「ママ友と話すのが疲れる…」と、幼稚園や小学校、公園に行くたびに消耗していませんか?ママ社会でうまく立ち回るコツを先輩ママたちに聞きました!今どきママ250人の「ママ友と上手に付き合う秘訣」をご紹介します。 ママ社会って難しい! こんにちは。

2016年から ブログ始めました。 幼稚園の役員の仕事ってどんなものか経験してなかったらわからないですし、経験していてもわからないこともあるものです... ママ友から距離を置かれたらショックですよね。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="02b839d8.db13e6e2.07c4f089.7b0ea5a4";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="468x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1597901914203"; 公園や幼稚園、小学校で子供の母親であることを共通として出来た母親同士の関係をママ友、ママ友達と呼びます。, 利用する公園で出会う、幼稚園で子供のクラスが一緒である、子育てサークル、区で開催される子育てイベントで出会うなどで会い方は様々です。, 子供を通じて知り合う友達で、学生時代の友人のように自分と相手の性格や好みがあって付き合う友達とはまた違ってきます。, 子供の母親であると言う共通点でまず出会っているので、自分と相手の性格や好みが合うかは付き合ってみないとわからないと言うことも多いでしょう。, ママ友との会話の中心は、子供のことや学校の幼稚園のことだったり当たり障りのないことが多いと思います。, それも、ママ友がどんな性格なのかどんなことを考えているのかわかりずらく、気を使いすぎて疲れてしまう原因の1つになると思います。, 後は、何かあっても子供のことやこれからの関係を考えると嫌なこともを言われても指摘しずらいのもママ友付き合いでイライラしたり疲れてしまう原因です。, 連絡先を交換して携帯の番号をスマートフォンに登録しておくとSNSと連携している場合、容易にSNSで身近な人を見つけることが出来ます。, 私も子供が幼稚園の時に、幼稚園のFacebookをフォローしていたらお迎えの時に挨拶程度しかしていなかったママさんに「Facebookやっていますか?フォローさせてもらっていいですか?」と言われたことがありました。, 同じ幼稚園なので、フォローを承認しないのも今後のことを考えてよくないかなと思い承認しました。, それから、Facebookをフォローされたことによってお迎えなどの時に話すようになりました。, 後は、子供同士が勝手に冬休みなどに遊ぶ約束をしていて、我が家にママ友親子を呼んだり、逆にママ友親子の家に遊びに行くことになったりすることがありました。, 気の知れた昔からの友人なら、家に呼ぶのも楽しいのですがママ友と1歩踏み入った距離でのお付き合いは疲れを感じる方も多いはずです。, それぞれの家庭により、子育てに対する考え方は違って当たり前だと今ならわかるのですが、子育てを始めてたばかりの頃はママ友との子育てに対する考えの違いにモヤモヤすることもありました。, ママ友の家ではソフトクリームなども赤ちゃんの時から食べさせていて、その時は内心「ちょっと、早いのでは?」と思いモヤモヤしました。, 後は、我が家に遊びに来たママ友の子が悪いことをしても叱らない、謝らないなどにモヤモヤしてしまったこともあります。, 子供同士が仲がよかったり、一緒に遊んだりすることが増えると親同士も連絡を取り合ったりすることがあります。, 子供がある程度大きくなれば(小学校中学年)子供同士で、電話をしたり連絡を取ることも出来るようになりますが、子供が小さいうちは親が代わりに連絡を取り合うこともあります。, とにかく、人の家庭のことであったり私自身のことであったり、すごく詮索して聞きたがるんです。, 子供同士が、同級生だったので中学まで一緒になると思うと邪険にも出来ないし、幼稚園バス停が一緒なので顔を合わさない訳にもいきませんでした。, そして、私が3人目を出産する時に陣痛で、入院したことを幼稚園の送り迎えにバス停に現われたのが主人だったので気が付いたようで陣痛中の私にメールがきました。, 陣痛中だし、身内でもなかなかこんなメールは送れないと思いメールの返信もしませんでした。, 幼稚園のお迎えで会った時に「メールの返信がないんだけど」とキレ気味にママ友に主人が言われたそうでそれを聞いてさらにありえないと思いました。, 来るなり、インターホンより先に鍵のかかった玄関ドアを思いっきり引っ張るものすごい音がしました。, 子供たちには、炭酸のジュースを出したんですが、ママ友の子が味が合わなかったらしく飲んだと思ったらいきなり我が家のフローリングに吐き出しました。, その子のママは結局子供のしたことでしたが、鍵のかかったドアを引っ張ったことも床にジュースを吐き出したことも謝ることも謝らせることもしませんでした。, 12年間のママ友との付き合いで、私もいろいろ考え気づいたことをお伝えしていこうと思います。, そもそも、自分はママ友とどういった付き合いをしていきたいのか自分はどんな付き合い方が好きなのか1度紙に書き出してみることをおすすめします。, 以前住んでいたところでは、ママ友の家にお呼ばれすることも多く手料理をランチに振舞ってくれる人が多かったです。, ママ友の家に呼ばれたら、自分の家にも呼んで手料理を振舞わなくてはとやってみたことが何度がありました。, やってみて感じたのは、私は家に人を呼ぶことが実は、好きではないと言うことに気が付きました。, 本当は、ママ友とどういった付き合いをしたいかをもう1度考えることで、今無理をしてしまっていることに気が付くことが出来ます。, 子供が大きくなって手が離れた後も、子供抜きでも付き合っていきたいママ友っていますか?, 子供が小学生になると小学校の授業参観やイベントくらいでママ友と会う機会も減っていきます。, 長女が小学校高学年の時に、長女繋がりで出会ったママ友との交流も減ってきて気が付いたのはママ友は期間限定の友達なんだと思いました。, それに気が付いてから、ママ友との付き合いがずっと続くわけではないしと楽になりました。, 家族の職業なども場合によっては、話さないほうがよかったり、ぼかして伝えるなどしましょう。, もちろん、詳しいお金の話はしていないので、住んでいる家、乗っている車、子供の買い与えたものだけで推測している発言だと思います。, 昔からの友人とはママ友は違うので、お金の話はしない、お金の質問をしないなど気を付けたほうがよいです。, 子供などのことで聞きたいことがあれば、ラインで聞くこともありますが頻繁にラインで連絡も取りません。, 適度な距離感を保ち、ママ友に依存しない、依存されない関係でいられるようになってからママ友付き合いは楽になりました。, ママ友付き合いが疲れると感じる人は、Facebook、インスタ、ツィッターなどのプライベートなSNSでママ友と繋がらないような設定を始めからしておきましょう。, 幼稚園や、習い事などで顔を合わす機会が多く、またSNSでコメントされたり繋がりがあると私は疲れてしまうことがありました。, 携帯のアドレス帳とSNSを連携してしまうと、連絡交換した後に「知り合いかも」に出てきてしまう場合があります。, もし、SNSをやっているか聞かれても「やっていない」と言ってしまえば相手もそれ以上聞いてこないと思います。, Facebookだと本名で登録していると思いますが、検索で辿り着く人もいる場合があります。, 私の知り合いは、苦手なママ友からFacebookで友達申請が何度が来ても全部スルーしている人もいます。, ママ友付き合いは、「面倒くさい」「疲れる」などのデメリットもありますが、メリットもあるんです。, 子供のことで、悩んだ時に同じ月齢や同じ歳の子を育てるママ同士困った時に相談がしやすいというメリットはあります。, 幼稚園の送り迎えや、習い事などで会う時にさらっと話を聞いてもらえたり相談できるのもいいところです。, 学校の先生の評判であったり、お友達関係のこと、地域のこと、習い事の評判、おすすめの病院など本当にたくさんの情報や口コミを聞けることは大きなメリットです。, 子供を育てていると避けて通れない「ママ友付き合い」を楽にするには、ママ友と自分自身はどういった付き合い方をしたいか今一度考えてみることが大切です。, 自分の心に無理をしない付き合いを考えて、ママ友は期間眼底の友達と割り切ってしまうのもよいです。, そして、苦手なママ友がたとえいたとしても距離を置き、周りを見渡せばママ友は他にもいるので深く考えすぎないようにしましょう。, 適度な距離を保ち、1歩踏み込まない関係で思いやりや気遣いを忘れなければママ友とも気持ちのよい付き合いが出来ると思います。, -子育て・育児

ありがとうございました。 「ママ友と話すのが疲れる…」と、幼稚園や小学校、公園に行くたびに消耗していませんか?ママ社会でうまく立ち回るコツを先輩ママたちに聞きました!今どきママ250人の「ママ友と上手に付き合う秘訣」をご紹介します。, すべての母親が参加することになるコミュニティ、それが「ママ社会」です。子どもという共通点はあるものの、そこに集う人たちは、年代も職業もバックグラウンドも千差万別!だから、幼稚園や小学校で知り合うママ、公園や地域センターで一緒になるママと、どのようにお付き合いしたらよいか悩む人が多いそうです。, そこで、『ママキレイ総研』では30代・40代のママ250名のお付き合い事情を大調査!みんなの声を分析すると、ママ友と程よい距離感を保ち、良好な関係を築くために、みんなが実践していることには驚くほど共通点があったんです。それを法則化した「ママ友付き合いの成功の秘訣10」を、ママのリアルな声と共にご紹介します。, 「公園でも支援センターでも、子連れのママには誰にでも とにかく挨拶! 」(34歳:乳幼児・保育園ママ), 挨拶は、コミュニケーションの第一歩。みんなと良い関係を築くには、誰に対しても自分からほがらかに挨拶するのが基本です。いつ会っても、「こんにちは!」と笑顔で声をかけてくれるママ友に好感を覚えない人はいないはず!, 「笑顔で接する。 幼稚園で困らないように接するが、つるまない」(39歳:乳児・幼稚園児ママ), 「適度な距離を保ち、あまり深入りしない。根掘り葉掘りプライベートを聞かない」(43歳:幼稚園児・小学生ママ), 「あくまで子どもを通した知り合いで、自分の友達ではないから、踏み込み過ぎないようにする」(36歳:乳児ママ), 最初は、感じ良くみんなと関わり合いながらも、差しさわりのないお付き合いをするのが無難です。相手のプライベートに深入りするようなトピックスは避け、「最近暑いから熱中症が心配ですね」といった気候の話、「バザーでは何の係になりましたか?」といった子ども関係のイベントの話をしておくとよいでしょう。, 「必要以上にママ友を作らず、本当に気の合う人とだけ付き合う」(44歳:小学生・中学生ママ), 「ママ友と過ごすと疲れる…」と感じる原因の一つは、自分を偽って相手に合わせたり、自分を良く見せようと振る舞ったり、どこか無理をしているからなんです。お互いのことをよく知らない間に距離を縮めると、後々こじれるケースが多いようです。幼稚園や小学校でのママ社会は数年間続くものだと考え、焦らず自然体で振る舞いながら、「仲良くなりたい」と思える人をじっくり見つけましょう。, 「プライベートに深入りしないようにしているが、適度に連絡を取るようにしている」(32歳:保育園児・小学生ママ), 仲の良いママ友が少ないタイミングでは、学校行事やママ友グループLINEに参加する時に、緊張や不安から「面倒だな…」と感じるもの。でも、コミュニケーションを取るのを避けていてはダメ。無理をする必要はありませんが、みんなと関わるチャンスを大切にし、関係を途切れさせないようにしましょう。, 「広く浅く、情報交換がメインの付き合いを心がける」(46歳:幼稚園児・小学生ママ), 「たまにランチして、子どもの話題など知りたい情報を教え合うくらいの関係が良い」(42歳:中学生ママ), 必要以上にべったり付き合うと、負担が生じやすいもの。月に1回ぐらいの頻度で集まるようにし、情報交換や世間話ができる距離感を保ちましょう。一緒に過ごす時間は楽しく意義あるものにすべきですが、深入りや束縛はトラブルの原因になりがちです。, 「仲が良くても、何かしてもらった時にお礼をしたり、メールする時間帯に配慮したり、礼儀は忘れない」(40歳:幼稚園児・小学生ママ), 「子どもがよく遊びに行く家の方には、LINEや出会った時に声をかけて挨拶するようにしている」(45歳:小学生・中学生ママ), ママ同士はいつもギブ&テイクの関係です。子どもの面倒を見てもらったり、学校の情報を教えてもらった時には、きちんと感謝の気持ちを伝えることが大切!また、忙しい時間帯には立ち話を早く切り上げる、遅い時間には連絡しないなど、相手の生活スタイルに配慮したコミュニケーションを心がけるようにしましょう。, 「笑顔は欠かさず、相手の子どもも好きということを伝えるようにしている」(33歳/幼稚園児ママ), 「他人の子どもを悪く言わない。自分の子どもをママ友の前ではあまり褒めない」(43歳:小学生・中学生ママ), 誰でも自分の子供は一番可愛いのだから、子どもをほめられてイヤな気持になる人はいません。相手の子どもに好意と関心を持ち、「〇〇君、いつも元気な声で挨拶してくれるよね。園で会うたびに私も元気になるよ」など、ちょっとした行動をほめましょう。また、子どもの性格の捉え方も重要です。やんちゃな子は「活発で物おじしない」、人見知りの子は「慎重で、周りが良く見えている」と、個性をポジティブに解釈し、褒め上手なママを目指しましょう。, 「出来るだけ話の聞き役になる。自分ばかり話過ぎないようにする」(34歳:乳児ママ), 家事・育児・仕事に毎日奮闘するママたちは、子育ての悩みや夫の愚痴、世間話など、しゃべりたいことをいっぱい抱えています。ランチ会などではあまりでしゃばらず、「よくわかる!」「うちもそうだよ」と共感し、聞き役に徹した方がよい関係が築けるようです。, 「人のことを悪く言わない。人の悪口を誰かが言い出したら半分ふざけて笑いながら聞き流す」(31歳・幼稚園児ママ), 「愚痴や困ったことは話すし聞くけど、育て方について深入りしない」(32歳/乳児・幼稚園児ママ), 多様なママが集まるランチ会や懇親会では、会話の地雷を踏まないように注意しましょう。ママトークの地雷と言われている「自分や子どもの自慢話」「ママ友や先生の悪口・噂話」「子どもの成長度合いや育て方」「夫の職業など家庭の話」は避け、差し障りのない話をする方が安心です。また悪口などで盛り上がり始めたら、聞き役に回って、意見を求められても冗談っぽくスルーするようにしましょう。, 「付き合いが面倒なので、そもそもママ友を作らないようにしている」(36歳:保育園児・中学生ママ), 「所詮子ども同士の繋がりのための関係。そんな中で、気が合う人に出会えればラッキー。嫌な思いをしてまで、無理に仲良くする必要はない」(36歳:小学生ママ), 『「ママ友いない」は意外と普通!母親278名“ぼっち事情”』の記事で紹介している通り、「仲の良いママ友がいない」という人は全体の27.3%、つまり4人に1人が“ぼっちママ”なんです。ママ社会は、あくまで子ども経由のコミュニティで、3年・6年という期間限定。挨拶と笑顔を欠かさず、マナーを守って感じよくみんなと接しながら、「無理して“自分の友達”を作る必要はない」という心づもりで気楽に過ごせば、きっと人付き合いのストレスは減るはずです。, 「ママキレイ総研」は、先輩ママに独自のアンケート調査を実施!分析データを元に、ママのキレイの“正解”を導き出す新メディアです。, さまざまな“暗黙のルール”が存在するママ社会。不確かな情報が溢れる今、そのママ社会でスマートに生きるための秘訣をご紹介します。, ママ友付き合いの中で、特に負担感が大きいのが、「おうち外交」とも呼ばれるママ友宅でのランチ会。何を持参すべきか悩み疲れないために、ハズさない手土産をご紹介します。詳しくは、.

子供が通うスポ少は子... はじめまして。6才児の自閉症の息子の態度に、困り果てていたときにブログを拝見しました。まさしく、同じ... ご無沙汰しています。さちはなです。ツイッターはフォローしているのですが、鍵垢にしているので、ブログの... 【バイキング】杖立温泉「ひぜんや」の夕食レポート。リニューアルした八百万ダイニングでいただきました。, 杖立温泉「ひぜんや」の口コミ施設レポート。プールやフィットネスジムが使い放題な高コスパホテルでした。.