⇒一般社団法人 日本自動車タイヤ協会HP 結論から言うと、ひび割れが発生しているとスリップやバーストの原因にもなる為、早めにタイヤの交換をするべきです。, タイヤがひび割れを起こす原因は色々ありますが、基本的には普通に走っていても、いつかはひび割れは起きるものです。, タイヤの使用寿命は一般的には3年程度と言われていますが、使用しているうちに徐々にゴムが硬化していきます。, また、雨風にさらされたり、直射日光による紫外線のダメージの蓄積がひび割れを起こすと言う訳です。, タイヤの艶出し剤や、タイヤの洗剤などの薬品は、使いすぎるとタイヤの劣化・効果の原因にもなります。, 通常タイヤには劣化を防ぐために油分(劣化防止剤)が入っているのですが、艶出し剤や洗剤の成分によっては、この油分が抜けて行く原因にもなります。, 一方、空気圧が低い状態で走行することにより、タイヤが変形した状態で走行することになります。この空気圧が低い状態での走行もひび割れの原因とされています。, その分、タイヤがつぶれたような状態になり、このような状態が頻繁に続くと、ひび割れをしやすい状態に繋がります。, タイヤがひび割れをしてくると、まず危険なのはバースト(破裂)の原因になるという事です。, バーストすれば、そのまま転倒に繋がりますので、重大な事故になる可能性も非常に高いですよね。, 特に、トレッド面(地面との接地面)にひび割れが入っている場合には、バーストの大きな原因になります。, また、バーストまで行かなくても、ひび割れをしているタイヤの場合は、劣化が進んでゴムが硬化している事は間違いありません。, 程度にもよりますが、ゴムが硬化したタイヤの場合にはグリップ力がかなり落ちている状態です。グリップが落ちているタイヤであれば当然「スリップ」もしやすくなります。, 特に路面がぬれている場合や、高速走行、ワインディングなどは、ひび割れタイヤだと更にスリップの危険は高くなります。, 良く、バンク修理剤などで応急処置をすると言うような話もありますが、基本的にはおすすめしません。, タイヤの劣化状態が回復するという事はありませんし、ひび割れが発生している時には部分的にではなく、全体的にひび割れが発生しているケースがほとんどです。, 何より、バイクの場合には車と異なり、スリップやバーストが起きれば、ほぼ間違いなく転倒します。, 一般的には、側面のひび割れの方が先に発生しやすく、側面のひび割れは接地面のひび割れに比べると、バーストの危険性は低いと言えるでしょう。, とはいえ、タイヤの劣化と硬化が進んでいる事には間違いありませんので、スリップなどには充分気を付けて走行するようにしましょう。, また、多少でもひび割れが出てきている以上は、徐々にひび割れがひどくなっていきます。, 車検の時や、ショップにメンテナンスを依頼するタイミングなどで、早めのタイヤ交換をしましょう。, 結論から言うと、車検の保安基準にはタイヤの溝の深さはあっても、ひび割れの有無はありません。, (※バイクの車検の保安基準では、必要な溝の深さは0.8mm。車の場合には1.6mm), しかしながら、車検場や検査員によっては、あまりにも酷いひび割れの場合にはNGにされる事もあります。, そのため、車検のタイミングであれば、よっぽ軽微な側面のひび割れでなければ、交換してしまった方が良いでしょう。, 中古バイクのサイトでも、溝の残りについては良く記載があったりしますが、意外とひび割れは盲点になります。, どんなに溝が残っていようが、ひび割れが発生しているタイヤの場合には、購入後の早い段階でタイヤ交換が発生します。, 前述のとおり、タイヤのひび割れ自体は、普通に乗っていてもいずれは発生してしまうものです。, とはいえ、できるだけ発生しないように寿命を延ばしたいものです。そのために、できる対処法をいくつか紹介します。, 自宅やガレージに保管している時には、直射日光に当たり続けないように、屋内やバイクカバーを使うようにしましょう。また、屋外の場合には紫外線対策のしてあるバイクカバーを選ぶと良いでしょう。, また、艶出し剤の種類や成分によっても大きく変わってきます。特に油性のタイヤワックスはあまり良くないと言われています。, 二輪という不安定な乗り物で、タイヤの状態ひとつで大きな事故につながる事もあります。, 一方で、タイヤは大きなバイクになればなるほど、高価なものになってきます。多少のひび割れであれば、まだ平気だろうと思ってそのまま乗りたくなるのは無理もありません。, 安全第一で、タイヤにひび割れが出てきたら、早めに交換を検討することをおすすめします。, ※本記事は2019年4月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。. タイヤのひび割れは、サイドウォールにはっきりと現れます。 側面にはタイヤの製造時期も記され、溝にはタイヤスリップが現れます。 タイヤの劣化を見極めるには、普段から側面と溝に注意が求められます。 ?その理由&天然は存在する?. 自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ... 突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも... タイヤは車のパーツで最も目につくので、艶出しコーティング剤としてタイヤワックスを塗ると、より黒く映え、車全体が引き締ってみえます。 ところが塗り過ぎると、艶どころかムラが目立ちます。 また水性・油性タ ... タイヤは運転していると必ず消耗しますが、できるだけ長く履き続けたいもの。 タイヤローテーションという言葉を耳にしたことはあると思いますが、時期はいつ行うのが適切でしょうか。 タイヤの溝?空気圧?それと ... 雪道でタイヤチェーンを巻いたことがない人も多いのではないでしょうか。 スタッドレスタイヤを履いてるから大丈夫と考える人もいるでしょうし、「装着方法がわからない」「金属タイプと非金属タイプではどちらがよ ... 車を運転しているときに、ハンドルがブレると、コントロールを失い、恐ろしいことになります。ハンドルのブレは、何が原因で起こるのでしょうか? 実は、原因となる部位やパーツはほとんど決まっていて、ハンドルの ... 夏用から冬用のスタッドレス、またはその逆にタイヤを履き替えたら、悩むのが取り外したタイヤの保管方法です。 劣化しやすいタイヤは保管方法に注意が必要ですが、夏用・スタッドレスそれぞれのタイヤを上手に保管 ... スタッドレスタイヤは冬用タイヤなので、地域や気候によって1年通して履き続けるノーマルタイヤよりも、はるかに寿命が長そうな気がしますよね。 ところが冬用タイヤだからと長く履けそうだと油断すると、かえって ... タイヤは車種ごとに自動車メーカーが指定空気圧を定めています。 守らなければいけない数値ですが、指定空気圧の規定値より高めではダメということはありません。 空気圧が高め低めではそれぞれにメリット・デメリ ... 車の運転で怖いことの1つが、タイヤのパンク。 道の真ん中でパンクする事態は想像したくありませんが、できるならパンクしたタイヤを修理して長く乗れないか?と考えるかもしれません。 でも、修理すると料金はい ... スタッドレスタイヤに交換する時期を迎えると、タイヤに関する掲示板にはスタッドレスの空気圧に関する疑問で溢れかえっています。 ドアを開けるとメーカー指定の空気圧が書いてあるステッカーが貼られていますが、 ... Copyright© [ブーマル] , 2020 All Rights Reserved. 突然ですが、自分が乗っている車のタイヤの、適正な空気圧を聞かれたら、すぐに答えられますか? 何となく乗っている人が多いと思います。 路面の状況や、温度で影響を受けるタイヤは、空気圧が適正値でないと、道 ... タイヤは路面と接して、グイグイと一般道路や高速道路の上を走らせてくれます。それだけでなく、車全体の重みを支えています。 存在が当たり前と思っているタイヤですが、猛暑日の路面はとても熱いし、冬は凍ること ... LINEほけんに「半日からの自動車保険」が加わったことをご存知ですか? 「半日からの自動車保険」は、最短12時間から契約できる短期間の自動車保険。 LINEアプリから簡単に契約できることで注目を集めて ... ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、.