生後7カ月頃になると、離乳食を2回に増やす際、授乳は何回ほどにすればいいのかな?と戸惑うママは多いでしょう。生後7カ月の赤ちゃんの授乳回数、間隔、量の目安や夜間授乳、離乳食について説明します。先輩ママたちの悩み・体験談もあるので、参考にしてください。 9:00頃 1回目の離乳食 “セルフねんね”という言葉を聞いたことがありますか? なんとなく言葉のニュアンスでどういうことかはわかると思いますが、どうやってセルフねんねができるようになるのか、どんな場合にセルフねんねと呼ばれるのか細かくはわからない人も多いと... 生後5か月を過ぎると、生活リズムが整っている赤ちゃんは夜にたくさん寝てくれるようになります。 お母さんはまとめて寝られるようになるのでうれしいですよね。 今までの育児の疲れもでてきている時期だと思うので、夜ぐっすり寝... 新生児を含めた赤ちゃんは一日の大半を寝て過ごすとは言われていますが、お母さんの目から見て「今日はいつもよりよく寝てるなぁ」と感じる日はありませんか? たくさん寝てくれると家事もはかどりますし助かるのですが、あまりにもよく寝ていると... 生後11カ月の赤ちゃんは、あともう少しで1歳ということもあって、赤ちゃんらしさがなくなってきます。 ハイハイは上級者で、階段や段差も楽々乗り越えていきます。 つかまり立ちやつたえ歩きができるようになったので、更に行動範囲が広がっ... 4歳になって、寝かしつけに困ることはありますか? 生後3ヶ月からひとりで寝られるという子もいますが、4歳でもなかなか寝付けない子もいて、寝付きの良さはこどもによって違います。 では、寝付きの良さは変えられないのでしょうか? 遅... 赤ちゃんが産まれて、ほとんどのママがぶつかる壁が寝かしつけです。 なかなか寝ない、寝ても布団に降ろすと起きる、ずっと泣いている、昼夜逆転で夜中に覚醒…。 本当に大変な寝かしつけですが、対策や寝かしつけ方も様々です。 抱っこでゆ... 生まれたばかりだった「新生児」の赤ちゃんも「生後1カ月」になって、少し育児にも慣れてきましたか? 毎日一緒にいると変化に気がつきにくいですが、赤ちゃんはものすごい早さで成長しています。 もちろん身長や体重などの身体的な変化もあり... 添い乳をやめて他の寝かしつけに切り替える、夜中に泣いてもすぐに授乳せずに抱っこやトントンで寝させる, お腹が空いているのではなく、授乳が「おっぱいを吸いながら寝る」という入眠儀式にすり替わっている. Follow @kosodateotasuke !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 夜間断乳を考える理由は、様々だと思いますが、一番は「夜泣きが続き、寝不足で辛い」ということではないでしょうか。, 始めて数日の辛さは、今でも鮮明に思い出すことができますが、今はやって良かったと思っています。, 夜間断乳とは、その名の通り「赤ちゃんが寝てから朝までの間、授乳をしないこと」ですね。, ここで生まれてくる疑問が「今まで夜間にもあげていたおっぱいを急にやめて、赤ちゃんの栄養面で問題はないの?」ということだと思います。, これは、「夜間断乳をいつから始めるか?」という疑問ともリンクしてくると思うのですが、赤ちゃんは生後6ヶ月以降は夜の授乳やミルクがなくなっても栄養面では問題ないと言われているそうです。, つまり、夜の授乳は赤ちゃんの栄養のためにあげているのではなく、赤ちゃんが夜に起きてしまい、また眠るためにおっぱいを吸っているということになります。, 一般的には、夜間断乳を始めるのは生後6ヶ月〜8ヶ月がベストタイミングと言われています。, ただ実際は、1歳で卒乳・断乳をする方が多いので、その少し前にまずは夜間断乳から始める方が多いそうですよ。, 夜間におっぱいやミルクを飲み続けていると、成分が歯に付着したまま眠るので、虫歯になりやすいそうです。, ただ、添い乳をしていても、「もうこれは寝てるな。たまに乳首を吸っているだけだから、口から離そう。」とソーッと離すと、ギャ~~~ン!!!となることも多かったです。。。, そうなるとまた吸わせて、完全に寝落ちしてから離すということを繰り返していました。。。, 授乳にも大丈夫な薬をお医者さんで処方してもらいましたが、体調が悪い時に母乳をあげていて、「風邪が子どもにうつらないかな?」とかなり心配でした。, 結局、子どもに風邪はうつらなくて「ありがとう、息子よ!!!」って感じだったのですが、それから少しずつ「断乳」が頭をよぎるようになりました。, 「1歳で断乳するとしたら、あと5ヶ月。完全な断乳の前に、徐々におっぱいの執着をなくす意味でも、夜間断乳をしよう」と決意しました。,
多くは、離乳食をしっかり食べられるようになる7〜8ヶ月頃には、寝る前に授乳をすれば夜間の授乳は特に必要なくなってくるでしょう。特別な理由がなければ、生後5〜6ヶ月頃までは夜の間も授乳を続けることをおすすめします。 生後7・8・9ヶ月の赤ちゃんが夜中に何回も泣いて起きるので、夜間授乳の回数が増えて困ることはありませんか?, せっかく生活リズムが整ってきて夜中もまとめて寝てくれるようになったのに、突然のことで原因が分からずに不安になっていませんか?, そこで今回は、生後7・8・9ヶ月の回数・間隔・時間は?夜泣きに効く夜間断乳の方法は?ということで、夜間の授乳が増えた原因や夜間断乳による夜泣きの改善についてなど、夜間授乳の心配ごとを解消できるようにまとめましたので参考にしてください。, 今までは寝る前に一度授乳したら朝まで起きなかったのに、突然何度も起きてしまうようになることがあります。, すると自然に母乳の生産される量が少なくなってくるので、寝る前の授乳だけでは足りなくなってしまうことがあります。, 足りない場合は、夜間と昼間の授乳の回数を増やして母乳の量を回復させるか、ミルクを足すことで改善されるでしょう。, 人は寝ているときにノンレム睡眠(深い睡眠)とレム睡眠(浅い睡眠)を繰り返してしまいます。, 大人は2つの睡眠を切り替えるのが上手なのですが、赤ちゃんは切り替えが下手なので切り替えの度にうっすらと起きてしまいます。, ねんねトレーニングでひとりで寝られるようになっている赤ちゃんは、起きてしまったときにそのまま朝まで寝続けるか、すこし泣いても自分ですぐに寝てしまいます。, しかし、添い乳や起きる度に授乳をしていた赤ちゃんはふと起きたときに「おっぱいがない!」と不安になってしまい、パニックになって泣いてしまいます。, 改善するには、添い乳をやめて他の寝かしつけに切り替える、夜中に泣いてもすぐに授乳せずに抱っこやトントンで寝させるといいでしょう。, 生後7・8・9ヶ月の赤ちゃんに夜間授乳をするときには時間を気にする必要はありません。, しかし、夜泣きを軽くするためにも生活リズムを整えておきたいので、寝る前の授乳の時間は決めておきましょう。, もし寝なかったとしても授乳した後にトントンや添い寝をするとお母さんのぬくもりで寝てしまうこともあります。, 生後7・8・9ヶ月の赤ちゃんの夜間授乳の回数と間隔のめやすは、「夜泣きをしているかどうか」で変わってきます。, 夜泣きがなければ夜間授乳することなく朝まで寝てくれるか、起きても朝方1度起きて授乳するくらいでしょう。, 夜泣きがある場合ですが、生後7・8・9ヶ月になると夜泣きがはじまったり、ひどくなる赤ちゃんがいます。, 夜中に泣いたときは授乳で寝かせるのが一番早いので、ついつい泣く度に授乳してしまいますよね。, そのために、夜泣きがひどい場合は頻回になってしまいますが、夜泣きでの授乳は「お腹を満たす」というより「不安を解消する」ためのものなので、授乳がつらければ旦那さんにお願いするためにも抱っこやトントンに切り替えることも大切です。, 夜泣きの原因ははっきりとはわかっていませんが、昼間の刺激を思い出して泣いている場合やふと起きたときにお母さんがいないことに気がついて、寂しくて泣いてしまう場合があるようです。, ■夜中に頻繁におっぱいを欲しがる赤ちゃんなら、夜間断乳すると夜泣きがおさまる可能性がある, お腹がいっぱいで他にオムツなどの理由もないのに夜中に何度も泣いてしまうので、お母さんは夜泣きがはじまったと思って対策を考えたいと思いますよね。, しかし、夜泣きの原因を考える時、夜間授乳が関わっているかもしれないと気がつくお母さんは少ないと思います。, オムツが汚れている、汗をかいているなど、泣く原因がなにも見当たらないのでおっぱいを含ませてみるとすぐに寝てしまう赤ちゃんがいます。, 授乳しようとしてもすぐに寝てしまう赤ちゃんは、夜間授乳が原因で夜泣きがはじまっている可能性があるのです。, お腹が空いているのではなく、授乳が「おっぱいを吸いながら寝る」という入眠儀式にすり替わっているので、他の寝かしつけ(トントンや抱っこ)では寝なくなってしまいます。, 入眠儀式が「おっぱいを吸いながら寝る」になっている赤ちゃんは、夜間断乳をすることでおっぱいに対する執着が薄れ、おっぱいなしでも寝られるようになるので夜泣きが改善されることもあります。, しかし、いきなりただ授乳しないというのも泣き続けるだけなので、ポイントはあります。, 断乳をはじめてすぐの頃はおっぱいを探してお母さんの服を開けようとすることもあるので、夜間断乳を決めたら前開きのパジャマは卒業しましょう。, 赤ちゃんが泣いているのがかわいそうになるかもしれませんが、他の寝かしつけ方法に変えるだけで、スキンシップはとれるので心配ありません。, いつもは可愛いばかりの赤ちゃんですが、夜中に何度も大声でなく姿を見るとまるで怪獣のように見えてしまいます。, それほど夜間に起きて授乳するということはお母さんの精神的・身体的ストレスになっているということです。, お母さんにストレスが溜まってイライラしていると赤ちゃんは必ず感じ取ってしまい、余計に夜泣きがひどくなることもあります。, せっかくの赤ちゃんとの時間をイライラしないためにも、夜間断乳や他の寝かしつけにトライしてみると案外うまくいくかもしれませんよ。.