「新潮45」2018年4月号. 2018年6月21日、横浜市内の警察署に78歳の男が「妻をハンマーで殴って殺した」などと言って自首してきたため、警察が自宅を調べたところ、75歳の妻が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は男を殺人の疑いで逮捕

Yahoo! MapFan NAVITIME 逮捕されたのは横浜市旭区の無職、天野利彌容疑者(78)です。 ゼンリン, 小田原市(おだわらし)は、神奈川県の西部に位置する人口約18.9万人の市。施行時特例市に指定されている。, 関東地方の南西端に位置し、戦国時代には後北条氏の城下町として栄えた。また、北条早雲から北条氏直まで北条五代の隆盛を影で支えたという風魔忍者の里。江戸時代には小田原藩の城下町、東海道小田原宿の宿場町として盛えた。箱根峠より東側の宿場町として、現在も箱根観光の拠点都市である。1876年(明治9年)4月17日までは、現在の神奈川県西部と静岡県伊豆半島を範囲とする足柄県の県庁所在地でもあった。西湘地域の中心的な都市である。, 小田原提灯とかまぼこ、梅、オシツケ等の特産地として全国的に有名である。最近では小田原バーガーや小田原どん、かまぼこドッグ、スミヤキ、オリーブを売り出している。, バブル期には東京のベッドタウン化したとも言われたが、バブル崩壊後の長期不況や都心回帰による遠距離通勤の減少などもあって、人口動態が減少に転じた。一時は20万人を超えた人口も20万を割り込み、新幹線通勤定期代に対する補助制度を設けるなど人口確保のための政策を実施している(ただし、2008年(平成20年)3月31日までに転入した対象者をもって新規受付は終了)。また駅周辺の再開発、および郊外での住宅、都市開発も少しずつ進んでいる。, 『多様性を持つ小田原は、癒しや元気といった、人間本来の持つ生きるチカラを与えてくれて、強くしてくれるまち』であるというブランディングアイディアをもとに、「小田原のチカラ」というブランドロゴを使用している。[1], 神奈川県のほぼ南西端に位置し、酒匂川の流れる足柄平野を中心に、東は大磯丘陵の南西端である曽我丘陵と呼ばれる丘陵に、西は箱根山の外輪山となっている。南は相模湾に面し、遠浅の海に小漁港が点在している。, 相模トラフ巨大地震の震源域直上に位置していることや、その分岐断層である国府津−松田断層などの活断層が分布していること、歴史上小田原周辺を震源とする被害地震が発生していることなどから、地震対策に力が入れられている。, 先史時代の小田原の中里遺跡は、縄文人と渡来人が共存共栄した数少ない遺跡(地域)として知られ、人口比率は縄文人が多かったと考えられているが、他の地域と違い、点々と存在した渡来人のみの小規模の集落ではなく、縄文人と共存した大集落であった。また、縄文文化と渡来文化の境界の東端であったとも考えられ、日本の文化人類学や考古学において貴重な資料を提供している。, 古代の相模国足下郡(あしがらのしものこおり)の地である。古名を「こゆるぎ」といい、「小由留木」「淘陵」などの字が宛てられた。「小田原」という地名は、「小由留木」の草書体を読み間違えたものという説がある。市内千代にあった千代廃寺は相模国国府とも足柄下郡郡衙の所在地といわれる。, 平安時代末期から鎌倉時代にかけて、平将門を討伐したことで有名な藤原秀郷の子孫・佐伯経範が長元3年(1030年)頃に秦野に移り住んで波多野氏を名乗った。後に支流として、松田氏・渋沢氏・河村氏・栢山氏・大友氏・沼田氏などが出て、相模西北部にその一族の勢力を伸ばす。現在の秦野市内、足柄上郡松田町・山北町、南足柄市、小田原市の一部。波多野城は一族の居館である。波多野城のあった田原の、その支城として「小田原」が設置されたと言う説もある。, 平安時代の末期治承4年(1180年)に、蛭ヶ小島(伊豆国)で挙兵した源頼朝と平家方の大庭景親らとの、石橋山の戦いが行われた。, 戦国時代には伊勢平氏流を称する北条早雲が小田原城を奪取し、その子孫である後北条氏は小田原城を中心に関東一円に台頭し、鎌倉府足利氏、関東管領上杉氏、常陸国守護佐竹氏、下野国国司宇都宮氏、その他関東八屋形に列せられた諸氏による当時の関東の統治体制を転覆した。なお、下野国守護小山氏は後北条氏により滅亡に追い込まれた。北条氏が治めた城下町は戦国時代で最も大きく発展したといわれる[2]。, 天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐による後北条氏の滅亡と徳川家康の江戸入府によって、小田原は歴史の表舞台から姿を消す。家康が関東を治めるようになった後は、部下の大久保氏が小田原に入った。, また後北条氏が滅亡するまで、関東一円の被差別民を支配し、皮革業に独占的な権益を持つなど勢力を誇った小田原太郎左衛門の本拠地があった。後北条氏が発給した判物が現存している。, 江戸時代には東国の要衝として、譜代大名を領主とする小田原藩が置かれ、小田原はその城下町となった。貞享3年(1686年)以降は代々大久保氏の城下町となった。城下町・小田原は東海道の沿線であり、小田原宿は箱根の山越えを控えた宿場として東海道五十三次中最大の規模を誇った。又、小田原郊外の栢山(かやま)は、農政家・二宮尊徳の生地として有名である。, 明治4年7月14日(1871年8月29日)の廃藩置県によって、小田原藩は小田原県となった。同年末の県合併により、相模川以西の旧相模国と旧伊豆国全域を管轄区域とする足柄県が設置され、県庁が小田原に置かれた。しかし1876年(明治9年)に足柄県は分割され、小田原を含む相模国部分は神奈川県に、伊豆国部分は静岡県となり、小田原は県庁所在地ではなくなった。神奈川県となった後に設置された支庁も、間もなく廃止されたが、1878年(明治11年)の郡区町村編制法によって足柄下郡が編制されると、足柄下郡の郡役所が小田原に置かれた。, 東海道本線は当初、小田原〜熱海〜沼津間の急鋭地帯を避けるために現在の御殿場線経路で敷設された。その後、小田原経由の路線として、小田原馬車鉄道という馬車鉄道が1888年(明治21年)に開通したのを皮切りに、熱海線(現在の東海道本線)・小田原急行鉄道(現在の小田急電鉄)なども開通した。, 1923年(大正12年)9月1日の関東大震災では、直下が震源地だったために激しい被害を受けた。1934年(昭和9年)の丹那トンネル開通で、東海道本線はやっと小田原市街地を通るようになった。この辺は吉村昭の小説『闇を裂く道』(文春文庫)に詳しい。1945年(昭和20年)8月15日、熊谷市と並び、太平洋戦争最後の空襲を受ける。戦後、1951年11月28日に「小田原大火」が発生し市街地300戸あまりを全焼。1962年(昭和37年)新小田原市民歌を制定した。1964年(昭和39年)には東海道新幹線も開通し、東京・横浜への所要時間も大きく縮んだ。1990年(平成4年)市制50周年を記念して、ときめき小田原夢まつりが開催された。, 1986年(昭和61年)1月27日には防災行政無線が開局される(当時の夕方のチャイムは「赤とんぼ(鐘系)」)。, 1998年(平成10年)4月1日には防災行政無線放送等が変更され、2016年(平成28年)10月1日に防災行政無線の夕方のチャイム「ゆりかごのうた」に変更された。, 2016年には南足柄市との合併を検討する協議会が設置され、2020年度を目途に合併することを検討していたが、2017年12月に南足柄市側より方針が撤回された[3]。, 地元に本店を置く百貨店、志澤が県内、藤沢、本厚木、平塚などに店を構えていたが、西武百貨店の傘下になり、その後、低迷を続け、現在では全面的に撤退をしている。小田原駅近くの志澤ビルのあった場所には万葉の湯(万葉倶楽部)が建てられている。なお、西武百貨店自体は、2013年3月1日に旧ロビンソン百貨店の業態転換により久々に小田原市に存在することになった。, また、小田原駅前には丸井と箱根登山デパート(1980年に箱根登山ベルジュに業態転換)が出店していたが、前者は2000年代前半に撤退し、後者は2013年(平成25年)3月31日に閉店されている。, 古くより、交通の要衝として栄え、現在でも小田原駅は数多くの路線が乗り入れるターミナル駅である。80km離れた東京へは、新幹線・在来線・私鉄路線で結ばれている。なお、小田原市鴨宮は東海道新幹線の開業前に実験線(鴨宮モデル線区、現在は新幹線の路線の一部となっている)が建設された、新幹線発祥の地である。一方道路は近年整備が進んだものの、地理的に箱根や伊豆方面から、東京や横浜に向かう交通が市内で輻輳するため、行楽シーズンの休日は市内の各道路で大渋滞が発生することがある。なお、港町でありながら水上交通は盛んでない。, 1956年(昭和31年)までは、路面電車として箱根登山鉄道の小田原市内線も存在した。また1896年(明治29年) - 1922年(大正11年)には、人車鉄道・軽便鉄道の豆相人車鉄道→熱海鉄道も熱海へ向かう路線を小田原を起点にして保有していた。, 神奈川中央交通西の路線は秦野営業所の路線が国府津駅まで乗り入れる。平塚営業所の路線が小田原駅まで乗り入れは休日早朝のみである。, 小田原市はテレビ・劇場用映画やテレビCMなどの撮影ロケーションの誘致活動を行っている。フィルム・コミッションと呼ばれるこの活動の一環として、市民の希望者をエキストラに登録し、随時出演を要請している。小田原映画祭が開催され、ショートフィルムコンテストが行われる。フィルム・コミッション事業(西さがみ連邦共和国フィルム・コミッション)の実績は年々増加していたが、2020年現在、西さがみ連邦共和国フィルム・コミッションは解散している。[7], また、農業・漁業・工業・商業といった産業が多岐にわたっているため、社会科の教育番組の舞台となったり教科書で取り上げられたりすることが多い。, 池上 | 井細田 | 板橋 | 入生田 | 扇町 | 荻窪 | 風祭 | 久野 | 寿町 | 栄町 | 城山 | 十字 | 城内 | 多古 | 中町 | 浜町 | 早川 | 東町 | 本町 | 水之尾 | 緑 | 南板橋 | 南町 | 谷津, 穴部 | 穴部新田 | 新屋 | 飯田岡 | 栢山 | 北ノ窪 | 小台 | 清水新田 | 曽比 | 中曽根 | 府川 | 堀之内 | 柳新田 | 蓮正寺, 上新田 | 鴨宮 | 国府津 | 小八幡 | 酒匂 | 下新田 | 下堀 | 田島 | 中里 | 中新田 | 西酒匂 | 南鴨宮 | 矢作, 飯泉 | 鬼柳 | 上曽我 | 桑原 | 下大井 | 曽我大沢 | 曽我岸 | 曽我光海 | 曽我原 | 曽我別所 | 曽我谷津 | 高田 | 千代 | 永塚 | 成田 | 西大友 | 延清 | 東大友 | 別堀, 小竹 | 小船 | 上町 | 川匂 | 中村原 | 沼代 | 羽根尾 | 東ヶ丘 | 前川 | 山西, http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171202-OYT1T50036.html, “フットサルのまちへ、「湘南ベルマーレフットサルクラブ」をきっかけに地域活性化へ/小田原”, http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1207140026/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小田原市&oldid=80241267, 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「, 蓮正寺、中曽根、飯田岡、堀之内、柳新田、小台、新屋、清水新田、北窪、府川、穴部、穴部新田, 酒匂川花火大会(8月最初の土曜) - 1990年以降、順延はあるが、中止は東日本大震災の2011年だけ。, 御幸の浜花火大会 - かつては8月15日、2000年から数回11月に不定期開催、2008年以降開催なし。, 平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・小田原市・秦野市・伊勢原市・南足柄市・高座郡(寒川町)・中郡(大磯町、二宮町)・足柄上郡(大井町、開成町、中井町、松田町、山北町)・足柄下郡(箱根町、真鶴町、湯河原町). Google

^ a b c 事件現場の住所は「小田原市井細田42番地」で 、隣家であった加害者S宅と同番地だった 。事件現場一帯は住居表示により、「小田原市扇町一丁目」に住所が変更されている 。 ^ 事件現場となった「田浦湯」は小田原駅(JR 東海道線)から北東約3 kmの場所に位置する 。

第14・15代市長:山橋敬一郎(やまはし けいいちろう、ときめき小田原夢まつり実行委員会 会長、任期:1985年(昭和60年)2月18日 - 1992年(平成4年)4月1日)

NHKニュース:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 15:39 UTC 版), 本事件の加害者Sは強盗殺人・同未遂罪の被告人として起訴され、刑事裁判では殺人・同未遂罪を認定された[11]。被告人Sは最高裁で1951年(昭和26年)に死刑が確定したが[12]、サンフランシスコ講和条約発効を記念した恩赦により無期懲役刑に減刑された[13]。そして1970年(昭和45年)3月に宮城刑務所を仮出所したが[19]、1984年(昭和59年)に東京都杉並区内で女子中学生2人への殺人未遂事件を起こして[20]懲役8年の刑に処され、仮釈放も取り消された[21]。, 小田原一家5人殺害事件のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 最高裁 (1983) によれば、動機は「隣家の夫婦に馬鹿にされたと憤激し、同人らを殺害しようと企てた」となっている, 「横浜市西区南幸町二丁目50番地」(加害者Sの本籍地)は1965年(昭和40年)7月1日に住居表示を実施し、現在の住所は「横浜市西区南幸二丁目16番1号」, 長女Fの切り傷は頭部・胸部(乳房の下)・顎・踝付近に各2か所ずつ(計8か所)におよんだが、特に胸の切り傷は, なお、斎藤充功 (2018) では犯行の経緯について「Sはまず6畳間で寝ていたA・B夫婦と次女D・長男Eの4人を薪割りで撲殺し、次いで隣室の8畳間でAの義母Cを薪割りで撲殺、長女Fも肉切り包丁で後頭部・顔面を切りつけた」と述べている, 第一審判決宣告日について、最高裁の資料(1981年および1983年)や村野薫 (1990) では「1950年(昭和25年)1月12日」となっている, 三淵が面会に来た旨が『朝日新聞』朝刊で報じられた日(1950年2月9日)から数日前のこと, Sは当初、控訴を勧める三淵に対し「控訴しろといわれるあなたが、なぜ死刑の判決を下したのですか」と反問したが、三淵は「判決は, 斎藤充功 (2018) は「Sは宮城刑務所内で印刷工として働き、仮出所後は刑務所で覚えた技術を活かして印刷会社に就職した」と述べている, その後は(1984年の事件まで)職を転々としていたが、職場での勤務態度は真面目だった, Xは首・背中など9か所を刺されて重傷を負い、Yも首・左脇腹などに約3か月の怪我を負った, 取り調べに対し、被疑者Sは「Yが自分とXの仲を引き裂こうとしたと思い、2人とも殺すつもりだった」と容疑を認めた, 『朝日新聞』1950年2月9日東京朝刊2頁「【小田原発】死刑囚に控訴を勧告 宣告した裁判長 「人の親として忍びず」」「死刑には反対 三淵乾太郎氏談」(朝日新聞東京本社), 『朝日新聞』1984年7月9日東京朝刊第14版第一社会面「2女子中生を刺す 知り合いの五十男」(朝日新聞東京本社), 『朝日新聞』1984年7月9日東京夕刊第4版第一社会面15頁「女子中学生刺傷事件 「殺すつもりだった」 仮出所男を逮捕」(朝日新聞東京本社), 『朝日新聞』1984年12月19日東京夕刊第4版第二社会面10頁「東京地裁 二少女刺傷に懲役八年判決」(朝日新聞東京本社), 住居表示旧新対照表 西区 岡野地区 〔岡野一~二丁目・北幸一~二丁目 南幸一丁目の一部〕, 隣家(銭湯)の女湯を覗いていた少年Sが、銭湯の主人により覗きを妨げられたことを逆恨みし、就寝中の主人一家6人を襲撃して5人を斬り殺した, All text is available under the terms of the. 2018年6月21日、横浜市内の警察署に78歳の男が「妻をハンマーで殴って殺した」などと言って自首してきたため、警察が自宅を調べたところ、75歳の妻が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は男を殺人の疑いで逮捕し、動機や詳しいいきさつを調べています。 2019.12.4 19:37 社会 裁判 文字サイズ 印刷 神奈川県警小田原署から移送される小島一朗容疑者=2018年6月11日(川口良介撮影)

GeoHack

Bing 調べに対し容疑を認めているということです。天野容疑者は淑江さんと30代の娘の、3人で暮らしていたということで、警察が動機や詳しいいきさつを調べています。 自宅を確認したところ、同居する妻の淑江さん(75)が寝室のベッドの上で頭から血を流して倒れていて、その後、死亡が確認されたことから、警察は天野容疑者を殺人の疑いで逮捕しました。 小田原銭湯一家殺人事件 現場は「田浦湯」の経営者宅 小田原市の井細田地区だが、現在同地は住居表示で扇町1丁目に変わっている 犯行現場はjr東海道線小田原駅から北東におよそ1キロ。 1927年(昭和2年)創業の田浦湯はすでに廃業。

警察によりますと、天野容疑者は21日の朝、「妻の頭をハンマーで殴ったり首を絞めたりして殺した」などと言って、横浜市内の旭警察署に自首してきたということです。 地理院地図

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180621/k10011490151000.html, 殺害理由が分からん。横浜市の市営住宅で、75歳の妻をハンマーのようなもので殴って殺したとして、78歳の夫が逮捕された。男は「妻を殺した」と警察署に自首してきたという。, 妻を“ハンマー”で殴り殺害か 78歳自首(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース, https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180621/k10011490151000.html, 【自殺未遂】阪東橋駅近くのマンションで飛び降り騒動【神奈川県横浜市中区伊勢佐木町】, 【殺人】能見台駅前のマンション、男性が刃物で刺され死亡【神奈川県横浜市金沢区堀口】, 【迷惑行為】「プレイに納得できない」藤沢駅前のホテルで男が立てこもり【神奈川県藤沢市鵠沼花沢町】. 眞子さま「結婚延期事件」を考える 結婚延期となった秋篠宮眞子内親王と小室圭氏。前代未聞の展開には驚くばかりだが、なぜ事前に小室家の抱える問題がわからなかったのか。そして宮内庁はこれまで何をしていたのか。 Mapion