去年の12月に大学(情報処理系)を退学して、現在フリーターの21歳です。フリーターから脱出して、書道関係、または書道を活かした仕事に就きたいと思っているのですが、どんなのがあるのでしょうか?また、書道に関係する仕事なら サイトについて 今回は、この筆耕についての概要や、仕事の内容、実際に始めるための方法や収入などをご説明します。, まず、「筆耕」とは何なのかというお話をします。 などなど。書道関係といっても自分のなりたいビジョンが何によるかで今やらなければいけないことは全く変わってきます。 そのほかにも書道の知識を活かせる仕事って意外に多いんですよ。 ‚ß–û«F‰”•M‚̓RƒŒI, F‰”•M‚𔃂¤‚Ȃ琅Ê—p‚Å‚«‚Ü‚èI•¹—p‚Å‚«‚郁ƒŠƒbƒg‚Æ‚Í. 書道を活かせられるお仕事は、何かありますか?転職を考えており、書道を活かせられる仕事を探したいと思っています。書道教室以外に書道を活かせられる仕事があれば教えていただきたいです。 「筆耕 … 書道の道で十分な経験を積み、その流派の書道を教えるに値する人として認定される免許ですので、技術が高い証明としてとっておいて損はないでしょう。 ただし 師範の資格がなくても書道家になれるので、取得の必要性は低い です。 具体的には、依頼を受け筆やペンを使用して、招待状の宛名を書いたり、座席札や賞状を書いたりなど文字を書くことを仕事とする人です。この筆耕を仕事にする人を「筆耕士」と呼びますが、筆耕士になるためには特別な資格は不要で、何歳からでも始めることができます。また、定年もないので長く仕事として活かすことができます。別の本業を持ちながら副業で筆耕士として働く人も多くいます。, 筆耕士になるためには特別な資格は不要だとお話ししましたが、何も学ばずいきなり仕事ができるわけではありません。筆耕士として働きたいという場合、筆耕においての専門技術の習得は必須となります。直接、筆耕書道を教えてもらえる教室や指導者と会えることがいちばんですが、最近では筆耕書道を学ぶための通信講座なども増えてきています。当然個人差はありますが、約2年程度で技術を習得することがほとんどです。また、独自の認定試験を設けているところもあります。, では、筆耕の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。 書道が好き、師範や指導者になるための勉強をしたなど、書に深く携わって来た方の中には書道を活かした仕事をしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。書道の仕事というと書道塾の先生などが思い浮かぶと思いますが、ほかにも「筆耕」という仕事があります。あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、この筆耕とはどのような仕事で、どのようなことができるのでしょうか。 基本的には、賞状や結婚式の招待状、宛名書きなどのほかに、式辞、記章、のしなどの業務が挙げられます。さらに詳細に例を上げると、卒業証書や目録、式次第、家系図、垂れ幕、遺書、表札、看板など大小さまざまな業務がたくさんあります。, パソコンやプリンターの普及により、簡単にできそうな仕事という印象はありるかもしれません。しかし、結婚式の招待状や卒業証書などはやはり手書きの方がよりよく感じられます。また、記章や胸章など印刷が困難なものでも手書きであれば問題なく字が書けます。とくに卒業証書や永年勤続証の賞状などが多く必要になる1~3月は、筆耕士にとっての繁忙期になります。, 筆耕の仕事を始めるためには、どうすればよいのでしょうか。まずは筆耕の仕事を必要としている依頼人を探すか、依頼人に見つけてもらうことが必要になります。 トップ | ジャンル一覧 | 通信講座 | 目的から探す | ランキング 「筆耕」を辞書で引いてみると、『写字や清書で報酬を得ること。または、その人』、『文筆によって生計を立てること』などと記されています。 まず、「筆耕」とは何なのかというお話をします。 「筆耕」を辞書で引いてみると、『写字や清書で報酬を得ること。または、その人』、『文筆によって生計を立てること』などと記されています。 具体的には、依頼を受け筆やペンを使用して、招待状の宛名を書いたり、座席札や賞状を書いたりなど文 … 依頼人を探すということは、筆耕の求人を探すことです。筆耕の求人を探す方法でいちばん手軽に着手できるのは、インターネットを活用することでしょう。ハローワークや求人雑誌で筆耕士の仕事を見つけることはなかなか困難ですが、インターネットであればたくさんの求人を見つけることができます。, もう一つの方法は、自分で自営業としてスタートし、集客をして運営をしていくことです。筆耕の仕事内容とどのような需要がどこにあるのかを知ることで、集客はもちろんのこと受注へとつなげることができます。インターネットを利用してホームページを作成したり、SNSを利用したり、チラシを作ったりと集客には色々な方法があります。, 筆耕士として働き収入を得るためには、個人で働くほかにも専門の人材派遣会社に登録して仕事を受注するという方法があります。しかし、筆耕士の仕事は副業として仕事にされることが多く、筆耕の専門として正社員になれることは少ないため、多くは派遣やアルバイトとなってしまいます。そのため、社員としての安定した月給・年収ではなく、仕事の単価として考えることになるために収入も人によってずいぶん差が出ます。, 単価で収入を見た場合、たとえば名入れでは1枚50円~数百円となり、ペンでの宛名書きでは1枚20~30円、毛筆の宛名書きでは40円~60円ほどです。全文の筆耕では数千円~1万円となり、これが出張になると日給1万円ほどになります。単価はいくらか、どのくらいの件数を受注できるかによって当然収入は異なりますが、これをあえて年収で換算すると、およそ200~300万円程度となります。, 先ほど、「筆耕」とは何なのかという項目の中で、筆耕士としての専門技術の習得は必須だとお話ししました。筆耕を仕事にする以上、適切な筆記用具を用い、癖がなく同じ大きさに見えて中心がぶれていない文字を書ける、ということが絶対的な条件となります。また、いつでも写したように同じ文字をきちんと書けなければなりません。このような特性が芸術性の強い書道とは異なるところです。 芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等での代替は難しい傾向があります。 Copyright © 2019 nodeplace All Rights Reserved. この記事では、師範とは何か、どうしたら師範になれるのか、また、書道家における「段位」について解説します。, 「師範」とは、各流派での指導者として認定される資格のことで、流派の中で最もレベルの高い資格です。, 師範になるためには、流派に属している書道教室に入門し、先生の下で経験を積むことが一般的です。, 先生に習いながら知識やスキルを身に付けて、師範を目指すコースを受講したり、昇段試験を受けたりして一段階ずつ階級を上げていきます。, 師範は各流派の指導者として認定される資格ですので、流派に所属していない人は民間の資格を取得しますが、なかにはその流派に所属していなくても、通信教育などで学び試験を受ければ師範の資格が取れる流派もあります。, 通信教育の師範のコースを取得するためには、師範の試験を受けられるレベルになってから、少なくとも2年以上必要です。, ただし通信教育で取得する師範試験は比較的簡単で、流派に所属して通いながら取る一般的な師範資格より技術的難易度が低いとされています。, 全国書道教授資格認定試験で第一種から第三種までを段階的に取得するという方法もあります。, 書道教室を開いたり、個展などを開いたりする場合、「師範」という資格は対外的にわかりやすく、自分自身の肩書にもなります。, 書道の道で十分な経験を積み、その流派の書道を教えるに値する人として認定される免許ですので、技術が高い証明としてとっておいて損はないでしょう。, 流派によりますが、はじめはおおむね級の数字が少なくなっていき、1級の次が初段、2段というように段の数字が増えていきます。, また各流派の最高位は「師範」と呼ばれ、書道を教えるだけの技術があると認定されたことになります。, 段位は統一された基準があるわけではなく、各流派で設定されています。よって同じ5段でも流派によってレベルの差があり、あくまでレベルの指標であって、国家的に認められている資格ではありません。, 段位は基本的に一番下の級からはじまり、昇段試験を受けて一つずつ上に上がっていきます。, 通信教育を受けながら独学で学び、段位を取得する方法もありますが、流派に所属して通いながら取得する方法に比べ書を書く密度が減るため、段のレベルが比較的低いという声もあります。, 同じ芸事であっても流派によって起源や歴史が異なっており、それに伴って所作や考え方に違いがあります。, そのため所属している流派内で取得した資格は、たとえ同じ芸事であっても他の流派では適用されません。, 書道の世界にも流派が存在し、主に江戸時代までは流派による制限が数多く存在しました。, 戦後、書道教育を復興させるべく、大きな再編成が試みられました。その結果、書道における流派は大きく教育系と芸術系とに分類され、戦前のような厳しい縛りがなくなりました。, 現在でも統一された資格は存在せず、書道教室の師範の裁量で昇級試験が行われています。, どの流派に所属するかは基本的に各々の好みに一任されますが、幼少時に学んだ流派をそのまま学び続ける人が比較的多いようです。, 流派によって手本の字体に違いがあるため、前述のように教育系と芸術系とではそのスタイルは大きく異なります。, 所属している流派で取得した資格は、その流派でのみ適用されるということを覚えておくとよいでしょう。, 水彩、油絵などさまざまな道具と手法で自身のイメージする絵を描き、作品を世に発表する。, 土とろくろを使って食器や壺などの焼き物を成形し、窯で焼き上げて作品として仕上げる。, 金属を彫り、ジュエリーやアクセサリー、仏具や家具、建築物などの飾り金具を製作する。, 木や銅、石、アルミ板などに細工をし、絵具やインクの転写や透写を行う版画を制作する人。.