tongari-tent.blue/ since 2016. ・Jackery 700. ソーラー充電対応製品なら、ソーラーパネルと接続して太陽光で充電できるので、電気の無い状況が長引く時にも安心です。 ポータブル電源の注目したい機能・性能.

今回、徹底比較に選んだポータブル電源をご紹介します。 まず、販売しては速攻で売り切れる「gpシリーズ」の【gp1000】【gp1200】【gp1500】の中から、もっとも売れている【gp1500】をラインナップ!

Copyright © 2018-2020 シムスバ All Rights Reserved.

災害時、アウトドアに大活躍の「ポータブル電源」。様々なメーカーの製品が様々な価格で発売されていますが、自分にピッタリあった製品を選ぶのは大変ですね。ポータブル電源を比較する際に、その商品その価格でどのぐらい寿命があるのか、何回ぐらい利用でき

2020年9月14日【おすすめ8機種を比較】大容量ポータブル電源の各項目をチェックしながらわかりやすく比較 アウトドアや車中泊グッズのレビュー、ポータブル電源など「生きるためのアウトドア」を探求しているブログです, このページは、私が実際に使っているポータブル電源のレビューやおすすめのポータブル電源を紹介しているポータブル電源の比較サイトです。, 車中泊、キャンプ、災害対策で需要が高まっている大容量ポータブル電源。昔に比べると、高規格のものがお手頃な値段で、だれでも手に入れられるようになりましたね。, ポータブル電源の需要が伸びているのは、停電時や屋外(キャンプや車中泊)で電気製品を使いたいと考える方が増えているため。, 様々な角度からポータブル電源を比較していきます。このブログの記事が、ポータブル電源選びに悩んでいるあなたの役に立てたら幸いです。, この4種類のポータブル電源を詳しく比較した記事「【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊に電源が欲しい!2019年おすすめはAnker?」もぜひご覧になって下さい♪, 主要なポータブル電源を価格別にわけました。商品名の横に【価格と容量】を記述しましたので価格帯の中で必要な容量のものを選んで下さい。リンクをクリックするとAmazonへ移動します。, ポータブル電源にはグレード(だいたい4段階)があります。ポータブル電源に考えている予算から選べるグレードを決めて、その中で用途にぴったりなものを選ぶと失敗が少ないです。価格と容量はほぼ比例していますので、あとは出力数(ワット)、付属の機能の違いや見た目、重量で選んでいきます。, 予算1万円くらいで考えている方向けのグレードです。価格の幅は10,000円〜19,800円。, この価格帯のポータブル電源は、ACコンセントからの出力が「矩形波」になります。簡単にいうと、使用できる家電と使用できない家電があります。「スマホの充電にしか使わない」など割り切った使い方に適しています。ちなみに家庭のコンセントは「正弦波」です。, 容量150Whだと、iphone11(3,110mAh)が13回以上充電できます。, 予算2万円〜3万円くらいで考えている方向けのグレードです。価格の幅は19,800円〜39,800円。, 手頃な価格で、スマホの充電や扇風機、電気毛布などに使えるのであまり予算をかけたくない方はこの価格帯から選ぶといいと思います。, 大雨や地震で停電することが増えています。スマホだけでも充電できる状態にしておかないと、情報も入ってきませんし、自分の状況を人に伝えることが出来ません。, 「災害時にどのポータブル電源を選べば失敗しないか知りたい!」という方のために、停電時に役に立つであろうポータブル電源を3つ選びました。選考基準は以下の通りです。金額的には5万円〜7万円くらいのものが良いと思います。, ポータブル電源の選び方としては、「安全である」かつ「大容量である」のふたつが重要。そのふたつの要素を兼ね備えているのが、スマートタップ社の大容量ポータブル電源【PowerArQ】。, また、使用する家電によってはW数(出力電力)も重要。このパワーアークは、W数もwh(容量)も最高レベル。, さらにレビュー数がアマゾン・楽天に1,000件以上あるので、起こりうる不具合やデメリットは出揃っています。初期不良や故障もほとんどないですね。もし何か起きてもカスタマーサービスを日本人のオペレーターが行なってくれるので安心(*^-^*)。, アメリカではホンダと共同開発する実績もあるジャクリ社の大容量ポータブル電源です。保障期間も2年と業界の中でも長いのが自信の現れでしょう。, また、使用する家電によってはW数(出力電力)も重要。この「Jackery ポータブル電源 700」は、W数もwh(容量)も最高レベル。, もし何か起きてもカスタマーサービスを日本人のオペレーターが行なってくれるので安心(*^-^*)。, 最大出力が600Wで最高レベル。パワーアークに負けているのはwh(容量)のみ。パワーアークより手に入れやすい価格なので容量を気にしない方にはおすすめ。, さらにレビュー数がアマゾン・楽天に1,000件近くあるので、起こりうる不具合やデメリットは想定できます。レビューを確認する限り、大きな問題はなさそうですね。, いままでに書いてきたポータブル電源のレビュー記事です。気になるポータブル電源がありましたらご覧になって下さい。スペック表もありますので参考になれば。. さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 「1000wh以上」のポータブル電源比較ラインナップ. 最大23.5%と高効率なソーラーパネルで、大容量ポータブル電源にもチャージ可能な電力を生み出します。 Quick Charge(QC)対応のものも含め3つのUSBポートを搭載しているので、何人かでキャンプしていても充電の取り合いになりません。 アイパー(Aiper) ポータブル電源 45000mAh/162Wh 【3way充電/AC DC USB/急速充電QC3.0/Type-C/シガーソケット6Way出力/LEDライト/Smart-IC &保護回路搭載】家庭用・非常用電源 18ヶ月保証, 【全品20%オフ! Hypowellが楽天市場にオープンしたのを記念してセールを行っています】. 貴方の目的に合うピッタリの「ポータブル電源」をスムーズに選べるよう情報を発信しますので、お役に立てれば幸いです。

いざという停電の時、またキャンプ・アウトドアで大活躍する「ポータブル電源」をご紹介します。 【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊に電源が欲しい!2019年おすすめはAnker? 今回、徹底比較に選んだポータブル電源をご紹介します。 まず、販売しては速攻で売り切れる「gpシリーズ」の【gp1000】【gp1200】【gp1500】の中から、もっとも売れている【gp1500】をラインナップ!

ポータブル電源の進化に合わせて、ブログも進化して読みやすくわかりやすくなればと日々精進中「気になること」何でも聞いてください^^, キャンプなどのアウトドアや、車中泊、災害時の停電対策としてポータブル電源の需要が高まってきました。このサイトではそんなポータブル電源を詳しく紹介していきます。, 所有しているポータブル電源 「ポータブル電源」を購入するなら、ソーラーパネルとの併用がお薦めです。長時間停電になった際にポータブル電源だけしかない場合は、停電になるまでに充電しておいた電気しか利用できません。, ソーラーパネルを用意しておけば、ソーラーパネルで充電しながら電気を使う事も可能なのです。但し電気を使用しながらの充電ができないタイプもありますので、購入時にしっかりチェックしましょう。震災時には何日も電気が復旧できない事もありえます。スマートフォンとパソコンだけでも充電できればどれほど便利か分かりませんね。パソコンとスマートフォンが使えれば、お仕事も出来るという方も多いのではないでしょうか。, 「ソーラーパネル」って晴れている日しか充電できないのでは?!と思っていませんか?そんなことはありません。実は曇りの日も充電できるのです。, ソーラーパネルを選ぶときは、自分のポータブル電源に対応するソーラーパネルを選びます。ポータブル電源と同じメーカーが安心ですが、同じメーカーでも出力数が合わないと事故の原因にもなりますので気をつけましょう。, 使い方は簡単です。ポータブル電源に繋がっている端子と、ソーラーパネルに繋がっている端子を繋げるだけなので、電気の事が分からない方でも簡単に利用できます。, ソーラーパネルを日光に当てると充電が始まります。晴れの日の発電が80%ぐらいとすると、曇りの日でも20~30%程充電します。数値は製品やお天気、環境に寄りますのであくまでも目安と考えて下さい。, ソーラーパネルは大きいので、アウトドアなど外へ持ち運んで利用する場合は、折り畳み式やバッグ型に収納できるタイプがお薦めです。, ソーラーパネルでの出力は、晴天時の最高の条件でも最大出力の約70%が限界で、出力数値まで出る事はありません。また高出力を出そうと、高出力のソーラーパネルを用意しても、ポータブル電源の容量が小さいなど、相性の悪い組み合わせで使用した場合、最悪出火の原因にもつながります。, 購入時は同じメーカーの対応機種を選んだり、対応条件を良く読んで購入されることをお薦めします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 「ポータブル電源」は、はじめて聞くメーカーも多く新しい製品も次々発売されていて、何が違うのか分かりにくいですね。

・suaoki G100 トヨタハイエースで全国を旅する、通称「VANLIFE(バンライフ)」をしながら、車中泊とキャンプを楽しむゆうです。, 私たち自身も、【EFDELTAイーエフデルタ】を購入しましたが、買うまでにとても欲しかったポータブル電源があります。, また初めてポータブル電源の記事を読まれる方は「ポータブル電源の用語辞典」と一緒に読むと解りやすくなっております。, まず、販売しては速攻で売り切れる「GPシリーズ」の【GP1000】【GP1200】【GP1500】の中から、もっとも売れている【GP1500】をラインナップ!, ポータブルバッテリーのメーカーでもっとも有名な「suaokiスアオキ」の【G1000】と【G1200】から、性能が上の【G1000】をラインナップ。, 「EcoFlow」から、2020年にもっとも注目されているポータブル電源【EFDELTA(イーエフデルタ)】をラインナップ。, 世界で「40万台販売」の実績があるメーカー「Jackeryジャクリ」から、【Jackery1000】をラインナップ。, 現在、「Makuake」でクラウドファンディング中の「Allpowers」の【Monster X】がラインナップ!, 「EFDELTA用キャリングバック」はポータブルバッテリー本体を汚れやほこりから守ってくれる素晴らしいものになっています。, 理由は、同メーカーの「専用のソーラーパネル」の方に配線がセットされているので本体には付属されていません。, つまり、他社の「ソーラーパネル」との接続の際には別途配線を購入しないといけません。, ほとんどがアルミニウム素材ですが、【EFDELTA】は宇宙開発に使用される「アルミニウム合金」を使っているのでワンランク上の素材です。, 【Monster X】も同様に進化した素材を採用しているので、2020年は本体の素材まで追求してもいいかもしれません!, 【Jackery1000】は、ポリカーボネート樹脂とABS(エービーエスアロイ)防火材料を使用しており、耐久性と放熱性に優れています。, また、Amazon・楽天・yahooショッピングのどこで購入するかによって保証期間が変わることもありますので注意が必要です。, 【EFDELTA】と【Monster X】と【Jackery1000】は安定の「24ヶ月」保証です。, 購入後、商品レビューやストアのレビューをすることで保証の対象となりますので注意ください!, 保証内容は「正常な使用をしていたにも関わらず、故障が発生した場合に無償交換を約束するものです。」とあります。, ポータブル電源を選ぶ際に、最も大事なところが、バッテリーの「容量」や「仕様」です。, まずは、電気をどれぐらい貯めておけるのかの数値「Wh(ワットアワー)」を比較していきます。(Whとは1Wの電力を1時間消費した場合を1Whと言います。), その中でも【GP1500】 と【Monster X】の「1700Wh」は現状、すべてのポータブル電源の中でもトップクラスです!, さて、ポータブル電源の用途としては主に、スマホの充電、ランタンの充電、PCの充電、さらには電化製品の充電が主な用途になります。, 「電子レンジ」「IHクッキングヒーター」「ドライヤー」に関しては別の表にしました。, ・放電深度(DOD)の影響を加え計算しています・計算方法に関しては「ポータブル電源の用語辞典」を参照・すべて実際に行った実験データに基づいております・数字が書かれていないところは、出力が足りず「使用不可」になります。, ポータブルバッテリーは、電池の寿命を守るために電池のすべてを使用しないなっております。, 「約10%」が放電深度なので本当の容量は、実際の記載の「×0.9」が正しい電池容量になります。, それを「充放電回数」と呼ぶのですが、ポータブル電源を選ぶ上でかなり大事な要素です。, パススルーに関しては、実際ほとんどのポータブル電源で可能ですが、バッテリーに負担がかかるためメーカーは推奨しておりません。すべてパススルー対応ですが、寿命が短くなることを承知の上で使用してください。, 【GP1500】と【G1000】の他に、【GP1200】も「LifePO4 リン酸鉄リチウムイオン」という最新電池を採用しており、, 一見、「800回」しか充放電できない【EFDELTA】ですが、よく考えてみてください。, 保証は1~2年間なので、それ以降、壊れてしまったら修理代がかるよ・・・と考えると、, その他の容量が「1000Wh」以上あるポータブル電源の情報もまとめておきました。(出力順), 次はポータブル電源に、コンセントやUSBに差し込んだ時、どんな電気が?どれぐらい流れてくるのか?を解説していきます!, AC出力とは簡単に言うと、「コンセント」を差し込んだ時に流れてくいる電力のことをいいます。, 電圧・周波数・波形に関しては、分からない場合は、下記をクリックすると解説が出てきます!, 理由に、海外で販売しているものが多いので、日本の100Vの仕様に合わせないで販売しているメーカーが多いからです。, 110Vや120Vの電圧だと、電化製品の故障の原因にもなりかねますので、100Vのポータブル電源を選ぶことがおすすめです。, 日本では、周波数が違う「50Hz」の電気と「60Hz」の電気があり、周波数が違う電気を使うことで、使えなくなってしまったり、故障してしまったりする電気製品があります。, ポータブル電源から出力できる交流には、大きく分けて正弦波と修正正弦波(矩形波)の2種類があります。, 正弦波のポータブルバッテリーにコンセントで電化製品を使っても、家庭のコンセントと同じ電気が流れてくるので「動作がしない」「電化製品が故障する」ことはありません。, しかし、修正弦波であると「動作をしない」「故障してしまう」電化製品などがあります。, 使えない電化製品などの情報は「ポータブルバッテリー の用語辞典」に掲載しております。, 「定格出力」とは、「記載してあるW数」までの電化製品の使用が可能という数値になります。, 【G1000】は「定格出力」が「1000W」なので、出力が「1000W」を超える「電子レンジの600W」や「IHの高火力」「1200Wのドライヤー」は使用できません。, 【Jackery1000】は定格出力が「1000W」にも関わらず、使用できることが判明しています!すごいですよね!, その他は「定格1500W以上」なので、すべての電化製品か使用可能ということがここで分かります!, ドライヤーやIHクッキングヒーターを使いたい方は、【GP1500】【EFDELTA】【Monster X】がおすすめです!, 近年はスマホやダブレット、ノートPCなどの充電が重要視され、「USB出力性能」はポータブル電源を選ぶ上で、かなり重要になってきました。, ・QCとは「Qualcomm(クアルコム)」の略で、高速充電が可能でっせということです・PDとは「Power Derivery」の略で高速で充電が可能な新しい規格です。数値が大きいほど充電速度が早くなります。・詳細は「ポータブル電源の用語辞典」まで, 解説すると、この中で「USB出力」が一番優秀なのは【EFDELTA】と【Monster X】です。, 「USB-A高速」は、「QC3.0規格」よりも「28W」の出力の方が高速充電可能です。, さらに、「USB-C」は現在の最高出力の「PD60W」がなんと「2口」もあります!, 家族で複数人でポータブルバッテリーを使う場合、「スマホ」「タブレット」「ノートPC」を充電するポート数は、いくつあっても足りません。, シガーソケット出力があると、車中泊やアウトドア、防災時にご飯が炊けたり冷蔵庫が使えるので助かりますよ!, 本記事では比較していない「1000Wh以上のポータブルバッテリー」も一覧でまとめました。, 2020年になり、【EFDELTA】のように定格出力が「1500W」を超えるポータブル電源が発売されてきました。, 私の予想では、「定格1500W」ぐらい、つまり【GP1500】が2020年の「スタンダード」になると思っています。, 当ブログの評価基準も【GP1500】を「スタンダード」として考えていくほうが、読者の皆様のためにもなると思っております!, 次は、ポータブル電源が、「AC充電」「シガーソケット充電」「ソーラーパネル充電」に対応しているのか?, ここは結構、面白いところで、実はすべてのポータブル電源の「90%以上」は「アダプター」が採用されています。, しかし、【G1000】【EFDELTA】【Monster X】は「アダプター」がありません!, 表をみていただくと、【EFDELTA】の充電時間が「1.6時間」と恐ろしく早いのがわかります。, 実際の充電時も「653W」の速さで充電されているのがわかります。(実際900W超える時もありました), 独自開発した「X-Stream充電テクノロジー」(特許申請中)を採用した世界初の製品で、従来の充電方式は、交流電源(AC)から直流電源(DC)に変換するための「重たいアダプター」がケーブルに付き、充電も長時間掛かりました。, EFDELTAは、X-Stream充電テクノロジーを使用することで、アダプターの無いケーブルを通して交流電源(AC)を高効率で直接充電させる技術を採用しております。, 【GP1500】はとんでもなく、高性能なポータブル電源なのですが、充電時間に関して言えば【EFDELTA】と【Monster X】は遥かに先を行っています。, また、すべてのポータブル電源で、シガーソケットで充電するケーブルはセットで付属しておりますので初めて購入される方にも優しいです。, 流石に「1000Wh」以上のポータブル電源です。すべてシガーソケット充電が可能です。, あまりに数値が大きすぎて車は大丈夫なのか?と心配しておりましたが、数時間走っても全く問題なしでした!!, ソーラー充電は、どこでも充電できることやエコの観点からも、注目を集めています。また、ソーラーパネルがあれば、電気代も削減でき、お財布にもやさしく、外出先でも電力を発電することができますよね!, MTTP方式とは、ソーラーパネルで生み出された電力がほとんど衰えることなく充電される方式のことをいいます!曇りの日でもある程度充電できるのが特徴です。, 【Jackery1000】以外は、初めからソーラーパネルとの接続ケーブルがセットされていますので、初めてポータブルバッテリーを購入する方も安心できます。, ここでも【EFDELTA】が「400W」までのソーラーパネルを接続できるので、晴れた日には電気がなくならないほど充電できることでしょう!, まず【GP1500】ですが、充電残量の「%」の表記が欲しいところです。理由は「1700Wh」もの大容量なのに「5メモリ」の残量表記ではわかりにくいです。, そして、大変申し訳ないのですが、【G1000】のディスプレイがあまりにもひどいです。, もちろん、残りの充電時間の表記もありませんので、正直、すべてのポータブル電源を含めても最低レベルのディスプレイです。, その点、【EFDELTA】と【Monster X】は、残りの充電時間を表記してくれます。, 比較しているポータブル電源は、世界の様々な国で販売されており、その国の法律に基づいて「安全基準」をクリアしています。, ただ、せっかくですので、言葉は覚えなくていいのですが、「安全基準の認定を取得」「安全のための機能がある」ということをご紹介します。, BMSとはバッテリーの内部の電圧調整や保護を自動で行う機能で、あると安全なポータブル電源と言えます!, ただ、1点だけ「UPS(Uninterruptible Power Supply:無停電電源装置)機能」が「ある」のか「ない」のかだけ比較します。, とくに台風や地震などでの停電時に瞬時に電力の供給をしてくれることはとても魅力的です!, しかし、ファンの音がなかなかうるさいので【EFDELTA】のみ、音の大きさをレビューします。, ただ、両方の電化製品の消費電力は「499W」以内になるため、ファンの音は静かなので、普通に寝ることは可能です。, なんて言ったって「ポータブル」、つまり持ち運びができるとうたっているのに、大きくて重ければ用途を満たしていません。, 当ブログオリジナルの大きさと重さの比較表で、ポータブル電源の「3辺の和 / Wh」と「kg / Wh」を計算し他社と比べると見えてきます!, とはいえ、14.5kgですので、購入される方は自分が「持ち運べる」ものを選びましょう!, 例えば【GP1500】であれば、「持ち手」の部分はこだわったおり「人間工学に基づいた」片手でも持ちやすい構造になっています。, 私、個人の意見からすると、持ち手は「2つ」左右に取り付け、両手で持てた方が良いのではないかと思います!, 両手で持つことができるのが【G1000】【EFDELTA】【MONSTER X】です。, なんと、【GP1500】は、この業界でも最高クラスの性能を誇るポータブル電源にも関わらず、コスパ最強なんです!, また【EFDELTA】と【Monster X】は、圧倒的な性能の割には価格は「安い」と判断しています。, 様々に比較してきましたが、最後にそれぞれのポータブル電源がどのような方にぴったりなのかをまとめていきます。, 2020年は、他と戦っていくのは厳しいです。リニューアルを繰り返してもっと素晴らしいポータブル電源として生まれ変わって欲しいと思います。, この性能で1年前に販売していれば最強だったのは間違いないのですが、2020年においては最近発売されたとはいえ、戦っていくのは現状では厳しいと思っています。, 2020年は、【EFDELTA】に続き、【Monster X】みたいな最強のポータブルバッテリーが販売されることに誰が予想できたでしょうか!?, 以上、【1000Wh以上】の大容量ポータブル電源を徹底比較!2020年のおすすめは?高性能なのは?コスパがいいのは?車中泊・キャンプ・災害用にいいのかも検証します。の記事でした。, -ポータブル電源 -1000Wh~, Allpowers, EcoFlow, Jackery, suaoki, はじめまして。 災害用にポータブル電源を買おうと考えているのですが、ブログを拝見して、EFDELTAがsuaoki G1000で迷っています。災害用なのでソーラーパネルとセットでの購入を考えています。どちらがオススメでしょうか? 災害用で考えているので購入した後は何もなければそのまま使うことなく放置になると思うのですが、使用しないまま何年も置いておいても大丈夫なものなのでしょうか? それともたまに使用したほうが寿命的にはいいのかな? 質問ばかりですいません。よろしくお願いします。, 両方とも、最新のBMSが内蔵しており、1年放置しても電力が数%しか減らない仕様になっています。 BMSの性能的には、やはり「EFDELTA」の方が新しい機体ですので上だと判断しています。, 寿命ですが、たまにしか使用しなくても最近のポータブルバッテリーは問題はありません。 ただ、使い方などを覚えておくためにも年に一回は使用した方がいいと思います。 もちろんアウトドアや、ベランダなどでBBQする際にも、かなり使えますよ!, 判断の決めては、この2つのポータブルバッテリーだと重さかなと思います。 EFDELTA13kgに対してG1000は23kgあります。, 持った感覚だと、13kgでもどっしりきますよ! 災害用であっても、ポータブルバッテリーを移動することもあると思いますので、EFDELTAをおすすめします。, 返信ありがとうございます! そうですよね、やっぱり23キロはかなり重そうですよね。 予約販売始まってるみたいなのでEFDELTAの購入を検討してみます! 高額な買い物なのですごく迷っていたんですが、丁寧に教えてくださり助かりました。ありがとうございます! 今後もブログ参考にさせてもらいます。, 購入の決め手になり、とても嬉しいです! あとは、充電時間がEFDELTAの方が短いのも、とっさの時に役に立ちます!.


・Jackery 400

11/14(土)0時から16(月)1:59まで, ヤフー34,800⇒ 29,070円 「1000wh以上」のポータブル電源比較ラインナップ.

店内17%OFFと倍!倍!ストア5%OFFを合わせて