用意されています。, ヘッドの重量感もあり、やや弾き感のある打感と金属系のクリアな響く打音から、ストレート~ドローボール系の高弾道を打ちやすく、スイートエリアも広いのでミスヒットに強いヘッドです。, シャローバック形状 + フラットボトム設計 + 短くしたネック シャローバック形状と、従来モデルより3mm 短くしたネック長により、深・低重心化を実現させ、新技術に改良を加えることで、高打ち出し・低スピン性能で、ミスヒットに強い「芯で捉える」確立を高め、ゼクシオ史上最大の飛びを達成させた、10代目となる『ゼクシオ テン』, ヘッド同様、芯で捉える確率と打点のバラつきを28%も軽減させた、粘って走る軽量シャフト。, ヘッドスピードの遅い方でもシャフトがしっかりしなり、インパクト手前で一気にしなりを解放してくれるので、スムーズに振り抜きやすく、タイミングだけ覚えればやさしく打ちやすいシャフトです。, ヘッドスピード42m/s以上ある方は、トップなどの軽すぎるミスが出やすくなる傾向もあり、叩いて飛ばせるゼクシオとして、20g重量を重くした「Miyazaki」モデルや、好みのシャフトで組める、カスタムシャフトにも対応しています。, 弾き感の強い打感とクリア系の爽快な響く打音から、打ちだし角の高い強い弾道でどんどん高さが上がり、ヘッドスピードが遅い方でもキャリーで飛距離を伸ばしやすく、つかまりのよいドローボールが打ちやすいヘッドです。, 直進飛距離を生み出すラージサイズヘッド 前モデルと比較してヘッド体積を20%アップし、ドライバー同様、大きな飛距離と直進性の高いビッグキャリーを可能にした『VG3フェアウェイメタル』, 強く打ち込むと直進力のある中弾道でラインを出しやすく、打ち込み方に応じて弾道の高さを操作しやすいヘッドです。, オールラウンドソール ソールは平坦ではなく、中心部に向けて角度をつけた「オールラウンドソール」。 地面との接触面を減らすことで、ラフでや傾斜地でも抜けの良さが特徴のオールラウンドギアです。, 飛距離特性を重視したヘッドではありませんが、弾き感のある打感と響く金属音から、かなりの高弾道キャリーボールで飛び出し、思ってた以上の飛距離を稼いでくれます。, 純正シャフトは、「Q」専用設計のオリジナルシャフトが2種類ラインナップされ、打ちやすさを重視した素直で振りやすいシャフトです。, シャフトが短いこともありボールにミートしやすく、ライの悪い状況ほどヘッドが活躍してくれるので、初心者の方はもちろん、弾道操作ができる上級者の方も積極的に攻められる1本です。, 方向性を高める研究から生まれたナナメ溝 ヨネックス「EZONE GT」は、他とは違うナナメ溝になり、左右のバラつきを抑えグリーンを狙うために、タテ溝やヨコ溝よりも左右のブレが少なく、方向性を安定させためにナナメ溝を採用し、大きな特徴になっています。, 全体の剛性がしっかりしたシャフトで、中間部の大きなしなりからインパクトゾーンでは早めにしなり戻るので、ヘッドスピードも上がりやすいシャフトです。, 払い打つよりはダウンブロー系で打つ方と相性がよく、重量はありますがカウンターバランス設計(手元側に重さ)なので、シャープな振りやすさを好む方におすすめのシャフトです。, コンパクトサイズなのでフェースコントロールがしやすく、重量感のあるヘッドをダウンブローで強く打ちこむと、つかまりのよいドローやフェードが打ちやすいので、右へのミスをおさえながら、操作性を求める方におすすめです。, 高効率インパクト設計 前モデルも飛距離性能の高いヘッドでしたが、さらに芯でとらえて飛距離アップするために、真芯でインパクトできるようにヘッドを再設計しています。, 切り返しのタイミングが取りやすく、振り遅れしづらいやさしい純正カスタムシャフト。打ちだし角も安定しやすく、インパクトで当たり負けしづらいので、しなり戻りのポイントをおさえれば、ヘッドスピードの遅い方でも弾道を上げやすいシャフトです。, ヘッドスピードの速い方や、しっかりミートさせたい方は、叩けるシャフト「Speeder EVOLUTION Ⅳ FW60」が、純正カスタムとして用意され、お好みのシャフトで組めるカスタムオーダーもあります。, デュアルウエイト設計 やさしさと飛距離性能を求めたミズノ「GXシリーズ」のFWは、ソール部バック側に20gのウエイトを配分させ、ボールのつかまりと安定した弾道を生み、フェース側30gのウエイトは、余分な吹き上がりを抑え力強い弾道を生み出す、やさしく打ちやすいヘッドに仕上げています。, ミズノ「GXシリーズ」の純正シャフトは、最近のカスタムシャフトに多い「軽・硬」シャフトが特徴です。, 「軽量でありながら暴れない」ことを追求したMFUSIONシャフトは、ダウンスイングからインパクトにかけてはスピーディーにしなり戻り、しっかり叩いても暴れない剛性の高い先端で、「軽・硬」シャフトらしいスパッとした振りやすさがあります。, カスタムシャフトと違う点は、手元側のしなりが少しゆったりめなので、スイングテンポがゆっくりめの方もタイミングがとりやすく、ボールを正確にとらえやすい、「軽・硬」シャフトのメリットを活かせます。, シャフト重量は、S=52g、SR=47g、R=42gで発売され、フレックスにより重さの開きがあるので、ドライバーのシャフト重量を気にかけながら選びたいところです。, 払うように打てば高弾道になりますが、ミスが出づらい「ややダウンブロー系」の打ち方をマスターしながら、FWのレベルアップをしていきながら、ヘッドスピードがふつうの方も飛距離を伸ばしやすい飛び系ヘッド。, 3つのチカラで飛ばすG400FWは3モデル発売され、つかまりを重視した「G400 SF TEC FW」、ロフト13°の大型ヘッド「G400 STRETCH3 FW」、ヘッドスピードふつうの方で飛距離性能を求めたい方は「G400FW」がおすすめです。, ピンG400FWの純正カスタムで用意されている、USTマミヤ『ATTAS COOOL』, ほどよい硬さの手元と、中間部から先端にかけて鋭く走り、「ボール初速」と「つかまり」を最大化させヘッドスピードと飛距離アップを狙えるシャフト。ドライバーに「軽・硬」で組む方も多いシャフトです。, 切り返しからスムーズにな動きで中間部にながり、「タメ」をシャフトが自然に作ってくれるので、無理にシャフトをしならせなくても、インパクト時にヘッドがタイミングよく戻ってくる、オートマチック性が高くクセのない素直なシャフトです。, フェースに食い付く柔らかい打感と弾きのバランスがよく、金属系のクリアな打音から、ボール初速の速いストレート系の高弾道が打ちやすいヘッドです。滞空時間が長い大きなキャリーと、落下後のランもでる飛距離特性の高いモデルです。, 2017年に発売された「エピック」シリーズのドライバーに搭載された、ヘッド内部に2本の柱を埋め込む『JAILBREAKテクノロジー』を、2018年発売の「ローグ」シリーズではFWにも搭載させ、剛性の高さと反発性能を向上させています。, さらに、ソールのフェース側にウエイトを配置させ、低スピンがでやすい浅重心と、打ちだしの高い低重心設計など、ヘッド内部にこだわったFWです。, ドライバー用「Speeder EVOLUTION IV」のフィーリングをそのままに、FW用に改良された『Speeder EVOLUTION IV FW』, 「EVO IV」は中間部~先端にかけて硬く、スピーディーなしなり戻りに合わせて叩けるシャフトの特徴を持ち、ヘッドスピード40m/s前後の方で、タメを作りながらインパクトで叩きたい方と相性がよく、シャフト重量も40g、50g台が用意され、ドライバーのシャフト重量や総重量を確認しながらセッテイングしておきたいところです。, ヘッドスピードの速い方はカスタムで、ヘッドスピードの遅い方は約30gの軽量グリップを装着した、三菱レイヨン「SPEED STAR バージョン」がW3とW5に追加ラインアップされ、幅広い方にぶっ飛びを体感しやすいシャフトがラインナップされています。, やわらかい打感と弾き感のバランスがよく、響きすぎないやや高めの打音から、打ち出し角の高い強い弾道のストレートボールが出やすく、ヘッドスピード40m/s前後の5Wの試打では、ランの転がりをふくめたトータル飛距離がもっとも高く、ヘッドスピードの速い方が打っても、吹け上がらずに飛距離を伸ばしやすい今季注目のぶっ飛びFWです。, M4FWは、ヘッドのトゥ側とヒール側に、大型の「スプリット・ウェイトパッド」を搭載させ、アスリート系の方が求めるやさしさを向上させたモデルです。, 前モデルM2よりも直進が高くなり、フェース素材には反発力と軽量化に優れたC300が採用され、打感・打音なども改良されています。, シャフト重量40g台はフレックスRとSRで、シャフト重量50gがフレックスSになり、計3種類のフレックスが用意されています。, 手元側がほどよくしなり、中間部は大きめのしなりで、切り返しからダウンスイングまでのタイミングが取りやすく、ダウンスイングからは素早くしなり戻り、オートマチックにボールをつかまえやすいシャフトです。, カスタムシャフトと比較すると中間部のしなりが大きいので、ヘッドスピードの速いビギナー系の方やシニアの方におすすめです。, グラファイトデザイン「Tour AD IZ-6」や、フジクラ「Speeder 661 EVOLUTION IV」が標準カスタムで用意され、他にもさまざまなシャフトをカスタムで組むことができます。, やわらかめの打感で弾き感はM3よりも強く、落ち着いた中低域の乾いた打音から、中弾道でぐんぐん伸びていく直進性の高い弾道がでやすく、中~上級者の方でオートマチックにストレートボールで攻めたい方や、ややフェード系で弾道を上げて攻めたりと、直進性のなかに少し操作性を求めたい方におすすめの飛距離系ヘッドです。, M4FWは、ヘッドを少し小ぶりにした「M4 Tour」もラインナップされ、飛距離性能と操作性をバランスよく求めたい、上級者好みのヘッドも発売されています。(シャフトはカスタムのみ。), ソール部にあるスライディング・ウェイトを、M1FW-2017より重量を約4gアップさせ、弾道調整の幅を広げながら低重心化も実現させた『M3FW』, シャフト重量50g台のやや軽めのシャフトになりますが、全体の剛性が硬いシャフトです。, 手元側と先端側の剛性が高く中間部がややしなり、スピーディーな動きで、方向性を出しながら叩けるシャフトです。, 重量感を出したい方は、グラファイトデザイン「IZ-6」と、フジクラ「Speeder 661 EVOLUTION IV」が、純正カスタムで用意され、他にもさまざまなシャフトをカスタムで組むことができます。, M4FWと比較すると、M3FWの方がミスヒットにはシビアですが、左のミスを気にせず叩けます。操作性とラフからの抜けの良さも抜群で、ヘッドスピードが速くミート率が安定している方でしたら、飛距離性能とあらゆるライに対応できる操作性を求められる万能FWです。, ヘッドスピードの速い方は、『3W』の選択で飛距離を活かした攻め方ができますが、ヘッドスピードの遅い方やミート率の低い方が、プロが使用しているような低スピン系を選んでしまうと、スピン量不足により弾道が失速し、飛距離が伸びづらい傾向もあります。, ヘッドスピード43m/s以下の方は、レベルに合ったスピン量を選べれば、5Wでも充分な飛距離をかせげるので、一発の飛距離よりも安定して打てるFW選びが、スコアアップのカギになってきます。, また、人によっては出動回数の少ないクラブにもなりますが、FWの長さのプレッシャーに負けないように、腕もクラブも磨きをかけておけば完璧です。, 【新製品】USTMamiya ATTAS10代目『The ATTAS』2018年7月27日デビュー!, 【新製品】【試打】ほどよい操作性と打ちやすさでさらに飛ぶ!話題のヤマハRMX120ドライバー+エボ6!, 石川遼限定モデル「R.I.

前回は、今どきフェアウェイウッドの選び方を、ざっくりご紹介させていただきましたが、今回は話題のフェアウェイウッドを、「ヘッドスピード」と「スピン量」で分類し、今の自分に合う最強フェアウェイウッドを見つけていただき、スコアアップの足しにして頂 é›¢ãŒã‚ã‹ã‚Šã¾ã™!! 3W・5W・7Wなどのフェアウェイウッド(FW)とは、文字通り、短く刈り込まれたフェアウェイから打つことを想定されたクラブのこと。, また、狭いホールなどではドライバーの代わりにティショットで使用したり、ロングホールでダイナミックに2オンを狙っていく際などには欠かすことのできないクラブなのだ。, 今回は、3W・5W・7W・9Wの選び方と、初心者でも簡単に打てるおすすめのフェアウェイウッドを厳選して5本ご紹介する。, 初心者ゴルファーが初めてFWを購入する場合、3Wではなく5W(5番ウッド・クリーク)をおすすめする。, また、実際にヘッドスピード40m/s程度のアマチュアでは、3Wより5Wの方が飛距離が出るというデータもあるのだ。, 後述するが、安定して3Wを地面から打つためにはかなりの技術力が必要となることだけは覚えておこう。, それではここからは、3W、5W、7W、9Wのそれぞれの特徴と、一般的なスペックをご紹介していこう。, 近年はドライバー並みの飛距離を望めるようなぶっ飛び3W(スプーン)も登場している。, ただし、『地面から打つ最も長いクラブ』ということもあり、熟練者以外は避けた方がいい可能性も。, つまり、ミスのリスクが高すぎるため、一般的なアマチュアゴルファーはティーショット以外で使用することはおすすめしない。, 以前のスプーンの長さは43インチがメジャーだったが、近年では43.5インチが主流になり、以前よりもやさしく距離が望めるようになっている。, また、高さも出るため、3Wで中途半端に打つより飛距離も方向性も安定することは間違いない。, 理由としては、ユーティリティの方が7Wより短く、扱いやすいという方が増えているからに他ならない。, このロフトのクラブを選ぶ際はFWとユーティリティのどちらを使う方がスコアアップを望めるのかをしっかり考えるべきだ。, しかし、残念ながら9Wは女性向けや、年配者向けのモデルが多く、選べる種類が少ないことが玉に瑕だ。, FWのヘッドの素材はステンレス製のモデルが一般的であるが、最近は、チタンやマレージング網を採用したモデルも登場している。, 同じクラブでも、身長220cmと140cmとでは、本人が感じる長さの感覚はまったく違ってくる。, ちなみに42.5インチ(約108㎝)のクラブのそれぞれの身長に対する比率は以下の通りだ。, 特に、海外メーカーのゴルフクラブは日本人には長すぎる傾向にあり、クラブバランスを見直すべきである。, その際は、感覚でクラブを選ぶのではなく、クラブフィッティングによるデータに基づいたクラブを選択することが重要になってくるのだ。, 練習場では上手く打てるのに、実際のラウンドではチョロやトップが多発する場合は『クラブを短く』握ってみてほしい。, さて、ここからは、打ちやすくて人気のフェアウェイウッドを厳選して5本ご紹介しよう。, また、今回ご紹介した、おすすめFW5選の他にも、安くてお得な中古の名器や型落ち品も多数発売されているのでそちらも一度チェックしてみてはいかがだろうか?, また、完璧なフィッティングによる3wと5wは僕に合った最高の2本となりました。(しかも激安!), FWに限らず、自分にピッタリのクラブを選ぶためには、己のスイングデータを可視化し、データに沿ったクラブ選びが重要になってきます。, 下記の記事を参考にし、一度、クラブフィッティングに挑戦することを強くお勧めします。, 約2時間無料(要予約)のクラブフィッティングと、たけちゃんとの出会いによって、あなたのゴルフライフがガラリと変化することをお約束しましょう。. ゴルフクラブにはたくさんの種類があり、ドライバー(1w)の次に飛ぶクラブとしてフェアウェイウッド(Fw)があります。 さらに細かく分類すると2wから13wなんてものまであるのです。 そこで今回はその中でも種類が豊富な3wと5wに焦点を当ててお話ししていきます。 長さは約2インチ違う. 【動画あり】絶対に失敗しないフェアウェイウッドの交換方法を実践!ドライバー用シャフトをFWに使用する際の超お得な裏技をコッソリ紹介。おすすめのFW専用シャフトと失敗しない選び方もあり。FWが苦手なゴルファーの90%以上は自分に合っていないクラブを使用している!? © 2020 GolfMagic [ゴルフマジック].All Rights Reserved. 【2018年12月30日更新】振動数を知ればドライバーシャフト交換はもう失敗しない!1,000本以上の交換実績を持つプロフィッターが伝授するリシャフト方法。2018人気のおすすめドライバーシャフトランキングも!スピーダー、グラファイトデザイン、フジクラ、アッタスのおすすめシャフトとは?ヘッド交換もトライした!, アイアン買い替え前、アイアン選びに迷うゴルファー必見!ゴルフクラブメーカーは絶対に言わない「アイアンの選び方」とは?プロクラブフィッターにお願いしてイアンを買い替えたゴルフクラブ買い替え日記。アイアンを買い替えた理由もご紹介。, ユーティリティが苦手な理由の8割がシャフトにあった!クラブフィッターおすすめシャフト3本と、今まで誰も公開しなかった男性ゴルファーにピッタリのシャフト重量を初公開!純正カーボンシャフトは軽すぎ、純正スチールシャフトはオーバースペックだった!. 江澤亜弥が“高校の先輩”女子プロに教わった打ち方. 3番ウッド(スプーン)とドライバーを比較すると、3番ウッドの方が飛距離が劣りますよね。 すごく当たり前のことですが、その理由を2本のゴルフクラブの違いから考えていきたいと思います。 まずは、ドライバーの方がティーショットでゴルフボールの飛ぶ飛距離が出る理由を具体的に考えていきましょう。 ツアープロや競技アマのフェアウェイウッドをリサーチしてみると「5W」だけ入れているアマチュアもいれば、「3W」しか入れていない男子プロがいた。では、その「3W」と「5W」のコースでの使い勝手はどうなのか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フェアウェイウッドは払い打つな、滑らすな!フェアウェイウッドが苦手ゴルファー必見。スプーンは打ち上げると必ずミスる理由を明確解説。スプーン(3W)を武器にすることでイーグル、2オンも夢ではない。「そうか、だからスプーンでゴロしか打てなかったのか!」. ゴルフクラブの長さは飛距離を決定する数値の一つです。長いほどボールを遠くまで飛ばすことができます。また、ゴルフクラブの長さはゴルフクラブの振り易さを示す数値の一つです。同じ重さであれば長い方が振り難く、短い方が振り易く感じられます。 番手ごとの適正重量がわかります!!