世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?, MSNを閲覧すると下記のメッセージが出ます。 点火プラグに超詳しいという方に質問です。点火プラグには突出しタイプと従来型がありますど突出し型を指定しているエンジンに従来型を使用したら出力や燃費その他の状況はどう変化しますか。 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 【完全版】ヴォクシーHV(ハイブリッド)のグレードの違いを分かりやすい解説まとめ!. 2020.01.15 簡単に言えば2018年12月時点では「40系=プリウスα」ということになるわけです。, そんな40系のプリウスαでも前期と後期ではちょっとした違いがあるのをご存知ですか?, そこで今回はプリウスα(40系)の前期型と後期型の違いについて紹介していきたいと思います!, モデルサイクルが8年目となるプリウスαですが、2014年11月にマイナーチェンジが行われました。, この2014年11月を境目に前期型と後期型で分かれるわけですが、そもそもこの前期型と後期型とでは一体どんな違いがあるのでしょうか。, ヘッドライト周りはプリウスαの前期型は後方に直線的に伸びる形状のヘッドライトでした。, 前期型ではその位置にウインカーが配置されていたのに対し、後期型ではLEDのデイライトが装着されています。, 前期型のテールランプは全面がクリアで、当時のハイブリッド車のトレンドを踏襲するものでした。, 前期型のフォグランプのバルブがハロゲンバルブだったのに対し、後期型ではLEDに変更されています。, 後期では前述のバンパー両サイドのえぐれている部分に平行するような形で、フロントバンパー正面開口部のデザインがより大きなものに変更されています。, 後期型はヘッドライトの形状変更とあいまって、トヨタの最近のデザインであるキーンルックを強調したものとなっています。, 後期型ではよりアグレッシブな外観となったG’sが2014年12月、その後継モデルGRスポーツが2017年11月に追加されています。, 2017年11月にToyotaSafetySensePがプリウスαの全車に標準装備になりました。, このように、プリウスαは後期型になって、より立体感があるアグレッシブなデザインになったと言えるでしょう。, 先程紹介したとおり、プリウスαは2014年11月のマイナーチェンジで、よりアグレッシブで立体感のある外観になりました。, 車内のインテリアは常に目に入るところですから、車を選ぶ際の重要な要素とお考えの方もいらっしゃるかと思います。, そこでここでは今後の車選びの参考となるようにプリウスαの前期型と後期型の内装の違いを見ていきます。, インパネ中央部のパネルがグレーのメタル調のものから、幾何学模様のピアノブラックのものへと変更されています。, ドライバーからも助手席からもよく目に入るようなインパネ部の意匠変更により、多くの人が質感の向上を感じられるものとなっています。, プリウスαはダッシュボードの中央に各種メーターが配置されていますが、後期型では、その中央部にこの4.2インチディスプレイが配置されています。, カーナビ等の機能を持つモニターとは別で、このモニターではエコ運転に役立つ情報やその他ドライバーが必要な情報等を見やすく、わかりやすく表示します。, グレージュとは、グレーとベージュを合わせた色で、女性のヘアカラーの選択肢として流行している、透明感のある色です。, 前期型ではファブリック素材のアームレストでしたが、後期型ではこれが革張りのものに変更されています。, これにより小さなゴミなどが付きづらくなったという声もあり、前期型ドライバーの中でも後期型のアームレストにつけ変えている人もいるようです。, このように、モデルチェンジにより後期型は全般的に内装の質感、機能性が向上していると言えるでしょう。, プリウスαの後期型は前期型に比べてより立体感がある外観になり内装も上質になりました。, 元々プリウスαは乗り心地やユーティリティ等の機能面で評判が良く、ベースとなっているプリウスより上質とも言われていました。, さらに、2017年11月には上記の機能を備えたトヨタセーフティセンスPがなんとプリウスαの全車に標準装備になりました。, 衝突回避軽減システムは最近では多くの車に搭載されているので、プリウスαを中古で買うにしても、ぜひ付いていてほしい機能ですよね。, リセールバリューの面で考えても、この安全装備の差は、中古車としてプリウスαを購入する際に重要な要素となるでしょう。, とはいえ、走行性能という面で見ると前期型と比べてそれほど大きく変わってはいないと言われています。, なあ、前期型の時点で既に走行性能の質がほぼ完璧のレベルだったので、変更する余地がなかったということでしょうか。, また、1つの光源でロービームとハイビームの切り替えができるLEDヘッドライトが一部のグレードに標準装備となりました。, 総括していえば、プリウスαの前期型と後期型の機能面での大きな差は、安全装備にあると言えるでしょう。, プリウスαはちょっといい値段がするだけに中古での購入を考えている人もいるのではないでしょうか。, そこで前期型と後期型が違うということを知っていると知らないとではやはり満足度が違います。, もちろん、デザイン面で前期型のほうが好き、ということであれば前期型を選ぶのは問題ありません。, プリウスαの新車であれば後期型一択なのは言うまでもないですが、中古を選ぶ場合はぜひともこの違いをしっかりと抑えておきましょう!, >>>中古もいいけどやっぱりプリウスαの新車が欲しいっ!というあなたはこちらがオススメ, エフ5 グレードのスタッドレスにすればいいか 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので kei-luv-actrate0910, 他の車と比べるとグレードの数自体は少ない方なんですが、確かに公式サイトが分かりづらくてグレードごとの違いや、どれが自分に合っているのか見分けられないですよね。, かといって販売店に足を運べば、営業マンのセールストークに乗せられてしまい、「身の丈以上のグレードを買わされそう…」そう思っている人も多いはず。, 公式サイトでは教えてくれない違いやグレード選びのポイント、ちょっと気になるポイントまでを分かりやすくまとめてみました。, プリウスαだけではなくすべての車種に言えることですが、購入を検討する上で悩みの種となってしまうのが『グレード』。, 車の安全性や快適性などすべてに関わってくるので、しっかりと理解してグレードを選びたいですよね?, まず大まかなイメージで捉えると、プリウスαのグレードは基本的に標準グレード『S』と上級グレード『G』の2つ。, そして『S』の装備を最低限に抑えて、安い価格で売り出したのが『S”Lパッケージ”』となります。, そして標準グレードのSにだけ用意されている特別仕様車『S“tune BLACK Ⅱ”』ですが、これは単に『黒の加飾が追加されたモデル』と考えてOK。, 更に標準グレードとの価格差も+7.6万円と少ないのもポイントなので、この黒の加飾に魅力を感じたなら思い切ってこちらを選んでもいいかもしれませんね。, また各グレードに用意された仕様車『”ツーリングセレクション”』は、主にエクステリアと足回りといった走行性能や見た目の変更があるグレード。, ちなみにSで設定されている『S”GR SPORT”』は、見た目だけではなくボディの剛性UPやサスペンションの変更などを施し、『運転する楽しさ』を追求した別車種と考えましょう。, こうしてプリウスαを見てみると、グレードの違いがグッと分かりやすくなったのではないでしょうか?, プリウスαのジャンルの車ってグレードが多くて複雑なことが多いんですが、このシンプルさは買う側としては嬉しいですよね。, しかし、ホイールはアルミだったりToyota Safety Senseが付いていたり、ある程度の快適性や安全性を保つ装備などは大体装備されています。, 他に注目したい装備を挙げると、ステアリングスイッチが全車標準装備となっているところ。, ディスプレイの操作やオーディオの音量調節など、手を放さずに行えるので集中して運転できますよ。, センターコンソールで、「風量調節」「設定温度切替」「吹き出し口切替」の3つを操作できるのが魅力とされています。, しかし“ダイヤルを倒して機能を選択、回転させて機能を調節”と、逆に複雑になっている気がしませんか?, 廉価グレードとなる『S”Lセレクション”』は、もろもろグレードダウンしている部分が多いです。, 正直に言って、ステーションワゴンとして痛いグレードダウンは2番目と5番目くらいでしょうか?, 人を乗せることが多いステーションワゴンに、アームレストが無いと快適性が下がりますし、デッキサイドにもあったアクセサリーソケットが無いのはスマホ充電などの際は不便になるでしょう。, また、パノラマルーフオプションが付けられなくなるだけではなく、各メーカーオプションの価格がやや高くなるので注意してくださいね。, 『S』の上位グレードに当たる『G』では、ヘッドランプがLEDに変更するなど細かな部分から、快適性・利便性を大きく上げる部分まで色々な違いがあります。, その中でもスマートキーさえ携帯しておけば、手でドアハンドルに触れるだけで解錠・施錠ができるスマートエントリー&スタートシステムは超嬉しい機能。, さらに腰をサポートして運転姿勢を適正化させるランバー機能も、地味に嬉しい機能でしょう。, またシート地やインストルメントパネルの素材に、合成皮革を追加しています。(シートはファブリックとのコンボ), 特にシートの変更によって座り心地や肌触りが断然良くなるので、車の質感にこだわりたい人は『G』以上は必須でしょう。, 上の画像のようにツーリングコレクションでは、ホイールやフロント/リヤバンパースポイラーなどの見た目に大きな違いがあります。, スポーティーな見た目にこだわりがあるけど、走りは普通で良いって人はこのグレードが良いかもしれませんね。, さらにS”ツーリングセレクション”では、SをベースにGから装備される快適装備も追加。, 一方G”ツーリングセレクション”では、元々それらが付いているので『ホイールとスポイラーが追加されるだけ』の変更となります。, 正面から見たフロントマスクや後ろのバンパーやマフラーまで、全てがスポーティー仕様になっています。, 画像にある小径の専用ステアリングホイールはもちろんのこと、スエードと合成皮革のコンボスポーティーシート、ペダルもアルミ素材になっています。, さらにはボディ剛性を高め、空力も考えた足回りや専用のサスペンション、ブレーキキャリパーを搭載。, 『S』グレードに用意された特別仕様者で、加飾の変更がメインのS“tune BLACK Ⅱ”ですが、その種類は意外と沢山変更されています。, その中でもメタリック塗装されたアルミホイールや、ファブリックとホワイト合成皮革のコンボシートなど見た目に大きな違いをもたらしています。, さらにコンソールスイッチプレートや、ドアスイッチベースのピアノブラック塗装、アウトサイドドアハンドルのメッキ加工など、この他にもブラックカラーを基調とした加飾の変更がされています。, また加飾だけでなく紫外線を99%カットするフトントドアガラスや、快適温熱シートなどの装備も追加されています。, 画像多めでお話してきたので、グレードごとのイメージも強くなって不安もある程度解消できたのでは?, そこでここからは、グレード以外のプリウスαの気になるトコロを解決していきましょう。, まず結論から言いますが、プリウスαの乗り心地はベース車両となったプリウスよりも良いと思います。, というのも、加速はまずまずで静粛性もプリウスよりも良好、コーナリングでのロールもあまり感じないんです。, また、プリウスより車高が少し高いため乗り降りしやすく、室内の圧迫感が少ないっていうのも乗り心地が良いと言えるポイントになるでしょう。, もちろん段差の乗り越えやザラついた路面ではゴツゴツ感はありますが、高級車ではないプリウスαにそこまで求めるのは酷だと思いますよ。, プリウスαに使われている駆動用バッテリーは、5人乗りはニッケル水素電池、7人乗りはリチウムイオン電池を採用しています。, このバッテリーは基本的には長寿命でだいたい15~20万kmが目安で、寿命が近づくとインジケーターが点灯しなかったり、ハイブリッドシステムが立ち上がらなかったりするなどの不具合が起きるんです。, ちなみにトヨタでは新車から5年、走行距離10万kmまでに寿命を迎えた場合は無償で交換しているのも覚えておきましょう。, そしてハイブリッド車となるプリウスαに関して、地味に気になるポイントになるのが『減税』ですよね。, そもそも減税といっても、購入時はエコカー減税に加えて環境性能割やグリーン化特例などの割引も行われます。, そんな減税額は、グレードによって様々ありますが113,600円から136,100円の間。, さらに毎年の自動車税は、3,500円引き下げが行われるため5年で17,500円もお得になりました。, このようにせっかくハイブリッド車を買うんですから、減税についてもある程度の知識をつけておいた方が納得して購入できると思いますよ。, プリウスαは購入時に大きな減税があるのは、購入する側にとってはとても有難いですよね。, この減税はグレード毎に変わりますが、そこまで大きな差は無いので減税額を見てグレードを決めるのはあまりお勧めしません。, 悩めるグレード選びの基準は『S”ツーリングセレクション”』で考えると分かりやすくなります。, ステアリングホイールが本革巻で見た目もかっこ良いし、スマートエントリーなど加飾以外の装備も充実、運転手も一緒に乗る家族もある満足できるでしょう。, そして基準グレードより加飾にもこだわりたいなら、『G』や『G”ツーリングセレクション”』。, ちなみに、廉価グレードとなる『S”Lパッケージ”』はよほどのことがない限り選択肢に入れなくても良いでしょう。, また、プリウスαの購入を検討する時のもう一つの悩みが2列シートの5人乗りを選択するか、3列シートの7人乗りにするかですよね?, この悩みは『住んでいる地域』と『7人乗りが必要となるシチュエーションがあるかどうか』を考えると解決できます。, まず住んでいる地域で考える場合、プリウスαの5人乗りにはニッケル水素電池、7人乗りにリチウムイオン電池バッテリーが使われていることが決定打になるでしょう。, というのも、実はニッケル水素電池の方が低温特性は良く、高温になっても安定した性能を保てるというメリットがあるんです。, そう考えると、積雪地方でプリウスαの購入を考えているのであれば5人乗りの方が良いと考えるのが得策でしょう。, 普通に家族で乗る時は3列目シートを倒して乗り、何かあった時には3列目シートを起こして大人数で乗るといった利便性の高さが魅力ですよね。, このように定員数で悩んでいるなら、自分・家族にとって何がメリットと感じるかで選ぶことをオススメします。, というのも、エクステリアの加飾は多くはありませんが、内装の質の良さや快適性は良いので人を乗せるための車としては合格点。, そしてシートがファブリックと合成皮革のコンボシートになったことと、特にスマートエントリー&スタートシステムが追加されることが選んだ大きな要因になりました。, これがあることで、子供を抱っこして車に乗る時や荷物を載せる時など、いちいちカギを出す面倒な行為が無くなるんですよね。, まず初めて大きな車に乗るって人はもちろん、プリウスαをファミリーカーとして使うなら奥さんが乗ることも多くなるので、駐車時に安心なバックガイドモニターは絶対に合った方が良いでしょう。, ちなみにナビは数種類ありますが、使い勝手が良く低価格なT-Connectナビが丁度良いかと思います。, ここまで個人的な意見をお話してきましたが、グレードやオプションの選択は最終的に人それぞれなので、購入する際にはしっかり吟味して家族と相談しながら選ぶようにしてくださいね。.