Camper à G. Cuvier sur les ossemens fossiles de la montagne de St. Pierre, à Maëstricht", https://www.zin.ru/journals/trudyzin/doc/vol_318_2/TZ_318_2_Grigoriev.pdf, Mosasaur fossil found by teen boy on display in Maastricht, https://pdfs.semanticscholar.org/8d29/d2b082a3cc200f1e121d75de7dbd33d36989.pdf, https://www.biodiversitylibrary.org/page/14817187, https://www.biodiversitylibrary.org/page/40608790, Bulletins de l'Académie royale des sciences, des lettres et des beaux-arts de Belgique, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=モササウルス&oldid=80012953. モササウルスの化石は日本でも発見されているけど、その数は約40とまだ少なく、とても貴重。そのひとつを高校生が発見したんだ!この化石のおかげで、体長10メートル以上の国内最大級のモササウルスであることがわかったんだ。... https://kyouryu.net/wp-content/uploads/2019/08/logo2.png. ), van Marum, M. (1790).

大きさ4m…アレ? ティロサウルス.

で、マーストリヒチアンの間に生息し、ヨーロッパ西部と北アメリカに分布した。日本やニュージーランドに生息した可能性もある。属名は「マース川のトカゲ」を意味するが、これは最初の標本がマース川の付近で発見されたことに由来する。, モササウルスはモササウルス科の最後の属の1つで、最大の属の1つでもあった。大半のモササウルス科爬虫類と同様に、モササウルスの四肢はヒレ足へ進化し、前肢のヒレは後肢のヒレよりも大型であった。最大の種は全長17メートルに達したモササウルス・ホフマニ[1]であり、近縁なティロサウルスやハイノサウルスをわずかに上回っている。モササウルスは近縁な他のモササウルス科より頑強でもあり、下顎は頭骨に固く附随していた。体型は上下に深い樽型で、目は顕著に大きく、立体視はあまりできず、嗅球も発達してはいなかった。モササウルスは浅海に生息して魚類・ウミガメ・アンモナイト・小型モササウルス科爬虫類・鳥類・翼竜・首長竜を捕食していたと専門家は考えている[2]。モササウルスは潜水も可能であったが、彼らが深海へ進出した証拠はない。, 化石には傷を負い、治癒した痕跡を持つものが少なくなく、闘争が絶えなかったことを示している[3]。頭骨はワニを思わせる形態で、頑丈で吻は細長く伸び、後方に湾曲した多数の歯を持つ。また、先の丸い砕くのに適した歯を持つものもいた。これらの歯で獲物を捕らえ、砕き、切り刻んでいたとされる[3]。, モササウルスの頭骨は短い円錐形の先端部に向かって細くなり、顎には巨大な円錐形の歯が並んだ。ヒレ状の前肢には5本、後肢には4本の指が存在した。尾は強靭で、サメや魚竜にも似た二股の尾ビレが存在したことが他のモササウルス科の化石から示唆されている。尾の末端が強力な推進力を生みだす際に引きずられないよう、体は硬くなっていたと推測されている。, モササウルスは最初に命名されたモササウルス科の属である[4]。学術的に知られた最初の化石は、1764年にジェーン・バプティスト・ドローウィンが発見して1766年に記載したものであり、オランダのマーストリヒト付近の丘である聖ピーター山の白亜産地から産出した頭骨断片である。ハールレムのテイラーズ博物館初代館長マーティン・ヴァン・マルムは1784年にこの標本を自館に持ち込み、1790年に記載を発表した。彼はこの標本をクジラの一種と考えた[5]。この標本は TM 7424 としてコレクションの一つとされている[6]。, 第二の標本が発見された時期には諸説あり、1770年[7]、1770年ごろ[8]、1780年ごろ[9])とするものがある。いずれにせよ、この頃に第二の部分的な頭骨が発掘されている。これは律修司祭テオドルス・ジョアネス・ゴディングが所有する土地で発見されており、彼は標本を丘の上の斜面に立つ自身のカントリーハウスに展示した。退役したドイツ軍医ヨハン・レオナルド・ホフマン(1710-1782)もまた、同じ断片を収集し、ドイツ人の医者兼博物学者ペトルス・カンパーとともに頭骨を組み立てた。ホフマンはこの動物をワニと推測した。しかし1786年にカンパーはこれに反対し、標本を未知の歯クジラと結論付けた[10]。, マーストリヒトは重要な要塞都市であり、1794年の末にフランス革命軍に占領された。地質学者バルテルミー・フォジャ・ド・サン=フォンは都市陥落2ヶ月後のマーストリヒトで生き延びており、芸術的・科学的に価値ある物をフランスへ輸送していた政治将校 Augustin-Lucie de Frécine (1751–1804) とともに、標本を持ってフランス騎兵と同行した。別荘から要塞へ標本が移動されたことを悟った Frécine は、最初に頭蓋骨の所在を突き止めて持ってきた者に上等のワインを瓶で600本与えることを打診し、すぐに数十人の兵士が頭骨を回収して報酬を受け取った[11]。1974年12月に標本は戦争の戦利品として略奪されてパリへ運ばれ、国の遺産に指定されて新しい国立自然史博物館のコレクションに加えられた。, 1798年にバルテルミー・フォジャ・ド・サン=フォンは Histoire naturelle de la montagne de Saint-Pierre de Maestricht [Tome 1] を発表し、ここに発見の道のりを綴った。彼によると、化石発見の折には通知するようホフマンは採石場の職員に金を支払っており、頭骨が1770年に発見された際に知らせを受けた彼は発掘の指揮を執ったという。後にゴディングが地主としての権利を主張し、法廷に圧力をかけてホフマンに勝訴し、所有権の放棄を彼に迫った。1795年にド・サン=フォンは標本を保護し、ゴディングに過失の補償を約束させた。しかしながら、ドイツ人の歴史学者ペギー・ロンペンはこの物語に一切の証拠がないと指摘しており、実際に他の情報源により実証が不可能である。ゴディングが本来の化石所有者であり、ホフマンは化石を手にしたことがなく、ド・サン=フォンが何かを支払ったこともおそらくなく、軍事力による化石の没収を正当化するためのカバーストーリーであると考えられている[12]。, ド・サン=フォンは標本をワニのものと推測した。1798年にペトルス・カンパーの息子エイドリアン・ギレス・カンパーは、父親の記載論文を読むことで間接的に研究を再開した。彼はまず、これが巨大なオオトカゲ科の化石であるという結論を導き、1799年にジョルジュ・キュヴィエに賛同されるに至った[13]。, 1808年にキュヴィエはカンパーの結論を確定させた。化石は既に、動物種が絶滅へ向かう可能性についてのキュヴィエの最初の推論の一部に組み込まれていた。絶滅のアイデアは進化論の一つである彼の天変地異説に繋がることとなった。これに先立ち、かつて生息した動物に由来すると解釈された大半の化石爬虫類標本は、ワニ・魚類・鯨類・大型陸生哺乳類といった現存する動物と同様の形態として考えられた。しかしマーストリヒトの標本が現存するどの動物とも異なる大型動物であるとするキュヴィエの考えは、彼自身にも奇妙なものであった。彼は当時発展しつつあった比較解剖学における自身の技量を信じ、この考えを妥当とみなした。彼は既に巨大なバクやナマケモノの標本など、現代では絶滅して化石からしか知られていない大型動物を相手にしていた[4]。, 当時標本には学術的な名前は与えられず、マーストリヒト産地の大型動物化石(Grand Animal fossile des Carrières de Maëstricht) と呼称された。1822年にウィリアム・ダニエル・コニベアは、ホロタイプに指定された第二の頭骨 MNHNP AC9648 に基づき、マース川のラテン語表記を用いてモササウルスと命名した。種小名の hoffmanni はギデオン・マンテルが1829年に付け加えたもので、タイプ標本の発見者と推測されるホフマンの名誉を称えたものである。hoffmanni というスペリングは代替となる綴りの hoffmannii よりも使用されているため、国際動物命名規約に基づいて保護されている[14]。, 1854年には、ドイツの生物学者ヘルマン・シュレーゲルがモササウルスが普通の四肢ではなくヒレ足を持っていたと推測した。, 2015年4月18日(土)に、オランダの北ブラバント州 Rijkevoort 村の40歳アマチュア古生物学者ラース・バーテンが、彼の父ジョス・バーテンとともに、マーストリヒトの近くでモササウルス・ホフマニの化石を発見した。この化石はラースと命名され、マーストリヒト自然史博物館に所蔵されている[15]。, モササウルス科は複数の亜科に分かれており、モササウルスはモササウルス亜科に属する。モササウルス亜科はさらに 族に細分でき、モササウルスはクリダステス、リオドン、モアナサウルスとともにモササウルス族に分類される。, 本属が命名されたのが19世紀前半であるため、北アメリカとヨーロッパから産出した数多くの種がモササウルス族に割り当てられている。不完全な標本が多く含まれているものの、ヨーロッパの種は実際にはアメリカの種のシノニムであると多くの研究者は提唱しており、どの種をシノニムとしてどの種を独立種とするかについては見解が割れている。例を挙げると、アメリカから産出した巨大な種モササウルス・マキシマスは大半の研究者がモササウルス・ホフマニのジュニアシノニムとみなしているが、頭骨の特徴により両者を区別できると主張する研究者もいる[16][17]。, 一般的には5種が有効であるとされており、その5種とはモササウルス・ホフマニ(タイプ種)、モササウルス・コノドン、モササウルス・レモニエリ、モササウルス・ベアウゲイ、モササウルス・ミズーリエンシスである[16]。さらに日本から産出したモササウルス・ホベツエンシス とモササウルス・プリスマティクスの2種、ニュージーランドから産出したモササウルス・モコロアの1種も、2016年に Street と Caldwell が発表した太平洋におけるモササウルス亜科の分類学的再検討において有効と認められている[18]。, 以下のモササウルス類と近縁な分類群のクラドグラムは、D.V.
(eds).

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}). Pp. 21位は海生爬虫類のモササウルスです。 海生爬虫類界のスーパースターであるモササウルスが21位というのは個人的には少々意外だったのですが海生爬虫類自体があまりランキング上位にいない事も今回の結果に影響しているような気がします。

(eds.

モササウルス(学名: Mosasaurus )は、絶滅した水生有鱗目のモササウルス科の属。 約7,000 - 6,600万年前にあたる後期白亜紀の頂点捕食者 で、マーストリヒチアンの間に生息し、ヨーロッパ西部と北アメリカに分布した。 日本やニュージーランドに生息した可能性もある。 地球上に人類が誕生するより遥か昔、地球を支配していたのは恐竜などの巨大生物でした。, 恐竜と言えば、最強の肉食恐竜であるティラノサウルスや、巨大な草食恐竜のブラキオサウルスが有名ですが、陸上と同じように海の中でも凶暴な恐竜や巨大生物が存在していました。, ダンクルオステウス(Dunkleosteus) は、古生代デボン紀後期の北アメリカ大陸、及び北アフリカに生息していた原始的な魚類の一種です。, 体長は最大10mに達するとされており、当時の生態系の頂点に立っていたと考えられています。, ダンクルオステウスの頭部及び肩帯付近は甲冑のように硬く重い装甲板で覆われていて、プレート状に発達した強靭な顎を具えていました。その噛む力(咬合力)は5300Nと試算されており、これは現代のホオジロザメの約2倍で、Tレックスと同レベルの歴史上最強クラスの強靭な顎を武器とした、獰猛な捕食者であったと推定されています。, リオプレウロドン (Liopleurodon) は、中生代ジュラ紀中期からジュラ紀後期(1億6000万~1億5500万年前)のヨーロッパに生息していた首長竜で、当時の海域における頂点捕食者の一種でした。, リオプレウロドンの全長は、約7メートルから10メートル程とされていますが、発見された個体数が極めて少ない為、その全長については現在でも議論が続いております。, 頭部は大きく重厚で、鋭い歯が並ぶ頑丈な顎と強力な咬筋を持っていたと考えられています。また、胴体の可動性が乏しく尾に鰭は持たないものの、4つの櫂のような鰭脚によって、かなりの加速力を発揮する力強い泳ぎをしていたと考えられています。, 同時代の同じ海域に住む動物の中では最大の種類ではありませんでしたが、攻撃性の高さや強靭な顎、優れた視力と嗅覚を持つ事から食物連鎖の頂点にいたと考えられている肉食恐竜です。, プリオサウルス (Pliosaurus)は、ジュラ紀後期(1億4700万年頃)にヨーロッパや南米に生息していた首長竜の一種です。, 「プレデターX(Predator X)」とも呼ばれていたその中の一種は、全長10~15m、体重45t、歯の長さは30cmと推定され、噛む力は4~5トンと陸上最強のティラノサウルスに匹敵するレベルで、どんな生物にでも一噛みで致命的なダメージを与えることができたと考えられています。, エラスモサウルス(Elasmosaurus)は、中生代白亜紀後期(7000万~6500万年前)の北アメリカに生息していた「リボンのトカゲ」を意味する首長竜です。, 首の長さは8メートルと首長竜の中でも極めて長く、体長は約14メートル、体重25トンと推定されています。首を真っ直ぐに伸ばして泳ぎ、長い首を生かして魚類やイカ、時として翼竜などを捕食していたことが分かっています。, 北アメリカの他、ロシア、日本などでも発掘されており、主に北方のやや冷涼な海に生息していたと考えられています。, ショニサウルス(Shonisaurus)は、三畳紀後期(2億1,500万年前)に生息していた水棲爬虫類で、その名前は「ショショーニ山脈のトカゲ」を意味しています。, ショニサウルスは胴体部分が丸々として太く、腹部には4本の大きなヒレを持っており、細長い口と大きな目が特徴的な種で、非常に発達した長い顎を持っていましたが、その顎には貧弱な歯が顎の先にしか生えていませんでした。, クロノサウルス (Kronosaurus) は中生代白亜紀前期にオーストラリアなどで生息していた首長竜(海棲爬虫類)の一種です。, 巨大な顎をもつこの生物の名前は、「自分の子供達を次々と丸呑みして腹中に封じてしまう」という逸話を持つギリシャ神話の神「クロノス」を由来としています。, 首長竜には、「首が長く頭が小さいグループ」と「首が短く頭が大きいグループ」があり、クロノサウルスは後者における最大級のもので、全長9-12メートルで、体重11トン、頭骨だけで3メートル近くもあり、2t~3tとも言われる非常に強力な咬合力を持っています。, 胃の内容物の痕跡から大型の魚や大型の無脊椎動物など何でも捕食する凶暴な頂点捕食者だったとされています。, リヴァイアサン・メルビレイ(Livyatan melvillei)は、中新世中期(1200-1300万年前)の南米などに生息していた古代のクジラです。, 学名は旧約聖書の怪物「リヴァイアサン」からなり、全長は推定13.5から17.5mで、現生種と比べ顎が頑丈で、歯の長さは36cmと捕食に用いるものとしては最大のサイズです。, 主に、他のクジラやイルカ・サメ・ウミガメ・アザラシ・海鳥などを捕食しており、メガロドンと共にこの時代の頂点捕食者だったと考えられています。, メガロドン(Carcharocles megalodon)は、新生代中期(約1,800万年前から約150万年前)にかけての、海が比較的暖かった時代に生息していたサメの一種です。, 魚類としては史上最強とされる古代のサメで、全長は最大個体の推定値で約13メートルから20メートルで、現代のジンベイザメと同等以上の巨体と、ホオジロザメ(3-7cm程度)の数倍の大きさの歯を持ち、その咬合力は推定約20tと、ティラノサウルス(3t)やサルコスクス(8t)を大きく上回ります。, クジラなどの大型の海洋生物を獲物としていましたが、約600万-約200万年前に海水温の低下と、クジラが寒冷な海域に逃げ込んだことから、その生態的地位が存在しえなくなったため絶滅に追い込まれたと考えられています。, メガロドンについては下記で更に詳しくまとめています。 【メガロドン】史上最強の古代ザメまとめ(大きさ、絶滅理由、目撃事例ほか), ティロサウルス (Tylosaurus)は中生代白亜紀後期(8,500万年前 - 7,800万年前)に北アメリカなどに生息していた肉食の海生爬虫類です。, 最大で頭骨長約1.8メートル、体長約15メートルに達したと推定され、モササウルスと共に最大級の海洋爬虫類とされています。, 長い顎には、口蓋骨にまで多数の歯が並んでおり、非常に獰猛で攻撃性の高い恐竜で、体内にあった獲物の化石からヘスペロルニス、魚、サメ、小型のモササウルス類やプレシオサウルス類などをほとんど噛み砕かずに丸呑みしていたことが分かっています。, 海の殺し屋として世界の広い範囲に分布していたティロサウルスですが、その繁栄は短く恐竜大量絶滅期の前には姿を消していました。, モササウルス(Mosasaurus)は中生代白亜紀後期(約7,900万 - 約6,500万年前)にヨーロッパや北アメリカ大陸などに生息していた肉食海棲爬虫類です。, 体長は約12.5 - 18メートル、体重約30トンで、胴体は細身の樽型、頭骨はワニを思わせる頑丈な形態で、後方に湾曲した多数の歯を持っていました。, 魚介類からプレシオサウルスやホオジロザメなどまで、あらゆる獲物を丸呑みにしてしまう最強の頂点捕食者でした。, 化石には傷を負い、治癒した痕跡を持つものが少なくなく、当時の海域では同種による縄張り争いなど激しい闘争を繰り広げていたと考えられています。, モササウルスについては下記で更に詳しくまとめています。 史上最強の海中生物モササウルスの生態(大きさ・特徴・絶滅理由他), もしも今回ご紹介したような古代の怪物が今も海に生息していたとしたら、航海の危険性が何倍も大きくなっていたかもしれません。, しかし、水族館など安全な場所で見ることができるのであれば巨大なその姿を一目見てみたいですよね^^.

"Beschrijving der beenderen van den kop van eenen visch, gevonden in den St Pietersberg bij Maastricht, en geplaatst in Teylers Museum".

大型のサメを捕食していた. In: Touret, J.L.R. 今回はモササウルスの体長や体重などの大きさと、学名の意味や特徴について詳しく解説してくね!, モササウルスの大きさは個体差があって、体長は13〜18メートル、体重は20〜40トンくらいだったと言われているんだ!, 学名の意味は「マース川のトカゲ」。フランス北東部からオランダへ流れるマース川の近くで発見されたことに由来しているんだよ。, 同じモササウルス科で巨大な体を持つティロサウルスよりも少し大きかったと考えられているよ。, モササウルスの体長は個体差があるようで、小さいものだと13メートル前後、大きいものだと18メートル近くあったみたいだよ。, とっても巨大な生き物だということが分かるけど、実は現代に生息するシロナガスクジラの方が巨大なんだよ!, シロナガスクジラは体長30メートル前後、体重150トン以上とまさに桁違い!とはいえシロナガスクジラはプランクトンを食べる生き物。, モササウルスはサメなどを食べる肉食の生き物、獰猛さを考えるとモササウルスの方が危険だっただろうね。, モササウルスはよく耳にする名前だけど、実はモササウルスの中でもさらに名前分けがされているんだよ。, 最初のモササウルスの標本がフランス北東部からオランダへ流れるマース川の近くで発見さ れたからこう名付けられたんだよ。, モササウルスに関してはティラノサウルスと違って複数あり、一般的に「ホフマニ」「コノドン」「レモニエリ」「ベアウゲイ」「ミズーリエンシス」が有効とされているよ。, 陸上で恐竜に襲われていたトカゲが海へと逃げて、何万年もかけて進化していったんだね。, なぜこのように繁栄できたかというと、モササウルスが胎生であったことがとても重要な鍵になっているよ。, 特に、モササウルスは人間と同じように胎盤という赤ちゃんに栄養を送る器官も持っていた為、赤ちゃんはお腹のなかで2メートル近くまで大きくなることができたんだ。, 例えばアンモナイトの死角から近づいて、空気の入った殻に噛みつき溺れさせてから食べていたと言われているんだ。, モササウルスは2019年にNHKで放送された「恐竜超世界」の第2集で特集されたんだ。, 映画に匹敵するほどの美しいCGで生態や繁殖について詳しく、且つ楽しく見ることができるよ。. ティロサウルス (Tylosaurus)は中生代白亜紀後期(8,500万年前 - 7,800万年前)に北アメリカなどに生息していた肉食の海生爬虫類です。 最大で頭骨長約1.8メートル、体長約15メートルに達したと推定され、モササウルスと共に最大級の海洋爬虫類とされています。

Mulder, E.W.A. ことがわかっています。 モササウルスとともに最も有名な. モササウルス類の中にはモササウルス亜科があり、さらにその中にモササウルス属が含まれていま …

モササウルスとの決定的な違いは歯の有無. ティロサウルスは有名なモササウルスと同じ科に属する最大級の海生爬虫類で生態系のトップに君臨した生物のひとつと言われています。 おそらく卵生ではなく卵胎生であったとされている為、サメなどと同じようにお腹の中で孵化してから生まれてきていたと考えられています。 特に大きな生物が天井近くに展示されていますが、右側はティロサウルス、白亜紀後期(8300万年前)の爬虫類でモササウルス類の一種です。左側はバシロサウルスで3800万年ほど前の哺乳類なんですよ。年代も種類も違いますが、とてもよく似ていますよね。
ティロサウルス (Tylosaurus)は中生代白亜紀後期(8,500万年前 - 7,800万年前)に北アメリカなどに生息していた肉食の海生爬虫類です。 最大で頭骨長約1.8メートル、体長約15メートルに達したと推定され、モササウルスと共に最大級の海洋爬虫類とされています。

同じモササウルス科で巨大な体を持つティロサウルスよりも少し大きかったと考えられているよ。 モササウルスの詳しい大きさは?シロナガスクジラと比較! モササウルスの体長は個体差があるようで、小さいものだと13メートル前後、 大きいもの