1人が話題にしています – ニュース・メディアのウェブサイト. みんなが気になる、買ってからの維持費について発信したいと思います! ガソリン代は?故障とか多いの?自動車保険は? 一般庶民が、bmwのオーナーになっても案外なんとかなる?それとも火の車?など我が家のリアルな維持費を公開します。 Copyright ©  CURRENT MOTOR Corporation All Rights Reserved. 新車から3年で売るなら維持費は税金と保険だけ. COPYRIGHT (C) IDOM Inc. ALL RIGHTS RESERVED. 実車確認なし‼今すぐ無料 ... 中古車を購入する際には、年式や走行距離は非常に重要です。基本的には高年式で低走行な車が状態は良く、低年式で過走行だと状態が悪いです。しかし、中には高年式で過走行、低年式で低走行という車もありますので、それぞれの特徴を知って、どちらがお得に使えるか考えてみましょう。 車の買い替えを検討の場合 今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内では ... Contents1 憧れの外車も中古車ならば入手しやすい2 中古車で人気のある外車2.1 国産車では不人気のセダン2.2 SUVは外車でも人気2.3 通好みのステーションワゴン2.4 高級スポーツカー3 中古車の外車が安く買える理由3.1 故障が多いイメージ3.2 ディーラーの数が少ない3.3 ガソリン代が割高3.4 車検料が高い4 外車を中古車で購入する場合の注意点4.1 自動車にかかる税金4.2 保険料は国産車と変わらない4.3 メンテナンス料がかかる4.4 修理代が高い5 購入後の維持費も念頭に置い ... セダンは高性能で、安定した走りが特徴の車です。全車種の中でも比較的高性能な車ですので、使い勝手はよいですが、近年では不人気車のひとつに数えられています。性能の高いはずのセダンがなぜ不人気車になっているのか、その理由を知っておきましょう。 高価買取ってほんと⁈ 高く買取ってくれる会社を探している 年式が新しいけど事故しちゃって... ローンが残っているんだけど... 高価買取強化中! あなたのエクシーガを無料ネット査定!匿名でガチな査定相場が分かるので下取りより高く売る事が出来る!, メルセデスベンツ GLEの限界値引きとリセールバリューを無料ネット査定でガチ調査!. なにをもって「維持費」とみるかによって違いますが、少なくとも自動車税や重量税と自動車保険に関しては輸入車も国産車も変わりません。ただし、整備費用においてみると多少の違いはあるでしょう。昔から日本では「舶来 ©Copyright 2020 IID, Inc. All Rights Reserved. ・運転ミスでの自損事故による破損 外車=高級車とイメージする人は多く、いつか憧れの外車を乗り回したいと考える人も多いでしょう。すべてのモデルが高級車に該当するわけではありませんが、実際に国内で販売されているものは高級車モデルが多く、販売価格も国産のものと比べれば非常に高いです。 外車を新車で買うのは非常にコストがかかるため、少しでも安く購入したいのであれば、中古に目を向けることが大切です。外車でも中古であればお得に買えることが多く、場合によってはかなり割安で入手できることもあります。中古の外車について正しい知識を身に付けて、憧れの車をお得にゲットしましょう。, 外車を少しでも安く購入したいのであれば、中古を狙うのがおすすめですが、本当に良いものを見極めるためには、まずは基本的な知識を身に付けなければなりません。ひとくちに中古車といっても、国産車と外車ではさまざまな違いがありますし、外車ならではの特徴を把握しておくことが大切です。中古の外車の基礎知識を身に付けて、購入に役立てましょう。, 中古の外車の魅力はさまざまありますが、もっとも大きいのは販売価格です。新車の外車は非常に高額で、簡単には手が出せませんが、中古であれば手の届きやすい値段に設定されていることが多いです。もちろん、中古といってもビンテージとしてプレミアがついているものは別ですが、通常の中古品であれば、国産車と同程度、あるいはそれ以下になっていることもあります。, 中古の外車には2種類の販売ルートがあり、正規ディーラーと専業店販売に分けられます。正規ディーラーによる販売の場合は、認定中古車という区分で販売されていますが、専業販売店の場合は、中古輸入車と呼ばれます。 同じ中古の外車であっても、販売元によって取り扱いの区分が違っていますので、混同しないように注意しましょう。, 中古の外車は、モデルや車の状態によって価格の相場は大きく異なります。相場を知るには、気になっている外車の車種や年式、グレード、走行距離などと同じ条件の車を探し、その車の中古車価格を参考にするのがおすすめです。 外車の場合は相場がさまざまですので、一律にいくらくらいと言うのは難しいですが、ある程度の目安なら同じ条件の中古車の価格から推測できます。, 中古の外車の走行距離は、日本車とは考え方が違っており、より短い距離でメンテナンスが必要です。日本車であれば、1年で1万キロが目安とされており、5万キロ、10万キロなどの節目でメンテナンスをおこなうことが多いです。 車の状態によっても異なりますが、外車はそれよりも短い距離でのメンテナンスが必要な場合が多く、維持費や整備の手間がかかりやすいことは理解しておきましょう。単に憧れの車に乗りたいだけではなく、日頃から車をいじるのが好きで、メンテナンスも苦にならない人に、中古の外車はおすすめと言えます。, 中古車は10万キロ、15万キロなどが寿命の目安とされていますが、中古の外車の場合は必ずしもこれに該当するとは限りません。外車は使い方やメンテナンス次第で寿命が大きく違ってきますので、丁寧に使っていれば、国産車より長持ちすることもあります。 また、中古車の場合は、自分がどのように手入れをするかだけではなく、前オーナーの使用・メンテナンス状況にも左右されます。場合によっては購入時点でかなり消耗しているということもありますし、どの車を買うかはしっかり見極めなければなりません。, 基本的に中古車は安くで購入できますが、外車の場合は特に新車と中古車で価格に大きな開きがあります。安くで買えるのでお得ではありますが、値段が下がるのには理由があることを理解しておかなければなりません。なぜ中古の外車は値段が下がりやすいのか、安くなる理由を把握しておきましょう。, 中古の外車が安くなるのは、中古車市場では人気がないからです。中古車市場では人気のある車ほど高く、不人気な車ほど値段が安く設定されています。新車の外車は人気が高いですが、中古になれば一気に需要が減ってしまうため、売り手も何とか在庫をさばこうとして、販売価格を大幅に引き下げます。, 外車が中古車市場で人気が出ないのは、故障しやすいなど、マイナスのイメージが強いからです。外車だからといって故障しやすいわけではありませんが、国産車よりもこまめなメンテナンスが必要なのは確かであり、整備の手間などからも人気がありません。 壊れやすく、長く使うには手間がかかるというマイナスイメージから、国産車のマーケットと比べれば、中古の外車は需要が低いと言えます。, 中古の外車は国内では需要が少なく、売れない車種であるため、当然査定に出しても高値は付きづらいです。外車は維持費がかかりますので、いざ購入しても維持費の高さから早期に手放してしまう人は多いです。業者としても転売するには安くで売らなければなりませんし、そのためには、買取価格自体を引き下げざるを得ません。 査定額が低く、販売価格も低いと取り扱いの金額自体が引き下げられていきますので、中古になった途端に一気に値下がりするものも多いです。, 中古の外車は比較的安くで売られていますので、購入もしやすいですが、価格だけにつられて買ってしまうのは危険です。中古車といっても車によって状態はさまざまですし、外車は前オーナーの使用状況なども大きく影響するため、どれにするかは特に慎重に選ばなければなりません。 選び方を間違えれば、せっかく安くで購入できても、結果的に損をする可能性もあるので注意しましょう。本当に良い車を購入するには、選び方のポイントを正しく把握しておくことが大切です。, 外車の中古車は、認定中古車と中古輸入車の2種類に分けられますが、より安心なのは認定中古車です。認定中古車であれば、ディーラーが部品交換や整備などをしっかりおこなってから販売しているため、質が高い車が多いです。 中古輸入車でも、中には状態の良い車もありますが、ばらつきが多いため、見極めるのは非常に難しく、場合によっては状態の悪いものを掴まされる可能性もあります。外車の中古車は特に状態の良が肝心ですので、認定中古車を選んだほうが、長く使える可能性も高いです。, 中古車はさまざまなオーナーを転々としているものもありますが、おすすめなのは、まだ一人しか使用していないワンオーナーの車です。ワンオーナーであれば、使用状況やメンテナンスの履歴が分かりやすく、状態が見極めやすいです。 また、使用年数が短ければさらに状態が良い可能性は高く、品質の良いものを選ぶなら、ワンオーナーの車を探しましょう。, 外車と言えば左ハンドルですが、日本での使い勝手などを考えて、右ハンドル仕様になっているものも多いです。右ハンドルであれば使いやすいのは確かですが、左ハンドル仕様を無理矢理に変えているものも多く、機能性や操作性が悪い可能性もあるので注意しましょう。 左ハンドルそのままであれば、少なくともハンドルによる設計変更の影響が及ぼす運転席周りの不具合はありませんし、より状態が安定しているものが多いです。何より左ハンドルは外車の醍醐味でもありますし、憧れを実現させるなら、左ハンドルの車を選んだほうが良いでしょう。, 外車は国産車以上にメンテナンスが必要であり、中古の場合は特にこまめに手入れをしなければなりません。そのため、アフターサービスがしっかりした店で購入するのがおすすめであり、メンテナンスの相談やサポートをしてくれると、より安心です。 外車は国産車とは作りが違うため、アフターサービスが付けられないという店も多いので注意しなければなりません。特にメンテナンスが必要な中古の外車だからこそ、アフターサービスがしっかり受けられるかはとても重要なポイントです。, 車は製造された国によって少しずつ仕様が違うため、国産車とどのような違いがあるかを理解しておくことが大切です。仕様が違えば使い勝手に差が出るだけではなく、故障の条件なども異なります。車の使い方はもちろん、保管場所や環境、その他さまざまな影響を考えて、車の仕様に合った使用、管理の方法を考えましょう。, 車を購入する際には、購入価格だけではなく、購入後の維持費についても考えておかなければなりません。特に国産車と外車では維持費も大きく違っており、特に中古の場合は維持費がかかりやすいので注意が必要です。 車を使うなら費用は絶対に考えておかなければならないポイントですので、維持費がどの程度かかるのか、事前に把握しておきましょう。, 大前提として理解しておきたいのが、国産車と比べれば外車の維持費は高いということであり、これは新車でも中古でも同じです。車検の費用や保険料などは、国産車の倍以上かかるケースもあり、特に修理代は技術料もプラスで請求されるため、かなりの費用がかかります。 外車は国産車とは仕様が違っていますし、修理するためには、専門知識や特殊なスキルが必要になることが多いです。外車の修理ができる修理工を呼ぶだけでも費用がかかりますし、維持費は全般的に高くなると考えましょう。, 車に乗る上では保険の加入は欠かせませんが、これも基本的には国産車より高くなります。ただし、車種によってさまざまです。高級車に分類される車であれば、保険代も高くなる傾向にあり、場合によっては色によっても値上がりする可能性もあります。 スポーツカー仕様で人気のカラーなど、過去の事故歴の多い車の場合は、危険度が高いとして保険料が値上がりするというケースもあるので注意しましょう。どんな場合にしても、国産車より高くなることがほとんどです。, 国産車の場合、高級車であればメンテナンスがそれほど必要ないイメージがありますが、外車の場合は違います。高級外車の場合は、通常の車よりも整備回数が多くなる傾向にあり、整備にも費用がかかりやすいです。高級な外車は作りも精密であり、ちょっとしたことが原因で不具合を起こしてしまうこともあります。 中古であれば、さらに整備回数が多く必要になる可能性は高く、メンテナンスにもお金がかかることは覚悟しておきましょう。, 外車の修理は専門的な知識やスキルを必要とするため高額ですが、これは部品代が高いことも影響しています。外車を修理するとなれば、部品の在庫がないことがほとんどですので、海外から輸入しなければなりません。 部品そのものは安くても、輸入のコストがかかるため、結果的に部品代は高額になってしまいます。本来であれば安くで済むはずの簡単な修理であっても、部品代が高くつくばかりに費用も高額になってしまうことは多いです。, 外車は中古車市場では人気が低いため、査定額も安くつけられがちです。手放す際には、少しでも高く売りたいと考えるのは自然なことですが、外車は国内マーケットの構造上、高値で売却するのは難しいです。しかし、必ずしも価値がつかないというわけではなく、売り方を工夫すれば、高値で売却できることもあります。 外車は査定額が安くなりやすいからこそ、売却時にはさまざまな工夫が必要です。売却時のポイントを知って、少しでもお得に買い取ってもらいましょう。, 買取業者はさまざまあり、少しでも高値で売りたいなら、外車専門買取店に依頼することが大切です。専門店であれば、中古の外車の販売、流通のルートを数多く持っていることが多く、他の業者よりも転売がしやすいため、高値が付きやすいです。 また、外車を専門にした知識の豊富な査定士が常駐している場合もあり、より正確に価値を判断してもらえます。買取店が違うだけでも、金額は大きく違ってきますので、必ず外車を専門にした業者を利用して売却しましょう。, 妥当な金額で売却するためには、事前に自分の車の買取相場を調べておくことが大切です。外車は安くでしか売れないと認識している人が多いため、業者によっては不当な価格で買い叩こうとすることもあります。業者の言い値で引き渡すのはもったいないですし、正当な評価を受けるためにも、相場はある程度把握しておかなければなりません。買取相場を知っていれば、どの業者に売れば良いか判断しやすく、交渉の材料としても使えます。, 高くで買い取ってもらいたいたら、高級オプションをつけて希少価値を高めるという方法もおすすめです。買取では車の価値だけではなく、オプションの価値も総合して金額を決定するため、高級なオプションがたくさんついていれば、査定額がアップする可能性があります。 もちろん、どのオプションが評価されるかは業者によって異なるため、純正品があれば、それも一緒に査定に出すことが大切です。また、オプションを付けすぎることで、転売がしづらいと判断され、査定額を下げられる危険性もあるので注意しましょう。 オプションの評価は業者ごとに違いますので、複数の業者へ査定に出して、もっとも高値を付けた業者に売ることが大切です。, 高級な外車に憧れを持つ人は多いですが、価格の高さがどうしてもネックになってしまいます。販売価格のハードルを大きく引き下げるのが中古の外車であり、中古であれば、人気のモデルでも格安で購入できることが多いです。 中古の外車はメンテナンスが大変で、維持費もかかりやすいですが、大事に使えば長持ちします。また、購入時に上手に選べば、メンテナンスの手間もそれほどかかりません。中古で購入する場合は、いかに状態の良いものを見抜けるかが肝心です。上手な選び方のポイントを把握して、憧れの外車を中古でお得に手に入れましょう。, 近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。, なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。, 車の買取に関することをお都道府県に分けてご紹介!お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、下記リンクからご覧下さい。. 純粋に購入後の維持費だけを考えると、月当たり軽乗用車で3万円前後、コンパクトカーで3万~4万円、lクラスミニバンで4万円~5万円が、車両購入費用の他にかかると考えておくと、クルマの購入や買い替えの際の目安となるでしょう。 がWEBでクルマの買取相場額を公開中!, ※2020年1月(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内の大手自動車買取事業者を対象とした「中古自動車買取台数No.1調査」より), クルマのことはいろんなサイトに情報が載っているけど、言葉も難しいし何を書いてあるのかさっぱり。調べるのも大変だし調べ方すらわからない…。, noricoはそんなあなたをお待ちしていました。クルマのわからないことぜんぶ、noricoに聞いてみてください。. 車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, トヨタ車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, ホンダ車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, 日産車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, マツダ車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, スバル車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, スズキ車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, ダイハツ車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。, 輸入車の車種別の売却ガイドです。売るタイミングや高く売るためのコツなどを車種別にご紹介します。. 外車の維持費ってどれくらいかかる?国産と比べると見えてくる . 実車確認なし‼今すぐ無料査定‼ Contents1 セダンが不人気車になった理由1.1 スペース効率が悪く荷物があまり積めな ... Contents1 人気のSUVも不人気車なら中古で安く購入できる2 SUVなのに不人気車になることがある2.1 メーカーの宣伝がうまくいかなかった2.2 海外向けに生産された2.3 人気車の陰に隠れてしまった2.4 ボディサイズが大きい2.5 デザインや内装に不満がある3 SUVの不人気車を購入する前に注意したいこと3.1 それなりの運転技術が必要3.2 維持費は割高になることもある3.3 車高が高いので乗り降りが不便4 不人気車でも自分に価値のある車を見つけよう 人気のSUVも不人気車なら中古で安く購 ... 中古車を購入する際には、価格の相場を知っておくことが大切です。相場はメーカーや車種によって異なり、車の区分が違っていると、さらに違いは大きくなります。同じ中古車の区分でも、トラックと一般的な乗用車では、相場が大幅に異なります。 中古トラックを購入する場合は、トラックならではのポイントを踏まえて、選ばなければなりません。通常とは区分が違うだけに、購入は特に慎重に行うことが大切です。中古トラックの価格相場を知って、購入時に活かしましょう。 Contents1 中古トラックの価格はどう決まるのか?1.1 トラッ ... Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2020 All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). ベンツの維持費は実際高いのか?実際に所有している4年落ちGLEを参考に維持費を出してみました。 この記事の目次. 世界的な流行を見せているsuv。その中でも高級感のあるクロスオーバーsuvとして人気なのがbmw<x5>です。外車は維持費が高いというイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。今回の記事ではx5の1年間にかかる維持費と、購入時にかかる費用をご紹介します。 昔は外車の維持費が高いというイメージが先行していましたし、事実高かったです。しかし、今は外車に多くの日本の技術が取り入れられたり、各外車メーカーの車への考え方が大きく変わり、外車の維持費が高いという事は昔話になっています。 外車は、国産車と比べると車両価格が高いだけでなく、維持費も高くつく傾向があります。それでも外車が気になるという人のために、維持費はどれくらいかかるのか検証すると同時に、維持費を抑えるための5つのコツをお教えしましょう。税金・保険料面での外車 レクサスは走行性能の高さや高級感などから人気のモデルであり、購入を考えた人は少なくないでしょう。しかし、いざ購入するとなれば販売価格が高いため、簡単に手が出せるものではありません。レクサスを安くで購入するなら中古車をチェックしますが、さらにお得なのが不人気車です。レクサスの不人気車についての理解を深め、憧れの車をお得に購入しましょう。 高価買取ってほんと⁈ 高く買取ってくれる会社を探している 年式が新しいけど事故しちゃって... ローンが残っているんだけど... 高価買取強化中! 記事中にもあるように、少し手間を掛けて工夫をすれば外車の維持費を大幅に節約する事も可能ですので、気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね!. ・年間の維持費合計. 外車に興味を持っていて、「外車の維持費ってどれくらいなの?」と疑問をお持ちの方も多いです。「外車は国産車より維持費が高い」と一般的には思われています。それは大方当たっているのですが、税金の額など誤解されている面も多くあるのです。今回の記事では<税金><車検><保険><修理・整備>など、外車の維持費についての本当の所をくわしく説明していきます。, 自動車を所有するには様々な費用が必要になります。外車は特にその費用が割高になっているとのイメージがついていますが、本当の所はどうなのでしょうか。, 自動車の維持費用の中でも、決して削る事が出来ないのが税金です。実は国産車と外車とでは、支払う税金の額に変わりはありません。しかし、外車は税金以外の修理・整備費用やガソリン代などが国産車よりも割高になる場合が多く、結果的に車の維持費は外車のほうが国産車よりも10~30%ほど高くなるのです。, 外車人気の高まりで外車ユーザーが増え、街の整備工場では外車の修理に対応できる業者が多くなっています。そのため、今までは高額な料金を払ってディーラーに依頼するしかなかった外車の整備や修理、車検でもいろいろな選択肢が出て来ているのです。, メーカーの正規の部品を使わずに、<リビルト品>(廃車になった車から部品を取り出して、整備して使えるようにした部品)を使用すれば大幅に安く修理する事が可能。また、インターネットを通しての中古部品の取引も活発で、以前よりディーラー以外での費用を抑えた外車の整備・修理が可能になって来ています。, 「外車は維持費が高い」というイメージがありますが、<自動車の税金の額>に関しては外車も国産車も税金の額はまったく同じです。自動車に課せられる税金には<自動車重量税>と<自動車税>の2つがあり、<自動車重量税>は車の重量、<自動車税>は車の排気量に応じて課税されます。, 日本では「車の製造国によっての課税額の増減」はまったくないので、「外車の税金は高い」というのは間違いです。一昔前の国産車は、外車とくらべて車体・排気量が小さかったので、外車のほうが国産車より税金が高くつくケースが多くありました。その事から「外車は税金が高い」というイメージが定着してしまったのでしょう。, 外車の中でも<フィアット>や<プジョー>などのコンパクトカーであれば、排気量・車体重量が小さいので税金も安くなります。また、小さい車体は燃費効率も高くなるので、全体的な維持費も安くなるでしょう。, <自動車税>とは自動車の所有者が毎年支払わなくてはならない税金で、毎年4月1日に1年分を納める事が義務付けられています。, 例えば、国産車のトヨタ<アルファード>の2.5Lエンジン搭載車であれば、自動車税の額は45,000円。これでも少し高く感じますが、メルセデスベンツ<Sクラス>の6Lクラスのエンジン搭載車になると、税額は88,000円にもなります。, このように車の自動車税は生産国によっての違いはなく、車の排気量で算出されるのです。実質的に外車は排気量が大きい車が多いので、自動車税は高くなります。, 外車で車検を受ける時にかかる費用を見てみましょう。車検時にかかる費用は、<法定費用>と<整備費用>の2つがあります。, <法定費用>とは法律で定められていてる費用の事で、<自賠責保険料><自動車重量税><印紙代>の3つです。外車でも国産車でもかかる費用に違いはありません。, <自賠責保険>は正しくは<自動車損害賠償責任保険自動車>と言い、すべての自動車が加入しなければならない義務があります。人身事故を起こしてしまった時に相手方への補償を可能にして、被害者を救済するのが主な目的の保険です。, <自賠責保険>の保険料は地域によって車種ごとに決まっていて、外車か国産車かの区別はありません。, <重量税>とは、車両の重さに応じて支払う税金の事です。新車購入時と車検時に次回の車検の期間までの分をまとめて納付します。, 燃費効率に優れていて基準をクリアしている車両には<エコカー減税>の制度があり、クリアした基準により<25、50、75、100%減税>の4つの減税を受ける事が可能。<重量税>にも外車と国産車の区別はなく、車の重量により一定の税額が課せられます。, <車検の審査><車検適合証の発行>には手数料がかかり、<印紙代>として支払います。印紙代は<指定工場>と<認証工場>とで異なっています。, 車検場と同じように工場内で車検を終わらせられる工場の事を<指定工場>と呼び、印紙代は一律で1,100円。一定の車検に関する環境があり、地方運輸局長が認定した工場を<認証工場>と言い、印紙代は5ナンバー車は1,700円、3ナンバー車が1,800円になっています。これも外車と国産車の区別はありません。, 車検時には<法定費用>の他に<整備費>もかかります。これは車検をクリアするためのチェック・整備の費用と、車検と同時に行う24ヵ月点検の費用もここに含まれています。外車はこの<整備費>が高くなる傾向があるのです。, 車検と24ヵ月点検では部品の不具合や消耗が見つかり、修理・交換が必要になる事があります。この修理・交換のために購入する部品が高額なのが、外車の<整備費>が高くなる原因の一つです。, <整備費>が高額になる理由のもう一つは、外車ディーラーの作業費が高額な事。外車ディーラーでは新車が発売になるたびに整備の研修を受けたりして、整備士がメンテナンス技術を習得するため多額のコストがかかっています。そのためにどうしても整備費用が割高になってしまうのです。外車ディーラーでの車検で請求額が数十万にもなる事があるのは、この2つの理由からです。, 「外車の修理・整備費用を節約する方法」を記事後部に紹介していますので、参考にしてみてください。, 外車ディーラーでは迅速に修理に対応するために、一定数の部品は自社で在庫分として確保しています。しかし正規の輸入車ではなく、現地で買い付けした業者から購入した並行輸入車であったりすると、部品によっては輸入が必要になる場合が出てきます。そうなると取り寄せに時間もかかりますし、ディーラーによっては修理を断られる事もあります。, 自動車の保険は、全自動車に加入が義務づけられている<自賠責保険>と、任意で民間保険会社と契約する<任意保険>の2つがあります。ここでは外車で<任意保険>に加入する場合について説明します。, <自賠責保険>は人身事故時の相手方への支払いを目的としたもので、自分自身の治療費や車両の修理費への補償はありません。それを補うために加入するのが<任意保険>です。<任意保険>の中の<車両保険>は、車が破損した時の修理費が補償される保険です。実際には次のようなケースで修理費が支払われます。, ・自動車や二輪車との事故による破損