愛犬の留守番ストレスを減らしてあげるために、まずは愛犬の感じているストレスを正しく知ることからはじめましょう。 帰宅したときの愛犬の様子だけでは判断できない. ストレス対策①犬の留守番ストレスを正しく知る . 子犬を飼い始めたら、「うちのコ、お留守番をさせたらうんちを踏んでしまって大変!」という問題に悩む飼い主さんは多いと思います。家の中にはニオイがこもるし、汚れた足で部屋中を走り回ったら掃除も大変な労力がかかります。この悩みを解決するために、なぜうんちを踏んでしまうのか、その対処法、予防法について考えてみましょう。, 「愛犬がうんちを踏んで困っている」という悩みを持つ飼い主さんのいう「愛犬」とは、ほとんどがまだトイレトレーニングが身に付いていない子犬か、成犬であっても、家族として迎えてまだ日の犬の場合が多いと思います。, それなら、犬が留守番の最中や、家の中のサークルの中でうんちを踏んでしまう原因として、まだ自分が排泄するべき場所が理解できていないことが考えられます。, おそらく、屋外で飼われている犬はよほど狭い場所で閉じ込められていない限り、自分のうんちを自分でわざと踏んだりすることはないでしょう。犬も自分の体が臭くなるのは不快だからでしょう。, では、なぜ、室内飼いの犬は自分のうんちを踏んでしまうのでしょうか。おそらく、犬はわざと自分のうんちを自分で踏んで、自分の体を汚しているのではありません。それでも、うんちを踏んでいるのは、犬の生活環境が、うんちを踏まざるを得ない状況に犬を置いている、と考えることはできないでしょうか?, 例えば、飼い主さんがお仕事などで外出する際、犬をサークルに入れるとき、犬は排便を済ませているかどうかを思い返してみてください。もしかしたら、食事を与えた後、排泄するのを確認せずにサークルに入れていて、犬は飼い主さんが帰ってきて、開放してくれるまでうんちを我慢できないのかも知れません。, 子犬のときの「うんちまみれ事案」は、成長するに従い、排泄のリズムや回数が規則的になり、徐々に改善されていきます。けれども、十分に成長した成犬で常に飼い主さんの後を追いすがり、飼い主さんが一緒にいるときは上手にトイレができるのに、お留守番をさせるとうんちを踏んでうんちまみれになる…という場合は、分離不安の可能性があります。, 全てのパターンに当てはまる訳ではありませんが、基本的に犬はキレイ好きな動物です。犬の習性として自分の寝床を自分からわざと汚すことは考えにくいので、もし、お留守番のときにサークルを利用していて、そのサークルがベッドスペースとトイレスペースに分けられていないタイプなのであれば、トイレトレイを一度撤去します。, 空いた場所にペットシーツだけを敷き詰めたり、犬が落ち着いて眠れるような布を敷き詰めたりして、サークルの中から排泄できる場所を無くすわけです。, 「サークルの中のトイレを撤去する」という方法を選択した場合、お留守番をさせるのは、ごく短い時間です。特に子犬の場合は、排泄のサイクルも短いので、少なくても20~30分で一度、サークルから出すようにしてください。, そのタイミングで上手にサークルの外で排泄できたら、思い切り褒めてあげましょう。それを何度か繰り返すと、犬は「サークルの外でトイレをしたら褒めてもらえる」と覚えてくれます。, 犬を飼い始めてしばらくは、犬の体のリズムと人間の生活サイクルがうまく噛み合わず、様々な問題が起きます。例えば、「夜泣きをする」「留守中にずっと吠えている」「やたらと朝早くに起きて騒ぐ」、そして、「家に帰ってくると犬がうんちまみれになっている」と言うのもそれらの問題のうちの一つだと思います。, それらの問題を一つ一つ解決していくには、犬の生活環境を整えることも大切ですが、犬の体のリズムをしっかり観察し、それらを把握した上で対処することも重要です。, 方法としては、お留守番の前に、排泄を済ませるようにします。具体的には、まず、「どんなタイミングで排泄をしているか」をじっくり観察します。そうして、寝て、起きたとき、あるいは食事の後、あるいは散歩に出たら必ず排泄をする、そういうリズムを把握できたのであれば、次のステップは、その排泄のタイミングを飼い主さんが作ります。, お留守番の前に軽く外に出て、排泄をさせたり、飼い主さんが出かけ時間に余裕をもって食事を与え、お留守番の前に排泄を済ませたりするようにコントロールしてあげます。, まず、犬に「うんちは要らないもの」だと教えるためにも、上手にウンチができたときや散歩で排泄したときも、すぐにうんちを片付けます。, いきなりクレートの中に閉じ込めるのではなく、ふだんの生活の中で「クレートの中は安心できる場所」だとトレーニングをしておきます。「クレート」の中は安全でおいしいものが食べられて、安心できる場所、ということを覚えたなら、その中でお留守番をさせます。せまくて、うんちをするスペースがないので、うんちを踏む心配はありません。, 前述しましたが、まずは愛犬の排泄のタイミングをしっかりと観察して把握しましょう。どんな予防法を講じるにしても、排泄のタイミングを知っているかどうかはうんちを踏む、という問題を解決するだけでなく、犬と生活していく上でとても大切なことです。, 犬を飼い始めたのであれば可能な限り、子犬に長時間一人でお留守番をさせないようにしましょう。子犬は消化器官が未発達なので、成犬よりも排泄の回数が多く、不規則です。, それなのに、人間の都合でまだトイレの場所もわかっていない状態で、うんちもさせてもらえないままサークルの中に閉じ込められ、いつ、うんちが出るかわからない状況にしていったのは飼い主さんの方なのに、「いつも帰ってきたら、うんちを踏んでてうんざりする…」と言われるのは、犬の立場に立って考えてみると、とても理不尽なことではないでしょうか。, 人間は毎日シャンプーをしても問題ありませんが、犬は人間よりも皮膚が薄く、毎日のシャンプーは犬の皮膚に大きな負担をかけます。とはいえ、うんちまみれの犬の体の汚れを放置することはできません。簡単に犬の体の汚れを取る方法をご紹介ます。, うんちのついた足の裏を蒸しタオルでつつんで、固まったうんこをふやかし、キレイなタオルでそのうんこをぬぐいます。その後、ドライタオルでしっかりと湿り気を取ります。, 蒸しタオルでは対応できないほど汚れていたら、ぬるま湯で汚れた場所だけを洗います。その後、乾いたタオルでしっかりと拭きます。, 赤ちゃんもすやすやと眠っている時や、ママやパパの顔を見てニッコリ微笑んでいる姿は天使のように愛らしく、限りなく愛しいと思えるけれど、毎日夜泣きが続いたり、一日に何度もべっとりとうんこのついたお尻をキレイに拭いたりすることが続くと、「こんなに大変だったとは…」と新米のママやパパは疲れてしまいますよね。, 犬を家族に迎えるのも赤ちゃんが生まれるのも、新しい家族が増えるということで、何も変わりはありません。違うのは、犬は死ぬまで飼い主さんのことだけを愛してくれる存在だということです。そう思えば、子犬がうんちまみれで飼い主さんを困らせていた時間も、きっといつか、大切な思い出になるはずです。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 16週をまとめて読もう! 犬の飼いかた・育てかた なぜ「16週」で犬をしつけるべきなのか? Modified on: Aug 27, 2019. ・留守番時は、二畳ほどの「粗相用サークル」に隔離する。 0.5畳とか1.0畳程度のサークルでは留守番時の「粗相用サークル」としては狭すぎます。 経験では、2畳あれば、東西南北の角地に上手に順番にウンチをします。 まとめ; 1. 犬をお留守番させて帰ってきたら、家がうんちまみれになっていた、、、という経験はありませんか?どうしたらいいものかわからないばかりに、犬に対しても腹が立ったりするかもしれません。しかし、そんなときは怒りつけるのではなく何がだめだったのか原因を探りましょう。, 普段の生活ではトイレがきちんとできているのに、留守番時にこのような問題が起きる原因として考えられるのが、「分離不安」です。分離不安は犬が飼い主がいないことによる不安から、排せつや家のものをぐちゃぐちゃにしてしまう問題行動を起こします。常に愛犬と一緒にいて犬を可愛がっている飼い主の家庭で起こりやすいです。, 犬にとって排せつは緊張を和らげ行為であり、留守番時に強い不安を覚える犬は排せつを行い不安を解消しているのだと考えられます。, 分離不安より排せつをするケースもありますが、他にトイレのしつけが行き届いてないことが原因の可能性もあります。これは留守番時以外でもできていない場合です。その場合はトイレトレーニングをさせることが大事になってきます。, 家の中で排せつをやめてほしいと願う飼い主さんは放し飼いをやめてみましょう。基本的に犬が排せつをするのは、犬のお留守番時に放し飼いをして起こっています。放し飼いだと家全体をなわばりとし守ろうとする習性が犬にあるため、トイレの失敗が起きやすくなります。放し飼いにより犬が問題行動を起こしているといっても過言ではありません。, そのため基本的に留守番時はハウスに入れておきましょう。トイレはハウスの中にいれておかず、ハウスから離れた場所に用意しておきます。またトイレはハウスの3倍以上の広さが必要です。そんなに必要なのと思われそうですが、十分な広さのサークルを用意しておトイレさせるときはハウスからだしてやり、サークル内のトイレでさせるようにしましょう。そうすることで家がうんちまみれになることはなくなります。, 特に共働き、一人暮らしの家庭に言えることですが、普段の生活で長時間犬を一人でお留守番させるときは、愛犬のサポーターも必要かもしれません。10時間ほど家を空けることになるため、出かけている間だけでも見てくれるだけで、犬の精神的な面も経験されます。, 必要であればペットシッターという手もありますので、犬の負担にもならないためにもぜひ利用してもらえたらと思います。, 普段の生活で長時間犬を一人でお留守番させるときは、愛犬のサポーターも必要かもしれません。. 犬が留守番でうんちまみれになるのを防ぐには? 犬の留守番中、トイレを失敗してしまうことも多く、ゲージ内がうんちまみれになることもあるようです。 出かける度にトイレがめちゃくちゃになって、毎回掃除するのも大変ですよね。 この対策ってあるのでしょうか? まず、どうして留守� おそらく、屋外で飼われている犬はよほど狭い場所で閉じ込められ� 犬をお留守番させて帰ってきたら、家がうんちまみれになっていた、、、という経験はありませんか?どうしたらいいものかわからないばかりに、犬に対しても腹が立ったりするかもしれません。しかし、そんなときは怒りつけるのではなく何がだめだったのか原因を探りましょう。 留守番中の子犬をうんちまみれにしない ; 成功したら褒める 失敗しても怒らない; コマンドは統一; 8. モニターする; 9. それなら、犬が留守番の最中や、家の中のサークルの中でうんちを踏んでしまう原因として、まだ自分が排泄するべき場所が理解できていないことが考えられます。 排泄のタイミングが人間の生活リズムと合っていないから . 安全に留守番できる訓練が大切. 仕事や買い物などのお出かけのため、どうしてもペットの犬にお留守番させないといけないとき、皆さんはどんな対策をされていますか?, 何かトラブルはないか、トイレはちゃんとできるか、長時間家を空けるときは心配ですよね。, そこで今回は、犬のお留守番について、特にトイレトラブルを中心に詳しくお話していきましょう。, 特に小型犬は甘えん坊気質で、飼い主の顔が見えないだけで不安を覚えてしまうこともあるほどです。, 長時間のお留守番は、分離不安などの精神病を患う可能性も考えられるので、留守番の練習も必要ですし、犬の体調もしっかりチェックしていかないといけませんね。, 犬はどれくらいの時間お留守番が可能なのか、最長時間はどのくらいだろう?と考えてしまうかもしれませんが、そう考えるよりも、犬がお利口さんに安心して留守番できるように教えてあげる必要があると言えるでしょう。, お留守番の練習のコツとしては、「留守番は嫌なことや怖いことではない」とインプットさせることが大切となります。, 特に、はじめての練習では、飼い主さんは本当にお出かけせず、犬に飼い主の顔を見せない程度にして、家のどこか別の部屋に隠れたり、玄関の外で少しの間いたりするなどして、様子を見ましょう。, ゲージ内にいることで危険な事故の確率もグッと減り、飼い主側も安心できるので、ゲージ内は落ち着ける場所だと覚えさせておくと、お留守番も容易にしてくれるようになるでしょう。, そして、飼い主が出先から帰ってきたら、ご褒美を与えてしっかりと犬を褒めてあげてください。, 手間も時間もかかることになりますが、24時間ずっと犬と一緒にいるわけにもいきません。, 犬の留守番中、不安なことと言えば、部屋を散らかしたり何か家の中で事故が起きたりしていないか、そしてトイレをきちんとできているかですよね。, 留守番中の犬のトイレについては、しっかりしつけている愛犬なら、留守番をしていても我慢できるので、トイレの準備は大丈夫でしょう。, しかし、しつけができていなかったり、トイレを我慢出来ない犬だったり、どうしても長時間外出する場合は、トイレも準備してあげましょうね。, 犬の留守番中、トイレを失敗してしまうことも多く、ゲージ内がうんちまみれになることもあるようです。, まず、どうして留守番しているときにトイレを失敗するのかと言うと、不安や不満が原因であるからと言われています。, もしくは、留守番でじっと待つことからエネルギーがたくさんあり、うんちを散らかしてしまうということもあるようです。, 特に出かける直前に「出かけると寂しくなるから」と言って遊んでしまうこと、これは犬が一人ぼっちになったとき、寂しさがさらに増してしまうので、控えた方が良いでしょう。, 加えて、エネルギーを解消しておくために、出かける直前ではなく、かなり前もって、例えば出かける1~2時間前くらいに、たくさん遊んであげましょう。, また、ゲージ内を安心できる縄張りで落ち着けるおうちだと認識させると、賢く留守番ができるだけでなく、トイレの我慢にもつながりますよ。, 犬用腹巻の作り方で100均のものを使ったり家にあるものを代用したりする方法はある?, 犬が腎不全になったとらどれぐらい長生きできる?余命はどれぐらい?末期からでも回復する?. Copyright (C) 2020 ボクとワタシの情報基地 All Rights Reserved.