ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証, ドコモのケータイ補償サービスは、「ケータイ補償お届けサービス」という名称で2006年に開始されました。, 当時はまだ、現在のスマートフォンやXi端末など影も形もなく、FOMAの、しかも900シリーズ、700シリーズなどが全盛の時代でした。, 月額500円で始まったサービスは、いったん一年後に300円に値下げされ、そのままの料金でしばらく続いたものの機種によってその後再度値上げされ、現在では名前を「ケータイ補償サービス」と変え、スマートフォンなら500円、iPhone 5s、iPhone 6では600円、iPhone 6s/iPhone 7/iPhone 8/iPhone Xに至ってはついに月額750円まで値上がりしました。, 補償利用の際の端末交換費用も、当初1回目は5000円、2回目は8000円で交換できていたのですが、2015年以降G/H/J/Kシリーズでは、1回目も2回目も一律7500円に変更になっています。, さらに、iPhone 6s/iPhone 7/iPhone 8/iPhone Xについてはさらに高く、なんと1回目も2回目も、11000円かかります。, 一方で、2017年11月10日からは、2017-2018年冬春以降の「docomo with」対象スマートフォンおよびspモード対応のドコモケータイについて、ケータイ補償サービスの料金が値下げされ、さらに2018年10月1日よりケータイ補償サービス契約者の修理代金上限額を3,000円に値下げすることが発表されました。, 今まで以上に重要になりつつあるケータイ補償サービスについて、詳細内容を解説していきます。, 関連記事:「dカード GOLDケータイ補償の全く触れられていない注意事項とわかりにくい手続き方法を詳細解説」, ドコモのケータイ補償サービスは、ケータイやスマホのトラブルを総合的に補償してくれるサービスです。, 大きく三つの機能があり、「電話機の交換・お届け」、「修理代金のサポート」、「ケータイデータ復旧サービスの代金の割引き」が含まれています。, また、ドコモのあんしんサービスをまとめてパックにしている「あんしんパック/あんしんパックプラス」の対象サービスでもあるため、両サービスを利用している場合にはケータイ補償サービスも同時に加入している形となります。, 「修理代金のサポート」は元々ケータイ補償の機能とは分離されていたのですが、ある時期からケータイ補償に組み込まれる形となってしまったため、ケータイ補償を申し込まなければ修理代金サポートも適用しない、という、やや厳しい内容になってしまっています。, そして、ケータイ補償サービスの中で特に重要な機能として位置づけられるのが、「電話機の交換・お届け」です。, 一般的にケータイ補償の「電話機の交換・お届け」を使う必要が出てくるケースとしては、一般的に水濡れ、全損など修理ができない故障が発生した場合、または紛失してしまった場合、盗難被害に遭ってしまった場合などです。, トラブルに遭ってしまった時にケータイ補償利用の申し込みをすると、2日程度で同一機種・同一色の交換電話機(リフレッシュ品)が直接自宅に届く形になります。希望すれば、ドコモショップに届けてもらうことも可能です。, リフレッシュ品とは、ユーザーより回収した電話機に故障修理・外側カバーの交換・品質の確認を行ったうえで、新品同様の状態に初期化した電話機のことを指しますが、「中古なの?」と心配する必要は一切なく、新品と全く変わりません。, ケータイ補償を利用した際の料金については、機種ごとに一定額の自己負担が発生します。, 月額330円のケータイ補償は最も新しく追加された枠で、2017-2018年冬春モデル以降のdocomo with対象機種の場合のケータイ補償の料金です。(※iPhone 6sは除く), それ以外、Gシリーズ以降から現在まで発売されている機種のケータイ補償は、月額500円の補償です。, ちなみに、iPhoneの場合にはまた料金が全く異なってきますので、これはまた以下でご案内します。, ケータイ補償サービス for iPhone & iPadは、Apple製品向けのケータイ補償サービスです。, 通常のケータイ補償の「交換・お届け」にのみ特化したサービスとなっており、その部分の内容はほぼ同じなのですが、機種ごとの月額料金とトラブル発生時のサービス利用料金が異なります。, iPhoneにはAppleの補償サービスとしてApple Care+を選択することもできますが、どちらに加入するかを選ばなければなりません。以下、AppleCare+の料金です。, 過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを2回まで受けることができ、1回につき、画面損傷は3400円(税別)、そのほかの損傷は11800円(税別)です。, 画面損傷時の修理についてはAppleCare+の方が安いですが、そのほかの損傷は逆に高いです。また、AppleCare+は2年の間に2回までしか補償を受けられませんが、ケータイ補償であれば申し込み期間中は期間を限定せず、年に2回まで利用可能というメリットがあります。, ちなみに、docomo with対象機種に追加されたiPhone 6s 32GBですが、2017-2018年冬春モデル以降発売されたdocomo with機種はケータイ補償料金が安くなるというルールは適用されず、従来通りの料金となります。, 昨今、ケータイ補償料金がかなり値上がりしているため、実際に補償に加入するほどの価値があるのかどうかはかなり判断が難しいところではあります。, そしてその判断をさらに難しくしているのが、「修理代金安心サポート」の内容が、2013年冬モデル以降の機種から変更になり、「ケータイ補償サービス」の契約が必須となってしまった点です。(※iPhoneは対象外), 元々ドコモに存在していた修理代金のサポートとして、「修理代金安心サポート」というサービスがありました。, ドコモプレミアクラブに加入していたドコモユーザーに対して適用されていたこのサポートは、保証対象外の破損や故障が発生した場合でも、購入から3年間は修理代金上限が5000円で修理できる、というものでした。, つまり、水濡れや全損・紛失を除き、故障してしまったなら修理にさえ出せば、どんなにかかっても5000円で修理してくれていたわけです。それが購入から3年間保証されていたため、それならば水濡れ・全損・紛失を起こさないという自信があるのであれば、ケータイ補償には加入しなくても済んだわけです。, しかしそんな便利な修理代金安心サポートの適用条件に、「ケータイ補償サービス契約があること」という条件が適用されるようになったのが、2013年冬モデル以降、つまりFシリーズ以降です。, 2013年冬モデル以降、つまりFシリーズ以降のドコモスマートフォンは、基本となる保証がメーカー保証の1年しかありません。, そのため、ケータイ補償サービスに加入していない場合、2年目以降の自然故障には対応せず、すべて全額修理代金を支払う必要が出てきてしまいます。つまりユーザー責でない端末故障であったとしても、数万円の修理代金が発生する可能性があるわけです。, そうなってくると、ケータイ補償サービスは加入しておかないと、万が一のユーザー責ではない2年目や3年目の自然故障についても、大きな負担をユーザー側が強いられることになってしまうのです。, つまり、2013年冬モデル以前の機種、つまりはEシリーズまでのスマホ/タブを利用している場合、ケータイ補償に加入していようがいまいが、購入から当該機種の修理受付終了まで修理代金上限額は3000円(2018年10月1日より)であり、無料故障修理サービスは3年間ついたわけです。, しかし2013年冬モデル以降、つまりFシリーズ以降の機種は、すべてケータイ補償加入がなかった場合の保証が非常に薄いことは一目瞭然です。, ユーザーにとっての救いは、2014年冬モデル以降、つまりGシリーズからKシリーズに関しては、ケータイ補償加入時の修理代金上限額と無料故障修理サービスについて、3年という上限が撤廃され、加入している間には期限なしで適用すると変更になったところです。つまり一つの端末を、ケータイ補償サービスに加入しておくことによって長く利用していきやすくなったわけです。, ただし、月額料金と補償交換利用時の1回目の費用が値上がりしていることも忘れてはいけません。, 一方で、修理代金上限額については、2018年10月1日より上限の5,000円から3,000円に値下げが実施されました。, よりケータイ補償利用時の金額と修理時の金額に開きが出ましたので、極力修理を利用していきたい流れになっています。, もう一点、2017年11月10日より、2017-2018年冬春モデル以降のdocomo with対象機種において、ケータイ補償の料金が値引きされることが発表されました。, これにより、2017-2018年冬春モデルのdocomo with対象機種を購入した場合のケータイ補償の月額料金は今までよりも安くなり、補償による交換を実施する場合の料金も安くなります。, Fシリーズ以降のスマホは2年目以降の保証が事実上ケータイ補償がないと適用されないため、購入から1年をすぎた中古端末には一切保証が利かなくなってしまったわけです。, Fシリーズより以前のスマホであれば、購入から3年間は、ドコモ契約さえ持っていれば修理代金安心サポートが適用されていたのです。, それがなくなったFシリーズ以降のドコモのスマートフォンを中古で手に入れた場合、もし万が一故障が発生したらそこでアウトです。修理はできますが数万かかるくらいなら、さらに新しく中古端末を購入した方が安く済む可能性があるためです。, このドコモの変更によって、Fシリーズ以降のドコモスマホを中古で手に入れるという行為に関しては、リスクが格段に増してしまった形です。, 以上の理由により、Fシリーズ以降、Gシリーズ、Hシリーズ、Jシリーズ、Kシリーズと現行発売されている機種に関しては、ケータイ補償サービスには入った方がいいといえます。, 「故障したら数万円かけてでも修理すればいいからケータイ補償はいらない」と言い切れる、ある程度金銭的に余裕があるユーザーでなければ、ケータイ補償を外すという選択は事実上できなくなってしまったのです。, 2年目の自然故障という、経年劣化と呼ぶにも早すぎる故障であったとしても、ユーザー側に修理費用負担がかけられてしまうという「ケータイ補償なし」の状況は、きわめて容認しにくいといえます。, 修理ができない状態の故障が発生した場合に、最大10万円まで新しい機種購入費用を補てんしてくれる、非常に役立つ補償です。, 万が一の際、ケータイ補償サービスがなかったとしても、dカード GOLDケータイ補償を利用することで費用負担なしで乗り切れる可能性があります。, どうしてもケータイ補償サービスを外して補償費用を節約したい場合には、dカード GOLDケータイ補償が利用できる環境を作るために、まずはdカード GOLDの利用から開始しましょう。, 他にも特典が多数あるdカード GOLDは、うまく活用していけばトータルで考えてマイナスになることはありません。, ただし、dカード GOLDケータイ補償にも注意点もありますので、詳細は別記事を確認してみてください。, 基本的にドコモショップではiPhoneの修理対応をしないにもかかわらず、ドコモではiPhoneのケータイ補償加入を推進しているわけです。つまりは「iPhone丸ごと交換対応するのみ」の補償ということです。, ドコモのケータイ補償に加入した場合、AppleCare+には当然加入しないでしょうから、2年目以降の補償が完全にケータイ補償による交換補償だけになるわけです。, これはこれでなかなかのリスクです。自然故障でも2年目以降なら11000円で交換、というような形にするしかなくなります。, しかも補償交換利用時の金額が、特にiPhone 6s/iPhone 7/iPhone 8/iPhone Xは1回目も2回目も11000円と非常に高いのです。, ではAppleCare+を利用した方がいいのかというと、これもまた微妙です。何故なら2年で終了するAppleCare+を選択すると、3年目以降の補償が完全になくなってしまうためです。, 結論としては、iPhoneを2年を目処として故障したら買い替えようと考えており、自らAppleコールセンターやApple修理拠点とやりとりすることができるのであればAppleCare+。, 3年でも4年でも可能な限り長く利用していきたいと考え、なおかつ万が一の際にはケータイ補償サービスセンターに電話をして交換するのみ、またはある程度ドコモショップに丸投げしたいと考えているのであればケータイ補償サービス。, さらに、2017年12月15日受付分より、「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」において、内容の変更が実施されています。, ご利用の機種によっては、同一の機種をご用意できない場合があります。 お使いのブラウザではJavaScriptが無効に設定されています。有効にしてご利用ください。, 水濡れや紛失、全損などあらゆるトラブルを補償。1年間に2回までご利用になれます。 わ。ガラケーではできることがかなり限定されてしまうし、スマホでできる様々な可能性を狭めてしまうから。, 機種変更しない=スマホをやめる、ということじゃなくて、元々使っていたスマホを使い続ける、という意味ね。, ネットが使えて電話など連絡ツールとしての役割を果たし、さらに後は簡単な写真が撮影できればそれだけで8割方の目的は達する, なるほど、確かに長期間機種変更せずに利用し続ける、ということなら、スペックの低い機種だとちょっときついですよね。, その通り! 本当なら、見てはいけない、と言いたいところだけど、情報は集めておかないと、時代に取り残されてしまう。, 「故障するまで」、じゃなくて、「故障して、もうどうにもならなくなるまで」、ですか!?, そう。故障するまで、なら、場合によっては結構早い段階で買い替えることになっちゃうじゃない?, 一般的なXiスマートフォンでケータイ補償の月額料金が500円、年間6,000円。この出費はかなり痛いけれど、万が一に備えつつ機種変更を回避しようと考えるならばなくてはならないサービスよ。, いえいえ、そんなことないです。dカードケータイ補償と通常のケータイ補償サービスは、補償される範囲が全然違いますので、ケータイ補償サービスはやはり必須だと思います。, どんなに我慢して機種変更せずに生きていきたいと考えても、こういう状況に置かれてしまった場合はやむを得ないわ。特に私は、, 数年後、ハイエンドモデルを手出しなしで購入できるくらいのポイントが貯まっていれば理想ね。, 年間2万ポイントずつ貯めていけば、4年で8万ポイントよ。長期利用するつもりなんだから、4年くらい余裕で使うわよね。これで、お金をかけて機種変更をしない、という状況をさらに延長することができるってわけよ。, ポイント投資に入れて出すと、dポイントの有効期限がリセットされるんですよね。多少増減するリスクはあるものの、まぁ、多少は仕方ないですね。むしろ増えるかもしれませんしね。完璧に考えられてますね!, なるほどね・・・。自分は気にしなくても、周りがドンドン変わっていくことで、対応できなくなってしまうことが増えてくる、ということね。盲点だったわ。, とはいえ、そこまで極端に変わってしまうには、それなりの年数がかかると思いますので、基本的には心配いらないかと。先ほどの計画通り、年間2万ポイント貯めていけば、4、5年後には買い替えようと思えば買い替えられるということですよね?, そうね・・・。でも、「機種変更せずに生きていく!」と最初に言っちゃった手前、結局機種変更は考えていかないといけないというこの展開は、赤面するほど恥ずかしいわ。, dカード GOLDはドコモ最強クレジットカード!? 年会費が気にならなくなる秘密!, キッズケータイ F-03Jがとっても便利! 子供が生まれたら絶対使いたいと思いました!, dカード GOLDの審査に3度目で通りました! 年収や居住形態など押さえておきたいポイントを解説します!, ドコモオンラインショップは完全手数料無料でお店に行かなくていいから超便利で超お得!. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); dカード GOLDはお得お得って言われますけど、年会費が10,000円(税抜)かかるのは紛れもない事実です!!   1万円・・・そんなに年会費かかったら、さすがにお得とか言えなくないですか? ... ドコモの冬春モデルでXperiaの最新フラッグシップモデル「Xperia XZ3」が発売されました!   ・・・でも、Xperia、どうなの? 直近のXperia、つまりXperia XZ2 ... なんか最近のスマホって、どれも全体的に似たり寄ったりだから、昔と比べたら新機種見ても驚きってなくなってきてるけど、今回は久しぶりにテンション上がったわ。   AQUOS zer ... こんにちは!司会のかしこです! 今回は一般のみなさま!?をお迎えしての、覆面座談会を行いたいと思います! 参加者のみなさま、お名前は伏せてイニシャルでお呼びさせていただきますね! Ma様、H様、Mo様 ... こんにちは! 他キャリア店員のまりです! 今回はかしこちゃんに代わりまして、auとかソフトバンクの魅力について、私がメインでねっとりと解説していきます!!   お、お待ちください! 今回は『 ... ちょっとかしこちゃん、突然だけど、昔私が機種変更に失敗した話聞いて。   どんな話ですか?   当時私が使ってたスマホ、特に何をしたというわけでもないんだけど、本当に ... Copyright© ドコモかしこも , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

キャリアの補償が、何をどう補償していくれるのか?知らない人が多いようです。 ドコモを例に端末補償の注意点も含め詳細を見ていきましょう。 補償は2種類ある 補償1:修理. ドコモの料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」において、高速通信でひと月あたりに利用できるデータ容量はプランごとに定められています。 データSパックなら2GB、データMパックなら5GB、ウルトラシェア ... 昨今、auやソフトバンク、さらにはMVNOなどでも、公式のチャット問い合わせ窓口が増えています。 一度使ってみるまでは勝手がわからないかもしれませんが、一度パソコンやスマートフォンから利用してみると、 ... 2017年3月31日をもって、ドコモの料金プランの新規申し込みから「らくらくパック」が姿を消しました。 既に利用中の場合はそのまま継続して利用可能ですが、新規での申し込みは終了しています。 そのため、 ... 2019年11月1日より、ドコモにてはじめてスマートフォンを購入する方を対象として、「はじめてスマホ購入サポート」という割引サービスが開始されます。端末からの割引き、という形ではなく、ポイント還元が実 ... ※ウルトラパックは2019年5月31日をもって、新規受付を終了します。 以後、新プラン「ギガホ/ギガライト」が提供開始されます。なお、新プランへの変更を行わない場合、引き続きウルトラパックの利用は可能 ... Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. メーカによる保証期間1年間に加え、2年目以降も修理受付終了までドコモが保証します。, 「ケータイ補償サービスセンター」からの配送で、ご自宅でもオフィスでも、お手元までお申込みの当日~2日以内に交換電話機をお届けします。, ドコモショップの店頭で、直接補償のお手続きが可能です。 必要なデータはご来店前にバックアップをお願いいたします。, 月額料金ごとのサービスご利用時のお客さまご負担金に加算して、1回あたり別途20,000円(税抜)。, 月額料金ごとのサービスご利用時のお客さまご負担金に加算して、1回あたり別途12,500円(税抜)。, 「配送でのお届け」「店頭交換」でのご利用と合わせて、1年間に2回までサービスの利用が可能です。可能回数の具体例は、以下のとおりです。, サービスご利用時のご負担金は、ご契約のケータイ補償サービスやご利用機種、ご利用回数により異なります。, ご契約サービスが異なる機種と交換した場合は、補償ご利用後のご契約サービス、月額料金などが変更になる場合があります。 ケータイ補償サービスにご加入なら、ご利用機種がトラブルに遭われた時に、交換電話機(リフレッシュ品)を、お申込みの当日~2日以内に提供します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); dカード GOLDはお得お得って言われますけど、年会費が10,000円(税抜)かかるのは紛れもない事実です!!   1万円・・・そんなに年会費かかったら、さすがにお得とか言えなくないですか? ... まりちゃん、携帯ショップでの手続きの最大のデメリットって、なんだかわかりますか?   んー、やっぱりあれじゃない? 綺麗な人が多いから私の存在がかすむってことくらいじゃない? ... 突然ですが、まりちゃん! DCMXって知ってます??   知ってるわよ。dカードの前身のクレジットカードよね。でも名前だけね。 私がドコモを使い始めた時にはもうdカードになって ... ちょっと私気づいちゃったんだけど、今、dカード GOLDのキャンペーンって、実は、いくつか同時に走ってない!?   ですですです! 気づいちゃいましたかー!!   全部合計するとこ ... ドコモのずっとドコモ割プラスは、「料金割引」と「dポイント進呈」なら、「dポイント進呈」の方が1.2倍お得!!って公式サイトはじめ、色んなところで言われてますよね。   でも実際のところ、本 ... 2018年12月1日からのドコモの値下げで、なんと! 648円スマホがドコモに登場してます!! 流行りの格安スマホなんかでも、こんなに安いスマホはさすがにありません。2万円台か、ぎりぎり1万円台ってと ... Copyright© ドコモかしこも , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 4.1 修理代金安心サポートとは; 4.2 fシリーズ以降のドコモスマホは保証が1年しかない; 4.3 ドコモ・ケータイ補償料金一覧表; 5 fシリーズ以降のドコモスマホは、中古端末では補償がない 2019年9月3日(火曜)より、店頭交換サービスも開始しました。, 交換電話機の「配送によるお届け」「店頭交換」サービスについて詳しくは、「交換電話機の提供」をご確認ください。, 「店頭交換取扱い店舗」で同一機種の在庫がある場合は、当日その場で交換電話機をお受け取りになれます。「店頭交換サービス」について詳しくは、「交換電話機の提供」をご確認ください。, 営業時間・補償のお手続きの受付時間は店舗により異なります。詳しくは各店舗ページをご確認ください。, 故障してしまった機種を、ドコモで修理する場合の修理代金をサポートします。 万一、トラブルに遭われた場合には交換電話機をすぐにご提供。その他、故障した機種をお預かりして修理する場合や、データ復旧をする場合の代金もサポート。, 機種により月額料金が異なります。