4Nʇ(D7p�M��䬇�_����Q�+K ;e}��!M���8�N��Q��F=��.O�V�c����f��g�`rIr͋���&��Y���&�m������uʘ�bb�|��^�.� S��u���B�B420���5T/�6NT=�V���Smj?�aX�{@\�5�8�B�!�D�a�`H�$����z!�fEN�|z��%�����ˑ��f��=��N�^�����÷q��%�����\)�ӫ�

endstream endobj 128 0 obj <>stream 2015年度中期経営計画振り返り(成果と課題) 7 1.成果(できたこと) 営業利益率(6.4%)・・・徹底したコストダウンにより利益確保 海外生産拠点の設立と統廃合 ①タイ:開閉装置(FMT)設立2015年 … 126 0 obj <>stream (2015年4月) (2018年3月) 新規のお客さま数8%UP 30,272社 32,868社 営業利益率 8%UP お客さまカバー率5ptUP 78% 79% 数値目標と実績 Ⅰ-8.前中期経営計画のレビュー 成長 安定 連帯 3.6% 4.6% 取り組みへの評価 ローカル化の進展が不十分 �3i�g��Q�'��U���k.`��j��r�0?�R���$|��㲩�����k�f���}�%x�. 京セラの「株主・投資家の皆様へ」のページは、株主情報、決算短信、アニュアルレポート、irニュース、ファイリング情報など、株主・投資家の皆様のための情報を掲載しています。 中期経営計画まとめ6000-6999番台 . ��:"���A�����̈́����F�L���h ��r��J����خD�}W%2�#qr�G�� %PDF-1.6 %���� BPI Century Tokyo Lease & Finance Corporation. @�����-v�����s�� 「統合報告書2020」を発行しました, 2021å¹´3月期 第2四半期 決算発表を実施しました(決算短信)(354KB), (四半期業績推移表(200KB)), カンファレンスコール資料(485KB), 2021å¹´3月期 剰余金の配当(中間配当)の決議に関するお知らせ(101KB), Form SD(紛争鉱物報告書、2018å¹´5月迄), 将来の見通しに関する記述等について, 会計・監査に関する情報受付窓口, 2021å¹´3月期 剰余金の配当(中間配当)の決議に関するお知らせ, カンファレンスコール スピーチ(179KB), カンファレンスコール 質疑応答(199KB). 当社はこの10年間、常にチャレンジする姿勢を貫き、新たな事業領域を切り拓くことで、右肩上がりの成長を実現してきました。2020年4月からスタートした新・第四次中期経営計画(以下、当中計)においても利益目標は業界トップレベルの経常利益1,300億円、親会社株主に帰属する当期純利益(以下、当期純利益)800億円を掲げています。この目標値は4事業分野それぞれがミッションをクリアすることはもとより、役職員一人ひとりが自らの役割・責務を認識し、組織一体となって取組むことで達成できる高い数値目標と考えています。 目標 第4次中期経営計画イメージ 2020年度の重点課題 目標 テーマ 地域・広域の住民・医療機関から頼られる体制づくり 目標 高度な専門医療者とそのチーム医療体制下での包括的医療の実践 効率的医療で高い成果を生む高価値医療の実践 キーワード 「高度な専門性」を「包括的」に。

�řn��y;Z�g�|��3?��w�p�� ��z��;�6_{β�V0֖�U� � ��l�4,6=|�h�d#�]E���\H � ��F딑�ۙu���ˬq��D$���oml�2��&*)����|�v od��ly�/Kg���}ݶ���p���_�����F;r'u_;w�O_2�h���R����6�-Z�“Ȗ�:�U�w���1`��3��N~K��#����T���堄�Guk��q8��J��$�7J��xJ2����_Z��������8���Ɩ�Pieg���!�KQ�qkC�'���Sӂ�+͗�@f�V��dy��e��c�uqS4��j��fv���rO=z~�D�=������{�\Ĭ������ļ���?P�������v�vp���^��.�ݽ 第6次中期経営計画 (2018~2020年度) 証券コード:5411 2018年4月26日 JFEホールディングス株式会社. 6005 三浦工業(2018/6/11) 6025 日本pcサービス(2019/12/12) 6028 テクノプロ(2017/7/31) 6044 三機サービス(2019/7/12) 6060 こころネット(2019/5/31) . 目標 第4次中期経営計画イメージ 2020年度の重点課題 目標 テーマ 地域・広域の住民・医療機関から頼られる体制づくり 目標 高度な専門医療者とそのチーム医療体制下での包括的医療の実践 効率的医療で高い成果を生む高価値医療の実践 キーワード 「高度な専門性」を「包括的」に。 Tokyo Century Leasing (Singapore) Pte. また、SDGsに対応する当社のマテリアリティである「低炭素社会への貢献」、「社会インフラ整備への貢献」等に資する資産ポートフォリオの構築にも注力していきます。リース業が3R(リデュース・リユース・リサイクル)を実践する業態であることも含め、当社が提供している金融・サービスそのものがお客さまの社会活動に貢献しているものと考えています。今後、さらに持続可能な社会への貢献というSDGsの視座が重要になることからも、お客さまに支持される金融・サービスを提供することで、社会に貢献する実直な姿をステークホルダーの皆さまにお見せしたいと考えています。, 上場企業として、株主資本コストを上回るROEの維持・向上は必須と考えております。当社のPBRは同業他社比高い水準を維持し、コンスタントに1倍を超えて推移してきました。これまでのPBRの推移については、過去5期間における平均ROEが12.8%の実績であることも一つの要因であると考えています。今年2月に第三者割当増資を行い、今後の事業成長に必要な資金を調達しましたが、当中計最終年度に当期純利益800億円という目標を設定し、EPSを向上させながら、引き続きROEは12%程度を維持することで、投資家の皆さまのご期待に応えていきます。そのためにも、成長事業への投資において、適切なリスク運営を踏まえたROA向上策への取り組み強化を図ります。金融収益からサービス・事業収益の比率が高まる中で、以前よりもリスクが多様化している状況です。リスク量に応じた収益性を求めていく一方で、リスク量に留意しすぎた運営で事業のダイナミズムが削がれることも避けなければいけません。当社はリスクとリターンのモニタリングを行うために、株主資本コストを加味した収益性について、試行的に事業分野別に算定を行っておりますが、今後とも、中長期的にROAの向上を目指す体制を構築していきます。また、これまで大型のM&Aが続いたため、財務の健全性の点で多少調整しなければいけない局面であり、財務基盤の強化も進めていく必要があります。当中計期間において、「成長事業への投資」、「財務基盤の強化」、「株主資本の再構築」のバランスをとりながら、最適な資本構成を踏まえたバランスシートマネジメントを実施していく考えです。株主還元について、当中計最終年度までに2020年3月末で9.9%の自己資本比率を12%まで引き上げるほか、ROEを12%に維持させることを踏まえると、配当性向30%の方向感は現実的な株主還元の水準と捉えています。2020年度につきましては、コロナ禍による影響で当期純利益が450億円と減益予想の中、年間配当金は前期比同額の136円に据え置き、配当性向は一時的に36.9%まで上昇する見込みですが、株主還元は、長期的かつ安定的に利益還元を行うことを基本とし、成長事業への投資と財務基盤の強化とのバランスを確保しつつ、配当性向の向上を引き続き図っていきます。, 当社グループの資金調達残高(有利子負債)は2020年3月末現在でおよそ4.3兆円となっております。特に第三次中期経営計画(2016年4月~)以降、事業の拡大・多角化やM&Aの実行によって残高が増加するとともに、調達通貨や地域について多様化が進みました。各グループ会社の資金調達については原則として各社がそれぞれの事業やマーケットの特性に応じて独自調達を行っていますが、必要に応じて当社からの親子ローンも活用しています。当社およびグループ全体の資金調達の状況についてはALM委員会に報告するとともに、当面の資金調達方針、金利や為替など市場リスクに対するヘッジ方針などを協議・決定しています。近年の事業拡大やM&A案件に伴い外貨調達の割合も高まっていることもあり、流動性リスクには十分留意した運営を行っています。資金調達においては長期借入金や社債など長期調達を主体としつつ、当社およびグループ会社が金融機関との間でコミットメントライン等を設定し、資金調達環境が悪化した場合の備えも拡充しています。また、資金調達基盤強化のための新たなスキームにも積極的に取組んでいます。近年では時代のニーズや当社グループの状況を踏まえて、グリーンボンド(環境債)やハイブリッド債(劣後特約付無担保社債)を発行いたしました。. �^qȴ�?+3����*���.���(�u�h�C�P�8��iq���Y�4�b��.IQx��H��@�f��W��Q�Z��h77L詎�U�.�2ԡ����Y�1� �v��;f�W�����iM�����/ɡeM�I�b��biq?ľ�-�4;3=�$��hrȓn�@P�� �@�}1A-Zv�eC�꨺�4���_L��9�(��j�M �ַ�`;�jo�y]�)�ӥ�E�mx]&����+⁎����қG^�E��]ɺ4���3\�G���$�B��RQ�q���u� endstream endobj 127 0 obj <>stream j�?e�����?�Lg���B��Ȧ�R��3��c���}˃]z�0��5S���k��U�}��!�4�L��?ҥD����&�u��*���8�Ew;\3t@_S:���d�H��ødN�N�@��//���������`���Q�c��&����}�3'Ӈ���08����-6H�t.=)P�|2�Jð�=��:� ��G���M��@y��Mvܭ�:U��!����|W"�������OC����km��� �l��)��v78��6�n$�����QIVHi(�#�0��F�X�^�r�G��h!W�.�Hh�sQ��^��T�ܡ�x��HAtm�����C�~|�2��k��� �[�E�P^ Bhd. ? All Rights reserved.

Copyright(C)Tokyo Century Corporation.

2017/5/11 2020/10/29.

Ltd. Tokyo Century Capital (Malaysia) Sdn. 第5次中期経営計画のレビュー 2. 2020年4月からスタートした新・第四次中期経営計画(以下、当中計)においても利益目標は業界トップレベルの経常利益1,300億円、親会社株主に帰属する当期純利益(以下、当期純利益)800億円を掲 … 日販グループの中期経営計画(2018年4月~2021年3月)です。中期経営計画「Build NIPPAN group 2.0」のもと、本を起点に広がるあらゆる可能性に挑戦を続けてまいります。 前中期経営計画 (2015~2017年度) 現中期経営計画 (2018~2020年度) 次期中期経営計画 (2021年度~) 事業環境 構造改革 認識と 経営課題 アジア・中東は著しい経済成長を背景に 缶材、箔用などの消費材を中心に全分野で 需要が増加 欧米を中心に、 数値目標の達成に向けては、ACGを中心とした航空機リース事業の成長およびNTTとの資本業務提携による協業の加速が大きな柱になります。航空機リース事業について、足元では新型コロナウイルスによる影響もあり、一定の調整が求められる状況にありますが、必ず回復を果たし、成長曲線を描くものと捉えています。NTTとの提携については、第一弾として、NTTファイナンスのリース・グローバル事業をカーブアウトしたNTT・TCリースの株式50%取得し、当社の持分法適用関連会社としました。加えて、NTTグループとは、デジタル、モビリティ、不動産、環境・エネルギー、グローバルなどの分野において、当社の4事業分野すべてに協業テーマがあるなど、当社がかつて経験したことのないほどの大きなビジネスチャンスと捉えています。全社一丸となって協業推進に取組み、当社のみならずNTTグループの企業価値向上に貢献できる役割を果たしていきたいと考えています。, セグメント資産残高は、当中計最終年度の2023年3月末で5兆円レベルになると想定しています。ACGの連結子会社化により、既にセグメント資産残高は2020年3月末で4.8兆円に達しているため、全体感では収益性や成長性およびリスクとリターンの見合わないビジネスは流動化を行うなど、これまで以上にアセットやリスク量をコントロールし、リターンの向上を追求していくことになります。事業分野で言いますと、国内リース事業分野はROA向上に向け、資産残高を増加することは想定しておりません。一方で、スペシャルティ事業分野はリスク量に配慮しつつ資産残高を増加させる考えです。, 次の10年に向けた強固な事業基盤の確立に向けて、事業ドメインの拡充、パートナーシップ戦略の強化、資産効率重視の事業ポートフォリオ運営の3項目を掲げています。引き続き、パートナー企業との協働による事業基盤を強化する考えですが、航空機を中心とするスペシャルティ事業分野が拡大している状況下、全体のアセットバランスを意識したポートフォリオ運営が必要となります。 * 4 事業再編影響:過年度の売上収益を2018年度の事業ベースに合わせるため、過去の再編事業の売上収益を控除(各事業間の連結相殺額は考慮せず) (再編事業:日立物流、日立キャピタル、日立工機、日立国際電気、日立マクセル、火力事業、空調事業) �g�ۖ��z�� [�\�2o���Q�TJc��-����H���R�Q?`�e�?f 目次 1. |+ʻ�z��q���N=�=ۚoY���Z�;��Ni���N��������~kE���Z�C�e�ɡ�X;ѐ6E���E���7a���o��cG�����[vT�ɾ�D��G*"#I������ㆹ�U����O��.�V%�F��J&��� ��Id����d�8�~��x-}>ԠE�? 通期 決算説明会(2018年4月27日実施) スピーチ(209kb) プレゼンテーション資料(2,009kb) 質疑応答(212kb) 第3四半期 決算カンファレンスコール(2018年2月1日実施) スピーチ(180kb) カンファレンスコール資料(1,050kb) 質疑応答(219kb)