梅干しでしか見ない香草ですが . 紫蘇ジュースか. 少し紹介しますね ・・・・・・・・・・ < 赤紫蘇 > 6~7月に出回る香草。 昔から、食養や漢方薬として. しそは、老化を防止する抗酸化作用が高く、防腐作用や、解毒作用を持っています。 しそは、体を温め、感冒の初期症状の緩和に効果的で、肺の働きをよくし、花粉症などアレルギーの緩和にも役立ちます。 漢方では、葉を蘇葉、種子を蘇子といって、利尿、発汗、去痰、鎮咳などの薬として広く用いられています。 葉はひじょうに栄養価が高く、とくにカロテン(ビタミンA)が多いのが特徴で、全野菜の中でもトップクラスです。 カルシウム、鉄分といった無機質も豊富で、ビタミンもB1、B2、Cと … 赤紫蘇と青紫蘇(大葉)の違いはなにかご存知ですか?実はこの2つのシソは、食べる目的によって体への影響が違うのです!今回は赤紫蘇と青紫蘇の栄養や効能の違い、体に良いのはどっちなのかご紹介し … 初夏の青空に負けないくらい、鮮やかな紫色に咲き誇るラベンダーの花。この季節、ラベンダー畑は爽やかな香りに包まれます。一番見... クマツヅラ(熊葛)という植物をご存じでしょうか。薄紫色の花を房状に咲かせる夏~秋の草花です。馬鞭草(ばべんそう)、バーベイ... セイヨウニンジンボクは、漢字で「西洋人参木」と書き、主にハーブや胡椒の1種として使われている植物です。セイヨウニンジンボク... モナルダ(ベルガモット)をご存知ですか?原産地は北アメリカで、香りがよく古くからハーブとして親しまれている植物です。赤色や... スーパーのスパイス売り場で見かけるセージの小瓶。セージってどんな植物なんだろう?どんな花が咲くんだろう?と思ったことはあり... ハーブ栽培の楽しさは香りや食用、そしてクラフトに利用でき育て方も初心者向きのものが多くおすすめの園芸です。かれんな小花が多... ハイビスカスティーはハーブティーの1種で健康と美容に嬉しい成分がたっぷり詰まっています。見た目も宝石のルビーの様に美しく、... ハーブ苗の代表的な品種タイム、23種類の特徴をタイプ別にご紹介します。おしゃれな寄せ植えのカラーリーフや、かわいい花を咲か... ミントを育てたことはありますか?ミントはハーブの一種でとても繁殖力の強い植物でもあります。その繁殖力は正しく管理しなければ... イングリッシュガーデンやボーダーガーデンでは欠かすことのできないモナルダは、比較的育て方も簡単で、たいへん美しい花を咲かせ... 美しい花を持ち、香りのよい丈夫な植物を探しているなら、ゼラニウムがおすすめです。育て方も簡単で、香りが強い品種は虫除け効果... 日本でも日常的なハーブになったパクチーにハマる人が増えています。「もっとたくさんお料理に使いたい!」と思われている方も多い... パチュリは、パチュリーまたはパチョリとも呼ばれ、昔から防虫や香りを付ける用途で使用されてきました。現代では主に、アロマオイ... エルダーフラワーという名前、聞いたことはありますか?ロイヤルウェディングのケーキにエルダーフラワーコーディアルが使われたこ... 香りに抗炎症作用やリラックス効果があり、アロマオイルとしても人気のローズマリーは料理などにも使えるハーブです。そんなローズ... ゼラニウムの仲間で葉に芳香がある品種は「センテッドゼラニウム」と呼ばれています。なかでもアップルゼラニウム、レモンゼラニウ... センテッドゼラニウムは、素晴らしい芳香を持つことからハーブとしても利用されてきた草花です。今回はセンテッドゼラニウムの特徴... 美しいブルーのハーブティー、バタフライピーの育て方、利用法について解説します。美肌、美髪にも効果を発揮するといわれているバ... ラベンダーは香りがよく癒し効果のあるハーブです。お気に入りのラベンダーをもっと増やしたいと考える方もいるかもしれません。ラ... レモンバーベナは名前のとおり、レモンのようなフレッシュな香りが魅力のハーブです。育て方が簡単で、とても丈夫なハーブなので、... ヘアオイルとしてのイメージが強い椿油は、顔や身体の保湿に最適なスキンケアオイルです。さらっとして肌なじみがよく、ニオイが少... 「奇跡のハーブ」として最近人気が高まっているマンジェリコンをご存知ですか?お茶にして飲むだけで、生活習慣病の予防と改善の効... 甘いレモネードのような香りがすることから名付けられたレモンユーカリ。殺菌効果や虫除け効果が高いだけでなく、香りのよさからド... カルダモン、ご存じですか?多くの効能を持つ薬として、香り良いスパイスとして、古くから利用されており、とても良い香りで、和名... ローズゼラニウムは、センテッドゼラニウムとよばれる葉に芳香のあるハーブの仲間です。今回はローズゼラニウムの植物としての特徴... パクチーには特有の香りがあり、エスニック料理には欠かせない存在です。比較的手軽に育てられ、露地栽培や室内栽培にも向いていま... イエルバブエナは青く瑞々しい爽やかな香りが特徴のハーブです。モヒートミントとも呼ばれるミントの仲間で、静かに人気上昇中です... よもぎは優れた効能を持ち「和製ハーブ」とも呼ばれています。ここでは、よもぎの基本的な育て方とよもぎの採取・保存方法を、よも... アロマオイルで人気のローズマリーには実はたくさんの種類(品種)があることをご存知ですか?育ち方で品種が分類されています。そ... ハーブティーはお好きですか?おいしいだけでなく、美容や健康にも良いのですが、どの種類を選んだら良いのか迷ってしまいますね。... ミントオイルは、別名「ハッカオイル」としても知れ渡っています。日常で取りいれやすく、使いやすいので、用途はたくさんあります... カレーフレークを使ったことはありますか?カレールーとカレー粉のいいところを集めたものがまさに「カレーフレーク」です。計量が... 山椒の木をご存じでしょうか。新芽はよく飾りや香り付けなどに使われます。実もつくだ煮や味噌などに使われることがある、日本古来... 和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれ... 独特の甘いにおいが特徴的なパンダンリーフはタイなど暑い国のハーブです。スープやスイーツなどエスニック料理には欠かせない食材... 夏にグングン成長して獲れすぎたバジル、使い方に困ったことはありませんか?使い切れなければドライバジルにして保存しましょう。... 赤紫蘇の効果・効能とは?その豊富な栄養や青紫蘇との違いも解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。. Add a comment... Instagram. βカロテンには活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守る働きや、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、あわせて免疫力を高め、がん予防にも効果があると言われています。. っていう. それぞれの栄養素については、「旬の食材と栄養素」で詳しく説明しているので、そちらと合わせてご覧ください。, 紫蘇にはβカロテンが豊富に含まれています。その量は100g中に11000μgと人参の9100μgをはるかに超えている他、ヨモギやアシタバの2倍以上となっています。, βカロテンには活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守る働きや、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、あわせて免疫力を高め、がん予防にも効果があると言われています。, 紫蘇はβカロテンだけでなく、ビタミンB群やビタミンEやKなども他の野菜に比べ抜群に沢山含んでいます。単に薬味としてだけでなく、積極的に食べる事をお勧めします。, 紫蘇の清々しい香りは主にぺリアルデヒドと呼ばれる芳香成分によるもので、強い防腐・殺菌作用を持っています。生魚を食べる刺身のツマに用いる事は理にかなっているんです。更にこの香りにより食欲増進効果や健胃作用もあるといわれています。, 鉄分をはじめ、カルシウムなど身体に必要なミネラルをバランスよく、しかも沢山含んでいます。, 赤紫蘇の葉は漢方医学では「蘇葉(そよう)」と呼ばれ、気が停滞している状態を改善し、精神を安定させる理気薬として色々な漢方薬に配合されています。, 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。, Copyright © 2003-2019 FoodsLink フーズリンク All right Reserved. まず、赤紫蘇には『β(べーた)カロチン』が豊富に含まれています。. 紫蘇にはβカロテンが豊富に含まれています。. 次に、赤紫蘇にはミネラルの一種である『カリウム』も豊富に含まれています。. すごい栄養の持ち主なので. 様々な形で私たちの食に関わっている赤紫蘇が、身近な食材である反面、豊富な栄養を含み、健康維持や美容など、さまざまな効果・効能があることをご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。この記事では赤紫蘇の栄養と効果・効能についていっしょに見ていきましょう。, 杉田梅工房『むめや』(@sugitaume.mumeya)がシェアした投稿 - 2020年 1月月30日午前8時42分PST, 次に、赤紫蘇にはミネラルの一種である『カリウム』も豊富に含まれています。カリウムは体内の細胞を正常に保つ働きや、血圧の調整などを担う栄養素です。また、ナトリウムの排出を促す働きもあり、血圧の上昇の抑制、高血圧の予防のほか、筋肉の収縮がスムーズになるように働きかける役割も担っています。, カリウムは、細胞内液の浸透圧を調節して一定に保つ働きがあります。また、神経の興奮性や筋肉の収縮に関わっており、体液のphバランスを保つ役割も果たしています。ナトリウムを身体の外に出しやすくする作用があるため、塩分の摂りすぎを調節するのに役立ちます。一方、不足するとこれらの働きに影響することはもちろん、脱力感・食欲不振・筋無力症・精神障害・不整脈などの症状が見られることがあります。, カリウムは私たちの体にとって必要不可欠な栄養素ですが、ビタミンと同様に上限値が定められています。よって、過剰な量の摂取には注意が必要です!, hiiiko(@hiiiko.1.1)がシェアした投稿 - 2019年 9月月7日午後11時28分PDT, 食事で積極的に摂りたい『カルシウム』も、赤紫蘇に多く含まれてる栄養素のひとつです。カルシウムは歯や骨の健康を維持するのに必要な栄養素で、慢性的に不足すると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などを引き起こす原因になります。, 骨格を構成する重要な物質であるため、不足すると骨が十分に成長せず、骨粗鬆症の原因にもなります。「日本人の食事摂取基準(2015年版)では1日当たりの推奨量を成人男性で650mgから800mg、成人女性で650mgと設定しています。, めがねとかもめと北欧暮らし。(@mi1341)がシェアした投稿 - 2019年 4月月20日午後10時01分PDT, また、カルシウムには体内に吸収されにくいという特徴もあるため、積極的に摂ることと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやマグネシウムもいっしょに摂ることが重要です。そして骨の健康維持には、適度に骨に負担がかかるよう、運動を心がけることも大切です。, 只木芳明(@yoshiakitadaki)がシェアした投稿 - 2019年 5月月30日午後3時52分PDT, 『鉄(てつ)』は体内で血液中の赤血球を作るヘモグロビンの成分になり、酸素の運搬などの重要な働きを担う、重要な栄養素です。鉄が不足するとヘモグロビンも減少し、体内に十分な酸素を運ぶことが出来なくなるため、疲れやすくなったり、心臓に負担がかかったりします。, とくに、女性は生理や妊娠、授乳などによって鉄の量が影響されやすいです。こまめな補給をこころがけましょうね!, mama(@msk_h50)がシェアした投稿 - 2019年 7月月5日午後10時58分PDT, 次にご紹介するのは『葉酸(ようさん)』です。紫蘇には含有量の多いブロッコリーや納豆に次いで、多くの葉酸が含まれています。葉酸は赤血球や細胞を新しく作り出すために必要な栄養素で、不足すると口内炎や肌荒れ、疲労感などの症状が現れます。一般的な食事を摂っていれば不足をすることはないと言われていますが、妊娠中や授乳中の女性の場合は例外です。また日常的に飲酒をする人も不足しやすいので、意識的に摂取するよう心がけましょう。, 飲酒の他にも、かたよった食事をしていると葉酸が不足してしまうそうですよ。普段からバランスのとれた食事を心がけたいですね!, Noriko(@norimmekko)がシェアした投稿 - 2019年 6月月3日午後11時36分PDT, 次は、ポリフェノールの一種である『ロズマリン酸』をご紹介しましょう。しそ科の植物に多く含まれるロズマリン酸には、強い抗酸化作用と抗炎症作用(こうえんしょうさよう)があります。その働きから、近年では脳の加齢による機能の低下を防ぐ効果や、脳の健康を維持する効果、認知機能(にんちきのう)の低下による認知症の予防、うつや不安症状を和らげる効果などが期待されています。, ロズマリン酸はしそ科の植物である『えごま』にも含まれています。ご興味のある方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね!, Takaco Ohya(@takaco_freaqout)がシェアした投稿 - 2019年 6月月25日午後1時08分PDT, 最後は、赤紫蘇や青紫蘇(あおじそ)などのしそに含まれる、爽やかな香りの成分である『ぺリルアルデヒド』です。この特徴的な香りは、特に生のしそから強く感じられます。また、刺身や寿司、冷奴やサラダなどで、香りづけや抗菌、臭み消しなどの目的で用いられます。ほかにも、ぺリルアルデヒドには中枢神経(ちゅうすいしんけい)の抑制作用などがあり、香りによるリラックス効果も期待できます。, いろんな栄養素が含まれているんですね~!それでは次に、効果と効能を見ていきましょう!. 初夏の青空に負けないくらい、鮮やかな紫色に咲き誇るラベンダーの花。この季節、ラベンダー畑は爽やかな香りに包まれます。一番見... クマツヅラ(熊葛)という植物をご存じでしょうか。薄紫色の花を房状に咲かせる夏~秋の草花です。馬鞭草(ばべんそう)、バーベイ... セイヨウニンジンボクは、漢字で「西洋人参木」と書き、主にハーブや胡椒の1種として使われている植物です。セイヨウニンジンボク... モナルダ(ベルガモット)をご存知ですか?原産地は北アメリカで、香りがよく古くからハーブとして親しまれている植物です。赤色や... スーパーのスパイス売り場で見かけるセージの小瓶。セージってどんな植物なんだろう?どんな花が咲くんだろう?と思ったことはあり... ハーブ栽培の楽しさは香りや食用、そしてクラフトに利用でき育て方も初心者向きのものが多くおすすめの園芸です。かれんな小花が多... ハイビスカスティーはハーブティーの1種で健康と美容に嬉しい成分がたっぷり詰まっています。見た目も宝石のルビーの様に美しく、... ハーブ苗の代表的な品種タイム、23種類の特徴をタイプ別にご紹介します。おしゃれな寄せ植えのカラーリーフや、かわいい花を咲か... ミントを育てたことはありますか?ミントはハーブの一種でとても繁殖力の強い植物でもあります。その繁殖力は正しく管理しなければ... イングリッシュガーデンやボーダーガーデンでは欠かすことのできないモナルダは、比較的育て方も簡単で、たいへん美しい花を咲かせ... 美しい花を持ち、香りのよい丈夫な植物を探しているなら、ゼラニウムがおすすめです。育て方も簡単で、香りが強い品種は虫除け効果... 日本でも日常的なハーブになったパクチーにハマる人が増えています。「もっとたくさんお料理に使いたい!」と思われている方も多い... パチュリは、パチュリーまたはパチョリとも呼ばれ、昔から防虫や香りを付ける用途で使用されてきました。現代では主に、アロマオイ... エルダーフラワーという名前、聞いたことはありますか?ロイヤルウェディングのケーキにエルダーフラワーコーディアルが使われたこ... 香りに抗炎症作用やリラックス効果があり、アロマオイルとしても人気のローズマリーは料理などにも使えるハーブです。そんなローズ... ゼラニウムの仲間で葉に芳香がある品種は「センテッドゼラニウム」と呼ばれています。なかでもアップルゼラニウム、レモンゼラニウ... センテッドゼラニウムは、素晴らしい芳香を持つことからハーブとしても利用されてきた草花です。今回はセンテッドゼラニウムの特徴... 美しいブルーのハーブティー、バタフライピーの育て方、利用法について解説します。美肌、美髪にも効果を発揮するといわれているバ... ラベンダーは香りがよく癒し効果のあるハーブです。お気に入りのラベンダーをもっと増やしたいと考える方もいるかもしれません。ラ... レモンバーベナは名前のとおり、レモンのようなフレッシュな香りが魅力のハーブです。育て方が簡単で、とても丈夫なハーブなので、... ヘアオイルとしてのイメージが強い椿油は、顔や身体の保湿に最適なスキンケアオイルです。さらっとして肌なじみがよく、ニオイが少... 「奇跡のハーブ」として最近人気が高まっているマンジェリコンをご存知ですか?お茶にして飲むだけで、生活習慣病の予防と改善の効... 甘いレモネードのような香りがすることから名付けられたレモンユーカリ。殺菌効果や虫除け効果が高いだけでなく、香りのよさからド... カルダモン、ご存じですか?多くの効能を持つ薬として、香り良いスパイスとして、古くから利用されており、とても良い香りで、和名... ローズゼラニウムは、センテッドゼラニウムとよばれる葉に芳香のあるハーブの仲間です。今回はローズゼラニウムの植物としての特徴... パクチーには特有の香りがあり、エスニック料理には欠かせない存在です。比較的手軽に育てられ、露地栽培や室内栽培にも向いていま... イエルバブエナは青く瑞々しい爽やかな香りが特徴のハーブです。モヒートミントとも呼ばれるミントの仲間で、静かに人気上昇中です... よもぎは優れた効能を持ち「和製ハーブ」とも呼ばれています。ここでは、よもぎの基本的な育て方とよもぎの採取・保存方法を、よも... アロマオイルで人気のローズマリーには実はたくさんの種類(品種)があることをご存知ですか?育ち方で品種が分類されています。そ... ハーブティーはお好きですか?おいしいだけでなく、美容や健康にも良いのですが、どの種類を選んだら良いのか迷ってしまいますね。... ミントオイルは、別名「ハッカオイル」としても知れ渡っています。日常で取りいれやすく、使いやすいので、用途はたくさんあります... カレーフレークを使ったことはありますか?カレールーとカレー粉のいいところを集めたものがまさに「カレーフレーク」です。計量が... 山椒の木をご存じでしょうか。新芽はよく飾りや香り付けなどに使われます。実もつくだ煮や味噌などに使われることがある、日本古来... 和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれ... 独特の甘いにおいが特徴的なパンダンリーフはタイなど暑い国のハーブです。スープやスイーツなどエスニック料理には欠かせない食材... 夏にグングン成長して獲れすぎたバジル、使い方に困ったことはありませんか?使い切れなければドライバジルにして保存しましょう。... 赤紫蘇の効果・効能とは?その豊富な栄養や青紫蘇との違いも解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。, 糖尿病や動脈硬化、認知症などの予防、改善に効果が期待されるえごま油とは、どんな食品なのでしょうか。また使い方はどのようなものがあるのでしょうか。この記事ではえごま油とごま油、しそ油との違いとあわせて使い方や食べ方、効能についてご紹介します。. 赤じそ・青じそ共通の栄養は? それではまずは、赤・青共通の紫蘇の栄養成分から見ていきましょう。 しそには、ビタミンaやビタミンcと言ったビタミン類、そしてカルシウムなどのミネラルが多く含まれています。 また紫蘇の香りは、リモネンやペリラアルデハイド(ペリルアルデヒドとも 大葉が通年市場に出回るのに対し、赤紫蘇は初夏が旬となります。収穫自体は夏の間中行えますが、赤紫蘇の需要は梅干しを漬けこむ時期に限られるので、市場に出回るのは6月~7月中旬頃までとなります。 食べないなんてもったいないっ . 様々な形で私たちの食に関わっている赤紫蘇が、身近な食材である反面、豊富な栄養を含み、健康維持や美容など、さまざまな効果・効能があることをご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。この記事では赤紫蘇の栄養と効果・効能についていっしょに見ていきましょう。, 赤紫蘇(あかしそ)は葉と茎が濃い赤紫色で、普段は薬味や梅干しの着色、砂糖で漬けたシロップなど、さまざまな形で私たちの食に関わっている植物です。そんな身近な食材である赤紫蘇が、実は漢方に使われるほど健康の維持や病気の予防などに効能が期待できる食材だということをご存知でしょうか。この記事では、赤紫蘇の栄養や効果・効能についてくわしく見ていくことにしましょう。, nekko_eiji(@nekkofarm_gifu)がシェアした投稿 - 2019年 6月月6日午後8時41分PDT, 赤紫蘇の大きな特徴といえば、まずは濃い赤紫色の葉や茎ですよね。赤紫蘇にはアントシアニンというポリフェノールが多く含まれていて、このアントシアニンが濃い赤紫色の要因になっています。, また、もうひとつの大きな特徴として、しそ独特の爽快感のある香りが挙げられるのではないでしょうか。香りのもとになっているのは、ぺリルアルデヒドと呼ばれる成分で、その香りの高さからしそは和製ハーブとも呼ばれています。, 和製ハーブと呼ばれる赤紫蘇には、人の体に必要なビタミンのほか、たくさんの栄養素が豊富に含まれています。ここからは、赤紫蘇に含まれている栄養素を、その働きといっしょにひとつひとつ見ていきましょう。, 赤紫蘇にこんなにたくさんの栄養が含まれているなんて知りませんでした!バランスもとれていますね!, MAKIKO(@maamoon1005)がシェアした投稿 - 2020年 3月月28日午後5時55分PDT, まず、赤紫蘇には『β(べーた)カロチン』が豊富に含まれています。この『βカロチン』は体内でビタミンAに変換され、免疫力(めんえきりょく)の強化やがん予防、視力の維持や皮膚や粘膜(ねんまく)を丈夫に保つ働きなど、重要な役割を担っています。, ビタミンAは免疫機能、視覚、生殖、細胞情報伝達に関与している。ビタミンAは、網膜の受容体で光を吸収するタンパク質であるロドプシンに欠かせない物質であり、また、結膜や角膜の正常な分化や機能を補助する物質でもあるため、視覚にとって非常に重要である。また、ビタミンAは細胞の成長や分化に関わっているため、心臓や腎臓などの器官の正常な形成や意地においても重要な役割を果たしている。, 北摂調剤薬局【公式】(@hokusetsutyouzai)がシェアした投稿 - 2019年10月月23日午後5時35分PDT, 普段はあまり栄養素を意識をしていない方も多いでしょう。しかし栄養素は、こうして健康の維持に密接に関わっていることがわかりますね。そして、赤紫蘇に含まれているβカロチンの量は、βカロチンが豊富な野菜の代表格である「にんじん」の約1.2倍、「ほうれん草」の約2倍、「かぼちゃ」の約2.5倍にもなるんですよ。, Misae(@misae_156)がシェアした投稿 - 2019年 9月月5日午後11時36分PDT, 次に、赤紫蘇には『ビタミン』も多く含まれており、含まれる種類の多さは野菜の中でもトップクラスを誇ります。ビタミンは人の体に必要な栄養素ですが、その多くは体内で作ることができません。よって、食事などで積極的に摂りたい栄養素です。なかでも、ビタミンA、C、Eは高い抗酸化作用(こうさんかさよう)があり、赤紫蘇の旬である紫外線の強い夏でも、体を守る役割をしてくれます。, ビタミンの過剰摂取(かじょうせっしゅ)は害が認められており、厚生労働省によって上限値が定められています。必ず摂取量を守りましょう。. その量は100g中に 11000μg と人参の9100μgをはるかに超えている他、ヨモギやアシタバの2倍以上となっています。. この『βカロチン』は体内でビタミンAに変換され、免疫力(めんえきりょく)の強化やがん予防、視力の維持や皮膚や粘膜(ねんまく)を丈夫に保つ働きなど、重要な役割を担っています。. カリウムは体内の細胞を正常に保つ働きや、血圧の調整などを担う栄養素です。. また、ナトリウムの排出を促す働きもあり、血圧の上昇の抑制、高血圧の予防のほか、筋肉の収縮がスムーズになるように働きかける役割も担っています。. ビタミンAは免疫機能、視覚、生殖、細胞情報伝達に関与している。. 赤紫蘇(あかじそ)の収穫時期と旬.