濱家幸太さんは、小学5年生から不登校となり、一時は自分の部屋から出られずトイレにも行けなくなったといいます。しかし、そこから高校・大学と進学し、修士号を取得。小学校5年生からほとんど学校に行っていない彼は、なぜ全日制高校に行くことにしたのでしょうか。 関連,高校で不登校になり、退学して、引きこもりになっている子たちが増えています。高校の不登校生は、義務教育ではないので時間がありません。3カ月程度休むと、留年が決まります。そこから、学校を辞めると社会との関係が断絶して、抜け出せなくなります。 小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。 高校生の不登校は、短期間で解決をしなければいけません。高校の不登校生経験者が大学進学後に不登校になる場合が増加しています。, 。ただし、休み中の宿題を終えていないと、それを理由にして行けないので注意してください。, 高校の不登校生は1年間で約3カ月程度休むと、出席日数が規定日数に足りなくなります。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 高校で不登校になり、学校を退学して、引きこもりになっている子どもたちが増えています。高校の不登校生は、義務教育で無いので時間がありません。3カ月程度休むと、留年が決まってしまいます。そこから、学校を辞めると社会との関係が断絶して、抜け出せなくなります。不登校になる原因、きっかけ、対処法、朝の起こし方、声掛けの方法、解決法をお話します。, 高校生の不登校は、短期間で解決をしなければいけません。高校の不登校生経験者が大学進学後に不登校になる場合が増加しています。高校生の間に、しっかりと不登校の原因を取り除いておく必要があります。解決していきましょう。, 不登校の子たちには、共通する原因があります。私たち不登校教育研究所が発見しました。詳しくは、『学校の先生達も納得した「不登校の真の原因」』でも解説していますので、こちらも参考にしてみて下さい。ここでは、中学生の不登校の子に多い原因やきっかけをいくつかご紹介します。, 高校の不登校生は高校1年生が一番多いです。2年生、3年生と徐々に数は少なくなります。不登校の学年別データをご覧ください。一番下の列が、その学年で初めて不登校になった子の数です。不登校の原因を考える時、私たちは、どうしてもその子ばかりに目が行きがちです。不登校の全体を見ることをしません。下記のような統計データを分析する事で、不登校の原因を見つける事ができるようになります。, (引用:文部科学省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(H26)より作成), 高校1年生が一番多いので、「中学校から高校へ進学して戸惑いがあるから、不登校になったのではないか?」と考える方もいるかもしれません。しかし、そうではありません。中学2年生をピークにして、減少傾向にあります。, ただし、高校の不登校生の場合、通信制高校に在籍している子はカウントされていません。通信制高校の場合、出席日数が関係ないので、純粋に高校生の不登校数は分からないと言われています。高校進学すれば、中学生の不登校は解決しない場合が多いので、注意が必要です。, 不登校の発生は、思春期と密接に関わっていることがわかっています。中学2年生が最も思春期を迎える子が多いです。高校生になってから、思春期がやってくる子も多いです。成長とともに、周りの環境と合わなくなり、学校へ行きづらくなります。特に、不登校になる子は真面目で良い子です。真面目な子ほど、周りに合わせようとします。思春期で自分らしさが出てくる時に、自分らしさを表現せず、周りに合わせます。, 不登校になるきっかけは、様々あります。体調不良や人間関係、トラブル、勉強ができない、ゲームに依存しているなどです。, 子どもが不登校になった時、どの保護者も子どもを叱り、無理にでも学校へ行かせようとします。これは仕方のない事です。まさか、自分の子どもが不登校になるとは思っていません。怠けているだけだと感じるので、そういう初期対応をするのは誰も責められません。, これは、保護者の方は周りの先生やカウンセラーなどから言われると思います。私たちも最初は少しだけ休ませてあげるべきだと思っています。しかし、期限があります。最初の1週間だけです。不登校の子ども達に聞くと、親から「休んでも良いよ。」と言われて、少し安心したと言います。, でも、1週間を過ぎたあたりから、休んだ事によるストレスで精神状態が厳しくなる子がたくさんいます。ですから、休ませるのは1週間で、それ以上、休ませる状態を続けると戻るタイミングを子どもは無くしてしまいます。, 不登校の子どもを学校へ戻すには、いくつかタイミングがあります。このタイミングをしっかりと意識して下さい、そのタイミングに合わせて、学校の先生と相談してみてください。, 不登校の子は、新しい学期になる前は、気持ちが高ぶっています。長い休みを挟むので、行けるような気持になります。ただし、休み中の宿題を終えていないと、それを理由にして行けないので注意してください。新学期が始まる前に、休みの間、学校へ通う練習をすると良いでしょう。, 新しい学年を迎える時は、クラスも変わって、担任の先生も新しくなります。新しい環境になるので、前向きになります。新クラスでは仲の良い友達、話の分かる先生と一緒のクラスにしてもらう必要があります。事前に学校と相談しましょう。, 不登校の子で修学旅行には参加できる子がたくさんいます。学校の合わせる雰囲気がなく、少し自由に行動できる環境があるからです。この修学旅行のグループ分けをしっかりしてあげることで、修学旅行後に学校へ戻れるようになる場合があります。, 年に1回ある文化祭は、準備機関が1ヵ月程度あります。ここで、何かの発表やグループの役割分担を決めてあげます。クラスには戻れないけれども、文化祭の出し物なら参加できる子も多いです。2学期になった時には、学校の先生と文化祭について話し合って、情報交換をして下さい。子どもの得意なことなどを伝えておくと、スムーズに文化祭に参加できるようになります。, 運動が得意な子にとっては、体育祭で自信を持てるようになります。出場する種目のやり取りなどは、一方的に学校側から情報が流れてくるのではなく、担任の先生とコミュニケーションを取るとうまくいきますよ。, 高校で不登校になると、中学生とは違う問題が起きます。1つは、出席日数が存在する事です。もう1つは、高校の種類がいくつかあることです。この2つの大きな問題をクリアする必要があります。高校の不登校の子は、時間がほとんどないため、迅速な決断と行動が必要になります。迷われている方は、なるべく早く専門機関への相談をお勧めします。, 高校の不登校生は1年間で約3カ月程度休むと、出席日数が規定日数に足りなくなります。そうすると、進級できないので、「留年」が決まってしまいます。不登校の保護者の中には、留年間際になれば、子どもが動き出すかもしれないと、逆に待つ人が居ます。しかし、多くの子ども達は動かず留年が決まってしまいます。, 留年が決まると、「退学」か「休学」を選択する事になります。「休学」は来年度、1つ下の学年の子ども達と同じ学年をやり直す事になります。これは、不登校の子にはとても難しいです。「退学」を選択すると、全日制高校の生徒の場合、受験して全日制高校で来年度の4月に高校1年生からやり直すか、通信制高校へ入学するか、昼間定時制高校に入学するかを迫られます。現在、多くの子たちは通信制高校へ入学して、高校卒業資格を取ることが多いようです。, 一方、留年が決まる前に全日制高校へ「転校」する方法もあります。将来の事を考えて、全日制高校にこだわる場合は、留年が決まる前に「転校」しておかなければいけません。留年決定後の全日制高校への転校はできません。, 高校生の不登校の解決にとって、一番難しいのは、思春期の感情の変化と留年が決まるまでの短い時間です。, 不登校を解決する為には、原因を知ることがとても大切です。しかし、原因を知っても子どもが動かなければ、学校へ戻ることはありません。その為には、子どもの心理状態を理解して、子どもの心に合わせた接し方が必要になります。親子の関係が良好になった時に、登校刺激をしていきます。, ステップ1:不登校の原因を知る不登校の原因については、『学校の先生達も納得した「不登校の真の原因」』や『不登校小冊子』を読む事で学んで下さい。詳しい発生過程から、心理的な原因がわかってきます。, ステップ2:不登校の心のケアする不登校の子どもの心理的な状態については『不登校の7つの心理とは?』で詳しく解説しています。そして、『共感の会話法』を利用する事で、子どもの気持ちに寄り添ってあげることができます。そうすれば、親子関係は良好になり、学校へ戻る状態がつくられるのです。, ステップ3:登校刺激家の中では学校へ行けないだけで、普通の精神状態まで子どもが落ち着いたら、次は登校刺激です。多くの場合、最初から教室へ戻る事が難しいです。別室登校・保健室登校からスタートするといいです。『不登校を保健室登校から教室復帰させる3ステップ』で、具体的な対策をお教えしています。, この3つのステップに沿って、対応していくと子どもとの信頼関係をしっかりと保ちながら学校へ戻る道を作ってあげられます。ぜひやってみてください。. All rights reserved. ホーム ピグ アメブロ. とはいえ自分でも、ずっとこのままだと自分はいったいどうなるんだろうという焦りや不安がありましたね。, そして中学3年生の4月、 担任になる人から電話があって、学校に行かないのは病気だとか、育て方が悪かったからだというようなことを言われ、別の中学校に転学するように言われたんです。, 学校に行っていないことで、なぜ生きてる価値がないと言われないといけないのか、本当に自分には価値がないのかと考え、ものすごく悲しかったですね。, ただ、その後転校した学校での先生が非常に熱心な先生だったこと、クラスメイトが全く知らない人たちだったこともあり、その中学校に通うことにしたんです。, 濱家さん:そうなんです。小学校5年生から中学校3年1学期まで全く勉強というものをしていない状態で、中学校3年の授業についていけるかっていったら、まぁついていけないんですよね。, 当時の私の学力は、英語は苦手以前にアルファベットが全部書けなかったです。九九もかなり忘れていたし、自分の名前も漢字で書けませんでしたね。, 担任の先生は少しずつ勉強していこうかって言ってくれたんですけど、当時の私はどうせ間に合わないでしょ、と思っていました。, 濱家さん:入試ですね。私は全日制で高校生活を送りたいという思いがあったんです。だから、「全日制に行くには受験が必要だけど、自分は勉強が全然できないし無理でしょ」と先生に言うと、先生は即答で、「いや、あるよ」って言ったんですよ。 北海道出身。中学時代に約2年間いじめにあい不登校になりかける。高校では放送部に熱中し、その後大学へと進学。上京してはじめて、学校以外の居場所や立場の違う人と接し、コミュニケーションについて考えるように。現在は自分の経験を活かし、子供の悩みや進学に関する悩みについての記事を執筆。. 芸能人ブログ 人気ブログ. Copyright© 不登校ひきこもり、うつ病を経験した女性は恋愛や結婚に不利なのか 【昼夜逆転の原因、改善する方法】不登校ひきこもり経験者の考え 不登校ひきこもり状態の高校生におすすめの過ごしかたベスト3 ご無沙汰しております。 長らく放置してしまいましたこのブログ、再開します!!   ではなくて(笑)、 実は新ブログを立ち上げました。   今回はそのご報告になります。 …, 昨年の今頃は・・・ 息子と、そして家族とで、こんな会話になることがあります。 思い返せば、昨年のこの時期はまだ進路も決まらずにいたんですよね。   今年は無事大学一年を終了し、 …, 今年になってから、環境の変化というか、心境の変化というか、私の中で大きなうねりが来ているのを感じております。 周りから見たら、きっと変わらぬ私なのだと思いますけどね^ – ^ …, 息子は後期の試験中・・・たぶん、頑張っております^^;   さて、寒さが厳しい一週間でした(>_<) 大学は後期のテスト期間中。 さすがの息子もサボることはできないと把握しているようで、自覚 …, 今日は、これから年度末にかけて襲ってくるであろう感情について書こうと思います。 特に、卒業を控えた3年生のお母さんがそうですね。 1、2年生のお子さんのお母さんは、3年になった時に味わう …, 小学校2年~高校3年まで不登校の息子について書いているブログです。 現在は受験を経て大学生になりました。不登校を受け入れ、変化してきた母の心を綴ります。. 2020 All Rights Reserved. 不登校は、誰もがなり得る可能性があります。理由は人それぞれですが、原因を丁寧に把握して対処することが重要です。中学生・高校生の不登校について、原因と対処法を解説します。 それをきっかけに、高校進学しようと勉強をはじめました。, 志望校は私立だったので、受験科目は国・数・英のみ。時間もないし、徐々に勉強の難易度をレベルアップするのではなく過去問をひたすら繰り返して、それで単語や漢字を覚えていきました。平日も休日もとにかく勉強していましたね。, ── ほとんど勉強していなかった状態から、そこまで勉強に取り組むのはとても大変なことだと思うんですけれど、一番のモチベーションはなんだったのですか?, いわゆる高校生みたいに、制服着て、学校行って、クラブ活動してから家に帰って、親と学校の話をしてお風呂入って寝るみたいな、そういう当たり前の生活を、とにかくしてみたかった。なぜなら、したことがないから。そういう思いが強かったです。, 後半は、高校入学後、なぜ公立大学への進学を目指すことになったのかをお聞きしました。, 不登校の進学戦略! アルファベットも書けない僕が公立大学、そして大学院へ進学できた理由, 株式会社クリスク  ライター © Copyright 2020 不登校教育研究所. 【大丈夫!不登校】ブログ~母の日誌 , 小学6年生のころは完全不登校だったちいです。5年生の夏休みあけから、行き渋り…保健室登校…放課後登校を経て完全不登校になりました中学生になりましたが…どうなる… きっと大丈夫…と信じる | ちいママの不登校ブログ. 「小学校の勉強もできないところからだって、高校も大学も行ける。不登校になったら終わりなんて、そんなことはないんですよ」, 自分に対していろいろな言い訳をして、やりたいことをやれない、頑張る気力が沸かないことってありますよね。特に、自分は出来ていないことが他の人は軽々とこなしていると、自分の存在まで嫌になってしまうことも。, 濱家幸太さんは、小学5年生から不登校となり、一時は自分の部屋から出られずトイレにも行けなくなったといいます。, しかし、そこから高校・大学と進学し、修士号を取得。自身の経験を活かして、現在は母校での講演活動や不登校のサポートを行っているそう。, 大きな転機となったのは、全日制高校に進学したことだった。中学校で不登校を経験した人は、定時制や通信制に進学する人も多いもの。小学校5年生からほとんど学校に行っていない彼は、なぜ全日制高校に行くことにしたのでしょうか。, 濱家さん:私はあまり活発なタイプの子供ではなかったんですけど、小学5年制のとき、道徳の授業で「差別を考える」といったテーマで、差別される側の気持ちを体験するための劇を行うことになりました。そこで担任に、「濱家という名前は珍しいから、差別される側にピッタリだ」というような事を言われたんですよ。, それから引きこもりがちになりました。学校に行ってその先生に会うのが嫌になったんです。, でも、1週間、10日って休むと、怒りは当初に比べて減っていくんですけど、今度は休んでた事に対しなにか言われるんじゃないかと不安になって、行くっていう選択肢が無くなってきましたね。, 当時は今みたいにパソコンもそんなに普及していないし、ましてやインターネットなんてなかったので、本当に寝そべって天井を見上げていて、気が付くと5・6時間経っている感じでした。, 濱家さん: 環境が変わったら…っていうのを両親は期待していたみたいなんですけど、公立中学なので小学校が同じ人がいるのが嫌で、中学も行きませんでした。両親と何回もケンカをしましたね。「頼むから出て来いよ」とか、「せめて中学校だけは卒業しないと」みたいなことを言われました。