All rights reserved. トラウマに気づいて夫婦関係をスピーディーに解決。「夫婦関係修復の匠」大山ひろしです。 色々取り組んでも夫婦関係の改善が進まず、離婚の危機で困っていたけど、夫婦で笑って楽しく過ごせるようになる。 こんな風になったら嬉しいですよね? では、どうしたらそうなれると思いま... トラウマに気づいて夫婦関係をスピーディーに解決。「夫婦関係修復の匠」大山ひろしです。 夫婦の会話がなくなってしまい、どうしたらいいのか分からない。 日本では話し合いで離婚する協議離婚が多いですが、自分達ではスムーズに話し合いをすすめることが難しいケースがあります。話合いでは慰謝料や財産分与、子どもの親権などいろいろなことを決める必要があります。スムーズに離婚の話し合いをすすめるためには セックスレスを解消したいけど、どうしたらいいか分からない。 こんなお悩みをお持ちなら、今回の記事を読んでいただくと、セックスレスの辛さから... トラウマに気づいて夫婦関係をスピーディーに解決。「夫婦関係修復の匠」大山ひろしです。 夫婦関係の相談をしたけど、誰に相談したらいいか分からない。 こんなことってありますよね。 離婚回避や別居解消など、夫婦関係の問題を解決するときに、誰に相談するのかで、大きく結果が異なりま... 離婚したい夫と離婚したくない妻、話し合いができない状態から夫婦再構築する7つの方法, 裁判所|平成30年 司法統計19  婚姻関係事件数  申立ての動機別申立人別  全家庭裁判所. 葛西 離婚 弁護士|葛西臨海ドリーム法律事務所 > 離婚とお金について > 婚姻費用について > 離婚に向けて別居したが、話し合いが進まない方へ, 夫婦は、別居していても、離婚する前であれば生活保持義務があるため、年収が低い方が高い方に対し、婚姻費用を請求することができます。, 具体的にいくら請求できるかという点については、裁判所で利用されている「婚姻費用算定表」を参考にするとよいでしょう。, まずは、相手方に直接請求してみて、請求に応じてくれないようであれば、早急に調停を申立てることをお勧めいたします。なぜなら、婚姻費用は調停申立時に遡って請求はできますが、それ以前には遡れないとされているからです。, そのため、別居に当たっては、婚姻費用の調停の申し立てを速やかに行えるよう準備しておくとよいでしょう。, 相手が離婚に応じてくれない場合、ある程度話し合いをする必要もありますが、長々と協議していてもらちがあかないことも多いようです。, このような場合には、弁護士や調停委員などの第三者に話し合いを仲介してもらった方がよいでしょう。, 家庭裁判所で離婚調停の申し立てを行うと、調停委員を介して相手と顔を合わせず話し合うことができるので、感情的対立を避け、比較的冷静に話し合いを進めることが期待できます。, 調停では、裁判所で調停委員が話し合いをリードしながら進めてくれるため、基本的には本人で離婚の話し合いを進めることができます。, しかし、財産分与が複雑であったり、子どもの親権が問題となっているような場合には、弁護士に依頼することをお勧めいたします。, また、相手方に弁護士がついている場合には、うまく丸め込まれる可能性もありますので、こちらも弁護士をつけた方がよいでしょう。, 離婚することになって、妻の経済的自立が求められる時、それに対応できるか否かによって、離婚への取り組みが異なってきます。離婚後の生活設計を固めることは、離婚の準備を進める過程では非常に重要となるでしょう。, 離婚準備期間中に、地域の市区町村役場に出向いて、公的扶助の制度の仕組みなどについて説明を聞いておくことをお勧めいたします。, しかし、離婚の場合、お互いが感情的になってしまい、当事者間では話し合いが上手く進められないということがあります。, 弁護士が間に入って話を整理することにより、解決の糸口や合意点が見いだせることがあります。, 配偶者に離婚話を切り出しても、離婚に同意してくれない場合もありますが、その理由がわかれば、相手を説得する方法を考えやすくなります。, などが挙げられますが、理由によって対応も異なってきますし、また、弁護士を入れることによって相手の態度が変わることもありますので、弁護士に相談されることをお勧めいたします。, 具体的には、精神的暴力や嫌がらせのことを指し、ドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、, 実際に暴力を振るうわけではないのですが、言葉や行動、態度によって相手に精神的苦痛を与えます。, 当事務所にご相談に来られる方の中にも、モラルハラスメントの被害者が多くいらっしゃいます。実際にモラルハラスメントの被害を受けている方達のお話を聞くと、ご自身では被害を受けていることに気付かなかったという方がとても多くいらっしゃいます。, モラハラ夫と同居しながら離婚の話し合いを行うことは相当困難です。モラハラ夫は、あの手この手で相手を言いくるめて離婚しないようにもっていくでしょう。, 次に、離婚の話し合いをどう進めたら良いか弁護士に相談することが考えられます。少なくとも、直接の話し合いではなく、第三者を利用した話し合いを考えた方が良いでしょう。, その場合、調停の利用を考えるか、弁護士に間に入ってもらうのか、どちらがよいのか弁護士に相談するのがよいでしょう。, 離婚には多くの法的問題点が含まれているので、依頼するかどうかは別として、1度弁護士に相談することをお勧めいたします。, ✔ 弁護士に相談することで、離婚において決めるべき親権、財産分与や養育費等、相手に提示する離婚条件の全体像が見えてきます。, ✔ 別居後でも集めることができる情報は集めた方がよいので、そういった点のアドバイスを受けることができます。, 相手が離婚に応じたくないと言っている場合、交渉のやり方によっては、後々不利な状況に立たされたり、相手が離婚をさらに拒むようになってしまったりしかねません。, 当事務所では、離婚についてのお悩みをお伺いし、個々の状況に合わせたアドバイスをいたします。離婚に向けての話し合いがなかなか進まず悩まれている方は、お気軽にお問合せください。, ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。, 西葛西駅より徒歩1分の場所に位置する、離婚分野に注力している法律事務所。豊富な経験を持つ複数の弁護士で迅速な対応。浦安新聞にて離婚に関する連載も執筆している。まずはお気軽にお問い合わせください。. ?夫婦が離婚を決意する10の瞬間!, 調停、裁判ともなると、法的な知識や経験がまったくない人の場合、非常に面倒で、難しく感じるケースが多いようです。, 裁判所に提出する書類を作成するにしても、専門家に依頼しておけば、問題なく、時間も手間もかけずに離婚成立の近道となります。, 男女問題に強い弁護士に相談・依頼をし、書類作成から調停や裁判での対策についても万全にしておきましょう。, 離婚に向けた話し合いを成立させるためには、お互いに話し合いをしようと思う気持ちがなければいけません。, 既に夫婦間の仲が目を見て話せないくらいの険悪なものになっていた場合、話し合いは成立しないかもしれません。, 話し合いをどのように離婚につなげていき、話し合いによって何を決めれば離婚に向けて動き出せるのか、まずは話し合いの流れを把握することも大切です。, 夫婦間だけで話し合いをすることによって、本題に入るのが難しいのであれば、第三者をいれて話し合いをしましょう。, 離婚の流れをよく把握している人物でも構いませんが、思わぬ落とし穴があるかもしれませんので、やはり専門家に依頼する方が安心です。, 夫婦の双方が話し合いの上、離婚に合意したら、離婚後の条件について話し合いを行います。, 話し合いが円滑に行われれば、本来離婚は、あっけないほど簡単に済んでしまうものなのです。, ところが、協議(話し合い)で離婚の合意が得られなかった場合は、さまざまな手続きが必要になります。, 第三者が弁護士などの法的な知識がない人物の場合は、改めて男女問題に強い弁護士に相談しましょう。, 離婚後の住宅ローンが残っていたら?誰が支払うのかや売却する方法、確認事項を解説します, 痴漢で逮捕されたら?逮捕後の流れやリスク、早期釈放を実現する方法を現役弁護士が解説, 不倫する女性の12の特徴とは?不倫されたら何ができる?不倫したら背負うリスクとは?.