母:  1925年 大阪市高速度交通入社     長女:鹿島伊都子(鹿島建設会長 渥美健夫の妻)   妻:梁瀬公子(ヤナセ会長 梁瀬次郎の二女)   父:鹿島長次  1975年 死去   夫:永富守之助【鹿島守之助】(永富敏夫の四男), ◆鹿島昭一 人物・経歴.   父:鹿島龍蔵  1972年 三菱瓦斯化学副社長   養父:葛西精一【鹿島精一】     男:鹿島八郎   父:葛西武一【葛西晴寧】  1933年 昭和電工入社  人事興信録 8版  日本紳士録 80版  1986年 死去  早稲田大学名誉教授     長女:鹿島縫子(男爵 佐竹義輔の妻)   母:平田明子(平田佐武郎の二女), ◆鹿島三也     養子:葛西精一【鹿島精一】(葛西武一【葛西晴寧】の長男)     長女:鹿島登志(木村淳の妻), ◆鹿島長次 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}).   養母:荒井たけ(東京、荒井清吉の長女)     男:鹿島六也  1930年 誕生  20世紀日本人名事典.   養母:鹿島いと(鹿島組組長 鹿島岩蔵の長女)   妻:荒井たけ(東京、荒井清吉の長女)  1984年 鹿島建設社長(-1990年)     庶子:鹿島木九(名古屋大学教授 野辺地慶三の妻) 鹿島岩蔵 1844年 誕生 1880年 鹿島組組長 1912年 死去 父: 母: 妻:荒井たけ(東京、荒井清吉の長女) 長女:鹿島いと(葛西精一【鹿島精一】の妻) 養子:葛西精一【鹿島精一】(葛西武一【葛西晴寧】 …   母:   母:鹿島いと(鹿島組組長 鹿島岩蔵の長女)  八重洲ブックセンター副社長     長男:鹿島昭一  1947年 死去   養母:鹿島卯女(鹿島建設社長 鹿島精一の長女) 建設業界.  1936年 鹿島組取締役   母:鹿島卯女(鹿島建設社長 鹿島精一の長女)  現代物故者事典   妻:鹿島卯女(鹿島建設社長 鹿島精一の長女)   妻:平田明子(平田佐武郎の二女)  1982年 死去  1880年 誕生     長女:鹿島彩子, ◆鹿島光一   父:葛西精一【鹿島精一】   妻:鹿島いと(鹿島組組長 鹿島岩蔵の長女)     二女:鹿島絹, ◆鹿島龍次   父:永富守之助【鹿島守之助】  早稲田大学教授  1912年 鹿島組組長 鹿島建設歴代社長 (鹿島組社長) 01代 1930年-1938年 鹿島精一 02代 ... 2020.08.19.     長男:鹿島次郎   妻:笹沼登代子(偕楽園 笹沼源之助の長女)  1963年 鹿島建設相談役     二女:鹿島薫子(鹿島建設副社長 小野威の妻)   父:鹿島龍蔵 鹿島精一が社長となる。 1938年(昭和13年)鹿島守之助社長就任。 1945年(昭和20年)花岡事件。 1947年(昭和22年)社名を鹿島建設株式会社に改称。 1965年(昭和40年)日本で最初の超高層ビル、三井不動産 霞が関ビル(地上36階)着工。   母:加瀬しま(加瀬忠次郎の娘)  1990年 鹿島建設副会長  鹿島組理事 押味 至一(おしみ よしかず、1949年2月21日 - )は、日本の実業家。鹿島建設代表取締役社長、ロングライフビル推進協会会長、日本建設業連合会副会長。, 神奈川県横浜市のミシン加工業者の家に生まれる。中学校時代に父が倒れ、新聞配達や横浜港での沖仲仕のアルバイトをして家計を助けながら、横浜市立南高等学校を経て、映画『超高層のあけぼの』の影響もあって東京工業大学工学部建築学科に進んだ。設計志望だったが林昌二による課題の評価で現場監督の方が向いているとアドバイスされ、1974年大学を卒業して鹿島建設に入社した[1]。, 2003年鹿島建設横浜支店次長。2005年執行役員横浜支店長。2008年常務執行役員。2009年建築管理本部長。2010年専務執行役員。2013年関西支店長。副社長執行役員を経て[2]、2015年から代表取締役社長[3]を務め、2020年東京オリンピック後の需要減少を見据え海外事業の強化を進めた[4]。ロングライフビル推進協会会長[5]、日本建設業連合会副会長[6]、海外建設協会副会長[7]なども歴任。, 鹿島、海外売上高4割目指す アジア中心に強化、人事面でも国際戦略を後押し (1/2ページ), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=押味至一&oldid=72977984.  鹿島組取締役  1953年 鹿島建設入社     長女:鹿島綾     三女:鹿島三枝子(衆議院議員 平泉渉の妻), ◆鹿島卯女   養父:鹿島岩蔵  1973年 文化功労者   母:  1970年 誕生  1906年 川崎造船所入社(-1906年)  1903年 誕生  1957年 鹿島建設会長(-1975年)     長男:鹿島長次   母:すえ   父:鹿島次郎     二女:鹿島芳子(鹿島建設副社長 神谷龍の妻) 押味 至一(おしみ よしかず、1949年 2月21日 - )は、日本の実業家。 鹿島建設 代表取締役社長、ロングライフビル推進協会会長、日本建設業連合会副会長。.  1880年 鹿島組組長   父:   父:鹿島龍蔵  1988年 死去  1909年 誕生   父:鹿島龍蔵  1938年 早稲田大学助教授     長女:鹿島いと(葛西精一【鹿島精一】の妻)  1916年 誕生  2007年 鹿島建設取締役(-2013年) 鹿島精一会長、鹿島守之助社長就任。 1945年 (昭和20年) 戦災復旧工事、駐留軍工事を開始。 1947年 (昭和22年) 社名を鹿島建設株式会社に改称。 1949年 (昭和24年) 建設業界初の研究所、鹿島建設技術研究所を設立。 1950年 (昭和25年)  1957年 北海道開発庁長官(-1957年)  人事興信録 19版  1946年 土木学会会長   父:鹿島岩蔵  1946年 公職追放(-1951年)  1947年 鹿島建設社長(-1957年)  三菱江戸川化学専務  1844年 誕生  鹿島組相談役  筑波大学助教授     庶子:鹿島龍蔵  1875年 誕生 鹿島精一が社長となる。 1938年(昭和13年)鹿島守之助社長就任。 1945年(昭和20年)花岡事件。 1947年(昭和22年)社名を鹿島建設株式会社に改称。 1965年(昭和40年)日本で最初の超高層ビル、三井不動産 霞が関ビル(地上36階)着工。 鹿島建設歴代社長 (鹿島組社長) 01代 1930年-1938年 鹿島精一 02代 ... 2020.08.19.   妻:小野松枝(小野鵞堂の四女), ◆鹿島龍蔵 建設業界.  1972年 誕生     養子:芳井忠夫【鹿島忠夫】(芳井俊夫の三男), ◆永富守之助【鹿島守之助】     二男:鹿島三也     長男:鹿島光一   母:加瀬しま(加瀬忠次郎の娘), ◆鹿島六也  1934年 江戸川工業所入社  1959年 鹿島建設副社長   母:加瀬しま(加瀬忠次郎の娘)  1997年 鹿島建設参与     男:鹿島五郎  2006年 八重洲ブックセンター社長  1921年 誕生  人事興信録 28版  三菱銀行  1899年 鹿島組副組長   妻:野口妙子(東京、野口駿尾の長女), ◆鹿島五郎  1953年 参議院議員(-1971年)  1912年 死去     長女:鹿島卯女(永富守之助【鹿島守之助】の妻)   母:笹沼登代子(偕楽園 笹沼源之助の長女) 鹿島建設の歴代社長 初代:鹿島岩吉(1840~1880年) 2代:鹿島岩蔵(1880~1912年) 3代:鹿島精一(1912~1938年) 鹿島建設株式会社(かじまけんせつ)は、日本の大手総合建設会社である。対外的には鹿島と称する。, 「スーパーゼネコン」とも称される、ゼネコン大手五社(鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設、竹中工務店)の一つである。, 超高層ビル事業を得意とし、蓄積された高度な技術とノウハウ、業界随一の技術研究所を有している。東京駅の八重洲口再開発や丸の内駅舎保存・復原工事(2012年10月1日完成)、秋葉原地区などの開発事業や海外でのプロジェクトにも実績が豊富である。一方で社員があっせん利得処罰法違反で逮捕されるなど、数々の談合事件にも関与しており、その後の建設業者に少なからず影響を与えている。, ジャパン マリンユナイテッド | 商船三井 | 日本海洋掘削 | 日本郵船 | 三井E&Sホールディングス, IHI | 川崎重工業 | 国際石油開発帝石 | JX石油開発 | 千代田化工建設 | 三菱造船 | 横河電機, 秋田大学 | 大阪大学 | 大阪府立大学 | 九州大学 | 京都大学 | 高知大学 | 神戸大学 | 佐賀大学 | 筑波大学 | 東京大学 | 東京海洋大学 | 東京農工大学 | 東北大学 | 鳥取大学 | 長崎大学 | 広島大学 | 北海道大学 | 横浜国立大学, https://web.archive.org/web/20150409115148/http://www.asahi.com/special/051118/TKY200512070208.html, https://web.archive.org/web/20101218190912/http://www.asahi.com/national/update/1215/OSK201012150162.html, https://www.asahi.com/sp/articles/ASL324TCBL32UTIL02L.html, https://mainichi.jp/articles/20180324/ddm/041/040/062000c, 盛岡市役所 盛岡市ガイド › もりおかの歴史 › 盛岡の先人たち › 第127回:鹿島精一, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鹿島建設&oldid=79335410, フォレステージ高幡鹿島台|東京都日野市南平, 基本計画者/宮脇檀建築研究室、鹿島建設、1998年, とみや大清水21|宮城県黒川郡富谷町大清水一丁目 仙塩広域都市計画事業 富谷町大清水土地区画整理事業, 岡本レジデンス|アーキサイトメビウスと。世田谷区岡本の丘、邸宅マンションプロジェクト, ウェストヒルズ16区|福岡市西区 福岡市の中心・天神地区の西方約10kmの丘にたつ住宅街, LAZONA川崎レジデンス|駅直結、大型商業施設棟と大規模住宅棟、東芝グループや三井不動産と, 青葉台パークホームズ弐番館|三井不動産・鹿島建設の旧分譲、鹿島建設の施工で1995年に8月に竣工したマンション. 【eiicon company】鹿島建設×GATARI 、ARを活用した音声解説アプリ「HICityARアプリ」体験会を実施! 2020.11.13 18:48 経済 プレスリリース 文字サイズ     庶子:鹿島つぎ(商工省統制局長 新倉利広の妻), ◆葛西精一【鹿島精一】  鹿島建設取締役   妻:加瀬しま(加瀬忠次郎の娘)  人事興信録 42版  筑波大学教授   妾:   母:  1940年 誕生  1950年 鹿島建設専務  1951年 拓殖大学教授(-1962年)  1978年 鹿島建設名誉会長   母:加瀬しま(加瀬忠次郎の娘), 人事興信録 4版  1953年 鹿島建設取締役     養子:永富守之助【鹿島守之助】(永富敏夫の四男)  1926年 鹿島組入社  1957年 鹿島建設社長(-1966年)  1947年 鹿島建設取締役   父:鹿島昭一  新訂現代日本人名録2002 ◆鹿島岩蔵  1910年 誕生  1946年 貴族院議員  日本近現代人物履歴事典  1930年 鹿島組社長(-1938年)  1976年 鹿島建設会長  人事興信録 37版  鹿島建設  1914年 誕生 鹿島建設の歴代社長 初代:鹿島岩吉(1840~1880年) 2代:鹿島岩蔵(1880~1912年) 3代:鹿島精一(1912~1938年)     長男:鹿島龍次  1938年 鹿島組会長  1937年 鹿島組副社長   父:鹿島龍蔵  1896年 誕生     女:鹿島奈々, ◆鹿島次郎  1920年 外務省入省(-1930年) 押味社長は建築管理本部を経て,2013年4月に関西支店長に就任。 2年間で支店の大改革を実施した。 支店人員のダウンサイジングやコンプライアンスの徹底,経費削減など厳しい内容に取り組む一方,“みんなで楽しいことを考えよう”と提案。  1966年 鹿島建設顧問   父:永富敏夫  第百銀行  1994年 鹿島建設取締役相談役   母:加瀬しま(加瀬忠次郎の娘), ◆鹿島八郎  1900年 誕生  1978年 鹿島建設副会長  1938年 鹿島組社長(-1947年)  人事興信録 13版   父:芳井俊夫   養父:永富守之助【鹿島守之助】  1966年 鹿島建設副会長 共創プログラム『HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD』から誕生!, eiicon company(所在地:東京都港区南青山、代表:中村 亜由子)は、同社がサポートし、経済産業省関東経済産業局、大田区、羽田みらい開発株式会社(以下「羽田みらい開発」)とともに本年1月に開催した共創プログラム『HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD※1』をきっかけとしたオープンイノベーション※2の事例として、鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:押味 至一、以下「鹿島建設」)と、同ビジネスビルドで採択された株式会社GATARI(本社:東京都中央区、代表取締役:竹下 俊一、以下「GATARI社」)の共創によるARを活用した音声解説アプリ『HICity ARアプリ』が、HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ、以下HICity)にて開催されたHICityオープニングイベント「浮世絵 THE WORLD」にて体験会を実施したことをお知らせいたします。, ■共創プログラム『HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD』がアプリ誕生をバックアップ, 『HICityARアプリ』は、ことし羽田空港跡地第1ゾーンに誕生、日本の先端産業や文化産業を発信・創出するエリアをめざす「HANEDA INNOVATION CITY」を、よりインスピレーションと賑わい溢れる場所にすべく開催された、訪れる方に新たな体験・価値を提供する事業アイデアを募集する共創プログラム『HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD(羽田イノベーションビジネスビルド )』にて採択されたGATARI社が、鹿島建設と約8カ月間にわたるインキュベーション期間を経て完成したアプリで、今回の体験会が初のお披露目となりました。, 『HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD』 https://eiicon.net/about/haneda-innovationcity-bb2019/, 『HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD』パートナー企業決定, (2020年2月12日プレスリリース) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000037194.html, (「TOMORUBA※3」記事) https://tomoruba.eiicon.net/articles/1546, ■『HICityARアプリ』による音声AR体験について(「浮世絵 THE WORLD」会場内), 「浮世絵 THE WORLD」は、世界に誇る日本文化である浮世絵をモチーフに、HICityのコンセプトである「先端」と「文化」の融合を具現化すべく、日本の最先端、そして伝統文化を世界に向けて発信する同地のオープニングイベントとして開催されました。, 先端技術の実証実験の場として行われる「スマートモビリティ&スマートロボティクス実証実験」では、さまざまなロボットやモビリティがHICityに集結し、試乗や操作を楽しむことができるほか、1万個の紙ろうそくを用いた巨大浮世絵を作るプロジェクトなど、会場の模様は多くのニュースで紹介されました。, 【「浮世絵 THE WORLD」】 https://a-files.jp/ukiyoetheworld.html, 『HICityARアプリ』は、HICityで開催されるイベント等に連動し、さまざまなARコンテンツを配信するアプリケーションです。今回の「浮世絵 THE WORLD」イベントでは、展示物解説音声ガイドをARで提供。同アプリを起動し、スマートフォンのカメラで会場の作品を読み取り、展示物に近づくことで音声による解説が始まります。, 作品の位置に連動して音声が聴こえるようになっているため、離れると聞こえなくなり、近づくと解説が始まる、まるで通りがかった人が自然と声をかけてくれる、江戸情緒にあふれた街が近づいてくるような体験をお楽しみいただけます。, 開催期間中、ご来場いただいた多くのお客様が、会場内のQRコードからご自身のスマートフォンにインストールし、『HICityARアプリ』の驚き音声ARを体感。今回の体験会を通じて、高い評価と実用性の高さが証明されました。, なお、事業を活性化するメディア「TOMORUBA※3」では、共創を決定した経緯やプロダクトの特徴、イベント開催に至るまでの道のりや今後の展開などについて、株式会社GATARI 竹下俊一代表、鹿島建設株式会社 開発事業本部 事業部 忽那知輝氏 へのインタビュー記事を掲載しています。, https://tomoruba.eiicon.net/articles/2228, 株式会社GATRAIは新しいエンターテインメントを切り口に、未来の都市「スーパーシティ」を見据えた未来のインフラづくりを目指すAR/MRスタートアップです。「人とインターネットが融け合う世界を創る」というビジョンを掲げ、東京大学を拠点とした日本最大のVR学生団体UT-virtual(https://utvirtual.tech )創設者である代表の竹下によって2016年に設立されました。これまで、ゲームエンジンを活用しリアルとデジタルを融合させることで生まれる様々な空間サービスの開拓や研究開発を行なってきました。現在、Mixed Realityエンジニアリングと音響の専門家が在籍するチームで、それぞれの専門領域を生かして既存フォーマットの100+1の体験ではない未来の音声体験を生み出し続けています。, ■事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”「TOMORUBA」※3 について https://tomoruba.eiicon.net/, eiicon companyが運営する「TOMORUBA」。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信しています。, ■オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」※3について https://auba.eiicon.net/, 「AUBA」は、「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。, 企業は、企業情報をはじめとするミッションや、事業成長に必要なリソースなどさまざまな情報を「AUBA」に登録することができます。それらの情報を発信し合い、企業同士が繋がることができる場が「AUBA」です。, eiicon companyは、「オープンイノベーション」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。, 1)「AUBA」:自社ニーズ、シーズをオープン化し、ビジネスパートナー企業との出会い、繋がりを実現するオープンイノベーションプラットフォーム, 2)「TOMORUBA」:事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”, 4)「Sourcing Support」:専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援, 以上4つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供しています。, 事業内容:オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど, 事業内容:新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務, ※1:HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD:, https://eiicon.net/about/haneda-innovationcity-bb2019/, 2020年1月31日(金)・2月1日(土)開催。HANEDA INNOVATION CITYを建設する羽田みらい開発株式会社の全面バックアップにより、HANEDA INNOVATION CITYで活用するビジネスアイデア・サービスを募集し、「HANEDA INNOVATION CITY」をよりインスピレーションと賑わい溢れる場所にすべく、訪れる方に新たな体験・価値を提供する事業アイデアを共に作り上げていくプログラム。, 2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。, 2020年7月11日、オープンイノベーションプラットフォームeiiconは「AUBA」に、事業活性化メディアeiicon labは「TOMORUBA」にリブランディングいたしました。, 本コーナーに掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。産経ニュースが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。本コーナーに掲載しているプレスリリースに関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(release_sankei@prtimes.co.jp)まで直接ご連絡ください。, 【eiicon company】鹿島建設×GATARI 、ARを活用した音声解説アプリ「HICityARアプリ」体験会を実施!, 『HANEDA INNOVATION CITY BUSINESS BUILD(羽田イノベーションビジネスビルド )』, ■事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”「TOMORUBA」※3 について, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000037194.html, https://tomoruba.eiicon.net/articles/1546.