nhk金沢の山内泉(やまうちいずみ)アナウンサーをご存じでしょうか!? 2017年にnhk金沢に入社したアナウンサーです。 じつは山内泉さん、かなり可愛いという事で巷では話題になっているようです。 慶 MRO・ラジオかなざわ共同制作番組 金沢マラソン2017〜風になろう(2017年 10月21日 13:00 - 14:00 ) 北陸放送との共同制作番組でラジオこまつ・ラジオななおへもネットされradikoでも同時配信された。なお、エフエム石川との共同制作は実施例がない。 「おはよう石川・リポート」 4月3日(水) 【総合】 前 7:45~ 8:00 <中部地方向け> 「ここはふるさと旅するラジオ~内灘町・金沢医科大学~」 プロレスが大好きなフリーアナウンサー. “じわもん”とは、石川県の方言で「地でとれた物」の意。じわもんラジオは、石川県域のフレッシュな“じわもん情報”を毎週金曜日にお伝えする新しい“生”ラジオ情報番組です。 フリーアナウンサー・タレント -style up your life-(月曜・火曜担当→月曜担当、2014年4月1日 - 2018年9月), Dream Climber 〜夢を追い続けて〜(2011年4月 - 2014年8月). 株式会社ラジオかなざわは、石川県金沢市およびその周辺地域を放送区域として超短波放送(FM放送)を行っている特定地上基幹放送事業者である。北國新聞系列のコミュニティ放送局で[1][2]、同一の愛称でコミュニティ放送を行っている。, サービスエリアは、金沢市と周辺の市町(羽咋市の一部、および富山県高岡市、小矢部市、砺波市、南砺市の一部)。金沢市内でも数少ない高層建物からの送信であるため、小出力ゆえの受信可能エリアの狭さに悩まされるケースが多いコミュニティFMの中では良好に受信できる部類にある。また、金沢ケーブルおよびUSEN[3]、金沢東部環状道路のトンネル区間ではラジオかなざわの再送信を実施している。ただ、金沢ケーブルによる同局の再送信の周波数は78.6MHzであるため加入世帯内やケーブルからの漏洩が起きるところではFMかほく(78.7MHz)と混信が多く発生している(特に内灘町と津幡町)。, また、放送エリアがほぼ重複する野々市市のえふえむ・エヌ・ワンとは対象リスナーの差別化などを行なっているが、競合同然の関係にある。旧野々市町時代には町内のスポーツクラブ「V10野々市」にサテライトスタジオを設置し、『ヴィテンサテライトスクエア』・『サンデー・スタイル・カフェ』などの一部生ワイド番組を放送していた。, 2016年4月1日からは、JCBAインターネットサイマルラジオでも配信を開始し、姉妹局のラジオこまつ、ラジオななお、ラジオたかおかでも同様に配信を開始した[4]。ただし、夜間の音楽番組などは聴くことができない。, 対象とするリスナーは、主に中高年層。地域に密着した情報や演歌、歌謡曲の音楽番組を多く編成。自社制作番組以外の放送時間はミュージックバードから番組配信を受けているが、早朝(平日6時以前、土日7時以前)ならびに夕方以降(平日17時以降、土日18時以降)はコミュニティ放送向けの個別番組がネットされず演歌や青春歌謡の番組が放送される。なお、祝日(2013年9月以降)、ゴールデンウィーク(4月29日から5月5日まで)、お盆(8月11日から8月16日ごろまで)、ならびに年末年始(12月29日ごろから1月4日ごろまで)は自社制作のワイド番組が放送休止となっている(当該期間は平日も休止)。, 同じく北國新聞系列の石川県内にあるラジオこまつ・ラジオななお、富山県高岡市のラジオたかおかの姉妹局を持っている。特に石川県内の2局とはネットワークを組み、番組の相互交換やネットを行っている。2012年10月1日からはラジオたかおかへのネット番組を開始。ラジオたかおかでは平日の昼間と夕方のワイド番組をネットし、さらに2015年7月1日、月~木曜のラジオたかおかでの自社制作ワイド番組打ち切りに伴い、平日昼間のワイド番組のフルネットを実施している。一方、自社制作番組は近年減少傾向にあり、ミュージックバードからの配信番組が多くなりつつある。自社制作番組の比率は、エフエム石川と並び北陸地方では最低水準にある。特に、ワイド番組が休止する祝日や年末年始は自社番組がほとんど放送されない場合が多い(系列局でも同様の傾向にある)。, ラジオかなざわでは日曜日の深夜帯に放送を休止している(1:00 - 5:00)。以前は石川県内のコミュニティ放送局で唯一であったが、えふえむ・エヌ・ワンも2018年から日曜日の深夜帯に放送を休止している。オープニングやクロージングが一切放送されず、定時に突如終了や開始される形態となっている。なお、放送休止時間帯は完全停波とならず、無音状態となっている。また、月曜日から土曜日まで、一部の時間帯において時報を流している。, 一方、ステーションブレイクの時間帯においては、自社が推薦する演歌をCM同等として放送する傾向があり、系列局と比較するとスポットCMが放送される割合が低い。, AMラジオ局・FMラジオ局の欄の網掛の凡例■…JRN/NRN系クロスネット局、■…JFN系コミュニティFMの欄の凡例J…J-WAVE配信局, 出資比率は北國新聞社が12%で金沢市とともに筆頭株主となっている(2019年3月1日時点)。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラジオかなざわ&oldid=80274102, 土曜日は2009年4月から放送を休止したが、2011年4月から放送を再開。2012年4月からは再び土曜の放送を取り止めた。また、2013年9月からは祝日の放送も廃止されている。ラジオたかおかへのネット番組では『北國新聞・, おはよう あさ生ラジオ!(開局から「こまつ」「ななお」との3局ネットになるまでは『おはようかなざわ』), おはようラモーダ(旧金沢ケーブルテレビネットとの共同制作。同局の北國新聞ニュース24を通じて同時放送), ラジオなんでも相談室(『ラジオ法律相談』『ラジオ健康相談』の前身。開局当時から午後に放送されていた月曜から金曜までの帯番組で、翌日早朝に再放送もしていた), 金沢もしもし探検隊(昼番組。リスナーからの電話・FAXのメッセージと金沢市内に出向いたリポーターからの電話リポートを中心とした番組だった), 日曜電リク(開局当時からパーソナリティを替えながら放送されていたリクエスト番組。『サンデー・スタイル・カフェ』の前身).
ラジオに出演した最初の番組は、ラジオかなざわの『v10サテライトスクエア』。2008年にエフエム石川のアナウンサー採用試験を経て、同年4月にパーソナリティとしてデビューを果たす。
・三宅惇子『ニュースチェック11』2016年4月~2017年8月、産休のため ・井田寛子『nhkニュースウォッチ9』2011年度~2016年3月 ・寺川奈津美『nhkニュース7』2011年度~2016年4月 ・弓木春奈『nhkおはよう日本』2011年10月~2014年3月→ラジオへ . 松岡 理恵(まつおか りえ、1980年1月15日 - )は、日本のラジオパーソナリティ。元エフエム石川アナウンサー[1]。石川県金沢市出身。アドバンス社所属。, 石川県立金沢桜丘高等学校[2]、金沢大学経済学部卒業[2][3]を経て、工芸品メーカーに就職[3]。「自分にしかできないことをやりたい」と社長に懇願し退職。その後、アナウンス養成コースのあるモデルエージェンシーアドバンス社に在籍。雑誌のファッションモデルやCM出演、テレビ番組のリポーターなどを務めた[3]。, ラジオに出演した最初の番組は、ラジオかなざわの『V10サテライトスクエア』。2008年にエフエム石川のアナウンサー採用試験を経て、同年4月にパーソナリティとしてデビューを果たす。最初に担当した番組は、当時同局の看板番組であった『Ken Rock Station』で、松岡自身が学生時代に聞いていた番組でもあった[3]。, また、読書が趣味であり、かつて担当していた自身の番組では「ブックソムリエール」として小説やエッセイなどを紹介していた。, 2018年3月にエフエム石川を退社[4]。同年4月には高校時代に学び創作を続けた絵画の個展を金沢市内で開催した[2][4]。2019年にはエフエム石川入社前に在籍していたアドバンス社の所属となっている。, エフエム石川ではアナウンサーの名称を使用しておらず、パーソナリティという名称が使用されている。, https://tabi.chunichi.co.jp/odekake/180404odekake_3.html, https://www.asahi.com/articles/ASL4B5S37L4BPJLB00L.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松岡理恵_(アナウンサー)&oldid=80276386, Sunset Express MOVE - 「Wedding Go Around」(木曜日18時台)を担当, Afternoon Cruise(月曜・火曜担当、2011年4月 - 2013年3月), Ciao!