学校の宿題もしているのに、ちっとも漢字が覚えられない。そんなことありませんか?発達障害の子どもの中には、漢字を覚えることが苦手な子どもがいます。漢字学習で困っているお子さんへ漢字学習のサポート方法をお伝えします! ③思い出すのが苦手なタイプ, -小学生, 発達障害 2.発達障害の子どもが漢字を苦手とする理由 -子ども, 学習, 漢字, 発達障害, 記憶. 1.なぜ覚えられないの?発達障害の子どもの記憶 学校の宿題で、何度も何度もくり返し練習した漢字なのに「え~?そんな字、習ったっけ~?」なんて言われるとお母さんはひっくり返りそうになりますよね。うちでは日常的な光景でした。, 実は発達障害の子どもが漢字の勉強をするときは、「タテ書いて、ヨコ書いて、とめて、はらって…」と、, 集中して書いていても、文字のタテ・ヨコの線を書くことに力をそそいでしまって、この漢字がどういう形なのかを把握するのが後回しになってしまうのです。, 漢字自体に興味を、そそる何かがあればいいですが、何も心に響かない、楽しくも、面白くもない。それでは、, 「晴」という字は、「日」の右側に「青」という字がくっついてできている、と見て理解します。, そこで初めて「晴」という字の全体像が分かるわけですから、しっかりと細部が見えるように大きく書くことがおすすめです。また、そうすることで、, 読んでもらう文字に興味を引くような、「うんこドリル」というドリルも流行りましたが、ちょっと笑ってしまう例文が入っていると、より印象に残りやすくなります。, 読んで、意味が分かったら次は書いてみましょう。そのときには、さらに記憶に残すためにていねいに書くように促します。ここでもお母さんのひと声でぐっと注意が向きます。, など、「お母さんはあなたの頑張っている姿を見ているよ!」という思いを込めてしっかり褒めてあげましょう。子どもは, お母さんとしては、たくさん覚えてもらいたいと、思うところですが、集中し続けることに労力がいる子どもにとっては大変な作業なのです。, 無理をさせるとお勉強自体も嫌になってしまいかねません。だから、練習する文字はたくさんでなく、ちょっと, 小学校1・2年生では、どうにか覚えられた漢字も、3年生からは、画数も多くなり覚える数も100個以上! 1 日本人なら漢字は避けて通れない! 発達障害やグレーゾーンの子どもは、目で見ることが得意な「視覚優位」のタイプが多いといわれています。 だからしっかり見れば漢字は大丈夫! と思われるかもしれません。 継次処理優位の子供に向いているのは、一つずつ積み重ねた結果として答えが導き出されるという学習方法でした。 漢字でいうならば、「一画一画を意識して書き進めた結果、漢字を書くことができた。」というイメージです。 この特性を生かして漢字を効率的に学習するならば、ずばり「語呂合わせ」がぴったりなのです。 早速例を出して考えてみましょう。 今回は「意」という漢字を使って説明をします。 継次処理優位の子供に、「意」という漢字を何も支援することなく覚えさせようとすると次のよう … 4.発達特性タイプ別・おすすめの漢字勉強法 1年生のときには漢字の学習に積極的に取り組んでいた児童の中に,2年生になって,漢字の学習が苦手になる児童が出て … 2020年の内に解決を! 発達障害グレーゾーンのお子さんの困りごとの具体的な対応策がわかる「お悩み相談室」 ーアクセスランキング発表ー (配信開始の3⽉1⽇〜11⽉20⽇Google解析)   &nb ... AI技術がますます発展していくなか、このデジタル時代を生きていく子どもたちに不可欠な能力は何か知っていますか?いまのAIになくて、人間にある能力に着目すれば、あなたの子育てが変わります! ... お子さんがお箸を上手く使えていないとお母さんは焦りを感じてしまいますよね。特に発達障害・グレーゾーンの幼児は手先の不器用さもあり、お箸を使うことも難しいことの1つです。楽しいお箸トレーニングで箸使いが ... 皆さんは子育ての悩みごとや困りごとを誰に相談しますか?誰に相談しても中々うまくいかないと言う方必見です!お母さんご自身が理論に基いたメソッドを学び、発達グレーゾーンの子どものやる気に火をつけ成長を加速 ... Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved. 「漢字が大の苦手」というお子様はいませんか?文部科学省の学習指導要領によると、小学校の間に習う漢字は1006字にのぼります。漢字は、国語の成績だけでなく、その他の教科の教科書やテスト問題を読んだり、本 2.覚えるときの大事なポイントは? 発達障害に関する以下の記事がとても興味深かったです。発達障害に関する最新の「まとめ」という感じです。これを読めば発達障害がどのようなものかよくわかります。以下、興味深かった点をいくつか紹介します。「発達障害は治らない」記事によると、発達障害 -グレーゾーン, 勉強, 小学生, 漢字, 発達障害. 漢字でいうならば、「一画一画を意識して書き進めた結果、漢字を書くことができた。」というイメージです。 この特性を生かして漢字を効率的に学習するならば、ずばり「語呂合わせ」がぴったりなのです。 早速例を出して考えてみましょう。 「しょうがいしゃ」の書き方に「障害者」「障がい者」「障碍者」という3つの表記方法があるのをご存知でしょうか。 実はこれら3つの漢字の違いは、「障害の考え方」「歴史的、国際的な事情」「個々人による見解の違い」から生み出されたものです。さらに漢 !少しの工夫で、たくさんの漢字がグッと覚えやすくなります。, ぜひ、楽しく勉強して子どもが「わたし漢字、できるじゃん」って思えるように一緒にサポートをしていきましょう。, 『発達障害・グレーゾーンの子どものお母さんに知ってほしい勉強法ーー漢字を覚える方法は書くだけじゃありません!』, 『【Nicotto!限定】漢字は何回も書かなくてOK!発達障害の勉強を楽にする方法とは?』, 【教材付】発達障害・グレーゾーンの子どもの「言葉で言うのは苦手」を克服して、脳を発達させる!『きょう、〇□〇□したことは なぁに?』, 【教材付】発達障害・グレーゾーンの子どもの「言葉で言うのは苦手」を克服して、ぐんぐん発達!~「きょう なにが あった?」~, お友達との距離が近い!発達障害の子どものトラブルを減らすパーソナルスペースの教え方, 登園しぶりに効く!発達障害・グレーゾーン幼児が登園をしぶる意外な理由と超簡単対応3つ, 【Nicotto!限定】AIに負けない人間に育てる秘密は○○力にあり!デジタル時代の子どもたちに授けたい力とは, 発達グレーゾーンの子どものやる気に火をつけよう!お母さんの手で成長を加速させる秘訣とは?, 学校の宿題もしているのに、ちっとも漢字が覚えられない。そんなことありませんか?発達障害の子どもの中には、漢字を覚えることが苦手な子どもがいます。漢字学習で困っているお子さんへ漢字学習のサポート方法をお伝えします!. 2020年の内に解決を! 発達障害グレーゾーンのお子さんの困りごとの具体的な対応策がわかる「お悩み相談室」 ーアクセスランキング発表ー (配信開始の3⽉1⽇〜11⽉20⽇Google解析)   &nb ... AI技術がますます発展していくなか、このデジタル時代を生きていく子どもたちに不可欠な能力は何か知っていますか?いまのAIになくて、人間にある能力に着目すれば、あなたの子育てが変わります! ... お子さんがお箸を上手く使えていないとお母さんは焦りを感じてしまいますよね。特に発達障害・グレーゾーンの幼児は手先の不器用さもあり、お箸を使うことも難しいことの1つです。楽しいお箸トレーニングで箸使いが ... 皆さんは子育ての悩みごとや困りごとを誰に相談しますか?誰に相談しても中々うまくいかないと言う方必見です!お母さんご自身が理論に基いたメソッドを学び、発達グレーゾーンの子どものやる気に火をつけ成長を加速 ... Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved. 不注意が多いadhd発達障害児。惜しい漢字間違いで、テストでミス。漢字を大きく書いたら、正確に覚えられた。漢字のテストの成績もアップ、子供が勉強に意欲的に。 発達障害、知的障害を持つ子は、視覚情報の記憶や判別が得意な子が多いため、目で見て覚える可視化が効果的です。 基本学習を繰り返す。 前に習って、できるようになった内容も、時間が経つと忘れてし … 子どもが小学校に入学すると、「授業についていけるかどうか?」はお母さんの大きな心配の1つですよね。, 小学校低学年の頃は、漢字が読めなくても前後の文章で何となく意味が理解できるかもしれませんが、いつまでも通用しませんよね。, 小学校1年生で漢字学習が始まり、高校生になっても続きます。そして一生、漢字を使った文章に触れ続けるのです。, 発達障害やグレーゾーンの子どもは、目で見ることが得意な「視覚優位」のタイプが多いといわれています。だからしっかり見れば漢字は大丈夫!と思われるかもしれません。, 漢字が複雑になればなるほど、注意深く見ることが苦手な発達障害の子どもたちは、漢字が全然覚えられない!という事態になりがちです。, なんとなく書けてはいるものの、点や線が足りなかったり、多すぎたりすることもあります。, 「ここまではできた!」というのがなかなか評価されないのです。子どもの自信はどんどん失われていきます。, 子どもができないことを繰り返しやらせるので、完全に「漢字なんて嫌い!」と悪循環になってしまうんです。, 漢字が書けない!という子どもに対して、お母さんはどんな風にアドバイスしていますか?, 「ちゃんと見て覚えるまで書きなさい!」というのは、よくやってしまいがちなアドバイス。でもあまり効果がない子どももいるんです。, 鉛筆の持ち方が安定していなかったり、すぐ疲れてしまって長時間持てなかったりする場合は、漢字学習とは別で手と指のトレーニングが必要です。, 折り紙で手と目の動きを一致させたり、お箸で豆を移動させたり、遊びのひとつとして少しずつおうちでやってみましょう。, 漢字を何度も何度も書いて練習する。繰り返して練習するのは、記憶を定着するのに一定の効果がありますが、それ以上にしんどいものです。, 書けるようになった漢字でも繰り返し書かないといけない、というも必要性を感じませんし、書けない漢字を何度も練習するのが苦痛です。, 学校の先生は、まだまだ繰り返し学習が主流。宿題で●回書きましょう、というスタイルの漢字学習が多いと思います。, 先ほども解説した通り、視覚優位タイプのお子さんは見て理解するのが得意。でも細部までじっくり見るのは苦手です。 そのため、全体のバランスや細かい線や点・数の把握がどうしても不十分になってしまいます。, 書き順は当然間違っていますが、私が小学生時代に学習した書き順と、息子が学習している書き順が異なっている字もあります。, 書き順にこだわって、せっかく正しく書けているのに「やり直し!」というと、子どもは確実にやる気を失います。まずは、漢字が書けることが大事!書き順はスルーするのがおすすめです。, 一部分だけでも覚えていた!というのは子どもにとって自信になりますし、このような体験をすることで記憶が強化されることになります。, また、将来的には手書きよりパソコンが主流になりますから、「候補から選べる」というのも、十分漢字の練習になると思います。, など、場面が思い浮かぶような、楽しい例文のなかで1回だけ漢字を書くのがピタリとはまりました。, 同じ漢字は、日を変えて、例文を変えて取り組むことで、飽きない工夫をすると、宿題の漢字練習の合間に、休憩がてら取り組むようになりました。もちろん定着もばっちりです!, 漢字を覚えるには、ただ書くだけでは十分ではありません。お子さんの発達特性に合う学習方法を選ぶと、楽に取り組め、覚えやすくなります。, 『発達障害のある、勉強ができないと感じている子どものやる気と自信を取り戻す勉強法――3つのポイントを紹介します!』, 幼児の癇癪への対応にもう悩まない!発達障害・ADHDタイプを落ち着かせる3つのポイント, お友達との距離が近い!発達障害の子どものトラブルを減らすパーソナルスペースの教え方, 登園しぶりに効く!発達障害・グレーゾーン幼児が登園をしぶる意外な理由と超簡単対応3つ, 【Nicotto!限定】AIに負けない人間に育てる秘密は○○力にあり!デジタル時代の子どもたちに授けたい力とは, 発達グレーゾーンの子どものやる気に火をつけよう!お母さんの手で成長を加速させる秘訣とは?, 日本人なら避けて通れない漢字学習。やみくもに繰り返し書いて覚えるのは時代遅れ!視覚優位・聴覚優位などの認知特性を生かすと、もっと分かりやすく、楽になります。脱・繰り返し学習!わが子に合う勉強法で進めていきましょう。.