生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。, どんな身分証明書を受け付けてくれるのかは、市区町村によって書かれていることが若干違うのですが、例を挙げると次のようになっています。, (例)運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)、個人番号カード、身体障害者手帳(顔写真付)、小型船舶操縦免許証、海技士免許証、電気工事士免状、無線従事者免許証、特別永住者証明書、在留カード など, Aでない本人確認書類( 『氏名』と『住所または生年月日』の記載のあるもの )

現在はほとんどの市区町村で軽自動車も車庫証明書が必要となります。ただし、軽自動車の場合は、普通車の車庫証明書とは異なり、保管場所届出書を警察署へ提出します。基本的には、購入後の提出でも問題ありません。費用は500円程度かかります。, 車の購入で住民票が必要か不要かは、購入する車種が普通自動車か軽自動車か、所有者と使用者が異なるかといった条件によります。自分の場合はどうなのか、どの書類がいつまでに必要なのか、事前にきちんと把握しておくことが大切です。スムーズに車の購入を進めるためにも、住民票以外の必要書類の有無や提出先なども確認しておきましょう。, また、住民票には提出先や使用目的によって有効期限が設けられています。過去に取得したもののコピーを使い回すといったことはせずに、必ず直近に取得したものを提出するようにしましょう。, A:住民票は、車の使用者の現住所を確認するために必要な書類です。現住所を証明できる書類であれば、印鑑登録証明書や自動車検査証(車検証)でも問題ありません。車の購入時に住民票が必要となるのは、購入した車の所有者と使用者が異なる場合と、軽自動車を購入する場合です。, A:住民票は、現住所のある市区町村の役所・役場へ行って発行してもらえます。申請書に必要事項を記入して窓口に提出するか、市区町村のホームページからダウンロードしプリントアウトしたものに記入して持っていくこともできます。住民票の発行には身分証明書が必要となり、認印を求められる場合もあります。費用は市区町村で異なりますが、1通につき200~500円程度です。また、住民基本台帳カードやマイナンバーカードがあれば、コンビニのマルチコピー機を利用して取得できる場合もあります。, A:自動車は全国どこでも購入できます。現住所とは異なる都道府県で購入する場合は、販売業者は都道府県をまたいで登録手続きを行う必要があり、代行費用や運送費用もかかるため、見積りを確認して検討しましょう。また、引越ししたばかりで住民票を移していない、現住所以外の地域で車を使いたいなどの場合は、「使用の本拠の位置」を住民票のない住所に指定することもできます。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, 軽自動車を購入する場合は、所有者と使用者が同じでも、現住所を確認するために住民票の提出が求められます, 車の購入で住民票が必要か不要かは、購入する車種が普通自動車か軽自動車か、所有者と使用者が異なるかといった条件によります, 住民票には提出先や使用目的によって有効期限が設けられています。過去に取得したもののコピーを使い回すといったことはせずに、必ず直近に取得したものを提出するようにしましょう, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4. 車の購入で用意すべき必要書類に、住民票があります。しかし、場合によっては不必要なケースもあります。住民票の要不要は条件によって異なりますが、発行には市区町村の役所・役場などでの手続きが必要となるので、事前に必要かどうかを把握しておきましょう。住民票の取得方法と注意点についてご紹介します。, まず、車を購入するにあたって、住民票の提出が必要となるのはどのような場合なのかを確認しておきましょう。以下の2つの場合で、住民票が必要となります。, 購入する車の所有者と使用者が異なる場合は、住民票が必要となります。具体的には、次のような場合に住民票の提出が求められます。 この記事は 「住民票ってなに?」 「説明を受けたけどもっとわかりやすく説明が欲しい」 「住民票っていつ必要になるの?」 「住民票っていつ登録するの?」 「住民票についていろいろ知りたい」 という人に向けて書いています。 ©Copyright2020 一人暮らしを365日楽しむ方法.All Rights Reserved. (例)住民基本台帳カード(顔写真無)、キャッシュカード、クレジットカード、会員証、通帳、診察券 など, ※注意 住民票の写しの広域交付を申請する場合には、A顔写真付きの官公署が発行した本人確認書類が必要です。, 運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・在留カード・特別永住者証明書・健康保険証・年金手帳・預金通帳・社員証等, 大抵の人は、住民票の写しを発行してもらうのに、運転免許証か健康保険証を使うのではないでしょうか。, (自治体によっては、健康保険証など、顔写真がない身分証明書の場合、複数の提示を求められることがあります。念のために、お住まいの自治体に問い合わせるか、自治体のサイトを確認してください), 運転免許証や健康保険証、パスポートなどの、大抵の場面で使用できる身分証明書を持っていない場合は、市区町村によって対応が若干異なりますので、直接役所に問い合わせるか、役所のサイトを確認してみてください。, 次に、住民票をもらうのに印鑑は必要なのかですが、これは印鑑が必要になる場合と、そうでない場合があります。, 大抵の自治体では、印鑑は必要ないようですけど、かさばるものでもないですし、念のために印鑑を持っていたほうがいいでしょう。, 印鑑が必要な場合、シャチハタ式の印鑑でもいいところと、ダメなところがあるようです。, いちいち確認するのが面倒なら、シャチハタ式の判子は持っていかないほうがいいですね。, 発行手数料がいくらなのかは、各自治体の「手数料条例」で定められていて、自治体によって金額が異なります。, 自治体によっては、顔写真のない身分証明書の場合、複数の提示を求められるところもあります。, また、印鑑は、シャチハタ式の物だとダメなところもあるようですので、ご注意ください。, スポンサードリンク 画用紙のサイズって、四つ切りとか八つ切とか六つ切りとかあって、ややこしいですよね。 さらにa4とか、b4とかまで……。   そんな中で、画用紙の六切りのサイズって何センチ …, フローリングって、普通に掃除機やクイックルワイパーみたいなシートでお掃除していても、いつの間にか黒ずみ汚れがこびりついてるんですよね。 そうなると、雑巾で水拭きしたくらいじゃ全然落ちません。 &nbs …, 土曜の丑の日には、うなぎを食べるお宅も多いのではないでしょうか。 スポンサードリンク ちょっと奮発して家族揃ってうなぎを食べるのもいいですけど、赤ちゃんのいるご家庭だと、うなぎを食べさせても大丈夫だろ …, 天皇陛下が生前退位の意向を示されているというニュースが報じられました。 驚かれた方も多いかと思います。 スポンサードリンク   そこで特に気になるのは、天皇陛下が生前退位なされ …, 秋から冬にかけては、おでんが特に美味しい季節。 スポンサードリンク 別に春や夏に食べてもいいですけど、やっぱり寒い時期に食べるおでんが一番おいしいですよね。   でも、自宅で作るとなると、大 …. 車の購入で必要となる住民票。しかし、場合によって不必要なケースもあります。住民票の要不要は条件により異なりますが、発行には手続きが必要となるので、事前に把握しておきましょう。住民票の取得方法と注意点についてご紹介します。 〈購入する車の所有者と使用者が異なる場合〉, 住民票は、車の使用者の現住所を確認するために必要な書類です。なお、現住所を証明できる書類であれば、住民票以外でも印鑑登録証明書や自動車検査証(車検証)でも問題ありません。ただし、現住所と異なる住所が記載されているものは使用できませんので注意しましょう。確実に現住所を証明できる書類として、住民票を用意することをおすすめします。, 軽自動車を購入する場合は、所有者と使用者が同じでも、現住所を確認するために住民票の提出が求められます。ただし、住民票を提出することが一般的ではあるものの、現住所を証明できるのであれば、印鑑登録証明書などでも問題はありません。また、どちらの場合も、原本でなくてもコピーで大丈夫です。, なお、カーローンを組む場合は、本人確認書類や収入を証明する書類を別途、用意しなくてはならないケースもあります。新車登録とローン契約のそれぞれで必要となる書類をよく確認しておきましょう。, カーローンの必要書類はいつ何を用意すればいい?申込みの流れと必要書類における注意点とは, 続いて、住民票を取得する方法やその費用、有効期限などについてご紹介します。車の購入で住民票が必要となる場合は、早めに手続きの準備をしておきましょう。, 住民票を取得するためには、現住所のある市区町村の役所・役場へ行って、発行してもらいます。住民票発行の申請書があるので、必要事項を記入して窓口に提出しましょう。また、住民票発行の申請書は、市区町村のホームページからダウンロードすることができます。事前にプリントアウトして記入済のものを持っていけば、申請もスムーズなためおすすめです。, なお、現在では住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)が普及しており、現住所以外の市区町村の役所・役場でも、住民票の写し(広域交付住民票)を取得できるようになっています。ただし、広域交付住民票を取得できるのは本人か同一世帯の人のみで、戸籍の記載が省略されています。, 住民票発行の申請書を提出すると、窓口で本人確認が行われます。その際、運転免許証やパスポートなどの身分証明書の提出が求められるので、忘れずに持参しましょう。, また、場合によって認印が必要なこともあるので、認印も携帯していると安心です。シャチハタ(インク浸透印)でも可能かどうかは、市区町村によって異なります。不明な場合は、あらかじめ問い合わせておくか、印鑑を持参するといいでしょう。, 住民票の発行にかかる費用は、地市区町村によって異なります。1通につき300円前後ですが、市区町村によって200~500円程度と差があります。現金を用意していくといいでしょう。, 住民票自体に有効期限はありませんが、提出先によっては「発行から○ヵ月以内」と有効期限が設けられているケースがほとんどです。自動車の購入や名義変更などで提出が求められる場合は、発行後3ヵ月以内と指定されるケースが多いため、住民票を取得するタイミングについても注意しましょう。, 住民票に有効期限を設けているのは、現住所の情報がより正しい必要があるためです。1年前に発行された住民票では、記載された住所と現住所が変わってしまっている可能性もあるので、信頼度も低くなります。自動車の売買は、100万円を超える高額なお金のやり取りも珍しくありません。そのため、住民票も非常に重要な書類として取り扱われます。, 市区町村によっては、住民基本台帳カードやマイナンバーカードを使って住民票を取得することも可能です。その場合、コンビニのマルチコピー機を利用すると便利です。場合によっては、役所・役場よりも安く住民票を取得できることもあります。なお、マイナンバーカードを取得した場合は、住民基本台帳カードは利用できなくなるため、ご注意ください。, マイナンバーカードを使って住民票をプリントアウトする際は、必ずマイナンバーが記載されていないものを選択しましょう。マイナンバーは取扱いに細心の注意を払わなければならない重要な個人情報です。マイナンバーが記載されている住民票は、車の販売店側に受け取ってもらえない可能性があるので、必ずマイナンバーを記載しない選択をしましょう。, 車の購入では住民票が必要となるのが一般的ですが、現住所と異なる地域で車を購入したり、住民票のない地域で車を使用したかったりといったイレギュラーな場合もあります。そのような場合、どう対処すればいいのかをご紹介します。, 自動車は現住所を問わず、全国どこでも購入することができます。ただし、現住所とは異なる都道府県で車を購入する場合、販売業者は都道府県をまたいで登録手続きを行う必要があります。その場合、一般的には代行費用が相場よりも高くなります。納品先が遠方であれば運送費用もかかるため、見積りをしっかり確認し、検討すべきでしょう。, 引越ししたばかりで住民票を移していない、現住所以外の地域で車を使いたいなどの理由で、住民票を置いていない地域で車を登録したいというケースもあるかと思います。そうした場合は、「使用の本拠の位置」を住民票のない住所に指定することも可能です。, 住民票以外にも、車の購入時にはいくつかの書類の提出が求められます。最後に、普通自動車と軽自動車それぞれの購入時に用意すべき書類などについてご紹介します。, 普通車は法律上、財産として扱われることもあり、軽自動車よりも必要書類などが多くなります。具体的には以下のものが必要になります。, ・実印

第一に住民票を必要とするのは、運転免許証の住所を変更することです。 免許を取得していない人には関係ない話ではありますが、免許を取得している人は必ず住民票を用意して手続� ・車の購入でどんなときに住民票が必要なのかを知って要点を抑えておこう! ・住民票の取得方法や手続きを事前に理解しておけば車の購入時にスムーズ! ・車の購入には、住民票以外にどんな書類が必要なのかを知っておくと安心!