アメリカ空軍は、あらゆる任務に対応するために多様な航空機を保有している。だが最も特徴的なのは戦闘機、様々なミッションに対応する。f-15が登場したのは、1970年代はじめ。最新鋭の(技術的なトラブルもあるが)f-35はここ数年で運用を開始 戦闘機の分類.

空中戦闘機動(Air Combat Manoeuvring、ACM、くうちゅうせんとうきどう)とは、戦闘機が空中戦の際に使用するマニューバ(空中動作、航空機動作)である。単機または複数機によるマニューバがある。航空戦術に含まれる。, 初めて航空機が戦争の道具として実戦に用いられた第一次世界大戦の複葉機の時代から、敵対する敵機に対抗する戦術として発展した。第一次世界大戦当時のドイツの撃墜王マックス・インメルマンによるインメルマンターンなど現代戦でも通用するものから、現代的なジェット戦闘機の中でも特殊な機体にしか運用出来ないクルビットなど多岐に及ぶ。, この種の空中戦闘機動は第一次世界大戦中に端を発し、史上最大の大規模空中戦が行われた第二次世界大戦中に最も発展した。しかし航空機技術が進歩しジェット機が開発され高速化が進み、レーダーやミサイルが発達した現代においては既に時代遅れで使えなくなった機動もあり、またフライ・バイ・ワイヤによる運動能力向上機の登場により、かつて予想もし得なかった新しい機動が見出されるなど、未だに日進月歩の途中にある。, 空中戦闘機動には敵戦闘機(以下敵機)と対峙した場合の攻撃法と爆撃機に対峙した際の攻撃法が含まれる。また、敵機に襲撃された際の回避法、動き方の概念も含まれる。このため機動と戦術は密接に関係している。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=空中戦闘機動&oldid=78767115. マルチで結果を出すのは、そういう漁夫の利をうまくやる人たちなので・・まともにドッグファイトしてると馬鹿をみるという┐(´д`)┌ヤレヤレ, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, エースコンバット7から導入されたマニューバという通常の軌道とは違う動きをする実戦ドッグファイト向きのテクニックを使うと・・ゲームの性質がまるっきり新鮮に変わる!?, いわゆるエンジンストール一歩手前の低速域の速度で飲み使えるテクニックで戦闘機がその場で回転するという高等技術, うーん(;´・ω・)対戦では1対1で、尚且つ後ろを取ってる時以外はほぼほぼ使い道がないですね, せいぜいリプレイでおお!かっけぇww(;゚Д゚)と感動するくらいしか使い道がありませんが, 正直、マニューバを覚えるだけで、VR03ミッションがこうも楽しくなるものかと(笑), さてそんな楽しく便利なマニューバ機動だけど、このタイミングでは使うなよ?という点について, マニューバ発動時に少し速度が落ちるため、最低限エンジンストールがするギリギリでは使わない, はっきり言ってお互いに距離をつめようとして低速の旋回での争いで使うからこそ効果を発揮するが, マニューバはコックピットに乗った感覚でこそ実感するしそれを活かした新感覚の空中戦が楽しめる感じなので, エースコンバット7 スカイズ・アンノウン/PS4/PLJS74025/A 全年齢対象, MSY T-Flight Hotas 4 エースコンバット 7 エディション 4160671, HORI エースコンバット7 スカンズ・アンノウン 対応フライトスティック for PS4 PS4-094 フライトスティック for, ソニー・インタラクティブエンタテインメント PlayStationVR Special Offer CUHJ-16007 CUH-ZVR2シリーズ.

一瞬、ト(急速ブレーキ一回)、トン(ニュートラル→ピッチアップ)でいつでも発動するはずです, ただし、それなりのスピード性能の機体じゃないと途中でエンジンストールするので注意です

曲技飛行(きょくぎひこう、英: aerobatics エアロバティックス)とは、航空機によって普段は行わない特別な飛び方をすることを広く指す用語である。曲芸飛行、アクロバット飛行などとも称される。, 英語の「aerobatics」という表現は、「aero=空中の」という語と「acrobatics=アクロバット」という語からつくられた表現である。, 観客を楽しませるための航空ショー型と、技能を競う競技型の2種類に分かれる。航空ショー型は編隊飛行、スモークで空中に模様を描く、模擬空中戦などを行う。競技型は国際航空連盟が管轄する選手権や民間主催の大会が行われており、タイムを競うエアレース型と技の難易度や完成度を競うエアロバティックス型にさらに分かれる。, 曲技飛行を分解し、個々の曲技や動き方(マニューバ)に着目する時には、エアロバティック・マニューバと呼称される。, 第一次世界大戦で職業パイロットとして空中戦を経験しながら高い飛行技術を習得したものの、戦争終結後の平和と戦間期の軍縮志向から職にあぶれてしまった元軍人パイロットたちが、その技術を生かして航空機による曲芸を披露しつつ各地を巡業したことから、発展してきた。こういった経緯から、比較的早い段階から航空機に馴染んできたヨーロッパやアメリカなどの欧米圏では広く知られるものとなっており、軍民を問わず曲技飛行隊も多数存在している。, かつては飛行中に複葉機の翼の間を歩いたり隣の機体に飛び移る「ウィングウォーク」が行われていたが、現代では翼に体を固定し演技するスタイルが主流である[1]。, 多くの軍隊では危険回避や姿勢が崩れた状態から立て直す技術を学ぶため、基本的な曲技を訓練している。曲技飛行隊でなくても、航空祭などでは飛行教官が練習機で技を披露することも多い。, アメリカでは操縦資格を取得済みの者に曲技飛行の訓練を施す専門の学校が多数存在しており、室屋義秀のように技術を学ぶために留学する者も多い。実家の航空学校内に曲技専門の学校を設立したマイケル・グーリアンなど、曲技飛行士の多くは曲技飛行の教官としても活動している。, Aresti Catalogでは各マニューバーがシンボルを使って記述されている。パイロットはこのようなシンボルを使って一連のマニューバーを事前に組み立てたり、他のパイロットに直感的に伝達することができる。, 曲技飛行を行うための飛行機は曲技機 (Aerobatic aircraft) と呼ばれる。, 機体は低翼式の主翼に逆T字の尾翼、固定式の降着装置という伝統的な設計が多いが、翼型は頻繁な背面飛行を行うために対称翼とし、近年では複合素材や炭素繊維を多用した機種も多い。操縦系は軽量化のためにケーブル式で、飛行に影響しない装備は消火器など法律で定められた物品以外はスモーク発生装置だけという機体も多い。このため、長距離飛行ではフライトコンピューターを使った航路修正が必須であるが、近年ではアビオニクスの進化により軽量なグラスコックピットが登場しているため、利便性の優先から採用している機種もある。, エンジンは推力重量比は1を超える強力なモデルを搭載することが多く、離陸直後に垂直上昇が可能なほか、プロペラ機では機首を上に向けたままカウンタートルクで機体をロールさせ、姿勢を保ったままヘリコプターのように滞空する技もある。, このような設計から、通常の飛行機では不可能な動作が可能となっている。エンジンが強力ゆえに燃費は悪いが機体が軽量であり、ある程度は相殺されている。, 欠点として冷暖房や与圧が無く、狭い操縦席でケーブル式の操縦系を動かすことから疲労がたまりやすく、長時間の飛行には向かない。対策として補助翼の下部にスペードと呼ばれる三角形の小さな翼を取り付け、操作に必要な力を軽減させることもある[2]。また、軽量に加えて意図的に安定性が崩れやすい設計から、風の影響を受けやすいうえにエンジンも強力であるため、通常の操縦でも一定以上の技量が必要となる。, 耐空類別では技の種類について規制があり、制限無く曲技を行うには「曲技 A」の証明が必要となる。, エアレースでも曲技機が使われるが、好成績を狙うためによりルールに合わせて調整した、エアレーサーと呼ばれる機体も存在する。変更点としては、空気抵抗を減らすために車輪のスパッツ形状の最適化やウィングレットの追加などが挙げられる。, 高度が下がっても上昇気流を捕まえられるとは限らないため、長時間の演技を行うには一定以上の高度まで上昇する必要がある。このため、ウィンチや自動車による牽引では足りず、飛行機による牽引かモーターグライダーでの自力発航が多い。特にジェットエンジンを搭載したグライダーは、再上昇だけでなく飛行機に近い曲技も可能となる。, レッドブル・エアレース千葉2016を控える室屋義秀選手にふくしまスカイパークでいろいろ聞いてきました - GIGAZINE, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=曲技飛行&oldid=79398380. 「戦闘機」種類の基礎知識。コックピット、ステルス、追跡ミサイルの仕組み 「スパイの道具と技術」諜報活動を行う為には? 「ミリタリーアイテム基礎入門」兵士達が持つ物 . バレルロール(barrel roll)は、航空機(戦闘機やアクロバット機)が空中で行う機動(マニューバ)の一つ。 横転( ロール )と機首上げ( ピッチアップ )を同時に行うもので、仮想の樽の胴(バレル)をなぞるように 螺旋 を描くことからその名がある。 曲技飛行(きょくぎひこう、英: aerobatics エアロバティックス)とは、航空機によって普段は行わない特別な飛び方をすることを広く指す用語である。 曲芸飛行、アクロバット飛行などとも称される。.

5、三式戦闘機「飛燕」 昭和18年、大日本帝国陸軍に正式採用された三式戦闘機、通称「飛燕」。 この戦闘機はドイツのダイムラーベンツ社のエンジンを使用して制作され、およそ3000機が製造されました。 ま、うまい人はそれも見越してくるので、減速→加速→げ、加速→減・・加速+バレルロールやレーダー見て仲間の機体付近に誘導する等ね, ドッグファイトやってると1対1のイメージが強くなるけど、マルチは味方(敵の敵)もいるので、戦場を移動するのもありです。自分を狙ってる敵の背後に敵が着けば

oplern.hatenablog.com今回はその補足というわけでもないのですが、戦闘機の種類について。.

進入してくる敵を直接撃破する任務を担当する戦闘用航空機として4機種を配備しています。 警戒機. 戦闘機. 『戦闘機(Fighter)』とは通常、射程距離がそれほど長くない武器で、同じような航空機を相手に、『空対空戦闘(Air-to-air combat)』を行える「軍用機(Military aircraft)」と定義されている。, 軍用機とは、その名称通り、軍事的な目的に使用される航空機である。 戦闘機以外の軍用機としては、例えば「爆撃機(Bomber)」や「偵察機(Reconnaissance aircraft)」、「輸送機(Transport aircraft)」などがある。, 歴史的には初期の軍用機はすべて偵察機だったとされる。 そもそも航空機で戦闘を行うというようなイメージがそれほどなかったらしい。 しかし偵察に飛んだ航空機は敵に接近するわけだから、爆弾でも持っていけば、それを敵の頭上から投げて攻撃することができる。 そういうふうに攻撃してくる爆撃機が増えてくると、今度はそれに先に攻撃を加えて撃退するための戦闘機が考案された。 というような流れで、対空戦闘を得意とする戦闘機は開発されたのだという。, 最初、戦闘機は「レシプロエンジン(reciprocating engine)」だったが、第二次世界対戦の末期くらいからは「ジェットエンジン(jet engine)」のものも登場した。, レシプロは基本的には、熱エネルギーの圧力で、ピストンと呼ばれるような往復運動をする機構を介し、歯車などの回転の力学的エネルギーの推進力(つまりプロペラ)に繋げるというようなもの。, 熱エネルギーで直接回転運動を発生させるようなものは、タービンエンジンとかロータリーエンジンと呼ばれる。, ジェットは、文字通りに熱エネルギーで、取り込んだ空気を燃焼させたりして生成したジェット(噴射)による加速を利用する。 レシプロのプロペラに比べて高速を出しやすく、速度を重視するような戦闘機においては、かなりスタンダードである。, 燃焼させるための空気を取り込むのでなく、あらかじめ内部にある化学物質を使ったりするジェットは、ロケットエンジンと呼ばれる。, 戦闘機に使われる燃料は、レシプロの場合はガソリン、ジェットエンジンの場合は灯油を使う。 ただ他のたいていの用途よりも、普通は過酷な環境下で使うことになるので、求められる規格(標準)は厳しい。 ただし最低条件が狭く、ある程度、製法や素材が限定されがちなだけで、基本的にレシプロのガソリンは地上を走る車のもの、ジェットエンジンの灯油はストーブなどに使われているものとそう変わらないとされる。, まず、レシプロエンジンのプロペラ機か、ジェットエンジンのジェット機か、という分類がある。 ジェット機構を利用してプロペラを回す航空機は、普通はジェット機でなくプロペラ機とされる。, エンジンの種類による分類は当然、ジェットエンジンができてからのものである。 それ以前によくあったのは、主要なエンジンの数か、「主翼(しゅよく)(main wing)」の枚数での分類。, 主翼は基本的に、機体を空中へと浮かび上がらせるための力、すなわち「揚力(ようりょく)(Aerodynamic lift)」を発生させるための翼である, エンジンがひとつなら「単発機(たんぱつき)(Single engine)」、ふたつなら「双発機(そうはつき)(Twin engine)」とされる。, また、主翼の枚数が1枚なら「単葉機(たんようき)(monoplane)」、2枚以上なら「複葉機(ふくようき)(Biplane)」である。 複葉機といっても、普通は2枚であり、2枚の場合のみ複葉機とする場合もある。 その場合は3枚なら「三葉機(さんようき)(Triplane)」、4枚以上なら「多葉機(たようき)(Multiplane)」と呼ばれたりする。, 主な任務により呼び方が使い分けられることもある。 例えば戦闘空域で敵と戦う機体を「制空戦闘機(Air superiority fighter)」。 自軍基地を防衛したりするための機体を「要撃機(ようげきき)(Interceptor)」という。 今は、いろいろ高機能で幅広い用途に使える「多用途戦闘機(Multirole fighter)」、いわゆる「MRCA(Multi-Role Combat Aircraft)」も一般的であるが、 古くは、そもそも設計段階から、どのような任務につくかを想定することが基本であった。, 戦闘機の色というのは、基本的に機体の上面が暗い色で、下面が明るい色であるのが基本らしい。 普通に、高いところを飛んでいる時は空に溶け込むように、低い高度を飛んでいるときは海とか地面とかに溶け込むような感じの色合いが好ましいとされているようだ。, ようするに敵になるべく発見されないよう「迷彩(めいさい)(camouflage)」の効果を狙っているわけである。, 1980年代くらいのアメリカでは、光が当たりやすい出っ張った部分を暗く塗って、その他の影になりやすい部分を明るく塗ることで、視覚的な(グラデーションによる)違和感を誤魔化す、「カウンターシェーディング(Countershading)」の迷彩も採用されるようになっている。, 「ステルス(stealth)」とは、レーダーに捕捉されづらくなるための機構である。 レーダーは、電波をターゲットに反射させて、その反射して帰ってきて電波を再び捉え、時間差や方向などから、敵の位置情報を知る技術である。 「電波」電磁波との違い。なぜ波長が長く、周波数が低いか ステルス戦闘機は、電波が反射する際に散らばりやすいような形状や、そもそも跳ね返さないように吸収できるような素材を採用したりしている戦闘機のこと。, ステルス性能の高さを表す基準として「RCS(Radar cross-section。レーダー反射断面積)」というのがある。 これは基本的に、電波の反射のしやすさであって、低い方がステルス性能が高い。, RCSとはなんであろうか。 まず完全に導体な球体(つまりこの世界で最もレーダーに捉えられやすいようなボール)を想定する。 「電磁気学」最初の場の理論。電気と磁気の関係 そしてある物体が、電波を反射してしまう割合はそのままに、そのような球体に置き換えたとして、その場合の球体の断面積がRCSとされる。 「カヴァリエリの原理」錐体、球体の体積。半球と円錐の関係「取り尽くし法」台形、三角形、円を、積分と極限で求める術 まったく何もステルス性というものを考慮していない、比較的大型の戦闘機は、これがだいたい6平方メートルくらいとされている。 一方で、高いステルス性能を持つとされるF22ラプターなどは、0.0036平方センチメートルくらいと言われる。 これはだいたいミツバチのそれと同じくらいらしい。 「ミツバチ」よく知られた社会性昆虫の不思議。女王はどれだけ特別か レーダーでF22ラプターを捉えるのは、1匹の昆虫を捉えるくらいで難しいということだろう。 「昆虫」最強の生物。最初の飛行動物, 戦闘機は基本的に小型の航空機である。 そして用途的にも、乗り込んでいる人数は少なければ少ないほどよいだろう(無人機が一番いい)。, 戦闘などに関しては、乗っている人数は関係ないし、むしろその数を増やすのは撃墜された時のリスクが増えるだけ。, そういうわけで初期の戦闘機は基本的に1人乗りが基本であったが、実用的なレーダーが搭載されるようになってからは、メインの操縦を行う者と、レーダー操作係の2人乗りもよく見られるようになっていった。, 大型の戦闘機であれば、簡易トイレや電子レンジがついていたりする場合もあるようだが、通常の戦闘機においては、搭乗中は食事やトイレを我慢しなければならないのが普通。 また眠気覚ましに、大声で歌ったり、(二人の場合)世間話をしたりするらしい。, レシプロでもジェットでも、操縦席(コックピット)は、 キャノピーと呼ばれる透明な天蓋(てんがい)に覆(おお)われているのが基本。 複数人乗りの場合、座席は前後に配置されているのが基本であるが、並列配置のものも(練習機など)なくはないらしい。, さらに様々な情報を、キャノピー前とかにつけられた透明なディスプレイ(表示装置)に投影する「HUD(Head-Up Display。ヘッドアップディスプレイ)」の機能がつけられている。, また一般的にもVR技術でお馴染みの「HMD(Head Mounted Display。ヘッドマウントディスプレイ)」も使われる。 HMDは機能的にHUDとほぼ一緒だが、ヘルメット自体の内部に様々な情報、データを視覚化して投影するものだから、利用者の向いている方向とかに左右されないというメリットがある, 初期の戦闘機においてはコクピットが外部にむき出しであるため、一定程度以上高い高度を飛ぶ場合かなり寒いため、ものすごい防寒具で頑張っていたという。, 1930年代くらいからは、電熱線を仕込んだ専用の飛行服や、外部の音に邪魔されにくい無線機なども開発される。, さらに音速を超えるようなジェット戦闘機が登場してからは、高い加速度(G)の 影響による、血の巡りの悪さのための失神などを防ぐために、体を圧迫し、脳への血液供給を促す「耐Gスーツ(Anti-G Suit)」も実用化した。, 戦闘機同士の戦いは、攻撃側、防御側が明確に分かれることが多いとされる。 基本的には、攻撃側が相手の回避行動を抑えるように動き、防御側が相手の攻撃を回避して、逆に攻撃側に回るための動きをする。, 敵に背後につかれた防御側がよくやるのは「ブレイク」と呼ばれる技、ようするに急旋回である。 そうして攻撃側に自分を追い越させてしまうわけである。 攻撃側も対抗してブレイクしてきた場合にすかさず反対側にまた急旋回したりするのは「シザーズ」という。 他にも旋回しながら降下する「スパイラルダイブ」や、 急上昇して反転する「インメルマンターン」など、 様々なテクニックがあるとされる。, そしてそれらのような技を使い、お互いがお互いの背後を追いかけ回そうとするような行動が、追いかけあっている犬っぽいから、戦闘機同士の戦いは『ドッグファイト』と呼ばれるわけである, 古くは全ての攻撃が、簡単な照準機とパイロットの勘を頼りに行われていたが、現在はレーダーや、「射撃統制(しゃげきとうせい)システム(fire control system。FCS)」など、便利なものが増えている。, FCSとは、主に探索や攻撃用のレーダー、HUDなど、敵を補足し、効率的な攻撃を行うためのサポート装置の総称である。 これを使う場合、基本的に パイロットはHUDに投影される情報に従い行動する。, 通常は、「視界外射程(しかいがいしゃてい)(beyond-visual-range。BVR)」、つまり肉眼では確認できないくらいの距離で、レーダーを使って戦う「BVR戦闘」が今は主流。 しかし気象条件や地理条件、敵の耐レーダー性能などにより、レーダーが使えない場合は、現在でも「目視内射程(もくしないしゃてい)(Within Visual Range。WVR)」での「WVR戦闘」が行われもするという。, レーダーが敵機を補足して、攻撃準備ができた状態をロックオンという。 この状態になると、後はミサイルなどの攻撃を放てば、急激なドッグファイトの最中でもない限り、たいていはターゲットにあたってくれる。 しかしロックオンされた事を素早く察知できれば、回避する方法もなくはない。, 通常、「空対空ミサイル(Air-to-air missile)」というのは、 戦闘機の排気ノズルから発する赤外線を感知するセンサーや、普通にレーダー性能などによってホーミング(追跡)性能を実現する。 どちらにしても電磁波を使っているので、それを妨害するためのシステム、「ECM(Electronic Counter Measures。電子対抗手段)」により、ホーミングを無効化できる。, 普通、ホーミング性能がないミサイルは「ロケット弾」であり、ミサイルとは言われない。, また、目視で互いが確認できるようなWVR戦闘でなく、BVR戦闘の場合は、 先に見つけた者勝ちなところがあり、何が何だかわからないまま、突然に撃墜されるということもありうる。 当然のことながら、レーダーの適用範囲が、相手の方が広いなら、その時点で負け戦みたいなものである。, 赤外線ホーミング式は、放った後は勝手に、戦闘機が発する赤外線をミサイルがキャッチして追いかけてくれるから、自機をすぐに その場から回避させることができる。, これに対抗する術としては、火薬の燃焼などによってより高い赤外線を放つ、「フレア(flare)」というECMデコイ(囮)がある。 現在のセンサーは 熱源を広範囲的にとらえるために、フレアも複数が同時に放たれるのが普通。, また、赤外線センサーの精度があまりよくなかった頃は、太陽に向かって飛んだあと、急旋回し、擬似的なデコイとした太陽の方へミサイルを誘導させて、かわすというテクニックもあったとされる。, これが使われだした当初は、ミサイルを放った自機側のレーダーを利用した「セミアクティブ式」だったが、これは必然的に、逆に反撃されやすくもあった。 そこで、あらかじめ入力されている指令や、ミサイル自体についているレーダーなどに頼る「アクティブ方式」も開発された。, 赤外線センサーに対するフレアのように、レーダーをジャミング(妨害)して、セミアクティブ、アクティブホーミングのミサイルをごまかすための、「チャフ(chaff)」というECMデコイもある。, 現在の戦闘機は、ホーミングミサイルが放ってくるレーダー波をキャッチした時点で、即座にオート(自動)でチャフを射出したりするようだから、BVRでもある程度対応可能だという。 事前対策されやすいのは、一度はターゲットに電波をあてる必要があるレーダー式の難点である。, サイエンスとオカルトが大好きな、平民階級の読書スキーです このブログは僕が憧れる世界、歴史上の偉大な科学者たちやその研究、魔術師たちの風変わりな物語のエミュレーターです ブログに関するより詳しい説明はコチラ 創作が趣味です わりとマイペースな更新ですが、「小説家になろう」に小説投稿してます SFかSF要素の強いファンタジーとかが多いです. 今のところマルチで結果がでないもので、ご教授いただけると有りがたいです アメリカ空軍は、あらゆる任務に対応するために多様な航空機を保有している。だが最も特徴的なのは戦闘機、様々なミッションに対応する。, F-15が登場したのは、1970年代はじめ。最新鋭の(技術的なトラブルもあるが)F-35はここ数年で運用を開始した。その間、アメリカ空軍の戦闘機は世界中の空で、新たな課題に対応してきた。, F-15は、高い機動性を誇る全天候制空戦闘機。1970年代半ばに運用を開始して以来、数十年に渡って主力戦闘機として活躍している。, F-15の卓越した操縦性と加速性能は、高い推力重量比と低い翼面荷重によるもの。高速での急旋回が可能。, ヘッドアップディスプレイ(HUD)を採用、必要な飛行情報をスクリーンに投影する。攻撃時にもコックピットの計器類に視線を落とす必要はない。, F-15E ストライクイーグルは、1980年代末に導入されたF-15の複座の派生型。空対空、空対地のミッションをこなす戦闘爆撃機。, アビオニクスなど電子機器類の大幅な更新で、夜間、低高度、全天候でのミッションが可能。, 「F-15Eの最も重要な追加点は、リア・コクピット、つまり兵装システム士官」とアメリカ空軍は記した。, 「兵装システム士官は4つのディスプレイを使って、レーダー、電子機器や赤外線センサー、敵機や敵ミサイル、ターゲット、飛行に必要なマップなどの情報を映し出す」, F-16 ファイティングファルコンは、軽量マルチロール戦闘機。1970年代末に運用が開始された。全天候での作戦能力、優れた操作性と航続距離を誇る。, サンタの帽子を被ったパイロット。イラク上空を飛ぶF-16。2016年12月25日。, 「アメリカと同盟国に、比較的ローコストで高いパフォーマンスを提供する」とアメリカ空軍は記した。, 2005年末に運用開始。アメリカ空軍初の第5世代戦闘機。優れたステルス性能を持つ。, 「F-22は、迅速、かつ遠距離から制空権を確保するよう設計されている。空軍、陸軍、海軍、海兵隊を脅かす敵を撃破する」と空軍は記した。, F-35Aは、アメリカ空軍の最新鋭機。空軍向けのA型のほか、海兵隊向けのB型(STOVL機)、海軍向けのC型(艦上戦闘機)がある。, A-10 サンダーボルトやF-16などの攻撃機、戦闘機を代替する目的で開発された。, F-35は、複数の空軍に導入される。だが開発プログラムはまだ進行中で、いくつかの問題に直面している。, [原文:These are all the fighter jets in the US Air Force], These are all the fighter jets in the US Air Force, Go To トラベル「キャンセル料」は本当に無料? 実際に旅行を中止して、楽天トラベルに聞いてみた, アップルがApp Store手数料を条件付きで減額…エピックとスポティファイが激怒, 米ニューヨーク市、新型コロナで死亡した600人以上の遺体が8カ月経っても冷蔵トラックに, イケアが「小さな住宅」を製作…持続可能性をテーマにしたタイニー・ホームを見てみよう, 補償は一律40万円、東京都が飲食店に営業短縮を再要請。11月28日から3週間「不要不急の外出控えて」, 2020年12月、木星と土星が800年ぶりに最接近…まるで「二重惑星」のように。次は60年後, ドイツ政府、国民に「怠惰になって」と呼びかけ…COVID-19拡大防止の広告キャンペーン, 車選びとPC選びは似ている——プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏に聞く「ノートPCの選び方」, 小売再生のカギは販売員の革新。ストーリーとミッション語れる人材の育成を【b8ta Japan代表×軍地彩弓】, アレクサへの質問は「今何時?」から「今日は何曜日?」に変わった…パンデミックでスマートスピーカーの利用が増加, コロナ失業は増えるも未経験の求人は減少……。緊急アンケート「雇用の不安」感じていますか?, 【佐藤優】「フェイクの個性に惑わされるな」悩む前に知っておきたい「自分らしさ」の本質, 「ありがとう」からはじめる組織改善。ポジティブ・フィードバックでカルチャーを変える, 東大合格を目指すAI「東ロボくん」主導者が持つ危機感とは——現代人は「読解力」が足りない, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved.