(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 車のパーツの外し方&交換方法.All Rights Reserved. ムーヴ L150 取付関連2018.12.26 2020.03.07 N-WGNのパーツ, フィリップダウン(天井つり下げモニター) ナビのアンテナ、バックカメラの取付け時に、配線を天井部分に通すことはありませんか?, 今回は、Bピラーを取り外す方法を書きました。 DIY作業時の参考になればと思います。, 車により、ピラーの外し方は多少変わります。 ※ピラーにエアバックがついている車は注意してください。, 助手席足元のパネルの外し方は、こちらの記事で確認できます。 ⇒ 助手席足元のパネルの外し方。, 後席足元のパネルカバーを外した状態。   フロント、リアのパネルを外したら、シートを前に出して、イスを倒します。, Bピラーパネルカバーを取り外していきます。   カバー外すには、後ろ側から外していきます。, このようにパネルを取り外すことができます。   もし、Bピラーパネルの下部のカバーのみを外したい方は、ここで作業終了です。, 内装はがしやマイナスドライバーを使用して、カバーを起こしていきます。   カバーを外すと、ボルトが出てきます。, 緩めるときは、反時計回りに回します。   このようにシートベルトを外すことができます。, ムーヴL150系のパーツの外し方まとめ ⇒ 【ムーヴカスタムL150系】パーツの取り外しや交換方法. レヴォーグのフロントグリルを交換するためには、フロントバンパーを外す必要があります。 まず、ヘッドライト用ウォッシャーのフタ部分を外します。手で引っ張り出して、矢印部分のツメを外すことで、フタ部分が外れます。 スバル レヴォーグの[vm4a]内装分解(20) bピラー下トリムに関するmoleの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! Bピラー内部の詰め物がどの程度の効果を発揮しているか分かりませんので、ロードノイズが気になる方はBピラー下のカバーだけ外して例のポイントだけ対策してみてはいかがでしょう? っていうか、そこだけ施工した時の効果に興味があったりしますw ※bピラー下部にエアバッグのモジュール?ショックセンサー?があるので、バッテリーのマイナス端子を外しておきます。取り外しに結構な力が必要なので、安全のためにやっておいた方が良いかと思います。 さて、前後席のサイドシルカバーを外します。 スバル レヴォーグのAピラーとバイザーの外し方に関するmomo-cocoの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! 室を静音化する意味は?, エーモンがカーオーディオブランド・Aodea(オーディア)を再始動!, バッフルボード(インナーバッフル)とは?, 車のスピーカー交換方法╱純正スピーカー(リベット)の外し方. ピラーデッドニング方法を、実際に施工しながら解説。まずはピラー内張りの外し方から。前回の〈ドア内張りデッドニング編〉と共通する点も多いが、ピラーは内部の隙間がとても狭いため、やり方に独自の注意点もある。 今日はレヴォーグのピラーの外し方をレクチャーします。必要な物は養生テープ、パネル剥がし、ラジオペンチです。さて、早速外していきましょう。 まずはこの位置に養生テープを貼ってスピーカーのカバーを外してください。 車の天井に配線を通す、簡単なやり方。内張りもパネルも外さないので楽ちん。しかも見た目にもキレイ。ここでは「パワーバックドアオープンキット」の取り付け方法として解説しているが、リアからフロントに配線を通すときに、汎用的に役に立つ。 スバル レヴォーグの[vm4a]内装分解(5) フロントピラートリムに関するmoleの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! r34のモデル一覧や違いをr34乗りが徹底解説します! ですが、最初に外したピラーが気になって仕方ない方が多いはず! 焦らない、焦らない。 ピラーから問題のクリップを丁寧に外します。 そしていつも捨ててしまうタイラップの切れッパシの登場! ここまで使えばタイラップも本望です! ムーヴ l150 取付関連 2018.12.26 2020.03.07 n-wgnのパーツ. そして追加でBピラーも吸音施工としました。 次はフロントタイヤハウス付近の防音施工です。 インナーライナーを外して清掃して、適度に制振材を施工します。 そして全面に遮音材を施工します。 次はインナーライナーを外した内側への施工です。 今までハブリングなんか不要だと思っていた、高井優希です。 ナットを順番に、丁寧に締め込んでいけば、自然とセンターが出るようになっているんだから、と。 しかし、ちょっとおしゃれなナットに交換してみたところ、うまくセンターが出ていないのか、走行 ... 今の状況を数値で確認できるモニタ類が大好きな、高井優希です。 具体的には、ブーストや油温、油圧、水温、電圧、排気温度、排気圧など。これらは追加メーターとしても売られているので、後付けでつけている方もいますね。自分も180SXやJZX90/1 ... ドラレコを新調するとドライブへ出掛けたくなる、高井優希です。 妻の車には格安ドラレコをつけましたが、レヴォーグは遠出することが多いことと、自分はそこそこの性能が欲しかったため、ユピテルの高感度・高画質ドラレコを購入してみました。 実は、ユピ ... 何年経っても、ディーラーのおもてなし感に慣れない、高井優希です。 駐車場に入る前から担当が出てきて、店舗に入れば店員全員が立って出迎えてくれ、案内されて飲み物が出てきて。 帰るときも、店舗から出るときは店員全員が立って見送ってくれ、駐車場か ... レヴォーグを新車で購入して2年が経ちました。 念願だったスカイラインをわずか2年で手放すことになったとき、自分への戒め?として「次に買う車は新車」「最低2年はパーツ交換をしないでノーマルのまま乗る」という決め事を自分に課していたのですが、つ ... ドラレコで撮影した映像を後から見てみると、運転中には気付かなかったことを発見してしまう、高井優希です。 その中には、運転中に気付いていなかった他車の動きや側道の様子があったり、ゆっくり楽しめなかった景色などがあったりして、たまに見てみると面 ... レヴォーグに乗っていて、以前からずっと気になっていたのが、マフラーから出る水蒸気がやたら多くてもくもくしているという現象。 実際、これがトラブルなどに関連した問題なのか、レヴォーグではそれが普通なのか、の判断がつかなかったので、ちょうど6か ... レヴォーグが大人気らしいですね。5月の終わり頃に契約したときは、納車は早くてお盆前くらいと言われました。 ちょうどレヴォーグのSTI Sportが発表されたので、本当はSTIがいいな~と思っていましたが、あくまで装備がSTIであって、中身は ... 長野県在住のクルマ好き。過去に180SXを2台、JZX90、JZX100、ER34などを乗り継ぎ、40を過ぎて自身3台目となるNAの180SXを購入。, DIYで作業したものについては、作業手順メモということで、できるだけ作業内容を記録していきます。, [VM4] レヴォーグにZEEPIN TPMS タイヤ空気圧モニターC240をつけてみた!, [VM4] 高感度ドラレコ Yupiteru SN-SV40c をレヴォーグの後方へ, [RPS13] 180SXの運転席側シートをBE FREEのRS-5に交換してみた!, [RPS13] 180SXのホーンをCAPStyleのブルートーンホーンに交換してみた!, [LA610S] タントにBIGPOWERのドラレコMDR-CAM2をつけてみた!, [RPS13] 180SXの5穴化!フロントハブをGT-1ハブキットに交換してみた!. 天井内張りに配線を隠してスッキリ取付け!ETC、アンテナ、ドラレコのDIY作業に。, ワゴンR(MH35S/55S/85S/95S型)のホイールナット締め付けトルクと空気圧【タイヤ交換】, N-BOXカスタム(JF3)のホイールナット締め付けトルクはどれだけ?タイヤ交換時に。. スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. aピラーの外し方からドライブレコーダーの取り付けまで徹底解説 r34=gtrではない! ここ最近、180SXばかり手を入れているので、そろそろレヴォーグも何かしたいな、と思っていたところ、某オークションにて、メーカーは不明(ショップオリジナル?)ですが安価なメッシュグリルを発見!, 以前からフロントグリルを交換したいと思っていたところだったので、思い切って購入してみました。, ちなみに、完全素人の塗装なので、手順が正しい保証はありません。こんな手順で作業しましたよ~、という参考程度でお願いします!, CORAZONやDAMD、ROWENなどの有名メーカー製に比べると、価格は1/5程度。価格相応と言いますか、作りはそれら有名メーカーに比べるとやや簡素な感じです。ただ、強度が必要なパーツではないので、きちんと取り付けられれば問題なし。, 届いた時の梱包状態は、グリルが袋に入れられ、段ボール箱の中に透明のテープで固定。説明書のようなものはなく、簡単な手書きメモっぽい感じの取り付け方法が書かれた紙1枚のみ、ペラッと入っていました。, ネジ穴などは開いておらず、自分で実車に仮合わせし、ドリルなどで開ける必要があります。最初から穴が開いていてもズレていては困るので、自分で開ける方が安心かもしれませんね。, 届いたメッシュグリルは、FRP整形されたそのままの状態なので、未塗装なのはもちろん、ゲルコートもされていません。, FRP整形時の気泡?などもあり、表面がならされていないので、まずはパテなどを使って表面の仕上げを行う必要がありました。, とは言え、そこまで大きな凹凸があるわけではないので、簡単に表面をならせるようなパテを使用してみます。, 耐水サンドペーパーなどで軽くならし、シリコンオフで脱脂したら、チューブから直接グリルの凹凸部分に塗り、添付されているヘラを使って余分なパテを取り除きます。, 水性タイプなので、もし失敗してしまったら、濡らしたタオルなどで拭き取ってやり直し。はみ出たパテや、余分なパテも拭き取ってしまえばいいので、楽ですね。ただし、完全に固まってしまったら拭き取ることはできません。, 全体的に凹凸をならしたところで、1日ほど置いて乾燥させておきましょう。パテがしっかり乾燥したら、耐水サンドペーパーで最初は320番、続いて600番と、凹凸が感じられなくなるまで磨きます。, まずは下地から、ということでプラサフ(下塗り塗料)を吹いていきますが、今回はFRP素材なので、まずFRP用プライマーを吹いておきます。, 続いてプラサフを塗ります。ホルツから出ているプラサフはホワイトとグレーの2色がありますが、車体色に合わせてホワイトの方を購入しました。, プラサフは塗りすぎも良くないので、下地(FRPやパテ)が見えなくなるくらいで十分かな。1~2回くらい吹いておけば大丈夫だと思います。, 普通の塗装と同様、1回塗るごとに乾燥させましょう。目安は夏場で10~15分、冬場で20~30分くらいでしょうか。, 下地が見えなくなる程度に塗装できたら、さらに半日ほど乾燥させ、耐水サンドペーパーの1000番くらいで凹凸が感じられなくなるまで軽く磨きます。, うちのレヴォーグはクリスタルホワイトパール(K1X)なので、下塗りと上塗り、クリアの3工程が必要です。, ですが、アクセントを付けたいこともあって、急遽、グリルは黒で塗装することにしました。ちょうど手元にあった黒の缶スプレーが180SXの純正色スーパーブラック(KH3)だったので、この色で。, だったらプラサフもグレーにしておけば…と思いましたが、下地が白だと塗り残しがわかりやすいので、良しとしましょう(笑), 本塗装も、1回塗るごとに乾燥させます。目安は夏場で5~6分、冬場でも10~15分くらいあれば十分でしょうか。今回は他の作業をしながらだったので、30分間隔くらいで5回ほど。焦らずゆっくり、薄塗りで繰り返します。, 今回はソリッドカラーなので、塗装はこれで終わりなのですが、この上にクリアを吹いておいてもいいかもしれません。自分は1回だけ薄く吹いておきました。, あまり力を入れず、直線方向に磨いていきます。細目は細目用に、極細は極細用に、布やスポンジを使い分けるのを忘れずに。あとは磨きすぎにも注意で。, 超極細での磨きまでが終われば、塗装作業は終了です。どうでしょうか、ピカピカになりましたか?, レヴォーグのフロントグリルを交換するためには、フロントバンパーを外す必要があります。, まず、ヘッドライト用ウォッシャーのフタ部分を外します。手で引っ張り出して、矢印部分のツメを外すことで、フタ部分が外れます。, 続いて、ボンネットを開けて、10mmのボルトで6箇所、プラスチックピンで3箇所留まっているところを外します。下の写真で、黄色い矢印がボルト、緑の矢印がピンです。, これらを外すと、バンパーをサンドイッチしている黒いパーツが外れますので、端へ避けておきましょう。, 次に、タイヤハウスで固定されているプラスチックピンを左右1つずつ外します。下の写真の矢印の部分にありますので、中央部を押し込んで、取り外します。, 次に、下回りに固定されているプラスチックピンを外します。バンパー中央部に3箇所、左右に3箇所ずつあります。, ここまでボルトやピンを外したら、あとはタイヤハウス側から外側に開くように引っ張ると、フェンダーとの間、ヘッドライトとの間のハメコミ(ツメ)が外れ、バンパーを外すことができます。, ただし、フォグランプなどの配線がつながったままなので、そのままそーっと下に置いて、フォグ&ウィンカーの配線コネクターを外しましょう。, ヘッドライトユニットにウィンカーが入っているD型以降のレヴォーグだと、配線が少し違うかもしれません。, 配線コネクターを外せば、バンパーがフリーになりますので、作業しやすい場所に移動させましょう。, バンパーの裏側からビスで固定されていますので、まず黄色い矢印の8本のビスを外し、緑の矢印部分のツメを外していけば、グリルが外れます。, 純正グリルを外したら、一旦メッシュグリルを仮合わせし、ビスを留める位置をマーキングして、ドリルなどで穴空けです。下穴用の2mmを使用しました。, 取り付けたあとの裏側は、こんな感じ。純正グリルよりビスが2本少なくて済みましたが、下の2本は長さが足りなかったため、純正より2mmほど長いビスを使用しています。, メッシュグリルの取り付けが終わったら、バンパーを外したときと逆の手順で取り付けて、作業は完了です。, だいぶイメージが変わりました。すっきりしたというか、精悍な顔立ちになったというか、引き締まった感じというか。, 遠目に見ると、メッシュ部分が黒っぽくなってしまうので、黒く塗装した意味があまりないようにも見えるのが難点かな。でも、この顔つきはひと目で気に入りました。, よくよく見ると、グリルの形が微妙にバンパーに合っていなかったり、若干の隙間があったりしますが、パッと見ではわからないレベル。黒く塗装したことで、より目立たない感じです。, 塗装し終わるまでがハードルに感じるかもしれませんが、塗る範囲が細長いので、ムラになりにくく、タレを起こしにくいです。DIY塗装デビューには最適かもしれませんよ!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 【就活生必見】自動車販売業界の闇を暴露! 就職・転職はオススメし … e39メンテfaq no2473「bピラー化粧パネルのはずし方」。またしてもすいません最近運転席側のbピラーより運転時のみコトコトいうんです。これっていろんな文献みるとやはりシートベルト基部の金具がボディーとあたって・.. Bピラーの外し方!配線を通す時やdiy作業の参考に(move)