Google翻訳 7. プッシュ通知機能 9.

アラーム&ストップウォッチ 3. Choose a country or region to view specific content for your location : 自身のアカウントにログインすることで、タグ・ホイヤーの

音楽 10. Android Wear の タグホイヤー コネクテッド に iPhone接続をセットアップ。私は Android と iPhone の両刀使いなのですが、Android はもちろんつながるでしょうから、やや不安な iPhone からセットアップを開始しました。まず買ってきて電源入れると各国語で以下の表示が流れます。, 一生懸命日本語の表示のタイミングを見計らってスワイプしましたが、その次に言語選択の画面が。なんだ、最初のどの言語でスワイプしても、その後で言語選べるのね。次は以下の画面で、早速スマホとのペア設定に。コネクテッドの名前の通り、スマホとつながないと何もできないのですね。(Android wearの前提で iOSは8.2以降), iPhoneでApp Storeに 「android wear」 と入れて検索すると、以下の左の画面に。いきなりタグホイヤー コネクテッド画像が表示されて驚きましたが、Googleとタイアップしてるんですね。ここからアプリを「インストール」。「開く」と、以下真ん中の画面に。使う機能を確認して進みます。Google Fit (歩数計など)ももちろん使うので 「承諾」。, いよいよペアリング開始。以下の左の画面から Bluetooth接続を有効化すると、右の画面でペアリング要求が。Android Wearを近くに置いておくと画面に数字のコードが表示されるので、その数字をスマホ側に入力し 「ペアリング」 すると、簡単につながります。, Googleアカウントへのログインを聞かれたら、gmailのユーザーIDとパスワードを入力してください。これは必須だと思います。, 後は以下のように 「時計(Android wear)への通知」 「スマホ位置情報の連携」 「iOSカレンダーへのアクセス」 の設定を聞かれるので全てオンにしました。, すると以下左のように TAG Heuer の画面に 「接続しました」 が表示され、接続が確認できました。このアプリを落とすとGoogle FitやスケジュールがiPhoneと連携されなくなってしまいますので、立ち上げたままにします。上の設定アイコンをクリックすると、右のような設定が可能になります。とりあえず、iPhoneのアプリ通知のブロックだけ(通知されるように)オフにしておきました。, ペアリングが終わると、時計のフェースが表示されます! タグホイヤー コネクテッドはさすが、リアルな伝統のタグホイヤー時計のフェースが選べます。初期フェースは以下の左で、黒の 「クロノグラフ」。フェースの画面を名が押しするとフェース選択の画面が現れて 「テーマ」 を選ぶと以下真ん中のフェースに。しばらくすると省電力モードになりますが、右のように暗くなっても時間は分かります。私はトップのフォトの 「クロノグラフ」の青が気に入りました。, もちろん iPhoneでも、スマホへの電話やメッセージの着信をウォッチに通知してくれます。以下の左が電話の通知。右がメッセージ (SMS)の通知です。, 充電は以下のように付属の丸い充電マグネットを時計の裏にペタっと付けると充電が開始されます。以下のようにフェースの表示に 「62%」 とかの青緑の数字が出てきて、現在の充電状況が分かります。(下の青いケースは付属の化粧箱), アプリは最初はあまり入ってませんが、下の左のメニューから、真ん中のように歩数計が表示できます。また、右のように天気予報も表示できます。液晶もきれいで、イイ感じ。, iPhoneの予定とも連動できて、下の左のメニューから、予定リストを選ぶと、真ん中のように iPhoneで入力した予定(Android Wearでは予定カードと呼ぶ)が見られます。右は同じ予定の iPhone上の表示。iPhoneでもちゃんと連携できますね。, 次に、時計のフェースで下から上にスワイプすると、以下の 「システム・アップデートのダウンロード」 を促すカードが表示されます。左にスワイプして、真ん中の表示の 「✔」 をクリックしてダウンロードしましょう。, 時計のフェースで左にスワイプして、「設定」 「端末情報」 「バージョン」 をクリックすると上の右の画面のようにバージョンが表示され、「Android OS v5.1.1」 と確認できます。(意外とこのコネクテッドのAndroidバージョンがどこにも記述されていない), 時計のフェースを長押ししてフェースの選択画面に入り 「テーマ」 の下の設定アイコンをタップすると 「テーマ別セレクション」 になります。そこには最初 「タイムキーピング」 しか選べませんが、その下を選択するとスマホと連動してフェースやアプリを増やすことができます。, 「tagheuerconnected.com」 にアクセスしてログインするように言われるので、スマホでそのサイトを開き、左上のメニュー 「三」 の中から「Profile」 「Signin」 を選びます。すると、Googleアカウントでのログインを求められますのでログインします。(初期設定の際に一度ログインしているはず) そのページのどこか一つをクリックすると 「Google Play」 (play.google.com) に入れます。AppleのAppStoreではもちろんGoogleのアプリはダウンロードできないので、これがiPhoneのための Google Play ですね。, 上の「Google Play」をクリックして、検索アイコンを押し 「Android wear」 と入力すると、ウォッチ用のアプリが表示されます。ダウンロードして Enjoy しましょう!, IBM Think 2018 – AIはデータが鍵 – 目玉はWatson Studio, iPhone – Suicaの 使い方と チャージ – スイカ定期継続とEXにはご注意, Blockchain – 自分で Hyperledgerのブロックチェーンを簡単に立ち上げる方法, Kubernetes – コンテナ管理ツールのクバーネテスで、クラウドにクラスタを構成して分かったこと. つい先日発売したばかりの新型「Tag Heuer Connected」、その中でもトップグレードの「チタン・ブラックモデル」をゲットしました!, もちろんコスパマンの私ですから、情報収集を重ね値段・耐用年数・ブランドイメージなど加味した上で「高価すぎるものではない」と判断しています。, 新しいタグ・ホイヤー® コネクテッドウォッチ | コレクションを見る | タグ・ホイヤー® 公式ウェブサイト | TAG Heuer, 新しいタグ・ホイヤー® コネクテッド ウォッチのコレクションをご覧下さい。精度への情熱、最先端素材、最新鋭技術。アヴァンギャルドがかつてないほどの高いパフォーマンスを実現させています。, どのモデルもベゼルはセラミックですが、チタン・ブラックモデルのみマッド、その他のモデルはグロスで輝いています。, ステンレススティールモデルは良い意味で「普通の時計」感があり、一見するとスマートウォッチには見えないのが魅力。, 性能としては、現在販売中のハイクラスなWear OSモデルとしては一般的なものです。, ケースサイズは45mmと大型ですが、厚さ13.5mmと比較的薄型で装着感もよく、大きさを感じません。, チタンモデルは86gと見た目に反して軽量な仕上がりで、腕時計としての装着感は上々です。, やや大きめのバッテリー容量のおかげで、朝起きてから帰宅するまで、残量が気になる事はまずありません。, バッテリーが尽きそうなギリギリになっても、時計機能のみの省電力モードにすることで、数時間の延命が可能です。, GPS使用時は目に見えて残量が減るため、フルマラソンなどではギリギリか、やや難しいかもしれません。, 昨今のスマートウォッチは、どれも質感が高く、普通の腕時計に見劣りしないものが増えました。, 高級素材であるチタンを各部のエッジまでキッチリと仕上げていることからも、その高い金属加工技術を感じさせます。, 新型コネクテッド発表の中で、タグ・ホイヤーは「長く使えるように」と謳っている記事を見ました。, 一番傷が付きやすいベゼルは高級時計では当たり前の「セラミック」で、ステンレススティールどころかチタンでも及ばない、高い硬度を誇ります。, チタン・ブラックモデルにはさらに、傷や摩擦に非常に強い「DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティング」が施されており、日常使用ではよほどのことがない限り、まず傷がつくことはないでしょう。, マッドブラックの製品は往々にして傷が目立ち、磨いて傷消しすることも出来ないため、使用感が出がちですが、DLCコーティングなら安心です。, 新型コネクテッドは、フォーマルシーンやおしゃれなレストランからスポーツシーンまで、いつでもどこでも使える「相棒」に相応しい存在です。, タグ・ホイヤーのブランドイメージも「ラグジュアリー」と「スポーティー」を兼ね備えたものであり、TPOを問わず使える魅力があります。, スマートウォッチはスポーティーになりがちでフォーマル用に別の時計が必要になることもありましたが、コネクテッドであれば毎日どんなところへでも付けていけます。, 私は初代コネクテッド(2015年末発売)をつい先日まで所有しており、他の時計と併用しながらではありましたが、なんだかんだ4年使い続けました。, スマートウォッチは中身の進化はあまり早くないため、最後まで動作スピードに不満はありませんでした。, コネクテッドには、タグ・ホイヤーの機械式時計をモチーフにしたウォッチフェイスなど、多種多様なオリジナルウォッチフェイスが搭載されています。, なかでもタグ・ホイヤー機械式時計のフラッグシップ「Heuer 02」とスマートウォッチの表示が融合したこのフェイスは、高精細なディスプレイと相まって素晴らしい出来栄えで、見るたびにうっとりします。, ありがちな「良い感じのフェイスがなくて、結局毎日同じやつ」という事態は、コネクテッドには当てはまりません。, ウォッチフェイスはスマートウォッチ本体での交換はもちろん、スマートフォンアプリでじっくりチョイスすることも出来ます。, 高価な機械式では選び難いようなエキセントリックなカラーにも挑戦できるのは大きな魅力です。, 新型コネクテッドになり追加されたスポーツアプリは完成度が高く、使っていて心地よい洗練されたUIが魅力です。, スポーツだけでなく、時計ブランドらしい、時間に関するオリジナルアプリが多数搭載されています。, ウォッチフェイス時に下のボタンを押すと、ストップウォッチアプリが起動します。(変更可), Apple・Galaxy・Huaweiなど、数あるスマートウォッチの中でWear OSのメリットの一つがこれではないでしょうか。, 処理が早く、画面が綺麗になったことにより、スマートウォッチ上でのナビ設定が実用的になりました。, 新型コネクテッドはフルスペックの「ハード」と練られたUIの「ソフト」を兼ね備えた、完成度の高い使っていて気持ち良いガジェットです。, 【最強シューズ】ジャングルモック ゴアテックス:疲れない・防水・蒸れない【旅行・出張】, 水筒ならこれで間違いない!タイガー ステンレスミニボトル「サハラマグ」は超軽量+超保温+シンプルデザイン, 【レビュー】Jabees Firefly.2:機能満載!ハイコスパ!【完全ワイヤレスイヤホン】, 【レビュー】食材宅配のヨシケイ「カットミール」在宅勤務や共働きにもおすすめ【メリット・デメリットを紹介】, 【レビュー】SUUNTO7は他のスマートウォッチよりどこがいいの?【Wear OS】.