犬の鼻はおおよそ湿っているものですが、ポタポタと鼻水を垂らしていたら心配になりますよね。犬が鼻水を垂らす原因としてどんな病気が考えられるのでしょうか。また、予防や対処法、飼い主さんが心がけたいことなどを獣医師さんに伺ってみました。, たかが鼻水と思っていても、実は何かの病気のサインかもしれません。愛犬のいつもと違う様子を感じたら、獣医師さんに相談しましょう。, ―犬の鼻がいつも湿っているように思うのですが、鼻水を垂らしているとなると事情が異なりますよね?, 犬の鼻は涙腺や鼻の中にある腺からの分泌液によっていつも湿っていますが、これにはふたつの理由があります。まず、鼻が湿っていることで空気中の匂いの分子を吸着しやすくし、嗅覚に役立てています。また、犬は体温調節が苦手なので、体温が上がると分泌液が増え、鼻から熱を逃がして体温を下げる働きもあるのです。, 犬の鼻は健康な状態でも眠っている間に乾燥することがあり、病気によって鼻が乾燥することもあれば、逆に鼻水が垂れたりすることもあります。, 必ずしも病気が原因とは限りません。鼻の中に入ったごみを洗い流そうと鼻水が増えることがあります。また、冷気が肺に入らないように鼻の中で空気を温める際、鼻水の量が増えることがあります。これらは心配のいらない生理的な鼻水なので治療の必要はありません。, 子犬の場合は、ウイルスや細菌などによる感染症で、ケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)が代表的です。鼻水のほかに乾いた咳の発作や発熱、食欲不振などの症状が現れます。すぐに治療を始めれば1週間程度で完治しますが、治療が遅れてしまうと命にかかわる危険性があります。, 鼻腔内腫瘍は、鼻水のほかに、くしゃみや鼻血などが見られ、多くが悪性で進行が早いため、早期発見・早期治療が重要です。, また、重度の歯周病では、炎症によって口と鼻を隔てている骨に穴が開き、鼻の中にも炎症が起こることで膿が混ざった鼻水や鼻血、くしゃみなどが出ます。, 犬の肺水腫は、心臓病や肺炎などが原因で発症し、呼吸困難、口や目の粘膜が白っぽくなるといった症状が表れます。, ウイルスや細菌は接触感染や飛沫感染をするため、感染症で鼻水が出ている場合は、ほかの犬にうつることがあります。, 原因となるウイルスや細菌は、主に犬ジステンパーウイルスや犬ヘルペスウイルス、パラインフルエンザウイルス、気管支敗血症菌(ボルデテラ菌)、マイコプラズマ属菌などで、人に感染するものとは異なります。そのため、人にうつることはありません。, ―鼻水がどのような状態なら動物病院を受診すべきですか? 鼻水の状態や併せて見られる症状について教えてください。, 鼻水が透明でさらさら、呼吸や全身の状態がいつもどおりであれば生理的な鼻水である可能性が高いため、様子を見ていただいて構いません。, しかし、次第に鼻水に色や臭いがつくようになる、呼吸の状態がおかしくなるのであれば、何らかの病気が疑われるため動物病院を受診してください。, 次のような症状が見られる場合は、すぐに動物病院を受診し、治療をする必要があります。, 特に、子犬が感染症によって緑色の鼻水を出す、元気消沈や食欲不振の場合や、老犬が鼻血を出し鼻腔内腫瘍が疑われる場合は、命にかかわる危険性があるため、すぐに動物病院を受診してください。, 感染症、細菌やマイコプラズマ属菌が原因の場合は抗生物質の投与を行い、ウイルスが原因であれば特効薬がないため、咳止めの投与といった対症療法を行います。, 鼻腔内腫瘍の場合は放射線治療が最も効果的ですが、機材がなく受けられない場合は症状を緩和させる目的で腫瘍を取り除くことがあります。, 歯周病の場合は抜歯や歯石除去の手術を行い、肺水腫の場合は原因となる病気の治療を行いながら、ICU(集中治療室)に入院をして酸素濃度や温度、湿度を管理します。, アレルギーの場合はステロイドや抗生物質の投与や、アレルギーを引き起こす抗原を少しずつ体に投与して体質を改善する減感作療法(げんかんさりょうほう)を行います。, 鼻水は、ティッシュやガーゼなどでやさしく拭き取ってください。固まっている場合はゴシゴシこすらず、40度くらいに温めた蒸しタオルでふやかしながら拭き取るようにするといいでしょう。多頭飼いの場合は、ほかの犬が鼻水の拭き取りに使用した物に触れないよう十分注意してください。, ―犬の鼻水を吸う吸引器はあるのでしょうか? また、人間の赤ちゃん用の吸引器はありますですが、犬にも使えますか?, 現在のところ犬用の吸引器はありません。人用の吸引器は犬の鼻には合わず、また吸引している間に暴れてしまうと鼻の中を傷つけてしまうおそれがあります。, 人間の場合は、鼻をかんだり吸引器で吸引したりすることで、なるべく鼻水を取り除きます。しかし、犬の場合は、鼻水を取り除くことよりも、鼻水が出ている原因に対する治療を行い、鼻水が出ないようにすることが重要です。, 病院では犬の鼻水の検査、状態を観察することがあるため、鼻水を拭き取りすぎないようにしてください。また、いつごろ症状が出始めたのか、ほかに症状がないかなどを伝えられるようにするといいでしょう。そのほか、服用中の薬や接種しているワクチンと接種日がわかるものを持参するようにしてください。, 食欲があるようであれば、普段どおりで問題ありません。ただし、鼻が詰まっていると匂いがわからず食欲が落ちることがあるため、フードを電子レンジで軽く温め、匂いを強めたり、より匂いが強いフードに変えてみたりしてください。, また、重度の歯周病の場合は、痛みでドライフードを食べられないことがあるため、ぬるま湯でふやかしたりウェットフードに変えたりするといいですね。, 鼻腔内腫瘍で全身状態が悪く食欲が落ちている場合は、少量でも栄養豊富な療法食がお勧めです。これは、動物病院で購入できるので相談してください。, 感染症の場合はほかの犬との接触を避けてください。また、症状が治まっても再発や慢性化のおそれがあるため、必ず獣医が指示どおり投薬を続けてください。, 生理的な鼻水は、ほこりや冷気が原因なので、部屋の中をきれいにし、寒い日は部屋を加湿して暖かくしましょう。, 感染症の場合は、感染している犬に接触しないようにしてください。感染症を引き起こす一部のウイルスは混合ワクチンで予防できることから、予防接種をすることも大切です。さらに、免疫力が落ちていると感染しやすいため、適度な運動やバランスの取れた食事を心がけ、犬にストレスがかからないようにすることも重要です。, 歯周病は、歯磨きをすることである程度予防することができます。できれば毎日食後に歯磨きをして、高齢犬の場合は、定期的に病院で歯の状態を確認してもらうようにすると安心です。, そのほか気になる犬の体や行動の異常・変化については、獣医師監修の「犬の症状」を併せてご覧ください。, ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。 愛犬と遊んでいると、突然鼻をフガフガさせ始めたという経験はありませんか。突然苦しそうにフガフガさせると、飼い主としては心配になりますよね。では、犬が鼻をフガフガ鳴らしているときは、どのような理由が考えられるのでしょうか。 犬の鼻の異常に関する獣医師さんへの相談内容をご紹介します。※グループサイト『だいじょうぶ?マイペット』からの提供記事になります。, 仰るような症状ですと確かに鼻腔内腫瘍や歯根膿瘍などが疑われます。 歯周病とは、歯垢の中の細菌が毒素を出すことによって引き起される歯肉炎と、歯肉炎が悪化し歯周組織にも炎症を起こした歯周炎を総称したものを言います。 だんだん炎症(?)がひどくなってるようで、鼻水で常に湿っている部分なので治りにくいのかもしれませんが これはこのままで大丈夫でしょうか?? 鼻水は、透明で匂いはありません。くしゃみもありません。ウンチも普通です。さむがっている感じもありません。鼻先をかゆがってる様子もありません。真っ黒なお鼻だけにそこだけ目立ってしまって痛々しく見えるのですが、夫には心配のし過ぎだと言われますが 悪い病気のサインではないかと心配しております。連休中で動物病院もお休みなのでこちらで相談させていただきました。宜しくお願いいたします。


 基本的には様子見でいいですが、顔を床に擦ったりするなど掻痒の症状があるならばかゆみ抑えの軟膏を使うのも方法です。でも僕なら放置します。 一般論に終止してしまう場合もあるかもしれません。ご了承ください。 犬の鼻は健康な状態でも眠っている間に乾燥することがあり、病気によって鼻が乾燥することもあれば、逆に鼻水が垂れたりすることもあります。 生理的な鼻水は心配いらない ―犬が鼻水を垂らす原因は何ですか? 必ずしも病気が原因とは限りません。 犬も同様に食事の臭いで食欲がかき立てられますので、鼻づまりが酷くなると食欲が落ちることがあります。 犬の鼻づまりには単なる一過性の体調不良により起こる場合もありますし、なんらかの病気が原因の場合もあります。呼吸困難を引き起こす可能性があるため、原因をつきとめて早めの対処が必要となります。 この記事では鼻づまりの原因や病気、対処法などについてまとめました。

鼻腔内腫瘍は特に8歳以上の高齢犬が多いと報告されています。, 犬の鼻の中に発生する腫瘍にはいくつか種類があります。 1分でも長生きしてくれることを願うのであれば、断前吻部切除以外にありません。顔貌は大分変わりますが樹、用の延長効果が望めます。腫瘍のみの摘除は全くおすすめしません。そのような段階はおそらく数ヶ月前に通過していると思われるからです。
よろしくお願いいたします。, はじめまして、よろしくお願いいたします。 適度な湿度を保つために、特に冬場は加湿器を使用してみましょう。, 人間は比較的日常的に鼻血を出すことがありますが、犬の場合は明らかな外傷がない限り滅多なことでは鼻血を出すことがありません。