彼が繰り出す上段回し蹴りは天下無敵です。, 心の中に秘めた願いが叶えられる事 これだ!と思うものはありましたか?, 「文章で思いを伝える」「言葉で思いを伝える」 「柯」は中国の地名。 しかし、四字熟語について調べてみると、, というものもあったり、「四字熟語」と言っても様々なものが存在しています。 そんな四字熟語を厳選して紹介いたします。 抜山蓋世の用例 仏教語でいう八苦のうちの一つ。 元は仏教語で、世の中が無常であることをたとえた言葉。 「定離」は例外なく離れることになるという意味。 「際会」は出会うこと。, すぐれた能力を持っている人が良い機会をいかして、能力を存分に発揮して功名を得ること。 千思万考の末、会社を退職し起業することを決めた。, この世の全ては常に変化し、一瞬でもとどまる事はない。不変、不滅なものはないということ, 善い行いをすれば善い報い、悪い行いをすれば悪い報いがあり、行いに応じて報いがあるという事, さて、次はいよいよラスト、91〜111のかっこいい四字熟語です。 類義語:一意攻苦、一意専心, 獅子が奮い立ち、凄まじい勢いで猛進する様。「奮迅」とは奮い立つこと。 獅子奮迅の大活躍で、チームを勝利に導いた。, 努力して学ぶ者と学ばない者との間には、極めて大きな差ができるということ。「竜」は賢者をたとえ、「猪」は愚者をたとえる。 一子相伝の技術をここで途絶えさすわけにはいかない。, 他の者よりも抜きでて肝がすわっていて、思い切った行動をとる様 《2020年最新》収録数9,241語!全日本四字熟語普及連盟が運営する世界最大の四字熟語の検索サイト。 意味や使い方、同義語(類義語)・反対語(対義語)、人気度、使用頻度レビュー評価★★★を3段階で紹介。漢字検定(漢検)、spi対応、大人の語彙力向上に。 誰も想像もしなかったあの豪胆無比な決断こそが運命の分かれ道だった。, 迷わず、揺れず、心を一つにまっすぐに思う事 「一期」と「一会」はどちらも仏教の言葉。 一騎当千の彼が加入したことで、チームは絶対的な強さとなり連覇を果たした。, その分野に新たに現れたばかりの将来を期待された有能な人材。「新進」は新たに進出してくること、「気鋭」は意気込みが盛んなことを意味する。 やることは簡単すぎるほど簡単なので、ぜひ参考にしてみてください!, いつか出来ることは、全て今日から始めた方がいい。 かっこいい四字熟語113選!以上となります。 「頭会」は人数を数える。 そんな時に四字熟語をポイントでうまく使って伝えることができたらかっこいいですよね。, 結婚式でスピーチ、発表会でのスピーチ、仕事でのプレゼンなど、人前で喋るのは苦手という人でもそういった場面が少なからず訪れることがあります。, 文章の内容はもちろん大事ですが、喋り方や声の出し方だけでも聞く側の印象は全然違ったものになります。 たとえ同じ人、同じ場所で茶会を開いたとしても、同じものになることはなく、毎回生涯で一度だけのものなので、主人も客も誠意を尽くすべきであるというもの。, 学問を通じて仲間を集めること。 一世風靡の用例 山紫水明の用例 一心一意の用例 あるいは人生の座右の銘として、ぜひ様々な場面にお役立てください!, では、かっこいい四字熟語113選を紹介していきます。 盆や精霊会ともいう。現在は八月十五日に行うことが多い。, 他人のことを考え、控えめな態度で接すること。 「神」は心のこと。, 派手で立派な酒宴を催すこと。または酒宴そのもののこと。 または、すぐれた才能を持っている人がよい主君に出会い、その才能を認められて重要な地位に就くこと。 または、すぐれた才能を持っている人がよい主君に出会い、その才能を認められて重要な地位に就くこと。 まずは、1〜15の四字熟語です。 この会談で項羽は劉邦を殺そうとしたが、劉邦の家臣が見破って劉邦は逃げ延びた。 「神会」は理解すること。 「一期」は生まれてから死ぬまでのこと。 かっこいい四字熟語! 漢字四文字で作られる四字熟語。 たった四つの漢字が成す形容は、人生の指針 「座右の銘」 としても使われるほど。. 「文を以て友を会す」とも読む。, 陰暦の七月十五日に祖先の霊をまつる行事。 聞いたことがある四字熟語もあれば、初めて聞くような四字熟語もあったのではないでしょうか。, 漢字の雰囲気や響きもかっこよく、意味もすごく気に入ってます! 「箕斂」は農具の箕ですくうこと。 心願成就の用例 91 「会」は出会うこと。, 戦争で混乱している世の中のこと。または、社会が不安定で秩序が乱れていること。 「置酒」は酒宴を催すこと。 「遠慮」は控えめにすること。 中国の春秋時代、斉の桓公は魯の荘公と柯で会合して、侵略して得た土地を返すという約束をして、信義を守って約束を果たして信頼を得たという故事から。 漢字四文字で作られる四字熟語。 「牽強」は道理に合わないことを合っているかのようにいうこと。 「風雲」は竜が風と雲に乗って天に昇るということから、すぐれた能力を持っている人や、英雄が良い機会を生かして名誉を得ることのたとえ。 類義語:一竜一蛇, ある時代の中で、世に広く流行すること。「風靡」とは、草が風になびき従うこと。 人生での座右の銘としても、ぜひかっこいい四字熟語を使ってみてください!, これからも、どんどん紹介して行くのでぜひご活用ください! 一騎当千の用例 一騎当千いっきとうせん, ずば抜けて強い勇者の例え。一人で千人を相手にできるほど強いこと。「当千」とは、千に相当するという意味。 →座右の銘|人生を素晴らしい方向へと導く言葉65, こちらも「心に響く言葉」が沢山あるので、ぜひご覧ください! 天下無敵の用例 .adslot_1 { width: 100%; height: 280px; }. この歌は70年代に一世風靡した、誰もが知っている日本の名曲です。, この世にかなう者がいないほどの強さ。また優れている者 一竜一猪の用例 「遠慮」は控えめにすること。 もとは千利休の弟子の山上宗二が説いた茶人の心構え。 「牽強付会」とも、「牽強傅会」とも書く。, 古代中国の漢の劉邦と楚の項羽が鴻門で会談したこと。 「附会」は無理に関連付けたり一つに合わせたりすること。 手紙、年賀状、祝辞, また、大きな目標に向かう時の指針として、 「均等」は平等という意味。, 自分に都合がいいように、滅茶苦茶な理屈をこじつけること。 「高会」は派手で立派な宴のこと。, いろいろなところから多くの税を取り立てて集めること。 心機一転の用例 「会釈」はおじぎをして挨拶するということから、他人を思いやるという意味。 釈迦の死後、五十六億七千万年後に弥勒菩薩が人間界に現れて、想像上の巨木である竜華樹の下で悟りを開いて仏になり、三度の説法を行って世の人々を救うとされている。. それほどに奥が深く、大きな世界観をもっています。 「会」を含む四字熟語の一覧です。一期一会・以文会友・飲酒高会・盂蘭盆会・会釈遠慮・会者定離・遠慮会釈・怨憎会苦・会稽之恥・柯会之盟・機会均等・牽強附会・牽強付会・牽強傅会・鴻門之会・神会黙契・心領神会・置酒高会・頭会箕斂・風雲際会、などがあります。 「黙契」は言葉で示さずに意思が伝わること。, 心の中で深く理解すること。 前回の過ちを決して繰り返さず、心機一転して頑張っていきます。, 美しい自然の風景。清く澄んでうつくしいこと 時代の流れに乗り、抜山蓋世の勢いで業績をの伸ばしていった。, 学問や技芸、芸能などの師が、秘伝を自分の子供または弟子の一人にだけ教え、他の者には秘密にして漏らさない事。「相伝」とは、代々受け継いでいくこと。 「会釈」はおじぎをして挨拶するということから、他人を思いやるという意味。 今回は、数ある四字熟語の中から, 漢字の見た目や、言葉の響き、意味もかっこいい! 一生に一度だけの機会。または、一生に一度だけ会えること。 剛胆無比の用例 どちらも理屈をこじつけるという意味。 《2020最新版》利用率No.1の四字熟語一覧サイト。「目標・努力・行動・未来・人生」など50以上のカテゴリから、あなたにピッタリの四字熟語を選ぼう!選びきれない人のための「厳選四字熟語《100選 … 「一会」は一度の会合や集会などの人の集まりのこと。 その後、項羽は劉邦に敗北して自決したという故事から。, 言葉を使わずに、互いに意思が通じること。 「風雲」は竜が風と雲に乗って天に昇るということから、すぐれた能力を持っている人や、英雄が良い機会を生かして名誉を得ることのたとえ。 千思万考の用例 新進気鋭のデザイナーが創り出す独創的な作品は、どれも観衆の目を釘付けにした。, 勢力、威勢がきわめて強大で盛んであること。「抜山」とは、山を抜き取るほどの勢いを表し、「蓋世」は世間を覆い圧倒するという意味。 「附会之説」とも書く。, 弥勒菩薩が竜華樹の下で行うとされている、三度の法会のこと。 獅子奮迅の用例 「会稽」は中国の山の名前で、春秋時代の呉と越の戦場跡。, 約束したことを成し遂げ、信義を守り抜いて信頼を得ること。 新進気鋭の用例 「柯盟」と略して使うこともある。, 全ての国や人などに、差別なく等しい待遇や権利を与えること。 「会」は情勢や時勢のこと。, 関係のないものを無理やり理屈づけること。または、無理に理屈づけた論説のこと。 皆さんの心願成就を心からお祈りいたします。, ある事をきっかけとして、それまでとは異なる新たな気持ちで事に臨むこと 勇気凛凛ゆうきりんりん, 才能の劣った者でも努力を怠らなければ、やがては才能のある者と肩を並べることができること, 類義語:短期決戦 人数を数えて、箕ですくうように手当たり次第にかき集めるという意味から。, すぐれた能力を持っている人が良い機会をいかして、能力を存分に発揮して功名を得ること。  →ちょっと笑えておもしろい四字熟語はこちら 共同】わちゅうきょうどう, 【連帯責任】れんたいせきにん, 落ち込んだときに【元気】が出る四字熟語一覧, 座右の銘にしたいことわざ辞典. 「会者」は現世で出会った人のこと。 「生者必滅会者定離」という形で用いることが多い。, 他人のことを考え、控えめな態度で接すること。 多くは否定の語句をつけて、強引に物事を行うことを批判するときに使う言葉。, 出会った人とは必ず離れる運命にあるということ。 「領」と「会」はどちらも理解すること。 「ち」から始まる四字熟語:110件 ちいくへんちょう 知育偏重 知育・徳育・体育という教育の三要素のうち、知育のみを重んじること。 ちがいほうけん 治外法権 ある国の領土に居ながら、その国の法律や統治権の支配を受けない特権。 多くは否定の語句をつけて、強引に物事を行うことを批判するときに使う言葉。, 自分が怨んだり憎んだりしている相手とも会わなければならない苦しみのこと。 旅で訪れた田舎の山紫水明に、心が癒される。, なんども繰り返し同じことを考えたり、あれこれと思いを巡らすこと 「風塵」は風で舞う砂や埃のことから、戦乱のこと。 ミシェル・ド・モンテーニュ ここが最重要の課題と捉え、一心一意に研究を続けた。 八苦とは「生」「老」「病」「死」「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五陰盛苦」の八つの苦しみのこと。, 戦いに敗れ受けた恥辱。または、人から受けた忘れることが出来ない屈辱。 「付会」は無理に理屈づけること。 1 君子の交友をいう言葉。 教育や経済活動についての出発点を等しくすることをいう。 一子相伝の用例 「たったこれだけ」のことで言葉の伝わり方が変わる!普段の生活でもとっても役に立つ「声の出し方」。 日本には、まだまだたくさんの知られざる四字熟語があります。, 手紙やメッセージに入れれば、長い文章のアクセントになったり、一味違ったおしゃれな感じに! たった四つの漢字が成す形容は、人生の指針「座右の銘」としても使われるほど。, それほどに奥が深く、大きな世界観をもっています。 一竜一猪、日々のたゆまぬ努力が明暗を分けた。