仕事のお悩み解決所 Copyright 2017 All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 会社の飲み会でお酒を飲み過ぎてしまい、上司や先輩にため口でずっと話していたことを、次の日同期から聞いてビックリしたことがありました。, 付箋に昨日は申し訳ございませんでしたと書いて、缶コーヒーに貼って、先輩や上司のデスクに置きました。, つい飲み過ぎてしまった職場の飲み会の次の日は、上司にコーヒーを淹れて、なるべく早く謝るようにしています。, お酒好きの上司なので、特に怒られることもなく、いつも通りの仕事の時間を過ごさせてもらっています。, 職場の飲み会でつい飲み過ぎてしまい、いつのまにか自宅のベッドで寝ていたことがありました。, 次の日、職場の上司に次からはきれいな飲み方をしますと謝り、上司からも特におとがめなく、いつも通りの仕事をすることができました。, 食事の飲み会で泥酔をしてしまい、お店のお手洗いを占領してしまい、近くのビジネスホテルに担ぎこまれるという失敗をしました。, 翌日は二日酔いでしたが、朝9時に出社し、職場の上司をはじめ同僚に誠意を持って謝りました。, 素直に謝るととても良いと思います。間違っても、翌日に休むということはしてはならないですね。, そんな状態でストレスが溜まっていたのもあり、つい目の前のワインを勧められるがままに飲み続けてしまいました。, 空腹だったために吸収も早かったのか、途中から完全に記憶が無く、一人で歩けないくらいだったようです。, 翌日、上司にはシンプルに「昨日は飲みすぎてしまい、迷惑をおかけしてすみません」と頭を深く下げて謝りました。, 私は勤めていた会社で、中途採用で社員が入ってきたので、歓迎会を兼ねて飲み会を主催しました。, そこで盛り上げようと思い、ビール、ワイン、焼酎などを代わる代わる飲み記憶がぶっ飛んでしまい、目が覚めると自宅のベッドでした。, 次の日フラフラになりながら会社へ行き、まず上司のところに行き、ひたすら低姿勢で謝り続けました。, 幸い私は楽しく飲んでたらしいので、怒られずにむしろ笑いのネタにされました。内心ホッとしました。, 楽しい職場の飲み会で、羽目を外し過ぎた経験を持っている方も多いのではないでしょうか。, 私も羽目を外したばかりに、次の日の職場で上司に謝ったり、恥ずかしい気持ちになったことがあります。, 上司にため口を聞いてしまったらしい。翌日記憶がなく、先輩たちから武勇伝のように伝えられ本当にビックリしました。, 次のステップにその先輩にとにかくすみませんと平謝りした。その結果、その先輩からは許してもらえた。, あまりテンションの低いのも失礼かと思い、アルコールで上げようと考えたところ逆に呑まれてしまい記憶が薄れ自制心を失いました。, 次の日に上司のところへ行き「昨日は失礼があってすみません」と謝ったところ「そんなこともあるよ」とあっさりと見逃してくれました。, 普段はそれほど飲まないので記憶が飛ぶということはありませんが、一度だけ飲み会の時にいつもより体調が悪かったのか記憶がなくなってしまったことがあります。, あとから参加していた同僚に話を聞くと、上司に介抱してもらい自宅まで送ってもらっていたとの事。, 本心はどう思っていたかわかりませんが、許してもらえました。というか「別に気にしていないよ」と言ってもらえました。, 普段そこまで記憶が飛ぶまでは飲まないんですけど、その日は妙に気分良くて上司にすごく馴れ馴れしくしていたようです。, 次の日の挨拶は下手にいつもと違うとどうかと思い普通にしましたけど、謝りはキチンとしました。, その反応は「普段からああいうことされると考えるけど普段そんなことしない奴ってのは分かってるから何とも思ってないよ」という言葉でした。, 1回だけ記憶がなくなるほど飲んでしまったことがあります。部長クラスのベテランと日本酒飲み比べをして潰れたらしいです。, そこまで粗相をしてはいないのですが、後半殆どトイレがお友達というような状態でした。, タクシーにも近くの家の人達と一緒にのってもらい、ほぼ担がれて家まで戻って玄関でそのまま倒れていたらしいです。, 週明けにあった時に皆にあそこまで酔っぱらって申し訳ないとさんざん謝り倒しましたが、めったに潰れない人が潰れて面白かったと一様に笑って許してもらいました, 慣れないビールを、上司がいるからといって普段より多めに飲んでしまい、途中の記憶もなく、上司がいつ帰ったのかも分からなかった。, ご迷惑をおかけしました。と挨拶をしました。上司は笑って許してくれましたし、何も怒ってはいませんでした。, 職場の新年会でずいぶんビールや日本酒を飲んだ時でしたが、だいぶ酔っていたようで自分の上司を捕まえて何やら説教していたようです。, そのせいもあって午後にその上司に会った時は、かなり微妙な顔で「大丈夫か」と声をかけられましたが、相当に怒っていたことは雰囲気からわかり、数分間ひたすら謝り続けました。, 出勤後、記憶がないもののとにかく迷惑をかけたことを丁寧に謝りました。上司は、「若い頃はそういうこともあるよ。」と言って、笑っていました。, 飲み過ぎてしまったのは、自分の過ちなので「昨晩は飲み過ぎて、失礼しました」と反省の念を伝えましょう。, 記憶が飛んでしまうと、何を言ったかわからないので、とりあえず謝罪しましょう。 経験上、謝れば 許してくれます。, 上司は、受験生の子供がいるのに申し訳なかったです。次の日は、休みだったのでお昼過ぎに電話しました。, 一旦電話で謝り、月曜日にもう一度謝りました。奥様は、朝帰りに怒っていたようでしたが、本人は何十年ぶりに朝まで飲めたと気にしていなくてよかったです。, 飲み会の前の日に寝不足と疲れが重なりいつもと同じぐらい飲んだのに、かなりグロッキーになり女子トイレで吐いて、吐いて便器にもたれかかり出て来なくなったみたいです、, で店の人がトイレの扉を乗り越えて鍵を開け、会社の仲間がタクシーで自宅まで連れて行ったらしいです。, 嫌な事があってその日の当日に自分を忘れるぐらい飲みまくりめちゃくちゃ迷惑かけました。, 翌日正直会社へ行きたくなかったですが勇気を出して会社に行き、一緒にその飲み会にいったメンバー全員に大げさなくらい謝りました。, 職場の飲み会で、上司に付き合って飲んでいたら途中から記憶がなくなりました。そして気がついたら家にいました。, また、次の日は上司の吸っているタバコを謝罪とともに渡したところ、笑いながら「こっちも付き合わせてごめんね」と言われました。, 覚えていないので、とりあえず上司が選んだ店と、出された酒を褒めまくって、さすがは年長者、良い店を知っていると持ち上げました。, 楽し過ぎたということを強調することがポイント。楽しかったと言われて嬉しくない人はいませんから、対して怒られずに済みます。, 新入社員の歓迎会の時に緊張を紛らわそうと思い苦手なお酒を飲みすぎてしまって、どうやって家に帰ったのか分からないほどだった事があります。, 上司には「飲み会が楽しすぎてつい飲みすぎてしまいました。みっともない姿を見せてしまいすみませんでした」と謝罪したら笑って許してもらえたので、優しい上司で本当に良かったとホッとしました。, 酔った事実は取り消せないので、首に目立つようにコルセットをしていき、いつの間にか痛めて首が動かないことにしました。バカも度がすぎると笑いに変化します。, 当時、工場で新人としてしばらく働いた後、部署を異動して都内勤務のデスクワーカーになった僕は、, イライラの一番の原因は、仕事の難易度と、だれも教えてくれない、だれもサポートしてくれない理不尽な環境でしたが、, 仕事内容は教えてくれないくせに、余計なちょっかいばかりかけてくる上司ばかりの飲み会に, 僕がいたのは日本でもそれなりの大企業だったんですが、そういった会社って新陳代謝が遅いからか、, 「大学出てるのにこんなこともわからんのか?」といった発言ばかりの職場だったんですよ。, 「そんな古い価値観を持った人」というだけで正直話したくないし、話しかけられないわけですよ。, 何の仕事しているのかもよくわからないし、いてもいなくても気にならないレベルの人でした。, ある日の夕方ごろ、ちょっと外で休憩しようと思って机を離れて、そのKさんのデスクの前を通り過ぎようとしたときに、, それでよくよく思い返してみると、Kさんは職場の飲み会に全くと言っていいほど参加していないことに気づいたんです。, ただでさえ仕事でイライラしていたのに、さらにイライラが増していったのを覚えています。, 「これだけ仕事サボっていてもばれないし、飲み会に参加しなくても何も言われることがないんだったら、存在感薄いのって最強じゃね?」と。, 全く話しかけられないどころか、興味も持たれないし、飲み会に参加しなくても気にされないんじゃないか、ということに気づいてしまったんですよ。, 「いかにして存在感の薄い社内ニートになるか」ということに絞られ、いろいろな方法を考えてみました。, 物音をたてない、雑談しない、挨拶もしない、帰るときはスーッとばれないように帰る、などなど, 根本的なことを考えると、手持ちの仕事を少なくしない限り社内ニートにはなれないことにも気づかされたんですよね。, 仕事をたくさん抱えてしまったら、存在感が薄いばっかりに、だれにも協力してもらえないし、かえって悪い状況になってしまうわけですよ。, なので僕は、小手先の仕事術よりも、本質的に自分を変えるべきだと考えて「自分の強みを知る」ことからやってみることにしたんです。, ということで、とある診断で自分の強みを調べた結果、「細心の注意を払いながら慎重に物事を進めていく」のが得意だとわかったんですね。, 細かいミスをしても気にせずガンガン仕事を推し進めるタイプでした。(ちなみに、A君の好きな食べ物は欧風カレーライス), 「俺、A君と仕事の相性いいんじゃないか?」と考えた僕は、A君に協力を要請することにしたんです。, ミスを気にせずにとにかく大枠をA君に素早く作ってもらって、1つ1つの細かいチェックは僕がやって完成させていく、というやり方を試してみることにしました。, するとどうでしょう、仕事が早く終わりすぎて暇を持て余してしまうようになったんです。, もちろん、二人でやったからというのもあるんてすが、それ以上にお互いの得意な部分がピッタリはまって、, 自分の強みを活かして仕事の効率を上げることは結果的に社内ニート生活につながりますね。. そして翌日。飲み会はまだ続いていると考えてください。昨晩、よく話した上司などに「楽しかったです」「ありがとうございました」などと、一言伝えるだけで、あなたの印象はよくな … 翌日は二日酔いでしたが、朝9時に出社し、 職場の上司をはじめ同僚に誠意を持って謝りました。 素直に謝るととても良いと思います。間違っても、翌日に休むということはしてはならないですね。 スポンサーリンク 今時こんなバカなことを言ってる会社は就職する価値がない       どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!, 世間では仕事の後の飲み会を強制参加させられた挙句、二日酔いになってグロッキーにさせられても次の日は絶対に遅刻もせずに出社しなければならないと言われている会社が多いですね   私の居た会社もそういう傾向があり、そういうことで休むと甘えだとか様々な批判が飛んできましたね   大体の会社は這ってでも定時に来るのがマナーだとか強要されたりすることが多かったです     ただ今のご時世で飲み会の次の日に休むのは厳禁とか言ってる時点でかなり危ない会社だと思いますし、ぶっちゃけそういう会社って就業し続ける価値のないゴミだと今は確信をもって断言できます   もし飲み会の翌日に休むことを許さないような職場であればどうしてやめるべきなのかということについて記事を書いていこうかと!, 一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介! 関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです! 正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!, ・ウズキャリ(別名・UZUZ)   離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント! 内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き! 遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK! 無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ! 詳細はコチラにて!取材してきました!   ・キャリアスタート, 求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです 元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます 転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準! 関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ! 詳細はコチラにて!取材してきました!, 私自身は本当に片手で数える程度しか酔ったことがないのですが、酒を飲んで気持ち悪くなるというのは本当に風邪などの体調不良と同等におかしくなるんですよね   私は比較的アルコールには強かったのですがそれでも酒の悪酔いしたときの気持ち悪さはノロウイルスと寝不足を足したような状況ですので、アルコールに弱い人だともっとすさまじいことになるんだろうなと     そのように寝不足もノロウイルスみたいな片方でもはっきり言って仕事にならずにやればやるほど効率とは無縁で、酒が抜けきってない状況であれば判断力も鈍るのではっきり言ってそんな状況では仕事にならないんです   それでも這ってでも出て来いというのは仕事の効率よりも根性論を優先しているという何とも時代遅れな組織だということを証明してるんです   はっきり言って脳みそが筋肉でできてる体育会系のバカの集まりってところですね, そして会社からの飲み会というのは大体が半強制参加であることが多く、大体は拒否権がないんですよね   ここでいう「半」強制というのは、確かに名目上は拒否権があったりするので参加しなくていいみたいなことを言われながら、実際には参加しないことで後からぐちぐち言われたり仕事で不当な扱いを受けたり「常識がない」という感じで説教を受けたりと不利益が多すぎて、その不利益を回避するためにはどうしても参加しなければならないようなもんなんですよね     例えるなら子供が人質に取られていて「子供の命が惜しくないなら別に身代金嫌なら持ってこなくてもいいんだよー?」って言われてるようなもんなんですよね     これが完全に拒否権あって断ることで特に不利益もない会社であれば別に参加しないって選択肢をとれば終わりなんですが、上記のように飲み会の次の日は休むことを許さないとか言ってるおkんじょうろん大好きな体育会系のバカの巣窟ではそういうこともないでしょう     そしてそういう会社ほどアルハラ等で飲めないのに飲むことを強要されてグロッキーにさせられてしまうということが多いのです, 私自身も飲み会の次の日は休むなと言われていたのですが、割とそういう会社ほど上の人間が翌日は休んでいたりするんですよね   上は甘えてもいいけど下はダメみたいなクソ行為を上から下へ理不尽に押し付けるのが曲がり通ってるというとんでもない職場であることが多いです, このような職場では上から様々な仕打ちを受けてもそれを黙って受け入れないといけなくて、ストレス解消のための暴行の標的にされるということも決して珍しくなく、はっきり言って表に出れば犯罪レベルのことまで受け続けないといけないということがあります   そしてこれらに黙って耐えないと職場内では村八分にされてしまうという田舎の陰湿さを併せ持った底辺であることが多いんですよね     はっきり言ってそんな会社なんて下でいるメリットなんて全くありませんしとっとと逃げてしまったほうがいいんですよ, 飲み会の後に休むのは厳禁みたいなことって別に禁止行為でもなんでもないんですが、こういうルールみたいなのをねつ造して暗黙の了解という空気で理不尽をどんどん押し付ける傾向にあるんですよ   この行為が危ないというよりは、これがあるとほかのクソ行為もあるというのが正しいです     例えば上司が帰るまで下は帰れないとか、新人は誰よりも早く来て就業前に職場を整えるべきだ!とかみたいな、根拠はないけどマナーみたいなクソ理不尽ルールを無言で押し付けてくる傾向がものすごく強いんですよね   極端なことを言えば働かせて頂いてるんだから逆にお金を払うべきとか言いだされかねませんし、仕事が遅れている分は申し訳ないと思いなさいとかいってサビ残を強制させられるとかもありました     このような会社では労働基準法をガン無視して、会社独自の労働者が不利なルールを押し付け、従わなければ排除するという傾向がものすごく強いのです, 早い話がこんな会社はブラック企業の特徴ですし、これがあるからブラック企業というよりはブラック企業だからこそ漏れ出してこういう要素があるという方が正しいでしょう   法よりも会社のルールとかマナーとかいって理不尽を押し付けてくる職場がまともなわけがないし、今のご時世で拒否権がほぼない飲み会を開いている会社というだけでもかなりのマイナスポイントです     なので飲み会の後に休めない会社どころか、そもそも拒否権があるかどうかというところで見たほうがいいですし、そういうのがない会社であれば確実に今後は人手不足で淘汰されるべき底辺のゴミ環境なので自分自身もとっとと見捨ててしまって転職して環境を変えるべきだと断言しますね, ブラック企業を排除して優良求人のホワイト企業ばかり集めたエージェント!   ブラック企業を除外したことを明言しているエージェントの中では15000以上の求人があって最大規模です   1人あたり平均10時間の手厚いサポートで未経験や転職でも書類選考なしで突破しやすいです   短期退職者やフリーターなどからも正社員への支援が強みです. 会社の飲み会は付き合いとして必要なのは分かるけど、出来れば行きたくない・・・そんな時に悩むのが、その欠席理由と断り方でしょう。 ここでは、上手に会社の飲み会を断ることができる方法と、欠席理由の例をご紹介します。 会社の飲み会で次の日休むというのは社会人としてあり得ない行為と言わざるを得ません。 もちろん職場にもよりますが、飲み会の次の日に休むと「ダメな奴」という烙印を押されることになります。ただこれも上司がゆるい人であるとなし崩しに部下がダラダラしてくるようになります。 8:飲み会の翌日. もし飲み会の翌日に休むことを許さないような職場であればどうしてやめるべきなのかということについて記事を書いていこうかと! この記事のお品書き. 会社の飲み会で次の日休むというのは社会人としてあり得ない行為と言わざるを得ません。, もちろん職場にもよりますが、飲み会の次の日に休むと「ダメな奴」という烙印を押されることになります。ただこれも上司がゆるい人であるとなし崩しに部下がダラダラしてくるようになります。, ではどうして飲み会の次の日は休んではいけないのか?そしてどうすれば休まずに出社できるのかについてご説明いたします。, 別に有給を取って、きちんと連絡をしているし、具合が悪いから休むというのに何がいけないのかよく判らないという人がいると思います。, 確かに一理ありますね。具合が悪いのに出社してきても、仕事になるかは疑問です。ならば家でゆっくり休んで体調を万全にすべきですよね。, でも会社の飲み会というのは「公的」な部分があるのです。例えば自腹で参加をした飲み会でもです。飲み会で飲みすぎて、二日酔いで会社に来れないというのは、同じ条件でそうでない人も同じ職場にいる訳ですから、自分自身の管理能力を試されているのです。, もちろん、これが昇進やボーナスの査定に関わってくるかというとそういう訳ではないのですが、たとえ何時になっても、次の日は会社があるという事を理解した上で自分で自分をコントロールする事が社会人には求められます。これが出来ないのであれば、やはり社会人としての自覚が足りないと言われることになります。, 人間、酔うつもりがなくても、ついついその場の雰囲気にながされて、酔ってしまうという事はあります。, 会社の飲み会を生き抜くためには、たとえお酒を飲んでも飲まれないようにすることが大切です。, もともとアルコールの弱い人は、お酒を注がれても飲み干さないようにしましょう。最近はお酒を無理強いする人も少なくなったので、断れば無理に飲ませる事はないでしょう。またノンアルコールビールなども飲む人も多いので、そっちに切り替えてしまうのも一つの手です。, そこそこお酒を飲む人は、必ず食事をとるようにしましょう。すきっ腹にお酒を飲むといつもよりも回りやすくなります。また、出来れば飲むアルコールと同量の水を飲むように心がけると酔いにくくなります。お酌してもらうのは避けて、自分のペースで飲むと酒量がコントロールできるのでオススメです。, ただ、昼ぐらいに「具合が悪いので休む」という連絡を入れるのは完全アウトです。就業時間前には、必ず会社に連絡をいれるべきです。そしてもし可能であれば、昼からは出社できるように半休ぐらいにしたほうがまだマシです。, 恐らく午後でも翌日でも出社した時は、恐らく上司や同僚、部下の目が冷たいと思います。その日は軽い謝罪をして、仕事に熱心に取り組みましょう。電話に進んで出るとか、他の人が困っていたら助けてあげるとか、少し埋め合わせの気分で他の人を手伝ってあげましょう。, この冷たい空気も、その次の日には無くなっています。だからあまり気に病む必要はありませんが、繰り返し会社の飲み会の次の日に休むようになると、どんどん職場の空気はあなたに冷たいものになるでしょう。, 一般的には「会社の飲み会で次の日に休む」はあり得ないとありますが、休む事は法律でも禁止してませんし、就業規則で禁止している訳ではありません。, 仮にあなたの職場の上司や同僚が「会社の飲み会で次の日に休む」という行動をしたとしても、それを非難する事は基本的に辞めた方がいいでしょう。, 職場にもよりますが、上司が割とそういう点を気にせずに、部下を放置するとこういう現象が起こりやすくなります。誰だって楽な方に流れるからです。, しかし、他の職場ではそうはいかないこともあります。もしあなたが会社の飲み会で次の日に休まないようにしているのであれば、それはそのまま頑張った方がいいでしょう。でないと上司が変われば、また飲み会の次の日の休みについて、方針が変わる事もありえます。, 会社の飲み会の次の日の態度というのは、社会人として「責任があるか否か」という点が大きく影響しています。つまり、仕事は仕事、プライベートはプライベートと分けているのであれば、公的側面の多い会社の飲み会も、残業手当が出る訳ではないので、プライベートな時間という事になります。, 社会人の態度として、プライベートな時間の事を仕事に引きずるのはやはり褒められる行動とは言えません。もちろん職場の上司によってその辺りの感覚は変わってきますが、一般的には、「会社の飲み会の次の日」は出勤するべきです。飲みすぎないためには、アルコールの量をコントロールする事はもちろんですが、食事をキチンとして、水をアルコールと同量取るようにしましょう。, 仮に今の職場ではそういう考えがなくても、上司が変わればまた「会社の飲み会の次に日は休むべからず」となる事もありますので、そういった職場の雰囲気に流されない方がいいでしょう。.