看護目標躁病の患者の場合生活リズムを整え、他者とトラブルなく生活することができる。うつ病患者の場合日中の活動量を増加させることができる。 生活リズムを整える。 自分の感情を言葉で示すことができる。など観察(op)躁情態 周囲への干渉、多弁、 統合失調症患者の看護計画 #1知覚、思考、行動、自我機能などの障害により自己あるいは他者への暴力のリスクがある. 統合失調症患者への治療は、薬物療法、電気けいれん療法(mECT)、認知行動療法、作業療法など、状態に合わせて行っていきます。統合失調症患者の看護に関するポイントを特徴、看護計画、看護師の接し方と接する時の注意点をお伝えしていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 長年看護師をしてきました。看護計画には苦労しましたし、勉強もたくさんしてきました。職場で使用した看護計画を、疾患別にまとめました。見ていただいた方の参考になるようなことがあれば幸せです。, すぐに使える看護計画を知りたくないですか?実際に病棟で使用した看護計画を紹介しています。病棟で使用しなかったものは看護計画の教科書参照しています。急いで看護計画を立てたい人は必見です。. 看護診断 対自己暴力リスク状態. 6.統合失調症の看護計画(慢性期) 11.統合失調症とは 主として青年期に発病し、特異な精神症状を呈するとともに人格の解体をきたし、放置すれば特有の精神荒廃状態に陥る慢性の精神疾患であり、内因性精神病の代表的なものである。 ・ 現状態で可能な気分転換方法を見つけ出す。 ・ 可能な気分転換方法を実施し、満足感を得る。 ・ 選択した気分転換活動を普段に取り入れ継続する。 ・ 症状コントロールを図ることにより、気分転換方法を見出す。, ・ 身体運動性の障害により趣味、娯楽活動に参加できない事。 ・ 治療の為の制限に伴う生活の単調さ。 ・ 固定器具の使用により、通常のレクレーションに参加できない事。 ・ 神経障害により趣味、娯楽活動に参加できない事。 ・ 疼痛や安静によって制限される生活の単調さ。 ・ 視力障害により趣味、娯楽活動に参加できない事。, ① 一日の標準的な過ごし方。 ② 表情、言動。 ③ 精神状態。 ④ 活動に対する願望とADLレベルの自立度。 ⑤ 趣味。 ⑥ ストレッサ―の数、種類、外的要因、内的要因。 ⑦ コーピングパターン。 ⑧ 面会人の状況。 ⑨ 家族の協力状況。 ⑩ 同室者との関わり。 ⑪ 性格傾向。 ⑫ 疼痛の有無と程度。 ⑬ 治療計画(安静度と入院期間) ⑭ 嗜好(喫煙、飲酒), ① 環境を調整する。 ② 出来る範囲での気分転換活動を工夫する。 ③ 患者が興味を持てるものを得る為に、重要他者に連絡を取る。 ④ 同室者との良い関係を調整する。 ⑤ 家族へ協力を依頼する。. 看護診断 対他者暴力リスク状態 Copyright © 2019-2020 看護学生Wiki All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 夫が精神疾患を患ったので、経過をブログにしようと思いました。 同じような病気をした方の、または介護をされている方の、少しでも役立てれば幸せです。看護師をしていたので看護計画も記事にしました。, 看護計画や夫の闘病と看護計画について書いています。看護計画を立てるのに時間がかかると悩んでいませんか?この記事では看護計画の例を挙げています。すぐに看護計画を立てたい方必見です。. 危険因子:精神保護上の問題、情動的な問題. 気分転換活動不足の患者目標 ・ 現状態で可能な気分転換方法を見つけ出す。 ・ 可能な気分転換方法を実施し、満足感を得る。 ・ 選択した気分転換活動を普段に取り入れ継続する。 ・ 症状コントロールを図ることにより、気分転換方法を見出す。 ・幻覚妄想の内容と患者への影響の程度、感情や行動の状態とコントロール状況、自我機能の状態, ・患者を刺激しないように環境を調整する。他者との接触、テレビの音から遠ざける。部屋を移すなど, ・興奮している患者には落ち着いた態度で接し、必要なこと以外は無理に話をしないようにする。また1対1で接するよりも複数で接するようにする, ・あらかじめ患者に、患者の行動の許容範囲とそれを超えた場合の対処方法について説明しておく, ・服薬管理について、できている点は肯定的にフイードバックし、できていない点はその理由について患者から話を聞き、どうしたらできるかを患者とともに考える, ・服薬管理がしやすいように、患者とチェックシートなどを作成し定期的に患者と確認してみる, ・どのような時どう対処してきたか、どういう方法が効果的だったかなど、患者から話を聞き整理し効果的だった方法についてフイードバックする, ・症状が悪化する時のサインや対処法について、患者と話し合う機会を持ちいろいろな対処法を患者と一緒に考えておく, ・看護師が観察したことで、患者の症状への対処に役立ちそうなことをフイードバックする, ・服薬管理の必要性と具体的な方法、薬の効果、副作用について患者が理解できるように説明する, ・患者のその時点でのセルフケア能力に応じて働きかける。全く行えない場合は看護師が全代償し回復に伴い患者自身で行えるように徐々にかかわりを変化させる, ・幻覚妄想などの影響が強く、セルフケア行動が進まない場合、「今は食事の時間です」など現実に戻すようにする, ・幻覚妄想などにより患者が不安や恐怖を感じている場合は、その場に付き添うようにする, ・患者とともにセルフケアに関する長期的な目標を見据えたうえで、段階的で達成可能な目標を設定しプランを立てる, ・達成できた点は肯定的にフイードバックし、達成できなかった点はその要因について患者と話あう, ・排泄に関して薬の副作用で便秘などが見られる場合は、頓用薬の処方について主治医に相談する, ・症状とうまく付き合いながら、患者自身でセルフケアを維持する必要があることを伝える, ・昼間の活動、休息時間と睡眠状況について、患者とチェックシートなどを用いてモニタリングし適切な活動・休息パターンを見つける, ・看護師は幻覚妄想体験が患者にとって事実であることを受け入れ、患者の体験内容が現実にそぐわないことを無理に納得させようとしない, ・幻覚妄想により患者が体験する感情に焦点を当て共感的にかかわる「~があると、とてもつらいですね」など, ・患者が幻覚妄想について疑いを持っている場合は、その点について患者から話を聞き、看護師自身が知覚したことをフイードバックする, ・患者が幻覚妄想の存在を認めている場合、それらにどのように対処しながら生活していくかを患者と話し合う, ・患者が幻覚妄想にうまく対処できている点は肯定的なフイードバッグを行い、うまく対処できていない点は患者と話し合い試行錯誤しながら対処法を見つける, ・知覚障害、思考障害、特に幻覚・妄想について正しく知識、対処の仕方などに関する教育を行う, ・自己と外界の区別、させられ体験、攻撃的あるいは退行的な行動、不適切な感情表現、失見当識の有無と程度, ・逸脱行動が見られるときは、周囲の状況を見ながら必要であれば、患者を別の場所に移したり、周囲の患者に対しても適宜介入する, ・患者が不安や恐怖を感じているときは、自我を脅かされると感じない程度に、一緒にいる時間を作り、安心感を得られるようにする, 診断指標:通常のコミュニケーションのパターンを理解維持するのが困難、思考途絶、反響言語、不適切な返答, ・患者の話が理解できなかったり、一貫性がなくてもその背後にある不安や恐怖などの感情に焦点を当ててかかわるようにする, 診断指標:ハンデイキャップの徴候、疾患、他者との交流がほとんどない、引きこもり、拒絶されているという感情を表出する, ・患者の興味のありそうな活動について患者と話し合い、それを日々の活動として取り入れるように提案する, ・患者が関心を示す事柄を話題に取り上げ、そこから始められそうな活動を患者と探求する, ・患者と共通する事柄に興味・関心を持つ他患者がいれば一緒に活動できるように働きかける, ・活動範囲を広げる場合は、小さなこと、簡単なことから始め、徐々に難しいことに挑戦するように勧める, ・うまく行動できなかったことについては、患者とできなかった要因を調べ今後どうしたらできるかなどを話し合う, ・行動するかどうか迷っている患者には思い切って行動してうまくいくこともあると伝え、一歩を踏み出すように後押しする, ・新たな活動に対して患者が不安や心配を持っている場合、事前に不安や心配への対処法を患者と一緒に考え実行に移す, ・患者と取り巻くサポート体制について、どんなサポートがあるか、今後どんなサポートが必要で、どう作っていくかなどを患者と話し合う, ・地域で安定した生活を送るには、社会で孤立せず他者との適切な関係を維持することが大切であることを伝える, 関連因子:脅威を評価するパターン、緊張を和らげるパターンの混乱、コーピング能力に対する自信のレベルが不適切, ・どんなストレスを抱えているか、それに対してどう対処しているか、患者から話を聞きうまく対処できていない場合は、その要因について患者とともに探り、効果的な方法を考える, ・患者の取る対処法のうち、看護師から見て非効果的と考えられる対処法を患者に示し、患者と一緒に検討してみる, 診断指標:攻撃、興奮、敵意、患者の疾患徴候に取り乱す、他の家族構成員との投げやりな関係, ・患者とどのように接しているか、接し方について困っていることがないかを尋ね相談に乗る, ・患者の入院時、外泊時、退院時、外来受診時など、家族との接点を見つけ生活状況や困りごとなどを聞いていく, ・家族がうまく対応できない点については、家族と一緒にその要因を探り別の方法を見つける, ・家族の接し方により患者の再発率が低下すること、また患者への適切な対応方法、技術、地域のサポート体制について考える. 周囲への干渉、多弁、興奮などから起こるトラブルや衝動行為による危険性の有無を十分観察する. こんにちは、ウッチーです。「統合失調症の治療で心理教育って聞くけど、一体何なの?」と、こんな疑問を持つ方が多いです。結論からお話しすると――。「心理教育とは、病気に対する理解を深めて、治療を前向きにする教育的な支援です」と、いうことが言えます。 統合失調症は、幻覚や妄想といった症状が特徴的な精神疾患であり、現在では80万以上の人が統合失調症にかかっていると言われています。 これは日本人の全人口のうちの約0.7%であることから、実に約100人に1人が発症する頻度の高い精神疾患なのです。人口割合では10代後半~20代の思春期・青年期が特に多く、男女割合では男性の方が約1.5倍高い傾向にあります。 統合失調症には大きく分けて「前駆期」「急性期」「消耗期 … #1.自己概念の障害 &・自分の欲求、不安、満足感を表現できる。 ・ストレスを体験した時、そのことを表現できる。 $・3ケ月 ・6ケ月O-1.… 行動制限をしている場合、制限の理由や制限解除に必要なことを説明し、早期に自立できるように援助する, 活動性低下により、患者は自責的になりやすいが、病状が安定すれば回復することを伝え、日常生活行動の実質的援助の際には患者の思いを理解し関わる, 心気的訴えを思い過ごしととらえずに、症状を冷静に判断し重大な身体症状を見逃さないようにする.