いつ陸運局などが監査にきても ・取付部・連結部のゆるみ、ガタ および損傷, ■高圧ガスを燃料とする燃料装置等 問題になったときの行政の処分は Follow @track_library !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? <> xref 日常点検整備は道路運送車両法第47条の2において、「自動車の使用車は、自動車の走行距離運行時の状態等から判断した適切な時期に、国土交通省令で定める技術上の基準により、灯火装置の点灯、制動装置の作動その他の日常的に点検すべき事項について、目視等により自動車を点検しなければならない」と定められています。つまり、1日1回、その日の運行開始前に必ず点検しなければなりません。そして、点検表等の記録は … 点検整備実施方法等の情報 日常点検整備・定期点検整備の実施の方法を理解しやすくするため、国土交通省では法律に基づき「自動車の点検及び整備に関する手引」(*)を作成し、公表しています。 stream 1.日常点検の流れ. ・ホイール・ナットのゆるみ 3ヶ月後、6ヶ月後、9ヶ月後と ・フロント・ホイール・ベアリングのガタ 目次. =100日間の車両停止処分, もちろん日常点検も重要ですが、 科せられる処分となりますので ・タイヤの状態 トラックも長く乗ることができます。, ちゃんと記録をつけて ・ドラムとライニングのすき間 0000000015 00000 n 0000001066 00000 n 0000001348 00000 n 0000001700 00000 n 0000006437 00000 n 0000006471 00000 n 0000009120 00000 n 0000009227 00000 n 0000009335 00000 n 0000009474 00000 n 0000009500 00000 n 0000010209 00000 n 0000010276 00000 n 0000010563 00000 n 0000011164 00000 n 0000517020 00000 n 0000521786 00000 n 0000521926 00000 n 0000521952 00000 n 0000522573 00000 n 0000522640 00000 n 0000522935 00000 n 0000523451 00000 n 0000770714 00000 n 0000773886 00000 n 0000774027 00000 n 0000774053 00000 n 0000774608 00000 n 0000774675 00000 n 0000774970 00000 n 0000775512 00000 n 0001031784 00000 n 0000001126 00000 n trailer 5 0 obj ・ライニングの磨耗, ■センター・ブレーキ・ドラムおよびライニング 年間3度の点検をしなければなりません。, 正直、やっていなくても %���� %%EOF トレーラーに必要な【けん引免許】取得費用や難易度は/合格条件や一発試験と教習との比較も, 最新版【トラックの自動車税:1t毎の早見表】最大積載量で変わる料金結局いくらかかるの?, 【キャブの種類について】フルキャブ・ショートキャブ・ダブルキャブ/キャブ内には寝室も!, 【フォワード】運転に自信のないドライバーは必見!いすゞ/中型トラック「フォワード」に搭載されている安全機能装置一覧, 【レンジャー】運転に自信のないドライバー必見!日野/中型トラック「レンジャー」に搭載されている安全機能装置一覧, 今さら聞けないタコメーターの役割と見方は/役立つ理由と価格や後付け方法、取り付け相場は?, いすゞのスムーサーとは?特徴やメリット・わかりやすく解説!エルフ・フォワード・ギガ, アイドリングストップは5秒以上が省燃費?バッテリーへの負担で交換になる恐れが…寿命が早まるなどのデメリットで賛否両論の声, 【トラックの燃費基準値一覧】平成27年度燃費基準達成で○○%割引(減税)が適用されます!/国土交通省からの厳しい基準値は?, ベンツ・キャンターのブルーテック(BlueTEC)とは?アドブルー(AdBlue)の料金, DUONIC(デュオニック)とは?わかりやすく/デュアルクラッチトランスミッション, 保険料の割引や補助金・助成金で優遇されるASV(先進安全自動車)とは/知って得する車の知識, 日野のクリーンディーゼルシステム/AIR LOOP(エア ループ)とは?プロフィア・デュトロ・レンジャー, 【早見表】トラック・バス(重量車)の燃費基準、2025年まで引き上げ/罰則が科せられの場合のペナルティとは?, 物流業界で有利なGマーク!取得方法やメリット、取得・未取得の事業所それぞの違いは?, 物流業界の下請けいじが原因でトラックが交通事故が起きる!下請けいじめって知ってますか?, 世の中が便利になるとガソリンスタンドが減っていく/逆にセルフスタンドは増加していく傾向に!, 田舎の方が交通事故で死亡する確率が高い傾向に!都会と地方の交通状況の差とトラックによる死亡事故の違い, トラックに関わる免許を取得するとき10万円の得をするたった1つのこと/用意する書類や注意点も!, ついに国交省が21t→25tのフルトレーラーの全長規制緩和へ/10t車2台分の輸送量だけど賛否両論/けん引免許も必要に, これからも増えてくるトレーラーの意外と知らない7つの種類とは/規制緩和を受けてさらなる活躍の兆し, 普通免許でもうトラックは乗れない!/免許の新制度との比較/2017年3月11日までに普通免許を取ったか取ってないかで変わります!, 準中型免許の施行日が2017年6月予定→3月12日に決定!教習時間や積載量についても!, 【平成28年度】トラックの重量税一覧/8t以上の料金早見表«毎年支払うトラックの重量税を知ろう», 【早見表】初年度に支払うトラックの重量税(8t未満)«毎年支払うトラックの重量税を知ろう», 【平成28年度】トラックの重量税一覧/8t未満の料金早見表«毎年支払うトラックの重量税を知ろう», 女性ドライバーが悩む、給与は良いけど改善してほしい2つの不満/なでしこドライバー・トラガール, 【最新】いすゞのEカーゴ/1.95~2t車のキャブ別寸法一覧と車両総重量(2tトラック寸法一覧), 重量超過の大幅処罰強化で高速が割引停止に/通行道路の限定化も車両重量によっては実施される!?, UD/13年ぶりにフルモデルチェンジした2017年の新型クオンがイケメン!内装や性能について(画像あり)/省燃費を追及した新たな機能は?, 三菱ふそう/21年ぶりにフルモデルチェンジしたスーパーグレートに新機能が導入!エンジンも40%軽量化し、実燃費を強く訴えた次世代トラックが2017年に誕生しました!, 高所作業車/高さで免許も変わる!高所作業車運転技能講習の資格が必要です!種類や特徴についても!, 【ボルボ】トラックの外車/ボルボトラックの価格・UDとの関係/主力の大型は売れてる?, ヨドバシカメラが東京で注文を受けてから2時間30分以内に配達するサービスが話題に!24時間対応の再配達も実現するかも!?, リコール情報/三菱ふそう:スーパーグレートが走行不能になる可能性が…/2016年10月20日, 【スカニア】トラックの外車/海外メーカーのトレーラーは迫力!日野との関係とその歴史, 【ダイムラー(ベンツ)】トラックの外車/三菱ふそうとの関係は?ベンツを生産する会社のトラックは価格は高いの?, 日野/16年ぶりにフルモデルチェンジした新型レンジャーがついに発売!内装や進化した4t(8t)の性能を発表!気になる価格は?, 14年ぶりにフルモデルチェンジした新型プロフィアが販売開始されました!300kgの軽量化でトップクラスの燃費/内装・外装や新機能は?(画像あり)/日野自動車, ふそう/2017年版-最新モデルの「キャンター」発表/2機種追加と排ガス規制適合でさらに細かなニーズに対応しました。, あなたの知らないダンプの世界/種類豊富なダンプトラックの寸法や最大積載量/必要な免許や資格は?/, トラックの交通事故の50%が追突事故!?これからも減らないその原因は?企業との関係性と背景, いすゞがマツダに次世代のピックアップトラックをOEM供給することが決定!自社での開発・生産は撤退に。, 10tトラックのバン型(箱型)荷台寸法一覧/いすゞ「ギガ」編(完成車・車軸別サイズ). 目次 1 トラックを維持するために必要な点検整備には5つの種類が存在する! 2 法律で義務付けられている定期点検の具体的な点検項目とは? 3 定期点検で行った点検整備の記録を記入する点検整備記録簿とは? 4 定期点検の点検整備を実施しなくても罰則規定はないが実施するべき理由とは? 1 トラックを維持するために必要な点検整備には5つの種類が存在する!; 2 法律で義務付けられている定期点検の具体的な点検項目とは?; 3 定期点検で行った点検整備の記録を記入する点検整備記録簿とは?; 4 定期点検の点検整備を実施しなくても罰則規定はないが実施するべき理由とは? トラックを仕事としている 過労防止を配慮した勤務時間・乗務時間を定めて、それを基に乗務割を作成し、休憩時間や睡眠のための時間が適正に管理されているか(最重点項目), 定期点検基準を作成し、これに基づいて点検・整備を行って定期点検記録簿等が保存されているか(最重点項目). 日常点検は「これから運転します!」という前に、 必ず1日1回 、日常点検をしなければいけないことになっています。 1日1回、運行する前に目視などで点検するように定められていますが、日常点検を1日に1度だけすればokかというとそうではありません。 公言できるよう万全の状態を整わせて 逆にこれらをしっかりしていれば、 毎日大切な荷物を運ぶのに活躍するトラックですが、トラックを良好な状態で長期間使用するためには定期点検や点検整備を行う必要があり、法律でもトラックの定期点検や点検整備は義務付けられています。トラックの維持に必要な定期点検や点検整備の方法や点検項目を紹介します。, ひと口にトラックの定期点検や点検整備と言ってもなにをする必要があるのかシッカリと掴めていない方も少なくないでしょう。実はトラックを維持するためには次に挙げる5種類の点検整備を行う必要があります。, トラックをはじめとする自動車の状態は運行前に車両を運転するドライバー自身が点検することが法律で義務付けられています。この点検が運行前点検と及ばれる日常点検整備です。整備と言っても点検した車両のボルトやナット類に緩みがあれば締め直し、タイヤの空気圧が低ければ空気を入れるなどのものですから、大げさなものではありません。, 日常点検整備は基本的に目視や手で触るなどの方法で行われるもので、異常を発見した場合は整備工場に依頼して整備を行うことで解決しますので、トラックの健康診断だと考えればいいでしょう。, トラックの日常点検整備の点検項目は国土交通省の公式サイト内で公開されているので、ダウンロードして利用すると便利です。, 国内で登録され運行されている自動車は「道路運送車両法」の規定によって定期的な車検に合格する状態であることが義務付けられています。また普通自動車の自家用車両の場合は法定点検と呼ばれる12ヶ月点検が義務付けられていますが、貨物車両の場合は毎年の車検とは別に「3ヶ月点検」「6ヶ月点検」の実施が義務付けられています。, 3ヶ月点検は業務用トラックや自家用大型トラックに義務付けられる定期点検で点検項目は47項目となります。6ヶ月点検は自家用の小型・中型のトラックに義務付けられる定期点検で点検項目は22項目となっています。, 点検項目が47項目にものぼる3ヶ月点検は次に挙げる点検項目を点検整備を行います。 大手企業は特に気をつけているようです。, 例えば10台の車両を持っていたとして、 ・ベローズの損傷 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); Copyright© ・エア漏れ 日常点検の未実施(1台の車両の1月の未実 施回数) ①未実施回数5回以下 ②未実施回数6回以上14回以下 ③未実施回数15回以上 整備管理者の選任違反 整備管理者選任なし 整備管理者に対する権限付与義務 … また、点呼未実施や定期点検未実施、整備・運行管理者がいないなど最重点項目に引っかかると国へ即通報もあり得ます。 そうなれば円滑に事業を行うこともままならなくなりますので、最低でも重点項目はクリアしておくことが事業の発展のためにも重要と言えます。   2016/06/02, 全てのトラックは お客様の荷物を運ぶ運送トラック、乗客を目的地まで安全に輸送するバス・タクシー…いずれの運輸事業者も、安全は何よりも優先しなければならないものです。そのためにも、毎日のスムーズな運行と事故防止のために欠かせないのが車両の日常点検です。この記事では、日常点検の重要性と車両ごとの違う日常点検のフォームや使い方について詳しく解説します。, 2002年6月、横浜市で発生した大型トラックから脱落したタイヤが、親子3人に直撃して死傷、三菱ふそうの7人が逮捕されるという事件が発生しました。これは、点検の不備ではなく、ハブの構造的欠陥によることが原因の事故でしたが、その事実を隠していたことが一番の問題となりました。大型車のタイヤが万が一外れてしまったら、非常に危険な事故につながります。ついつい気を緩めて日常点検を怠り、ホイールナットの緩みに気付かずに運行してしまったら…タイヤの脱落を招いた場合には、取り返しのつかないことになりかねません。, トラックやバス、タクシーなどは乗客の大切な荷物や命を預かって移動するため、こうした事件に遭遇すると社会的な影響が計り知れないものとなります。改めて日常点検の重要性を再認識し、違和感に早めに気付くことで思わぬ重大事故を回避してください。, 日常点検整備は道路運送車両法第47条の2において、「自動車の使用車は、自動車の走行距離運行時の状態等から判断した適切な時期に、国土交通省令で定める技術上の基準により、灯火装置の点灯、制動装置の作動その他の日常的に点検すべき事項について、目視等により自動車を点検しなければならない」と定められています。つまり、1日1回、その日の運行開始前に必ず点検しなければなりません。そして、点検表等の記録は自動車の登録番号ごと1台1台保管し、1年間の保管が義務付けられています。点検表の様式は、登録番号毎にまとまってあれば、1日1枚でも1か月通して1枚でも構わず、様式やフォームも特に決まったものはありません。, 「昨日、何も問題なく走行できたから今日は点検しなくても大丈夫だろう」と、そのまま運行してしまうのは非常に危険です。道路運送車両法第47条の2に定められていますが、日常点検整備が未実施の場合は法令違反となり、行政処分を受けることになります。, 違反の「日車」は、その日数分の営業停止(車両停止処分)を意味します。たとえば未実施回数8回で未実施対象台数が3台の場合で初違反の場合、3日車×3で9日車になります。この期間内は、運輸局職員によってナンバープレートが外されますので絶対に使用することができません。そうなると使用できないことによる収益減、運行できなかったことによる信用の損失につながり、その日運行できなかった損失以上の損失が待っています。, トラックやバス、タクシーなどの事業用自動車の点検サイクルは、一般の自家用車より短く、車検も初度登録から1年毎に実施します。通常の自家用乗用車は初度登録から3年後に初回車検、以降は2年毎の車検です。また、事業用自動車は公共性が高く、社会的影響も大きいことから、3カ月ごとの定期点検が義務付けられています。, 日常点検同様、定期点検が未実施の場合も行政処分の対象となります。道路運送車両法第48条に「点検の時期及び自動車の種別、用途等に応じ国土交通省令で定める技術上の基準により自動車を点検しなければならない」定められており、定期点検の未実施は法令違反になります。, もし、すべての車両で定期点検整備が未実施だった場合、局長通達5の事業停止処分関係の(1)により、事前に本省自動車局安全政策課及び貨物課に連絡のうえ、事業停止処分になる可能性が高くなります。, 違反にあたる点検未実施が3回以上で10台、初違反の場合は、10日車×10台で100日車の車両停止処分です。自動車の大きさにより点検費用は異なりますが、点検費用が1回2万円であれば、3回分で6万円、10台分なら60万円の点検費用がかかります。60万円分の点検費用がもったいないと判断して点検を受けず、結果として違反が100日車の車両停止処分を受けることになれば、10日間10台の自動車が使えない分の営業損失と、顧客からの信用損失で今後の会社の存続に多大な影響を与えます。点検しなかった代償は、相当大きなものになるのです。なお、定期点検の記録は、1年間保存しなければなりません。, トラック、バスのホイールナットの緩み確認や空気圧を確認するには、点検ハンマーを使用します。ホイールナットの下に片手の指を添えて、ナットの締まる方向に点検ハンマーで叩いて緩んでいないかを確認しましょう。緩んでいると鈍い音と共にナットの振動が指に伝わりますのですぐに気づくはず。, ただし、JIS規格とISO規格で違いがあるため、締まる方向には注意をしてください。ネジは右に回して締まるのが通常ですが、トラック、バスのJIS規格の場合には、右タイヤは締まる方向は右ですが、左タイヤは進行方向の左に締まる逆ネジです。近年(2010年以降目安)では、ISO規格が主流となり、どちらのタイヤも締まる方向は右になっています。, 空気圧の確認は音で行いましょう。タイヤのトレッド面(路面接地面)を強めに叩くと「ポンポン」と音がしますが、空気圧が低い、パンクしている場合は、「ボフッ」と鈍い音がします。タイヤのサイド部分を叩く方もみかけますがこれは危険です。タイヤサイド部分はもっとも弱い部分ですので叩かないようにしましょう。, 新入社員への研修の際には、点検ハンマーで正常空気圧のタイヤをポンポン叩くのみではなく、故意にタイヤ空気圧を低くして、空気圧正常時の音と、空気圧低下時の音を聴き比べて、実際の点検時に違和感に気付けるようにしてあげてください。タクシーの場合には、エアゲージ等で指定空気圧であることを確認しましょう。, 日常点検表はとくに決まったフォームがないため、点検項目が漏れていなければ各社オリジナルのものを利用して構いません。日常点検表に必ず記載しなければならない項目は、道路運送車両法47条の2にある通り以下7つです。, ・自動車の走行距離・灯火装置の点灯、点滅具合・制動装置の作動・点検した年月日・運転者名(点検者名)・自動車の登録番号・自動車の車検有効期間(車検切れ運行を防ぐため記載が望ましい)・整備管理者の㊞を押印する箇所, ここからはいますぐ使える日常点検表のテンプレートをいくつかご紹介します。各トラック協会、バス協会等にてテンプレートが用意されていますので、これをベースに自社で使いやすいフォームにカスタマイズするなどしてご利用ください。, 群馬県トラック協会 「点検関係 エクセルダウンロード 1日用」長野県トラック協会 「各種帳票類 エクセルダウンロード 1か月用」北海道トラック協会 「1日用&1カ月用」, 点検を行い、車も万全な状態。しかし、ドライバーによる危険な運転が日常的に起きていると、せっかくの健康状態を損ねてしまうことに…。そうなると車の寿命も短くなるどころか、事故の発生率もぐっと高まります。, そんな時、車とドライバーの安全を守ることができる強い味方が、スマートドライブの提供するSmartDrive Fleet です。, SmartDrive Fleetは、どこで待ち時間が発生したのか、ドライバーは安全な運行ができていたのかなど、今までわからなかった情報がすべて”見える化”されるツールです。可視化された情報は安全運転指導や運行ルートの改善に役立てることができますので、ルートの最適化や業務量の見直しなど全体的な業務改善が行えるようになります。, また、ドライバーとしては手間になる運転日報も自動で作成しますので、ドライバーは本来の業務に集中し、休み時間もしっかり取得することができます。安全運転診断からは苦手な運転箇所もわかるため、運行管理者は適切な指示出しを行えます。労務管理や運行管理をしっかりサポートする機能をたくさん備えていますが金額はデジタコやドラレコより格段と安く月額なんと2,480円〜。, 日常点検で日々の車の体調を、SmartDrive Fleetのようなデバイスでドライバーの状況を確認し、無事故無違反の運転を目指しましょう。, IoT、自動運転、コネクティッドカーなど最新テーマの情報をピックアップ車両管理の基礎知識やサービス比較など日常的に役立つ情報を案内, SmartDrive Magazineは、運営会社である株式会社スマートドライブ(以下、弊社)にてお客様が入力いただいた情報を管理します。, 弊社の製品、サービス、コンテンツ情報でお客様が興味を持たれる可能性がある内容に関して、随時お客様にご連絡を差し上げる場合があります。こうした目的でご連絡を差し上げることに同意いただける場合は、メールマガジン登録画面の黄色い登録ボタンをクリックしてください。, 「DXの事例紹介」「DXを行うために必要なツールは?」などDXに関する話題は尽きることがありません。元外資大手のコンサルタントが材木卸という…, サービス業、製造業、卸売行、建設業、飲食業など、業界を問わず前代未聞のダメージを与えている新型コロナウイルス。全国に向けて発令された緊急事態…, スマートシティ、スーパーシティ、コンパクトシティ…。最近は理想的な未来の都市を描いた「●●シティ」構想と呼ばれるものが増え、各都市ではこれら…, エンジンオイルの量、汚れの確認 タクシーのLPG車は汚れが見えないので注意(LPGはオイルが汚れないため量を守り定期交換を守る), エンジンのかかり具合、ふけ上がり具合、異音が無いか確認(バスはメインスイッチを引いてから始動すること), ヘッドライト(Lo,Hi)、フォグランプ、ウインカー、尾灯、ストップランプ、車幅灯、後退灯 点灯具合、点滅具合の確認, 燃料、油圧、水温、回転計、速度計、運行前後の積算距離計の確認、不要な警告灯が点灯していないかどうかも確認, 室内灯、氏名札灯、ワンマン機器、運賃表、車内ミラーの照射状態、整理券、カードリーダーの状態、後車ボタン、ドアの作動確認、車いす用スロープの確認など.