漏れた混合気はPCV (Positive Crankcase Ventilation)を通して戻されるのですが、PCVの不具合により本来戻される燃焼室ではなく、吸気系統の方に行ってしまう場合があります。 ハンチングはエンジン本体やエンジン周りの補記類の不具合により起きる症状です。 このハンチングが発生するいくつかの原因と、その対処方法についてまとめてみました。, ハンチングが発生する原因はいくつか考えられます。 分解できないという場合は、メーカーで部品を購入して交換すればいいのですが、分解して元に戻す自信がない方はディーラーや車の修理屋さんにてお願いするのが妥当でしょう。, ISCの次に空気が送り込まれるスロットル・ボディも、カーボンなどで汚れるとアイドリング不安定になります。 エアコンの不調で修理屋さんに見てもらったのですが、(ディーラーではなく、いわゆる修理屋さんです) 「古い車なのでエアコン一式変えないと次々に壊れる」と言われ、12.6万円との事でしたが、泣く泣く修理をお願いしました。 最近の車なのに、エアコンの負荷でハンチング(頻繁に上下を繰り返す現象)と言うのは、アイドリング制御の問題だと思います。診てもらいましょう。 書込番号:22021992 スマートフォンサイトからの書き … まずは今回の4つの原因を理解しておくことによって、もしハンチングを経験しても慌てず対処することができれば幸いです。, 【新車情報カレンダー 2020~2021年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想&スクープ|11月24日更新, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【アルファード 新型 最新情報】フルモデルチェンジは2023年!6月へ延期か!ヴェルファイアは廃止へ?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月20日最新情報, 【スズキ ソリオ 新型発表!12/4発売】158万円からでマイルドハイブリッドを主軸|速報, 【ステップワゴン 新型 最新リーク情報】フルモデルチェンジは2021年秋か!歴代モデルを振り返る, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。. 今回紹介したハンチングが発生する原因は、主な直接的な不具合が原因となりハンチングが発生するケースです。 自信がない方はやはり、ディーラーや修理屋さんにお任せするのが良いと思います。, インマニ(インテークマニホールド)のバキュームホースは、経年劣化などにより亀裂が入ると、その破損部分から余計な空気を吸ってしまいます。 【出品車両紹介】【日産 フェアレディーZ ロードスター】力強い走りとオープンの開放感どちらも楽しめます, アイドリングが不安定になるハンチングとは!?対処法は?【ベテラン整備が教えます!】. ひどくなるとエンジンチェックランプ点灯なども見られます。, ギアをRレンジに入れるとエンジンストップしてしまうと言う様な症状もよく見られると思います。, ハンチングの原因として主に疑われるのは吸気系・排気系・燃料系・点火系が疑われます。, 一番多い原因は吸気系です。エアーインテークホース(エアダクトホースとも言います)の劣化による亀裂などが多い様です。目視による点検で見つけられるので、もしホースの亀裂が原因なら交換すればすぐに治ります。ゴムのような素材なので汚れや劣化で固くなり曲がっている蛇腹の部分が大きく亀裂するという事がとても多いようです。, エアーインテークホースはエンジンに送り込まれるエアーの通り道なので、亀裂から余分なエアーが送り込まれるとセンサーが計算外のエアー量を感知してしまうのでエンジン不調につながります。, 今回は点検した結果エンジン表向きにあるエアーインテークホース、吸気系周辺のホースの亀裂やエアー漏れが目視で確認できませんでした。, チェックランプが点灯していた場合はテスターなどで故障個所を特定することができます。, プラグやプラグコードなどの点火系も点検・清掃・交換済みなので点火系も違う。となれば吸排気系が有力と思われました。, インテークマニホールドからのエアー漏れなどもとても多い事例なのでインテークマニホールド周辺をよく点検しました。, インテークマニホールドはエンジンにエアーを送り込む役割をしています。 ISCやスロットル・ボディの汚れが見当たらない場合は、インマニのバキュームホースの劣化などによる亀裂の可能性も含め、できる限り早く段階で、ディーラーや修理屋さんに持ち込んで整備・修理をしてもらうのが一番です。, ハンチングの原因は非常に多くの可能性があり、対処法もさまざまです。 ピストンリングが正常な範囲で機能していても、シリンダーでの混合気の圧縮時に、多少なりともクランクケース側(ピストンの反対側)に漏れることはあります。 汚れがひどい場合でも、ISCと同様にボルトを取り外して洗浄することが可能です。 車外から取り込まれた空気は、エアクリーナー → ISC → スロットル・ボディ → エンジンへと送り込まれます。 車のエアコンが効かない、冷房、暖房の調子が悪いなどカーエアコンの故障トラブル要因はその大半がガス漏れですが、それ以外の原因も。カーエアコンが故障かどうか見極めるための簡単にできるトラブルシューティングをご紹介します。 それ以外にも、ハンチングを誘発するような間接的な障害が原因となるケースも考えられますが、それを考えるときりがありません。 エンジンの働きにも酸素が必要なのです。人間と同じですね。酸素がなければエンジンも動くことができません。インテークマニホールドはその酸素をエンジンに送り込む場所です。. そして、ピストンリングの磨耗が進めばさらに漏れやすくなります。 車のエンジンを掛けた際やアイドリング中に、エンジン音が急に大きくなったり、小さくなったりしたことはありませんか? カーエアコンが詰まっている時の症状を放っておくとどうなる? カーエアコンは、冷媒ガスをいったん液化させてから気化させ、その時に生じる気化熱で周りの空気が冷えることを利用して冷風を送り出し … ハンチングといえば、その節は 大変お世話になりました。 m(_ _)m 以降、一度もでてません。 ちなみに、エアコンも使ってません。 >R35 何かいいことあれば いいのですが。 基本的に自分で対処できる可能性が高いのは、汚れが原因の場合のみになりますが、車に詳しい方や趣味でメンテナンスをする方であれば、インマニのバキュームホースの確認や交換までは対処できるでしょう。 このような状態になった時、タコメーターが付いている車であればエンジンの回転数が一定ではなく、勝手に回転数が上がったり下がったりしていることが確認できます。 この状態が続くことによって、吸気系への悪影響がハンチングに至る原因となります。, これを直すには PCVのメンテナンスが必要になってきますので、素人ではなかなか手が出せません。 エンジン本体に原因がある場合、もしくはエンジン周辺の補記類に原因がある場合のどちらかです。 分解できるものであれば、分解・洗浄・乾燥にて元に戻せば復活させることができます。 手前にはダクトホースが接続されていますので、それを外せばバルブ部分を確認できます。 最近は「アイドリング調整」などと言われても、そもそもアイドルストップが当たり前なので何の事だかわからない人も増えているとは思います。昔のコンピューターなどついていない車では自分でアイドリングを調整したものです。どんな事をしていたのか、今ではどうなのかというお話。 ここからは、一般的に原因となりうることが多い順に、その原因と対処方法について解説します。, ISC (Idol Speed Control) は、文字通りアイドリングをコントロールする装置です。 ISCにカーボンなどが付着することにより、その動作が鈍くなることからアイドリングが不安定になります。, ISCはボルトなどで固定されているので外すことができます。 ただし、バルブの先はエンジンにつながりますので、外したボルトなどを落とさないように注意してください。 この症状を「ハンチング」と呼びます。 このように本来の経路以外から空気を取り込んでしまうと、アクセルの開度に関係なくアイドリングが上がってしまうことになるのです。, エンジンの構造を理解している人でないと、どこが劣化しているかを判断するのは難しいケースが多いでしょう。 ISC、スロットル・ボディのように汚れが原因でない場合は、ディーラーや修理屋さんにお願いするのが無難です。, ブローバイガスとは、シリンダーとピストンの間から漏れる空気とガソリンの混合気のことを差します。 設備があればPCVのメンテナンスまでやれてしまう方もいるかもしれませんね。 このバルブ周辺が汚れることによってバルブが完全に閉まらなくなり、アクセルを閉じているにも関わらず空気がエンジンに送り込まれてしまいます。 ハンチングとはエンジン回転数が上がったり下がったりして次第にエンジンが止まってしまう様な症状です。 ひどくなるとエンジンチェックランプ点灯なども見られます。 もしハンチングの症状が出てしまったら、十分な知識や経験がある整備工場に入庫しましょう。 以上がハイゼットのエアコン効かないの故障事例でした。 電装屋さんに聞くと つまりから負荷がかかってしまいコンデンサーからガスが漏れ出てしまうこともあるから一概にフィルターのパイプを交換で完治すると説明しないほうが良いよとアドバイスをもらいました。 こうして、アイドリング状態が保たれなくなります。, スロットル・ボディは車によって異なりますが、直径5cm〜ぐらいの円筒形です。 ハンチングの原因1:ISCの汚れによる不調 ISC (Idol Speed Control) は、文字通りアイドリングをコントロールする装置です。 車外から取り込まれた空気は、エアクリーナー → ISC → スロットル・ボディ → エンジンへと送り込まれます。 ©Copyright2020 Ancar Channel.All Rights Reserved. アクセルと連動してスロットル・ボディのバルブが開閉することで、エンジンの回転数が上下します。 わかり易く言うとエンジンが「ウィーンウィーン」と言う様に強くなったり弱くなったりして、タコメーターの針も1500〜2000回転あたりで軽く上下するような状態です。, アイドリング時やエンジンが温まってくるとエンジンストップしてしまいます。 まとめ. 付着しているのが多少の汚れであれば、そのままバルブ部分を洗浄することができます。