何の変哲もない日常のように感じられますが、実はそれがとても幸せな日々であると気づかされる瞬間があります。 B, [17266]2020”N08ŒŽ08“ú (“y) 16Žž09•ª (2400:2411:d00:6e00:54c5:e8eb:b077:4f44). 妻を亡くした男性は、夫と死別した女性よりも、再婚に抵抗を感じる ; 突然の訃報に立ち直れず、死別後に再婚しない傾向に; 死別をした人が気をつけるポイント; 死別した人の再婚相手が気をつけるポイント 妻を亡くした男性は、夫と死別した女性よりも、再婚に抵抗を感じる. がん宣告された当時、夫は36歳。まだまだ若いし、とても元気な人でした。 Never reproduce or replicate without written permission. 娘に悲しい思いをさせたくないという気持ちが、彼を支えていたのだと思います」, 3月を迎えたある日の朝、まさみさんが「もう病院に行きたい」と言ったことをきっかけに、緩和ケア病棟への入院が決まりました。 伴侶を亡くした悲しみに効く、いちばんの薬は、生きる意味を知ることと言えましょう。それは、どんなことなのか。あなたも、親鸞聖人のみ教えを一緒に聞いてみられませんか。, あなたのお住まいの近くで親鸞聖人の教えを分かりやすく、詳しく学べる講座をご案内いたします。関心のある方は、こちらをクリックしてください。, 浄土真宗にはすべての人が本当の幸福になれる道が教えられています。「人間に生まれてよかった」と心から喜べる幸せを親鸞聖人から学ぶことができます。, 浄土真宗親鸞会では、全国各地で浄土真宗・親鸞聖人の教えが分かる法話や講座を開いています。また、インターネットを利用したオンライン講座もあります。. 愛の記憶 私の近所では、夫に先立たれた老婦人が独り暮らしをするケースが増えてきました。 50代でご主人をガンで亡くした妻や、肺炎で夫と死別の70代など、女性がひとりで家を守っている姿を見かけると、いまは夫が元気な私でも、自分もやがては未亡人になるのかと寂しく感じます。 結婚して4~5年だったし、娘もまだ3歳。健康にも気を付けていたのに、なぜ?という気持ちでした」, 間もなくして、通院しながら抗がん剤の投与が始まりました。 もしものときに備える“お守り”として、保険について家族で考えておくと安心ですね。. 辛くて、眠れません。妻の笑顔の残像がいつも見えます。 それで、いくら気丈にふるまっていても、夫はがん患者なのだと改めて認識したんです。 「夫が、『先生がおっしゃることはよくわかります。でも、僕、生きようと思います』と言ったんです。 でも、家族が一緒にいて、みんなで笑っている…実はそれだけで幸せなんだと気づきました」, 「夫の病気が判明してから、今後の家計について夫と話し合いましたが、闘病中の本人を前にして『死んだらどうする?』なんて言えませんよね。 子供がいると、毎日大変で、必死に過ごしていますよね。時には家族の嫌なところが目について、不満ばかり募ってしまうかもしれません。 それは、どういうことなのか。実際に、妻を亡くした悲しみを幸せへのステップにした建設会社の元社長、福井県の松重貞夫さん(93)の体験談を紹介しましょう。, 大正14年、私は、山口県の浄土真宗の家に生を受けました。28歳で、すぐ上の兄が営む建設会社に入りました。初めての現場は三重県四日市。大手重工業メーカーの下請けで、輸入第一号の火力発電用ボイラーを建設しました。この仕事に携われたことは、今でも私の誇りです。, 妻の美子とは、入社の翌年に見合い結婚しました。美子は、気立てがよく、店屋を開いてもよいと思うほどの料理上手で、私は幸せでした。 今思えば、夫は私を元気づけようと笑っていてくれたんですよね。 Beautiful branding. 何もできず、自宅で弱りゆく自分を感じるのがつらかったのでは…と、ともこさんは振り返ります。 娘がいなかったら、今笑っている私はいません。生まれてきてくれて、本当によかった。そう思います」, 「人生には、思いもよらぬことが訪れます。私たちみたいな不幸は起こらないでほしいと思うけれど、病気は人を選びません。 「がんの免疫療法の場合は保険が適用されず、このとき考えていた免疫療法は5回の投与で100万円以上。効いたら何年も続けるかもしれない。 がんが判明してからは、まさみさん・ともこさんともに休職。公的制度や保険で治療費はまかなえているものの、日々の生活にもお金がかかります。 福井県の松重貞夫さんは、80歳すぎに、50年連れ添った奥さんに先立たれてしまいました。悲しみに暮れる中、妻の死を縁に大きな光を見い出したそうです。93歳の今なお、活力あふれる人生を歩んでいる理由とは?, 知人の男性がぽつり、つぶやきました。 本人はしゃべるのもつらい状態でしたが、逝く前に1週間、元気な状態に戻ったんです。 新調した仏壇のそばに飾った、旅行先での2人の写真。妻の笑顔を眺めつつ、悶々とした気持ちをどうにもできぬまま月日が過ぎていきました。 ベリーベスト法律事務所、代表弁護士の萩原 達也です。 国内最大級の拠点数を誇り、クオリティーの高いリーガルサービスを、日本全国津々浦々にて提供することをモットーにしています。 また、中国、ミャンマーをはじめとする海外拠点、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも当事務所の大きな特徴です。, 妻や夫と死別してしまうのは、非常に辛い経験ですが、乗り越えて生きていかねばなりません。年齢が若い人の場合、次の恋愛や結婚の機会もあるでしょう。, 配偶者と死別した後、恋愛や再婚をするとき、どのようなことに注意すべきなのでしょうか?このとき、期間の制限や子どもの気持ちへの配慮も忘れてはなりませんし、戸籍や氏の問題もあります。, 今回は、妻や夫と死別した人が知っておくべき再婚に関する重要な7つのことについて、ご説明します。, 死別の場合、再婚率は低く、10%を切っていると言われています。これは、死別をすると相手の良いところばかりを思い出すため、相手に対する決別ができないためです。, 離婚をするときには、相手と喧嘩別れになることも多く、「好きなのに別れる」ことはありませんが、死別の場合「愛しているのに先に逝ってしまった」という状態になるため、自分だけが再婚して新たな人生を歩み出そう、という気持ちになりにくいです。, そうは言っても、前の配偶者との死別後新しい出会いがあって、再婚を希望することももちろんあります。特に、若くして死別してしまった場合には、再婚の機会も多いでしょう。この場合、期間制限はあるのでしょうか?, これに対し、女性の場合、死別後100日が経過しなければ、再婚することができません。ただ、死別時に妊娠していなかったときや、死別後に出産した場合、この期間制限はなくなります。このことは、民法によって定められています。, 女性にだけこのような制限があるのは、女性は妊娠する可能性があり、前婚の解消後にすぐ再婚したら、生まれた子どもが前の夫か新しい夫のどちらの子どもかがわからなくなるおそれがあるためです。, ただ、死別時に妊娠していなかったら、前婚の夫との子どもが生まれる可能性はありませんし、いったん子どもを出産したら、その後以前の夫の子どもを産む可能性がないので、そういったケースでは、再婚禁止期間をおかれないのです。, また、再婚禁止期間について、以前は6ヶ月でしたが、平成28年6月1日民法改正により、100日間に短縮されています。そこで、以前と比べると、今は女性でもかなり再婚がしやすくなっていると言えます。, このように、男性ならすぐ、女性でも死別後3ヶ月もすれば再婚することができるのですが、これは法的な制限です。死別したのにすぐに再婚するのは、感覚的にもいかがなものかと思われますし、あまりに早く再婚したら、周囲にも驚かれます。, 一般的な感覚としては、やはり死別後2年程度は経過していないと、再婚したら驚かれてしまうでしょう。また、三回忌や七回忌を節目と考える人もいます。これは「決まり」ではないので守らないといけないわけではありませんが、周囲の目もあるので、わきまえておいた方が良いです。, 恋愛については、法律による制限はありません。そこで、いつから恋愛しても自由です。ただ、これについても感覚的な問題はあるでしょう。, 人によっても感じ方はさまざまなので、数ヶ月経ったら次の恋愛をしても良いと感じる人もいるでしょうし、10年経っても新しい恋愛ができないという人もいます。, ただ、一般的な感覚としては、死別後1年くらい経ってからでないと、恋愛をするのも気が引ける、ということが多いでしょう。, 死別後の再婚を考えるとき、男女による感覚の違いについても知っておくべきです。明らかな傾向として、女性よりも男性の方が、以前の配偶者に対するこだわりが強いようです。そこで、妻と死別した男性と再婚するのは、非常に難しいとも言われます。, たとえば、妻をガンで突然亡くした男性が、何年もの間妻の思い出に浸るだけの生活を続け、子どものためにようやく再婚のための活動を始めても、前向きになれずに誰とつきあっても続かない、という状態になってしまう例などが普通にあります。, これに対し、女性は意外とあっさりしていて、1年以内に別の男性と恋愛関係となってしまい、「周囲に言い出せずに悩んでいる。いつになったら恋愛をしても許されるのでしょうか?」などと悩んでいる人もいます。, もちろんこのようなことは個人差がある問題ですが、男女の傾向としてこういった差があることは、覚えておいても良いでしょう。, 死別後、別の異性と再婚するときには、子どもの気持ちにも配慮する必要があります。子どもにとっては、亡くなった配偶者が「唯一のお父さん(お母さん)」だからです。, そもそも、新しい配偶者になじまない子どもも多いですし、表面的にはなじんでいるように見えて、心の中では拒絶している、と言うケースもあります。, こういった感じ方は、子どもの性格や年齢によっても大きく異なります。年齢もそれなりに大きくクールな子どもなどは、親に対して「新しい人生を生きたらいいよ」などと言って再婚を受け入れてくれることもありますし、反対に、心を閉じてしまう子どももいます。, そこで、子どもがいるときには、しっかりと子どもの本当の気持ちを確認しましょう。1回聞いただけでは遠慮して本当のことを言わないかもしれないので、急がずゆっくりと本心を聞き出す努力をします。そして、再婚相手と一緒に食事をするなど、子どもと再婚相手が会う機会を作って徐々に慣れていきましょう。, 間違っても、いきなり新しい配偶者のことを無理に「お父さん」とか「お母さん」などと呼ばせようとしないことです。こうした呼び方は、子どもが自分からそう呼ぶようになるのに任せるべきですし、一生そう呼ばなくてもかまわない、というくらいの気持ちでいる方が良いです。, 死別後に再婚すると、戸籍や氏はどうなるのでしょうか?まず、戸籍から見てみましょう。, 男性の場合には、多くは自分が戸籍の筆頭者となっています。それは、前婚の際に、自分を筆頭者とした戸籍を作っていたからです。, もし前婚の際に妻の姓を名乗っていたなら、妻を筆頭者とした戸籍ができていることになりますが、一般的には非常に少ないです。, ここでは、一般的なケースを考えます。夫が新たな配偶者と再婚したら、新しい配偶者がその戸籍に入ります。このとき、以前の妻や子どもの記載がある戸籍に、新しい妻が入ってくる形になります。それが嫌なら、転籍をして、新たに戸籍を作り直す必要があります。そうすると、新しい妻と自分の新しい戸籍を編成してもらうことができます。, 女性の場合には、死別したことにより、前の夫は除籍されますが、自分の戸籍はそのまま前の夫の戸籍の中に残っています。この場合、再婚すると、再婚相手を筆頭者とした新たな戸籍が編成されることになります。このことにより、何もしなくても2人の新しい戸籍が作られます。, 姓については、初婚の場合と同じで、夫婦どちらかの姓に揃える必要があります。多くは夫の姓に揃えるので、夫の姓を名乗ることになるでしょう。もちろん、妻の姓に揃えることも可能です。, 死別後に再婚すると、前の配偶者のお墓をどのように管理すべきかや、どのお墓に入るべきかが問題となります。以下で、対処方法を教えます。, これについては、以前の配偶者との間に子どもがいるなら、子どもに管理してもらうのが最も良いです。子どもが小さければ、小さいうちは自分で管理をして、将来は管理を引き継いでもらいましょう。元配偶者の親が健在であれば、親にお願いする方法もあります。, その場合、親が亡くなったら、元夫(妻)の親族が引き継いでくれるでしょう。似た問題に、仏壇があります。仏壇については、処分することも考えられますが、処分しないで自分で管理するのであれば、再婚相手とよく話し合って理解を求めておくことが大切です。, まずこの場合、前の配偶者と新しい配偶者が同じお墓に入ることはありません。つまり、前の配偶者と自分と新しい配偶者が全員同じお墓に入ることはできないということです。, 前の配偶者と新しい配偶者のお墓は、別々になるので、自分はどちらのお墓に入るのかを選ばなければなりません。, このとき、元の配偶者のお墓の管理を元の配偶者の実家に任せるなどして、関わりがなくなっているのであれば、迷いなく新しい配偶者のお墓に入ると良いです。, これに対し、自分や子どもが管理していて、前の配偶者のお墓も身近な場合には、どちらのお墓に入るか迷ってしまいます。この場合、どちらに入るという決まりはありませんが、一般的には新しい配偶者(再婚相手)と同じお墓に入ることが多いでしょう。, ただ、分骨をして、どちらにも入れてもらうという方法もあり、そうすると、自分としても納得がいきやすいです。お墓の問題はナイーブなのでなかなか周囲に相談しにくいですが、参考にしてみて下さい。, 今回は、死別後の再婚にまつわる問題点や注意点について、解説しました。今は、昔と違って女性の再婚禁止期間の制限も緩やかになり、再婚が簡単になっています。, ただ、死別の場合、感覚的な問題もありますし、あまり早期に恋愛関係になったり再婚したりすることには、心理的に抵抗があるでしょう。, また、子どもがいる場合には、子どもの気持ちに配慮する必要もあります。前婚の配偶者のお墓や仏壇などの祭具の管理方法も考えておきましょう。, 当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。, 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。, 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。, 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。), ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。, リンクの先には、弊社電話番号・カテゴリー毎の法律のお問い合わせ先がございます。そちらからご自身のお悩みのカテゴリーを選択してください。, 私たちベリーベスト法律事務所は、お客様にとって最高の解決が得られるように、情熱と誠意をもって全力を尽くす弁護士集団です。. そういえば実家は浄土真宗だが、今まで仕事に追われて、仏教の「ぶ」の字も頭になかった。これを機に親鸞聖人について学ぼうと、何冊もの本を読み始めた矢先のこと、親鸞聖のお話のチラシに巡り遇ったのです。, 当日、1時間前に会場へ着くと、スタッフの若い女性から挨拶を受けました。初対面のはずなのに、笑顔がどこか懐かしい。司会者もハキハキとした好青年で、休憩時間に、知りたかった『正信偈』の意味を分かりやすく話してくれました。そこで手にした仏教の小冊子を開けば、どの本よりも聖人の教えがよく分かります。〝この集まりで、もっと聞きたい〟と、2度3度と足を運ぶようになったのです。, そのうちに、親鸞聖人のみ教えには、最も大事な生きる目的が説かれていると知らされました。親鸞聖人は主著『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』の終わりに、, 「これだけお金や財産があれば大丈夫だろう」と思っているのは、金や財産を頼りに生きているのですから、金や財に心を樹てている人です。, しかし、崩れるものに心を樹てていれば、常に不安が絶えず、苦しまなければなりません。, やがて必ず滅び去るものばかりの中に、唯一崩れぬ幸せが仏教には教えられている。それを、揺るぎない大地に例えて「弘誓の仏地」と言われ、, 今まであちこちにいろんなものを建ててきたけれど、心を不倒の仏地に樹てることが何より大事なんだと知らされたのです。 お金のことは任せて!と夫に宣言したものの、娘もまだ小さいですし、突然不安になってしまったんです。 夫は彼女のところに行ってしまい、私はもう追いかけても会えないと思います。 死別後に判明する浮気って「死別あるある」みたいですよ。 本当にどうすればいいのでしょうね。 [17266]2020年08月08日 (土) 16時09分 (2400:2411:d00:6e00:54c5:e8eb:b077:4f44) 「すい臓がんは見つかりにくく治しにくいので、“がんの王様”と呼ばれているんです。 // ]]>, 黒柳徹子さんの「徹子の部屋」に出演した平野レミさんは、夫を喪った悲しみに打ちひしがれた心境を語りました。, 何をしても虚しくて、心に大きな穴が空いたような喪失感は、実際に体験した人でないと、わからないものに違いありません。, 『一生涯愛してもらった』っていうつもりで生きていけばいいじゃない」とし、「私は和田さんに愛してもらったし、愛しましたっていうのがあれば、生きていかれるんじゃない? そんな、色んなこといらないじゃない」と優しく語りかけた。, 47年も連れ添って、悲しみが癒えない友人に、黒柳さんが掛けた言葉がすばらしいですね。, そして初デートしたレストランで平野レミさんが「このソースの材料はなんですか?」と聞いたので、料理上手なのだろうと思ったとか。, 離婚してスッキリ晴れ晴れというケースもありますが、酸いも甘いもかみ分けて、平穏な夫婦の暮らしが訪れることがあるようです。. ゆっくりと時間をかけ、少しずつ日常に戻りつつあるというともこさんですが、自分が夫と死別するなんて考えもしなかったといいます。, 夫のまさみさんは、がんが判明する数週間前から胃痛を訴えていたそうです。 そこで、私ができるのは笑っていることだと気づいたんです。 妻や夫と死別してしまうのは、 非常に辛い経験です が、乗り越えて生きていかねばなりません。 年齢が若い人の場合、次の恋愛や結婚の機会もあるでしょう。 配偶者と死別した後、恋愛や再婚をするとき、どのようなことに注意すべきなのでしょうか? がんで休職することになった際も、『神様がくれた休みな気がする。家にいるっていいなぁ』なんて言っていて。 文章・画像等の著作権は当ブログ『貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント』を運営している貯め代にあります。 全体あるいは一部を問わず無断使用はできません。 がん宣告された当時、夫は36歳。まだまだ若いし、とても元気な人でした。 結婚して4~5年だったし、娘もまだ3歳。健康にも気を付けていたのに、なぜ?という気持ちでした」 通院しながらの闘病がスタート ※提供:ともこさん そして、病気をいかに早期に見つけるかが大切。家族みんなで体調を気遣いながら、日々過ごしてほしいと願っています」, 子育てや家事に追われる毎日ですが、ちょっと立ち止まって考えてみてください。